毎日持ち歩くEDCアイテム 2020

My EDC 2020

ボクは日常的に手ぶらで生活していて、会社に行く時でも外出する時は基本的に手ぶらです。身軽になれば移動しやすくなって行動力も上がるし、気分も軽くなるので新しいアイデアも生まれやすくなります。会社から帰る時にも周りにバレずにフラッと帰ることができるし、思いつくままに街をブラブラすることもできます。

毎日持ち歩く「EDC(Everyday Carry)」アイテムは、パンツの前ポケットに収まるモノだけしか持たないようにしています。これならモノを入れたまま動いたり座っても邪魔にならないので、モノを出してそのまま置き忘れてしまうこともありません。以前は財布や小物などを、パンツの後ろポケットやアウターのポケットに入れてましたが、何度も失くしたりするうちにこのスタイルに辿り着きました。

これまでに何度かボクが毎日持ち歩くEDCアイテムを紹介していますが、今も定期的に見直してアップデートしています。日々持ち歩くものをミニマルにすることはボクにとって永遠のテーマです。本当に持ち歩く必要があるのかどうかを見極めて、常にシンプルな状態をキープしたいですね。

ということでそんなボクが現在手ぶらで外出する時にも毎日必ず持ち歩いているモノを紹介します。

Read More »


Related Post » 毎日持ち歩くEDCアイテム 2019

February 7, 2020 | Categories » Column, Technology, Thing, Travel | Tags » , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | No Response »


 

必携トラベルグッズ 2019

必携トラベルグッズ 2019

明けましておめでとうございます。2020年もINSTは情報過多時代のシンプルで豊かなライフスタイルをコンセプトに、本当に役立つモノやニュースをコンパクトに紹介していきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。

昨年末の休暇はオーストラリアに遊びに行ってきました。ゴールドコーストに住む妻の友人夫妻の自宅でBBQをご馳走になったり、オーストラリア最東端のバイロンベイまで足を伸ばして、周辺を色々と見て回って美味しい食事をしたり、キレイなビーチでドローンを飛ばして遊んだりと、季節感が全く無い年越しでした。旅の様子はInstagramのストーリーズにアップしていますのでフォローはお気軽に。

今までに何度かボクが旅先に必ず持って行くトラベルグッズを紹介していますが、今回もアップデートしたモノをいくつかまとめてみました。ここ数年はあらゆるモノにおいて簡単に持ち運べてそのまま旅先に持ち出せるモノだけを持つようになったため、海外へ行くのにも普段使っているバックパックをそのまま使っています。結局大事なのはモノ選びとパッキングなんですね。以前にポストした毎日必ず持ち歩いているモノと合わせてチェックしてみてください。

Read More »


Related Post » Eagle Creek 2IN1 トラベルピロー

January 6, 2020 | Categories » Column, Technology, Thing, Travel | Tags » , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | No Response »


 

ベストガジェット 2019

Best Gadgets 2019

2019年も残り僅かになって来ました。今年もいくつかの素晴らしいガジェットとたくさんのガラクタが発表されましたが、その中から日々の生活を便利で豊かにしてくれたものをセレクトしてみました。ということで今年も年末恒例のベストガジェットを発表したいと思います。

Read More »


Related Post » 必携トラベルグッズ 2019

December 23, 2019 | Categories » Column, Life, Technology | Tags » , , , , , , , , , , | No Response »


 

Apple、新型『Mac Pro』と6Kディスプレイ『Pro Display XDR』を発売

Apple Mac Pro / Pro Display XDR

アップルが「WWDC19」の基調講演で発表した、クリエイティブプロ向けの新型『Mac Pro』と6Kディスプレイ『Pro Display XDR』を遂に発売。

CPUは最大28コアの「Xeon」、GPUは「Radeon Pro Vega Ⅱ」を搭載し、6Kディスプレイを最大6台まで接続可能で、4Kストリームを最大12本、8Kストリームを最大3本同時に扱うことができます。さらにPCIe拡張スロットを8基、Thunderbolt 3を2ポート、USB-Aを2ポート、3.5mmオーディオジャックを搭載し、メモリは最大1.5TBまで搭載可能と拡張性が大幅に向上。また、移動しやすいようにオプションで本体下部にキャスターを取り付けることもできます。

『Pro Display XDR』は、解像度6,016×3,384ピクセルの32インチ6Kディスプレイで、コントラスト比は100万:1と業務用マスターモニターに近い性能を実現。また、スタンドは画面の傾きと高さを調節できるだけでなく、ディスプレイを回転してポートレートモードに切り換えることもできます。

どちらもアルミニウムから削り出した金属の塊のようなソリッドなデザインで、排熱のためのパンチング加工が機能美と力強さを感じさせますね。とんでもないスペックになっていますが、価格は『Mac Pro』が599,800円から、『Pro Display XDR』が529,800円とプロ仕様になっていますね。


Link » Mac Pro – Apple(日本)

Link » Pro Display XDR – Apple(日本)


Related Post » Apple、新型『Mac Pro』と6Kディスプレイ『Pro Display XDR』を発表

December 13, 2019 | Categories » Technology | Tags » , , | No Response »


 

Apple、新型『MacBook Pro 16インチモデル』を発表

Apple MacBook Pro 16-inch

アップルがMacBook Pro 15インチの後継機となる新型『MacBook Pro 16インチモデル』を発表。

解像度3,072×1,920 ピクセルの16インチRetinaディスプレイを搭載し、ベゼルを狭くすることで本体サイズのアップは最小限にとどめて16インチを実現。CPUは最大8コアの「Core i9」、GPUは最大8GBのビデオメモリの「Radeon Pro 5000M」を搭載し、最大8TBのSSDストレージに最大64GBのメモリ、飛行機の機内持込可能な最大容量となる100Whのバッテリー、より深い低音域を表現する6スピーカーのサウンドシステムと、あらゆる面が大幅にアップデートされたフラッグシップモデルにふさわしいスペックに仕上がっています。

また、キーボードはバタフライ式から新設計のシザー式「Magic Keyboard」を採用し、そして「Touch Bar」に組み込まれていたEscキーを物理キーで復活させてプロユーザーからの苦情に対応したようです。

本体サイズはほんの少しアップし、重量も2.0kgと少し重くなってしまったものの、軽さと薄さよりも性能を重視したクリエイティブプロ向けに進化を遂げていますね。思わずポチりそうになりましたが、手軽に持ち運べる13インチモデルの登場を待ってから決めたいと思います。


Link » 16インチMacBook Pro – Apple(日本)


Related Post » Apple、新型『MacBook Pro 13インチモデル』を発表

November 15, 2019 | Categories » Technology | Tags » , | No Response »


 

Apple、アクティブノイズキャンセリング搭載フルワイヤレスイヤフォン『AirPods Pro』を発表

Apple AirPods Pro

Appleがアクティブノイズキャンセリングを搭載したフルワイヤレスイヤフォン『AirPods Pro』を発表。シリコンイヤーチップを採用したインイヤータイプになって遮音性とフィット感が高まり、IPX4等級の防水機能を備えたので汗や雨も気にせずに使えるようになりました。

また、周囲の音を聞きとりやすくする外部音取り込みモードを搭載し、iPhoneからコンントロールするかイヤフォンの底を指先でつまむことで、アクティブノイズキャンセリングと切り替えることができます。バッテリー駆動時間は連続再生で4.5時間、アクティブノイズキャンセリングと外部音取り込みモードをオフにした場合は5時間で、充電ケースを併用することで24時間連続再生が可能。充電ケースはワイヤレス充電の規格「Qi」と、Lightningコネクタを使った充電に対応しています。

価格は27,800円と通常モデルより高くなりましたが、あらゆる面で大幅に進化したことを考えれば納得ですかね。初代を購入した人はバッテリーがヘタってきていると思うので、アップデートには良いタイミングだと思います。早速ポチりました。


Link » AirPods Pro – Apple(日本)


Related Post » Apple、左右独立ワイヤレスBluetoothイヤフォン『AirPods』を発表

October 30, 2019 | Categories » Technology | Tags » , , | No Response »


 

Apple iPhone 11 Pro Max

Apple iPhone 11 Pro Max

『iPhone 11 Pro Max』を使い始めて1ヶ月が経ちました。iPhoneはテキストマシンとブックリーダーとして使うことがメインなので、今回も大画面版を購入しました。「iPhone XS Max」から基本的なデザインやサイズは変わっていないので、相変わらず裸のままでガシガシ使ってますけど片手で問題無く操作できています。ただ、背面のガラスがつや消しになったせいでサラサラして少し持ちづらくなりましたね。

CPUは高速化し、防水、防塵性能も向上しましたが、使っていて大きな違いは感じられません。やはり大きく進化したのはカメラの性能で、標準、望遠、超広角の3つのレンズを搭載し、暗い場所でもノイズを抑えて明るく撮影できるナイトモードにも対応しました。

新たに搭載された超広角レンズは35mm判換算で13mm相当になっていて、アクションカムのようなパースが付いた迫力のある写真を撮ることができます。一眼レフやミラーレスカメラならこの画角で撮るためには高価なレンズが必要になってしまうので、iPhoneのカメラで手軽に楽しめるのはうれしいですね。インカメラも広角になってポートレートモードにも対応したのも便利です。

ナイトモードは長時間露光ではなく、レンズの手ぶれ補正を利用して撮影した何枚かの写真を合成する機能なので超広角レンズでは使えませんが、暗い場所で写真を撮ろうとすると自動的にナイトモードに切り替わり、手持ちで明るく美しい写真が簡単に撮れるのは素晴らしいですね。ただ、ゴーストが発生しやすいのが残念ですね。

最近の各社のスマートフォンはカメラ性能を競い合っていて、4眼カメラや1億画素のセンサーを搭載したものまで登場しています。しかし画素が多いければ良い写真になるわけではありませんし、ポートレードモードやナイトモードのようにソフトウェアによって生成されたデジタル臭い画像をもはや写真と呼べるのか疑問です。もう毎日持ち歩くカメラはiPhoneで十分だと思いますが、ボクはこれからもスマートフォンでは表現できない味のある写真が撮れるライカのオールドレンズを使い、グッとくる瞬間やゴキゲンな日常を切り取っていきたいと思いますね。


Link » iPhone 11 Pro – Apple(日本)


Related Post » Apple、『iPhone 6』と『iPhone 6 Plus』を発表

October 28, 2019 | Categories » Technology | Tags » , | No Response »


 

Apple、『iPhone 11 Pro』と『iPhone 11 Pro Max』を発表

Apple iPhone 11 Pro/11 Pro Max

アップルがスペシャルイベントで、iPhone XSの後継機となるハイエンドモデル『iPhone 11 Pro』と大画面版の『iPhone 11 Pro Max』、iPhone XRの後継機となるカラーバリエーションが豊富なエントリーモデル「iPhone 11」を発表しましたが、気になるのはやっぱり進化したハイエンドモデルの『11 Pro』ですね。

CPUには高速化した新しいチップ「A13 Bionic」を搭載し、防水、防塵性能も向上。そして標準、望遠、超広角の3つのレンズを搭載し、画角をスムーズに切り替えて撮影することが可能になり、暗い場所でもノイズを抑えて明るく撮影できるナイトモードに対応しました。さらにiPhoneを購入すれば、11月1日から開始されるアップルのサブスクリプション型動画配信サービス「AppleTV+」が1年間無料で利用できるとのことです。

結局今回もデザインやスペックのほぼ全てが事前のリーク情報通りで驚きはありませんでしたが、新たにミッドナイトグリーンというライカのサファリモデルを彷彿とさせるカラーがラインナップされたのは意外でしたね。いくら高性能になったところで使い方が大きく変わるわけでもないので全くワクワクしませんが、今回も大画面版の『11 Pro Max』を買ってみようと思います。


Link » iPhone 11 Pro – Apple(日本)


Related Post » Apple、『iPhone 6s』と『iPhone 6s Plus』を発表

September 11, 2019 | Categories » Technology | Tags » , | No Response »


 

Apple、音声アシスタント「Siri」搭載スマートスピーカー『HomePod』を日本でも発売

Apple HomePod

アップルが音声アシスタントの「Siri」を搭載したスマートスピーカー『HomePod』を遂に日本でも発売。

丸みのある円筒型のかわいらしいデザインに、A8プロセッサ、7基のツイーター、4インチのウーファー、ノイズキャンセリング機能を持つ6つのマルチマイクを搭載。設置環境の音響特性を学習し、自動的に音質を最適化してくれるそうです。もちろん「AirPlay」や「Siri」で音楽再生を操作可能な他、ニュースや天気の確認、メッセージの送信、照明や冷暖房などHomeKit対応機器の操作ができ、さらに2台を連動させてペアで使うことも可能です。

カラーバリエーションはホワイトとスペースグレイの2色で、価格は32,800円。スマートスピーカーというよりは本格的な家庭向けスピーカーというアプローチで差別化しているようですが、今さら感がハンパないですね。


Link » HomePod – Apple(日本)


Related Post » Apple、音声アシスタント「Siri」搭載スマートスピーカー『HomePod』を発売

August 23, 2019 | Categories » Technology | Tags » , , , , | No Response »


 

ジョナサン・アイブがAppleを退職

Jonathan Ive

米アップルで20年にわたり製品設計を手掛け、資産価値が最も高い企業への道を助けたイギリス人のサー・ジョナサン・アイヴが、自身の会社を立ち上げるため年内にアップルを離れると発表した。

アイヴ氏はiMacやiPod、iPhoneなどの設計を手掛けた。退職については、「この変化には今が自然でおだやかなタイミングだと思った」と話した。

新会社「LoveFrom」は最初の顧客としてアップルを迎えるという。

夏期休暇で日々摂取していた情報をシャットアウトしていたのでキャッチアップしているところですが、このニュースにはビックリ。さらに新会社にはマーク・ニューソンも入社するとのことで、今後の動向が注目されますね。アップルはスティーブ・ジョブズ亡き後から変わってしまったと感じていますが、これでますます凋落していきそうです。


Link » ジョナサン・アイヴ氏がアップルを退職 iPhoneなど設計 – BBCニュース


Related Post » ジョナサン・アイブ – 偉大な製品を生み出すアップルの天才デザイナー

July 10, 2019 | Categories » Art - Design, Technology | Tags » , , , | No Response »


 


 « Prev 1 2 3 4 5 6 7 36 Next »

Instrumental™ Things LIFE PACKING 2020 未来を生きるためのモノと知恵 – 高城剛 Sony α7C DJI Mini 2

Instrumental™ Things
– 2019 Edition

LIFE PACKING 2020
未来を生きるための
モノと知恵
– 高城剛

Sony α7C

DJI Mini 2