毎日持ち歩くEDCアイテム 2022

My EDC 2022

新型コロナウィルスの影響によって、毎日ワークフロムホームをするようになって2年が経ち、すっかり外出を控えるようになりましたが、相変わらずボクは日常的に手ぶらで生活しています。身軽になれば移動しやすくなって行動力も上がるし、気分も軽くなるので新しいアイデアも生まれやすくなります。

毎日持ち歩く「EDC(Everyday Carry)」アイテムは、パンツの前ポケットに収まるモノだけしか持たないようにしています。これならモノを入れたまま動いたり座っても邪魔にならないので、モノを出してそのまま置き忘れてしまうこともありません。以前は財布や小物などを、パンツの後ろポケットやアウターのポケットに入れてましたが、何度も失くしたりするうちにこのスタイルに辿り着きました。

これまでに何度かボクが毎日持ち歩くEDCアイテムを紹介していますが、今も定期的に見直してアップデートしています。日々持ち歩くものをミニマルにすることはボクにとって永遠のテーマです。本当に持ち歩く必要があるのかどうかを見極めて、常にシンプルな状態をキープしたいですね。

ということでそんなボクが現在手ぶらで外出する時にも毎日必ず持ち歩いているモノを紹介します。

Read More »


Related Post » 毎日持ち歩くEDCアイテム 2021

March 29, 2022 | Categories » Column, Technology, Thing, Travel | Tags » , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,


 

太陽の位置と動きを可視化するアプリ『Sun Seeker』

Sun Seeker

夕日が大好きで、旅先ではもちろん普段から常に良いサンセットポイントを探して生活していますが、カメラと共に必需品なのが、太陽の位置と動きを可視化するアプリ『Sun Seeker』です。

現在地や指定の場所と日時での日の出日の入り時間、太陽の位置と動きをGoogleマップ上に表示することができます。さらに風景にカメラを向ければ、太陽の軌跡が時間の経過と合わせて画面にAR表示されるので、1日の終わりの美しい夕日を見逃しません。

新型コロナウィルスの影響によって、毎日ワークフロムホームをするようになり、すっかり外出を控えるようになりましたが、心身の健康を保つための習慣として、夕日の時間は自宅のベランダで空をボーッと眺めながら良い音楽をかけて、目と心を休ませるようにしています。


Link » Sun Seeker(iTunes)

Link » Sun Seeker(Google Play)


Related Post » 太陽の位置と動きを可視化するアプリ『Sun Surveyor』

March 4, 2022 | Categories » Technology, Travel | Tags » , , , , ,


 

Arc’teryx Elaho Cap

Arc’teryx Elaho Cap

長年アウトドアやランニングで愛用しているパタゴニアのトラッカーハットがボロくなってきたので、アークテリクスのものに買い換えました。

軽量で通気性を兼ね備えた素材は速乾性に優れ、UPF50+で紫外線からしっかり保護します。ラミネート加工のつばは型崩れしないので、折りたたんでコンパクトに収納可能。ロゴが同色で目立たないのがいいですね。


Link » Arc’teryx Elaho Cap


Related Post » Arc’teryx Cerium LT Jacket

February 8, 2022 | Categories » Thing, Travel | Tags » , , ,


 

Salomon Soft Flask 250ml

Salomon Soft Flask 250ml

少し前からランニングの時に愛用しているサロモンのハイドレーションボトル。

ソフトで耐久性に優れたポリウレタン製で、水分消費に合わせ容量を圧縮でき、走っていても中身が暴れることがなく快適。250mlの容量はランニングの時に装着しているウエストバッグ「Spibelt」にもバッチリ収まります。軽く噛んで少し吸うだけで水分補給できる飲み口は便利ですが、慣れないとうっかり摘んで中身をこぼしてしまうので注意ですね。

ランニングなどのスポーツだけでなく、アウトドアや旅先でも重宝しています。


Link » Salomon Soft Flask 250ml


Related Post » Alfi Vacuum Flask isoTherm Slim

February 4, 2022 | Categories » Thing, Travel | Tags » , , , , , , , ,


 

高城剛氏による『NEXTRAVELER TOOLS』のメリノウール製軽量パーカーが発売

NEXTRAVELER TOOLS Merino Wool Light Zip Hoodie

高城剛氏による『NEXTRAVELER TOOLS』から、メリノウール製軽量パーカーが限定発売。

高品質なニュージーランド産メリノウールを使用しているため、天然の温湿調整機能が働き、汗をかいても蒸れにくく、さらりとした着心地を保ち、汗冷えも防ぎます。また、保温性の高さも抜群なため、寒い季節はアウターの下に着用し、着膨れせずとも暖かさが逃げません。さらに断熱性と紫外線吸収の機能性も持ち合わせているため、夏の強い日差しと虫除け対策としても使用でき、オールシーズンに渡って着用可能です。抗菌防臭効果も抜群なので、毎日洗濯ができない旅先で重宝します。

薄手で携帯性が高く、腹部のポケットが無いのもシンプルで良いですね。ボクも多くのメリノウール製品を長年愛用していますが、アウトドアや旅先ではもちろん普段使いでも重宝しています。


Link » MERINO WOOL LIGHT ZIP HOODIE – THIS IS NOT A STORE


Related Post » 高城剛氏による『NEXTRAVELER TOOLS』のメリノウール製ベースレイヤーが発売

January 25, 2022 | Categories » Thing, Travel | Tags » ,


 

Gramicci Bonding Knit Fleece Narrow Rib Pants

Gramicci Bonding Knit Fleece Narrow Rib Pants

最近ラクちんすぎてよく履いているグラミチのニットフリースパンツ。

表面はニットのように見えるフリース素材で伸縮性があり、裏面はマイクロフリースで保温性にも優れていて履き心地も抜群。裾にかけて細身になっていくナローシルエットが調子良いです。片手で簡単にサイズ調節ができるウェビングベルトと、ヒップにはベルクロポケットが付いていて機能的。

アウトドアでもタウンユースでもフィットするシンプルなデザインが気に入っていて、普段着としてはもちろん旅先でも重宝しています。


Link » Gramicci Bonding Knit Fleece Narrow Rib Pants


Related Post » Gramicci Cool Max Knit Narrow Rib Pants

January 21, 2022 | Categories » Thing, Travel | Tags » , ,


 

ワイヤレス充電機能を搭載したコンパクトなポータブル電源『Ecoflow River mini』

EcoFlow RIVER mini

ドローンでお馴染み「DJI」出身のメンバーが設立したポータブル電源のスタートアップ『Ecoflow』から、持ち運びしやすい小型軽量モデル『River mini』が登場。

バッテリー容量210Wh、最大出力600Wのポータブル電源にも関わらず、サイズは幅24.9cm、奥行き14.0cm、高さ13.3cmで、重さは2.85kgと片手で手軽に持ち運べるサイズを実現。最大2.4A出力のUSB-Aを3ポート、最大100W出力のUSB-Cを1ポート、ACコンセントを2口、シガーソケットを1口、最大15W出力のワイヤレス充電を搭載し、最大8台のガジェットや家電製品へ同時に給電することができます。本体の充電はACコンセントの他に、ソーラーチャージャー、シガーソケットから可能で、充電状況や給電状況は本体前面のディスプレイで確認できて便利です。

車での旅やアウトドアではもちろん、最近は気候変動などのリスクも高まっていることもあり、災害時の備えとして持っておくと安心ですね。


Link » Ecoflow River mini ワイヤレス充電タイプ

Link » Ecoflow River mini 通常充電タイプ


Related Post » コンパクトでカスタマイズできるポータブル電源『Ecoflow River 600』

December 10, 2021 | Categories » Life, Technology, Travel | Tags » , , ,


 

高城剛氏による『NEXTRAVELER TOOLS』の超軽量バックパックがバージョンアップして発売

NEXTRAVELER TOOLS Backpack 2.1

高城剛氏による『NEXTRAVELER TOOLS』の超軽量バックパックがバージョンアップして、メルマガ読者のみがログインできるオンラインストアで限定発売。

サイズは24リットルと28リットル、旅の達人が世界一周に出向く挑戦的サイズの15リットル、そして新たに新型MacBookPro 16インチが入るシリーズ最小サイズの12リットルを加えた4サイズ。

前モデル同様に素材には防爆シートや防刃ベストで知られる「超高分子量ポリエチレンファイバー」を使用し、同等サイズの製品の半分の重さで倍の強度を実現。さらに肩への負荷を大幅に軽減するため、個人の肩幅等に合わせて一つ一つ手作りしてくれます。そして今回のモデルでは全てのファスナーをよりスムーズに開閉できるよう改良し、余りが気になるショルダーベルトの調整部分をスッキリとまとめています。

価格は12リットルが51,700円、 15リットルが53,900円、24リットルが59,400円、28リットルが63,800円。なかなか高価ですが、機能性とカスタマイズ性の高さを考えれば納得ですかね。サブポケットが多くて使い勝手も良さそうだし、フルブラックのステルスなデザインもかなり好みです。


Link » BACKPACK 2.1 12L – THIS IS NOT A STORE

Link » BACKPACK 2.1 15L – THIS IS NOT A STORE

Link » BACKPACK 2.1 24L – THIS IS NOT A STORE

Link » BACKPACK 2.1 28L – THIS IS NOT A STORE


Related Post » 高城剛氏による『NEXTRAVELER TOOLS』の超軽量バックパックがバージョンアップして発売

December 10, 2021 | Categories » Thing, Travel | Tags » ,


 

高城剛氏による『NEXTRAVELER TOOLS』のブラックデニムパンツが発売

NEXTRAVELER Black Pocket with Black Denim Pants

高城剛氏による『NEXTRAVELER TOOLS』から、氏が長年愛用する沖縄のデニム職人「ダブルボランチ」とのコラボレーションによるブラックデニムパンツが、メルマガ読者のみがログインできるオンラインストアで限定発売。

生地には、岡山で織られた圧倒的存在感を放つブラックセルビッチデニムを使用し、旧式の織機を使って時間をかけて織ることによって黒ならではの色落ちやシワ感がきれいに出るため、履くほどに味が出るのが特徴です。素材は糸を撚る際にデニム生地特有のスラブ感をあえて抑え、数ある種類の中から質の良い部分だけを寄せ集めたブレンド綿を使用しているとのことです。

足首に向けて細くなるテーパードシルエットで、バックポケットはパスポートやスマートフォンが収納できるサイズのダイニーマ製防水ポケットかデニムポケットを左右それぞれ選んで取り付けることができます。さらにリベットボタンも真鍮かシルバー、フロントの開き仕様もジッパーフライかボタンフライを選択可能です。

価格は41,800円からとなかなか高価ですが、汎用性と耐久性が高く、いいアクセントにもなっている防水ポケットが機能的なので、旅先ではもちろん普段使いでも重宝しそうですね。


Link » BLACK POCKET with BLACK DENIM PANTS – THIS IS NOT A STORE


Related Post » 高城剛氏による『NEXTRAVELER TOOLS』のデニムパンツが発売

November 16, 2021 | Categories » Thing, Travel | Tags » ,


 

瀬戸内リトリート青凪

瀬戸内リトリート青凪

最近新型コロナウイルスの感染が収束してきたこともあり、1週間ほど休みを取って瀬戸内を車で周遊してきました。旅の終着地となる松山では、建築家の安藤忠雄氏が設計した『瀬戸内リトリート青凪』に宿泊してきました。

街から離れた小高い丘に建つ無駄を削ぎ落とした美術館のようなホテルで、総床面積3,500平方メートルにたった7部屋のスイートルームのみという、「ミニマル・ラグジュアリー」というコンセプトの通りの静かで落ち着いた贅沢な空間でした。これぞ安藤建築といった感じのコンクリート打ちっ放しの四角い外観にシンプルなデザインのインテリアでかなり好みでしたね。子供連れでも1日1組限定で、半露天温泉がついたスイートに宿泊可能で、天井から床までガラス張りの窓から、美しい瀬戸内のランドスケープと夕陽をゆったりと眺めて過ごすことができました。

夕食はアートラウンジを家族で貸し切ることができる上に、子供の遊び相手までしてもらえたので、他の客に気を遣わずにゆっくりと瀬戸内の食材を使ったコース料理を堪能できました。食事は部屋まで運んでもらうこともできるので、朝食は家族だけで清々しい朝の景色を眺めながら楽しみました。自然に囲まれた静かな美しい建物の中で、良い音楽をかけて美しい景色を眺めて、ゆっくりと美味しいものを食べて、何もせず大切な家族と過ごす時間は最高に贅沢でした。これまでに高級と呼ばれるホテルにそれなりに泊まってきましたが、唯一無二のディスティネーションホテルだと思いますね。是非再訪したいです。


Link » 瀬戸内リトリート青凪【公式】ベストレート保証&限定特典付


Related Post » Hotel Anteroom Kyoto

October 29, 2021 | Categories » Travel | Tags » , ,


 

 1 2 3 4 5 6 7 58 Next »

Instrumental™ Things LIFE PACKING 2020 未来を生きるためのモノと知恵 – 高城剛 Sony α7C DJI Mini 2

Instrumental™ Things
– 2019 Edition

LIFE PACKING 2020
未来を生きるための
モノと知恵
– 高城剛

Sony α7C

DJI Mini 2