Amazon、ディスプレイが6.8インチに大型化した『Kindle Paperwhite』の新モデルを発表

Kindle Paperwhite

アマゾンが電子書籍リーダー『Kindle Paperwhite』の新モデルを発表。ベゼルを狭くすることで本体サイズのアップは最小限にとどめて、ディスプレイサイズは前モデルの6インチから6.8インチに大型化し、前モデル比で明るさは10%、レスポンス速度は20%向上。そしてようやく充電コネクターがマイクロUSBからUSB-Cへと変更されました。

価格は14,980円からで、10月27日発売。同時にディスプレイの明るさ自動調節機能、32GBの内蔵ストレージ、ワイヤレス充電に対応した『シグニチャー エディション』も発表されていて、こちらの価格は19,980円からで、11月10日発売。

画面の大きくなったスマートフォンの登場により、Kindleのような電子書籍専用端末はニッチな存在になりましたが、ネットに繋がらず読書に集中したいという人たちには一定の需要があるようですね。


Link » Kindle Paperwhite

Link » Kindle Paperwhite シグニチャー エディション

Link » Kindle Paperwhite シグニチャーエディション専用 Anker ワイヤレス充電スタンド


Related Post » Amazon、防水機能を搭載した『Kindle Paperwhite』の新モデルを発表

September 24, 2021 | Categories » Technology | Tags » ,


 

Apple、ホームボタンが無くなってベゼルレスになった新型『iPad mini』を発表

Apple iPad mini 6

アップルが新製品発表イベントで新型『iPad mini』を発表。iPad Air同様にベゼルレスの8.3インチディスプレイになり、ホームボタンが無くなって「Touch ID」を電源ボタンに搭載。LightningコネクタからUSB-Cコネクタへとアップデートされ、第2世代のApple Pencilに対応。CPUは40%高速化し、カメラの性能もさらに進化しました。また、Wi-Fi 6に対応し、5Gでの高速インターネット接続が利用できます。

価格は59,800円からで、カラーバリエーションはスペースグレイ、ピンク、パープル、スターライトの4色。現在前モデルの『iPad mini』を愛用しているので買い替えたいと思いますが、なぜかカラーバリエーションからシルバーが無くなってしまったのが残念ですね。


Link » iPad mini – Apple(日本)


Related Post » Apple、ホームボタンが無くなってベゼルレスになった新型『iPad Air』を発表

September 17, 2021 | Categories » Technology | Tags » , ,


 

Apple、ディスプレイが20%大型化した『Apple Watch Series 7』を発表

Apple Watch Series 7

アップルが新製品発表イベントで、スマートウォッチの新モデル『Apple Watch Series 7』を発表。

常時表示ディスプレイはさらに明るく頑丈になり、ベゼルを狭くすることで前モデルから本体サイズをほとんど変えずに20%大型化され、防塵性能はIP6Xに向上。前モデルよりも50%多い文字を表示することができ、スワイプ式の予測キーボードを備えてテキスト入力が簡単になりました。また、新しくなった充電アーキテクチャと高速充電USB-Cケーブルによって充電速度が33%アップし、約45分でバッテリーを0から80%まで充電できるようになりました。

今秋発売予定で、現時点で日本での価格は不明。少し物足りないアップデートですが、毎日肌身離さず身に着けているガジェットなので、とりあえず購入したいと思います。


Link » Apple Watch Series 7 – Apple(日本)


Related Post » Apple、血中酸素濃度測定が可能になった『Apple Watch Series 6』を発表

September 17, 2021 | Categories » Technology | Tags » , , , ,


 

Apple、動画の被写界深度がコントロールできる『iPhone 13』シリーズを発表

Apple iPhone 13 / 13 Pro

アップルが新製品発表イベントで、iPhone 12 Proのアップグレードモデル『iPhone 13 Pro』と大画面版の『iPhone 13 Pro Max』、iPhone 12のアップグレードモデル『iPhone 13』と小型版の『iPhone 13 mini』を発表。

両モデルともCPUが50%、GPUが30%高速化した新しいチップ「A15 Bionic」チップを搭載。カメラにはより明るいレンズ、3D認識用のLiDARスキャナーを搭載し、写真や動画の撮影性能が向上。さらに『Pro』モデルでは、背面に光学3倍ズームの望遠レンズ、超広角レンズ、広角レンズの3つのカメラを搭載。広角と望遠カメラは光学式の手ブレ補正に対応し、超広角レンズは2cmまで寄れるマクロ機能が備わりました。

今回の発表で一番インパクトがあったのは、動画版ポートレートモードとも言える機能「シネマティックモード」で、被写体がフレームに入りそうなタイミングを予測して自動でフォーカス切り替えて背景をぼかすことが可能で、さらに『Pro』モデルなら撮影後にフォーカスと被写界深度を調整することができ、プロ向けの映像コーデック「ProRes」にも対応します。

結局今回もデザインやスペックのほぼ全てが事前のリーク情報通りで驚きはありませんでしたが、順当な進化を遂げていますね。ボクは現在「iPhone 12 mini」を使っていますが、今回はカメラの性能が大きく進化した『Pro』モデルを買ってみようと思います。2つのモデルで性能差がないので、コンパクトな『iPhone 13 Pro』ですかね。


Link » iPhone 13とiPhone 13 mini – Apple(日本)

Link » iPhone 13 ProとiPhone 13 Pro Max – Apple(日本)


Related Post » Apple、5G対応の『iPhone 12』シリーズを発表

September 17, 2021 | Categories » Technology | Tags » ,


 

Facebook、スマートサングラス『Ray-Ban Stories』を発表

Ray-Ban Stories

Facebookが、レイバンと共同開発したスマートサングラス『Ray-Ban Stories』を発表。

500万画素のデュアルカメラ、オープンイヤー型のスピーカー、マイクを搭載し、ボタンや音声操作で写真や動画の撮影をしたり、スマートフォンと接続して音楽を聴いたり、通話の応答ができます。さらにテンプルにはタッチパッドを備えているので、音楽操作や音量調整が可能です。

バッテリー駆動時間は最大6時間で、携帯用の充電ケースはUSB-Cを使った充電に対応。価格は299ドルからで、デザインはレイバンの定番スタイルを基本に20のバリエーションがあり、レンズもクリア、偏光、調光、度付きなどから選ぶことができます。ただ、残念ながら現時点で日本での発売は未定です。

スマートグラスというほどの機能は無く、Snapchatのカメラ内蔵サングラス「Spectacles」と、Boseのスピーカー内蔵サングラス「Frames Alto」が融合したようなデバイスで、気軽に撮影や音楽を楽しむには便利かもしれません。

CEOであるマーク・ザッカーバーグ氏は、Facebookを仮想空間に注力する「メタバース」企業にすると語っていたので、今後登場するであろうARグラスの布石なんでしょうね。


Link » Ray-Ban and Facebook introduce Ray-Ban Stories, first-generation smart glasses

Link » ray-ban stories


Related Post » Bose、超小型スピーカー内蔵サングラス『Frames Alto』を発売

September 10, 2021 | Categories » Technology | Tags » , , , , ,


 

リコー、APS-Cセンサー搭載コンパクトカメラの新モデル『GR IIIx』を発表

Ricoh GR IIIx

リコーが、APS-Cサイズのセンサーを搭載したハイエンドコンパクトカメラの新モデル『GR IIIx』を発表。

有効約2,424万画素のAPS-CサイズCMOSセンサーや、手ブレ補正、タッチパネル、像面位相差AF、センサーのクリーニング機構、USB-Cを使った充電など、基本仕様は前モデル「GR III」から変わりませんが、新たに35mm判換算40mm相当F2.8のレンズを採用しています。

バリエーションモデルなので少し物足りないところはありますが、40mmという画角は準広角の35mmや標準の50mmのように汎用性が高くて良いですね。10月上旬発売予定。


Link » RICOH GR III / GR IIIx / デジタルカメラ / 製品 | RICOH IMAGING


Related Post » リコー、APS-Cセンサー搭載コンパクトカメラの新モデル『GR II』を発表

September 10, 2021 | Categories » Technology | Tags » ,


 

DJI、延長ロッドを内蔵した新型スマートフォン用ジンバル『OM 5』を発表

DJI OM 5

DJIが新型スマートフォン用ジンバル『OM 5』を発表。前モデルから引き続き折りたたみ式かつマグネット着脱式デザインを採用しつつ、3分の1コンパクトになったボディに延長ロッドを内蔵し、さらに様々なアングルから撮影できるようになりました。

価格は税込17,930円で、磁気クランプや三脚、収納ポーチが付属します。ジンバルのエントリーモデルとして最適だと思いますね。


Link » DJI OM 5


Related Post » DJI、4Kカメラ搭載3軸手持ちジンバル『Osmo』を発表

September 10, 2021 | Categories » Technology | Tags » , , , ,


 

スマート体組成計『Withings Body Cardio』

Withings Body Cardio

少し前に家族用に『Withings』のスマート体組成計『Body Cardio』購入しました。

体重、体脂肪、BMI、水分率、筋肉量、骨量、心拍、血管年齢を測定可能で、最大8名のユーザーを自動認識し、Wi-FiやBluetoothを通じてデータはアプリに自動で記録されます。ベビーモード、妊娠モードを搭載しているので、赤ちゃんやペットの体重も抱っこして計測することができて便利です。

全ての項目を測定するためには15秒ほど乗っている必要がありますが、精度も高くてなかなか調子良いですね。これまでApple Watchで体内の脂肪、筋肉量、水分量を測定可能にするストラップ「AURA Strap」を愛用していましたが、『Withings Body Cardio』を購入したことによってすっかり使わなくなってしまいました。


Link » Withings Body Cardio


Related Post » Apple Watchで体内の脂肪、筋肉量、水分量を測定可能にするストラップ『AURA Strap』

September 6, 2021 | Categories » Technology | Tags » , , ,


 

Kanye West、新作アルバム「Donda」のリリースに合わせて音楽ガジェット『Donda Stem Player』を発表

Donda Stem Player

カニエ・ウェストが、新作アルバム「Donda」のリリースに合わせて音楽ガジェット『Donda Stem Player』を発表。

4つのタッチセンサー付きライトスライダー、スピーカー、3.5mmイヤホンジャック、8GBのストレージを搭載。アルバムの楽曲のボーカル、ドラムス、ベース、サンプリングなどパートごとの音声データが収録されていて、ユーザーが自由に組み合わせてカスタマイズすることができます。また、他の楽曲を保存して使うこともできるようです。

アルバムの体験価値を高めるために、ユーザーに楽曲音源を操作させるというのはおもしろいですね。


Link » DONDA STEM PLAYER


Related Post » Kanye West – Runaway

August 27, 2021 | Categories » Entertainment, Technology | Tags » , , ,


 

Tesla、人型ロボット『Tesla Bot』の開発を発表

Tesla Bot

テスラが開催したイベント「AI Day」で、人型ロボット『Tesla Bot』の開発を発表。同社の自動運転機能の開発で培ったAI技術を活用することで、人間に代わって日常的な家事をこなしたり、物を運んだり危険な場所での作業を代替させることを目指しているそうです。

身長は約173cmで、重量は約57kg。テスラ車がオプション搭載するFSD向けのコンピューターや一連のセンサー類、顔の部分に各種情報を表示するスクリーンを搭載。重さ20kgまでの物を運ぶことができ、早歩きほどの速度で歩行が可能です。

CEOを務めるイーロン・マスク氏は、2022年中にプロトタイプモデルの公開を予告しています。こうして今まで人間が行っていた労働はどんどんロボットに置き換えられていくんでしょうね。


Link » Artificial Intelligence & Autopilot | Tesla


Related Post » Tesla、完全自動運転のライドシェアサービス『Tesla Network』を2020年に開始すると発表

August 23, 2021 | Categories » Technology | Tags » ,


 

 1 2 3 4 5 6 7 247 Next »

Instrumental™ Things LIFE PACKING 2020 未来を生きるためのモノと知恵 – 高城剛 Sony α7C DJI Mini 2

Instrumental™ Things
– 2019 Edition

LIFE PACKING 2020
未来を生きるための
モノと知恵
– 高城剛

Sony α7C

DJI Mini 2