Sony、フルサイズミラーレス一眼カメラ「α」シリーズを搭載可能なドローン『Airpeak S1』を発売

Sony Airpeak S1

ソニーが、フルサイズミラーレス一眼カメラ「α」シリーズを搭載可能な世界最小クラスのプロフェッショナル向けドローン『Airpeak S1』を発売。

独自開発のモーターやプロペラなどを備え、センシングによる障害物検知や自動飛行、機体や飛行情報のクラウド管理などが可能です。

市場推定価格は税別100万円前後で、9月発売予定。ソニーから映像制作用のドローンが発売されるなんて、すっかりカメラも空を飛ぶ時代になりましたね。今後コンシューマー向けの小型モデルも発表してくれるとうれしいです。


Link » Airpeak S1 | ドローン Airpeak | ソニー

Link » Airpeakブランドページ | ドローン Airpeak | ソニー


Related Post » Sony、フルサイズミラーレス一眼カメラ「α」シリーズを搭載可能なドローン『Airpeak』を発表

June 11, 2021 | Categories » Technology | Tags » , ,


 

Sony FE 35mm F1.4 GM

Sony FE 35mm F1.4 GM

先日発売されたライカのレンズ「Apo-Summicron-M F2/35mm ASPH.」がいつまで経っても手に入らないので、代わりにソニーの『FE 35mm F1.4 GM』試してみました。

オートフォーカスレンズなので、マニュアルフォーカスのライカレンズと比べてかなり大きくて重いんですが、ソニーのEマウント史上最高の35mm単焦点レンズだけあって解像性能もAF性能も抜群で、現在愛用しているカメラボディの「α7C」との相性もバッチリです。

最近子どもが動き回るようになってきたんですが、このレンズなら動画撮影が捗りそうだし、「α7C」と組み合わせたサイズと重さもギリギリ許容範囲なので、手持ちの軽量コンパクトなライカレンズ「Summilux-M F1.4/35mm」としばらく使い分けてみたいと思います。


Link » Sony FE 35mm F1.4 GM


Related Post » Leica Summilux-M F1.4/35mm

May 31, 2021 | Categories » Technology | Tags » ,


 

新型Apple TV用リモコン『Siri Remote』

Apple Siri Remote

新型「Apple TV 4K」に付属する新型リモコン『Siri Remote』は単体販売されていて、前モデルにも対応するということで購入してみました。

前モデルと比べて少し大きくなって重たくなりましたが、一体型アルミニウムのソリッドなデザインがカッコよく、新しいタッチ対応のクリックパッド、電源ボタン、ミュートボタンが搭載されて使い勝手はかなり良くなりました。

新型「Apple TV 4K」は性能的には前モデルから大きく変わっていないので、リモコンだけアップデートするのがオススメですね。


Link » Apple Siri Remote


Related Post » Apple、「tvOS」搭載の新型『Apple TV』を販売開始

May 28, 2021 | Categories » Entertainment, Technology | Tags » , , , , ,


 

Apple、『アプリのトラッキングの透明性』の重要性を伝える新CMを公開

アップルが、iOS14.5で新たに導入した『アプリのトラッキングの透明性(App Tracking Transparency)』の重要性を伝える新CMを公開。

iOS14.5から、アプリが他のアプリやウェブサイトを横断してユーザーを追跡する際には、プロンプトを表示してユーザーの許可を得なければならない仕組みが導入されましたが、これを実際の人に置き換えてわかりやすくユーモラスに表現しています。

これによってユーザーの大半がアプリ追跡を無効にすると思うので、ターゲティング広告市場は大きな転換点を迎えることになりそうですね。


Link » プライバシー – Apple(日本)


Related Post » Apple – Designed By Apple / Our Signature

May 24, 2021 | Categories » Technology | Tags » , , , ,


 

Ergotron LX デスクマウントアーム

Ergotron LX Desk Monitor Arm

少し前に自宅のワークデスクを「USM」のハラーテーブルにしたので、それに合わせて会社支給の液晶ディスプレイに取り付けているモニターアームを『Ergotron LX デスクマウントアーム』に買い替えました。自宅で使っても違和感が無いスタイリッシュなデザインで、軽く触れるだけでモニターの位置調節が可能。ケーブルもアームにすっきりと収納できます。シルバークロームのアームがハラーテーブルにマッチしますが、そのままではハラーテーブルにマウントできないので少し改造しました。

これにMacBook Proをクラムシェルモードで接続し、「Twelve South」のアルミ製スタンドに立てて置き、ワイヤレスキーボードとワイヤレスマウスを繋いでデスクトップのようにして使っています。ただ、この状態だとフロントカメラが使えないため、ビデオ会議をする時には取り外しています。


Link » Ergotron LX デスクマウントアーム


Related Post » コンパクトに折りたためるハンガー『Post General Gimmick Hanger』

May 14, 2021 | Categories » Technology | Tags » , ,


 

MacをMacのセカンドディスプレイにするアプリ『Luna Display』がEthernetとThunderbolt接続に対応

Ethernet and Thunderbolt Support for Mac-to-Mac Mode - Luna Display

iPadやMacをMacのセカンドディスプレイとして利用可能にするアプリ『Luna Display』が、Mac間のEthernetとThunderbolt接続に対応。

従来のWi-Fi接続に比べて安定しているので、新型iMacをMacBookの外部ディスプレイとして使うのもおもしろいかもしれませんね。


Link » Ethernet and Thunderbolt Support for Mac-to-Mac Mode – Luna Display


Related Post » iPadをLightningケーブル接続でMacのセカンドディスプレイにするアプリ『Duet Display』がTouch Barに対応

May 14, 2021 | Categories » Technology | Tags » , , ,


 

Voigtlander Apo-Lanthar 35mm F2 Aspherical E-mount

Voigtlander Apo-Lanthar 35mm F2 Aspherical E-mount

先日発売されたライカのレンズ「Apo-Summicron-M F2/35mm ASPH.」がいつまで経っても手に入らないので、代わりにフォクトレンダーの『Apo-Lanthar 35mm F2』試してみました。

ライカのアポズミクロンと同じ「アポクロマート設計」を採用したフォクトレンダー史上最高の準広角レンズで、色収差を抑えて、非常に高い解像性能を実現。ソニーEマウントに光学設計を最適化し、電子接点付きでExif情報の記録と「α」シリーズの5軸手ブレ補正に対応。最短撮影距離は35cmで、フォーカスリング操作でライブビューの拡大表示が可能です。また、絞りリング操作時のクリックの有無を切り替えることができます。

こんな解像性能の高いレンズが、ライカのわずか1/10の価格で購入できるなんて本当に素晴らしいですね。オールドレンズの味わいやオートフォーカスが必要無ければ、「α」シリーズの性能を活かせるコンパクトなレンズとしてベストだと思います。


Link » Voigtlander Apo-Lanthar 35mm F2 Aspherical E-mount


Related Post » ライカMレンズで接写を可能にするソニーEマウント用アダプター『Voigtlander VM-E Close Focus Adapter』

May 10, 2021 | Categories » Technology | Tags » ,


 

毎日持ち歩くEDCアイテム 2021

My EDC 2021

新型コロナウィルスの影響によって、毎日ワークフロムホームをするようになって1年が過ぎ、すっかり外出を控えるようになりましたが、相変わらずボクは日常的に手ぶらで生活しています。身軽になれば移動しやすくなって行動力も上がるし、気分も軽くなるので新しいアイデアも生まれやすくなります。

毎日持ち歩く「EDC(Everyday Carry)」アイテムは、パンツの前ポケットに収まるモノだけしか持たないようにしています。これならモノを入れたまま動いたり座っても邪魔にならないので、モノを出してそのまま置き忘れてしまうこともありません。以前は財布や小物などを、パンツの後ろポケットやアウターのポケットに入れてましたが、何度も失くしたりするうちにこのスタイルに辿り着きました。

これまでに何度かボクが毎日持ち歩くEDCアイテムを紹介していますが、今も定期的に見直してアップデートしています。日々持ち歩くものをミニマルにすることはボクにとって永遠のテーマです。本当に持ち歩く必要があるのかどうかを見極めて、常にシンプルな状態をキープしたいですね。

ということでそんなボクが現在手ぶらで外出する時にも毎日必ず持ち歩いているモノを紹介します。

Read More »


Related Post » 毎日持ち歩くEDCアイテム 2018

May 7, 2021 | Categories » Column, Technology, Thing, Travel | Tags » , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,


 

Apple、紛失物トラッカー『AirTag』を発表

Apple AirTag

アップルが新製品発表イベントで、紛失物トラッカー『AirTag』を発表。

様々なモノに取り付けることで、紛失した際にアップルプロダクトと同様に「探す」アプリで追跡が可能になります。サイズは500円玉より一回り大きい程度で重さもわずか11gと軽量。交換可能なコイン電池で1年以上動作し、IP67の防水、防塵性能を備えています。また、キーリングやループなどのアクセサリーが用意されていて、バッグチャームやラゲージタグがセットになった特別仕様のエルメスモデルも発売されています。

価格は3,800円で、4月30日発売。これは是非使ってみたいと思います。


Link » Apple AirTag


Related Post » Apple、歴代のアップルプロダクトを収めたスティーブ・ジョブズに捧げる写真集『Designed by Apple in California』を発表

April 23, 2021 | Categories » Technology | Tags » , , ,


 

Apple、独自チップ「M1」を搭載した5G対応の新型『iPad Pro』を発表

Apple iPad Pro

アップルが新製品発表イベントで、独自チップ「M1」を搭載した新型『iPad Pro』を発表。

前モデルと比べてCPUは50%、グラフィックスは40%の高速化を実現。USB-CポートがThunderboltとUSB 4に対応したことでデータの高速転送が可能になり、複数の外部ディスプレイやストレージに接続できるようになりました。新たに12メガピクセルの超広角フロントカメラを搭載し、ビデオ通話中にユーザーの動きに合わせて自動的にフレームの中心に保ちます。また、5Gでの高速インターネット接続が利用できます。

そして12.9インチモデルにはミニLEDバックライト技術を採用した「Liquid Retina XDR」ディスプレイを搭載。これはクリエイティブプロ向けの6Kディスプレイ「Pro Display XDR」に匹敵する品質を目指したものだそうです。

価格は11インチモデルが94,800円から、12.9インチモデルは129,800円からで、予約受付は4月30日から開始し、5月後半出荷予定。11インチモデルの購入を検討していたんですが、残念ながら「Liquid Retina XDR」ディスプレイが搭載されていないので、今回は見送ることにしました。次期MacBook Proに搭載されるのが今から楽しみですね。


Link » iPad Pro – Apple(日本)


Related Post » Apple iPad mini Retinaディスプレイモデル

April 23, 2021 | Categories » Technology | Tags » ,


 

 1 2 3 4 5 6 7 245 Next »

Instrumental™ Things LIFE PACKING 2020 未来を生きるためのモノと知恵 – 高城剛 Sony α7C DJI Mini 2

Instrumental™ Things
– 2019 Edition

LIFE PACKING 2020
未来を生きるための
モノと知恵
– 高城剛

Sony α7C

DJI Mini 2