Apple、手のひらサイズの新型スマートスピーカー『HomePod mini』を発表

Apple HomePod mini

アップルが新製品発表イベントで、手のひらサイズの新型スマートスピーカー『HomePod mini』を発表 。

球体型のかわいらしいデザインに「Apple S5」チップを搭載。再生する音楽の特性を解析し、自動的に音量の最適化やダイナミックレンジの調整をして再生するそうです。もちろん「AirPlay」や「Siri」で音楽再生を操作可能な他、ニュースや天気の確認、メッセージの送信、照明や冷暖房などHomeKit対応機器の操作ができ、さらに家の中の複数台を連携させたり、2台を連動させてステレオ再生することも可能です。また、新しいインターコム機能により、HomePodシリーズを使って家族間で手軽に音声メッセージのやり取りができます。

カラーバリエーションはホワイトとスペースグレイの2色で、価格は10,800円。 11月16日発売で、11月6日から予約が可能。そこまで音質を重視しない人にとっては安価で魅力的な製品になっていますね。


Link » HomePod mini – Apple(日本)


Related Post » Apple、音声アシスタント「Siri」搭載スマートスピーカー『HomePod』を日本でも発売

October 16, 2020 | Categories » Technology | Tags » , , , ,


 

Apple、5G対応の『iPhone 12』シリーズを発表

Apple iPhone 12 / 12 Pro

アップルが新製品発表イベントで、iPhone 11 Proのアップグレードモデル『iPhone 12 Pro』と大画面版の『iPhone 12 Pro Max』、iPhone 11のアップグレードモデル『iPhone 12』と小型版の『iPhone 12 mini』発表しましたが、気になるのはやっぱりシリーズ最小モデルの『mini』ですね。

初代iPhone SEとほぼ同じ大きさの本体全面に5.4インチの有機ELディスプレイ、CPUとGPUが50%高速化した新しいチップ「A14 Bionic」チップを搭載。背面に広角と超広角のデュアルカメラを搭載し、ナイトモードが超広角レンズでも使用可能になりました。ワイヤレス充電には背面の内蔵マグネットを使用した「MagSafe」を採用し、磁気で取り付けることによって適切な位置でのワイヤレス充電が可能になりました。また、マグネットを利用したケースやカードケースなど様々なアクセサリが用意されています。

結局今回もデザインやスペックのほぼ全てが事前のリーク情報通りで驚きはありませんでしたが、アップルから高性能なコンパクトモデルがラインナップされたのは意外でしたね。ボクは現在iPhone 11 Pro Maxを使っていますが、新型コロナウイルスの影響で毎日ワークフロムホームをするようになり、通勤電車でKindle本を読むことも無くなったので大画面は必要無いし、休日のちょっとした外出や遠出にはカメラを持ち歩いているためカメラ性能もそこまで必要無いので、最小モデルの『iPhone 12 mini』を買ってみようと思います。


Link » iPhone 12とiPhone 12 mini – Apple(日本)

Link » iPhone 12 ProとiPhone 12 Pro Max – Apple(日本)


Related Post » Apple、『iPhone XS』と『iPhone XS Max』を発表

October 16, 2020 | Categories » Technology | Tags » ,


 

Devialet、アクティブノイズキャンセリング搭載フルワイヤレスイヤフォン『Gemini』を発表

Devialet Gemini

近年ボクも愛用している、超高音質なワイヤレススピーカー「Phantom」でお馴染みのオーディオメーカー『Devialet(デヴィアレ)』から、アクティブノイズキャンセリングを搭載したフルワイヤレスイヤフォンが登場。

イヤフォンの内側と外側に配置された2個の独立したマイクによってクラス最高のノイズキャンセリング性能を実現し、周囲の音を聞きとりやすくする外部音取り込みモードにも対応。 イヤフォンを装着してスマートフォンアプリを使うことで、ユーザーの耳の形状をスキャンして最もフィットするイヤーピースのサイズを判断し、耳の形状に最適な音を再生することができます。IPX4等級の防水性を備えているので様々なスポーツやトレーニングにも最適です。

バッテリー駆動時間は8時間、アクティブノイズキャンセリングを使用した場合は6時間で、充電ケースを併用することで24時間の駆動が可能。充電ケースはワイヤレス充電の規格「Qi」と、USB-Cを使った充電に対応しています。

価格は41,800円で、11月下旬発売予定。これは是非試してみたいですね。


Link » Devialet Gemini wireless earbuds


Related Post » 『Devialet』のワイヤレススピーカーにコンパクトモデル『Phantom Reactor』が登場

October 12, 2020 | Categories » Technology | Tags » , ,


 

Sony、Suicaに対応したスマートウォッチ機能を内蔵した腕時計バンドの新モデル『wena 3』を発表

Sony wena 3

ソニーが、スマートウォッチ機能を内蔵した腕時計バンドの新モデル『wena 3』を発表。

従来の腕時計のバンドを付け替えることでスマートウォッチ化することができ、着信やメッセージなどの通知機能、歩数や消費カロリー、睡眠状態などの計測ができる機能、電子マネー機能を搭載し、バックル部分に通知内容を表示する有機ELディスプレイを搭載。バンドの内蔵バッテリーによる連続動作時間は約1週間で、日常生活防水仕様。

前モデルから30%小型化され、新たに「Suica」に対応し、チャージや残高確認などは専用アプリから操作できます。また、「Amazon Alexa」にも対応し、話しかけるだけで天気の確認やスマート家電を操作可能。さらに今後ソフトウェアのアップデートで忘れ物防止タグ「MAMORIO」にも対応します。

ラインナップはステンレス製の『metal』、レザー製の『leather』、ラバー製『rubber』の3モデルで、店頭予想価格は『metal』が税別33,000円前後、『leather』が30,000円前後、『rubber』が24,000円前後になるそうです。11月27日発売予定。従来の腕時計にそのまま装着できるというアプローチは、Apple Watchと差別化できていてスゴくいいと思いますね。


Link » Sony wena 3


Related Post » Sony、時計バンドに機能を内蔵したスマートウォッチ『wena wrist』を発表

October 9, 2020 | Categories » Technology | Tags » , , , ,


 

Apple Payで『PASMO』が利用可能に

Apple Payで『PASMO』が利用可能に

ついにApple Payで『PASMO』が利用可能になりました。Suica同様に専用アプリで『PASMO』を発行することで利用できます。

Touch IDやFace IDの認証無しで利用できる「エクスプレスカード」として設定可能で、PASMOに対応する交通機関ではiPhoneやApple Watchをそのままかざして改札を通過したり、店舗でも支払い端末にかざすことで買い物ができます。また、既存の物理カードのPASMOを引き継ぐことが可能で、定期券情報やオートチャージ設定、チャージ残高などを移行できます。

これでますます現金やカードを持たずにiPhoneやApple Watchだけで外出できるようになりますね。


Link » Apple PayのPASMO、はじまる。iPhoneやApple Watchで並ばずに、チャージも、定期券の購入も。 | Apple PayのPASMO


Related Post » Apple、新しいクレジットカードサービス『Apple Card』を発表

October 9, 2020 | Categories » Technology | Tags » , , , , ,


 

Anova Precision Oven

Anova Precision Oven

ボクも最近愛用している低温調理器でお馴染み『Anova』社がスチームオーブンを発表。

シンプルでスタイリッシュな外観で、サイズは幅569mm、奥行き450mm、高さ358mmで、庫内容量は34リットル。扉のハンドル部分にタッチスクリーンディスプレイを備え、食材の中心温度を測定できるフードプローブが搭載されています。温度は25℃から最高250℃までコントロールでき、スマートフォンとWi-Fi接続して調理をモニタリングできるだけでなく、操作や設定をしたり、レシピを管理することもできます。

2020年12月発売予定で、価格は70,000円。新型コロナウィルスの影響によって自宅で料理する機会が増えたので、これは気になりますね。


Link » Anova Precision Oven | Anova Culinary


Related Post » Anova Precision Cooker Nano

September 28, 2020 | Categories » Life, Technology | Tags » , ,


 

ACコンセント搭載モバイルバッテリー『Goal Zero Sherpa 100AC Power Bank』

Goal Zero Sherpa 100AC Power Bank

最近は気候変動などのリスクも高まっていることもあり、災害時の備えとしてモバイルバッテリー『Goal Zero Sherpa 100AC Power Bank』を愛用しています。

サイズは幅190mm、奥行き144mm、高さ25mmで、重さは907gとそれなりにありますが、持ち運びしやすい薄型コンパクトサイズで、バッテリー容量は飛行機の機内持込可能な94.7Wh。最大2.4A出力のUSB-Aを2ポート、最大60Wで入出力が可能なPD対応のUSB-Cを2ポート、最大100WのACコンセントを1口搭載し、ワイヤレス充電の規格「Qi」にも対応。電源プラグをそのまま差し込めるので、様々なガジェットへの給電が可能です。本体の充電はUSB-Cポートの他に、ソーラーチャージャー、シガーソケット、ACアダプターから可能で、バッテリーの充電をしながら電子機器に給電することもできます。充電状況や給電状況は本体前面のディスプレイで確認できて便利です。

旅先やアウトドアで過ごす時にはもちろん、外出先や自宅のベランダで仕事をする時にも重宝しています。


Link » Goal Zero Sherpa 100AC Power Bank


Related Post » 防水、防塵、耐衝撃仕様のLEDライト搭載ワイヤレスモバイルバッテリー『LifeProof Lifeactive Power Pack 10 Qi Wireless』

September 25, 2020 | Categories » Life, Technology, Travel | Tags » , , ,


 

コンパクトでカスタマイズできるポータブル電源『Ecoflow River 600』

Ecoflow River 600

ドローンでおなじみ「DJI」出身のメンバーが設立したスタートアップ『Ecoflow』から、目的によって容量を自由に変えられるポータブル電源『River 600』が登場。

ラインナップはバッテリー容量が288Whの『River 600』と、720Whの『River 600 Pro』の2モデルで、『River 600』は専用エクストラバッテリーを組み合わせることで倍の容量の576Whに、『River 600 Pro』は専用エクストラバッテリーを組み合わせることで倍の容量の1440Whに増やすことができます。

『River 600』は最大1200Wの高出力のポータブル電源にも関わらず、サイズは幅288mm、奥行き185mm、高さ253mmで、重さは5kgと片手で手軽に持ち運べるサイズを実現。最大2.4A出力のUSB-Aを2ポート、最大15W出力で急速充電が可能なUSB-Aを1ポート、最大100W出力のUSB-Cを1ポート、ACコンセントを3口、DCポートを2口、シガーソケットを1口搭載し、最大10台のガジェットや家電製品へ同時に給電することができます。本体の充電はACコンセントの他に、ソーラーチャージャー、シガーソケットから可能で、充電状況や給電状況は本体前面のディスプレイで確認できて便利です。

車での旅やアウトドアではもちろん、最近は気候変動などのリスクも高まっていることもあり、災害時の備えとして持っておくと安心ですね。


Link » Makuake|コンパクトで高出力!カスタマイズポータブル電源「RIVER 600 シリーズ」|マクアケ – アタラシイものや体験の応援購入サービス


Related Post » ACコンセント搭載モバイルバッテリー『Goal Zero Sherpa 100AC Power Bank』

September 25, 2020 | Categories » Life, Technology, Travel | Tags » , , ,


 

Apple、ホームボタンが無くなってベゼルレスになった新型『iPad Air』を発表

Apple iPad Air

アップルが新製品発表イベントで新型『iPad Air』を発表。iPad Pro同様にベゼルレスの10.9インチディスプレイになり、ホームボタンが無くなって「Touch ID」を電源ボタンに搭載。LightningコネクタからUSB-Cコネクタへとアップデートされ、第2世代のApple Pencilに対応。CPUは40%高速化し、カメラの性能もさらに進化しました。

価格は62,800円からで、カラーバリエーションはシルバー、スペースグレイ、ローズゴールド、グリーン、スカイブルーの5色。「iPad mini」の時期モデルは是非ともベゼルレスになって、第2世代のApple Pencilに対応して欲しいですね。


Link » iPad Air – Apple(日本)


Related Post » Apple、指紋認証センサーTouch ID搭載『iPad Air 2』と『iPad mini 3』を発表

September 18, 2020 | Categories » Technology | Tags » ,


 

Apple、血中酸素濃度測定が可能になった『Apple Watch Series 6』を発表

Apple Watch Series 6

アップルが新製品発表イベントで、スマートウォッチの新モデル『Apple Watch Series 6』と低価格版「Apple Watch SE」を発表しましたが、気になるのはやっぱり進化した『Series 6』ですね。

『Apple Watch Series 6』は、新たに搭載した血中酸素濃度センサーにより体に取り込まれた酸素のレベルのチェックが可能になり、ディスプレイの常時表示は最大2.5倍明るくなって太陽の下でも見やすくなりました。また、充電がより高速になって1.5時間以内にフル充電が完了します。

現在「Series 5」を愛用していますが、先日アップデートされたOSによって睡眠記録が可能になったし、日本でも医療機器としての承認を取得したのでそろそろ心電計として使えるようになりそうです。それから最近ストラップを「AURA Strap」に交換したので、体内の脂肪、筋肉量、水分量まで測定できるようになりました。『Series 6』になってますます健康管理に役立つガジェットに進化したので、早速購入したいと思います。


Link » Apple Watch Series 6 – Apple(日本)


Related Post » 『Apple Watch Series 3』を1週間使ってみた

September 18, 2020 | Categories » Technology | Tags » , , , ,


 

 1 2 3 4 5 6 7 241 Next »

Instrumental™ Things 高城式健康術55 - 医師が教えてくれない家庭の医学 - 高城剛 Sony ZV-1 DJI Mavic Mini

Instrumental™ Things
(2019 Edition)

高城式健康術55
– 医師が教えてくれない
家庭の医学
– 高城剛

Sony ZV-1

DJI Mavic Mini