ベストガジェット 2020

Best Gadgets 2020

激動の2020年も残り僅かになって来ました。今年もいくつかの素晴らしいガジェットとたくさんのガラクタが発表されましたが、その中から日々の生活を便利で豊かにしてくれたものをセレクトしてみました。ということで今年も年末恒例のベストガジェットを発表したいと思います。

Read More »


Related Post » ベストガジェット 2016

December 28, 2020 | Categories » Column, Life, Technology | Tags » , , , , , , , , , | No Response »


 

Apple iPhone 12 mini

Apple iPhone 12 mini

『iPhone 12 mini』を使い始めて1ヶ月が経ちました。iPhoneは毎年買い替えていて、今回は最小モデルを購入しました。やはりアップルから「iPhone SE」のような廉価版ではない、高性能なコンパクトモデルがラインナップされたとなれば、昔からガジェットのコンパクトさを重要視してきたボクとしては使ってみないわけにはいきません。

ここ数年はずっと大画面モデルを使い続けてきましたが、新型コロナウイルスの感染拡大による影響で毎日ワークフロムホームをするようになって、通勤電車でKindle本を読むことも無くなったので大画面は必要無いし、休日のちょっとした外出や遠出にはカメラを持ち歩いているためカメラ性能もそこまで必要無いので、わざわざ大きくてかさばる「iPhone 11 Pro Max」を持ち歩きたくなくなったというのが、『iPhone 12 mini』を選んだ大きな理由です。固定レイアウトのKindle本や自炊本、映像を楽しみたい時、手書きのメモやアイデアスケッチを描きたい時などにはiPad miniを持ち運んでいます。

相変わらず裸のままでガシガシ使ってますけど、軽くて片手で扱いやすいサイズ感とスクエアでソリッドなデザインは、スティーブ・ジョブズが存命だった頃の「iPhone 4」を思い起こさせますね。画面サイズが大幅に小さくなって使いづらくなるかと思いましたが、解像度が高いおかげもあってすぐに慣れてしまいました。モバイルデバイスで重要なのはサイズ感だと常々思っていますが、最適なサイズ感はライフスタイルの変化によって変わってきますね。


Link » iPhone 12とiPhone 12 mini – Apple(日本)


Related Post » Apple、5G対応の『iPhone 12』シリーズを発表

December 18, 2020 | Categories » Technology | Tags » , | No Response »


 

Apple、空間オーディオに対応したアクティブノイズキャンセリング搭載ヘッドフォン『AirPods Max』を発表

Apple AirPods Max

アップルが、耳を覆うオーバーイヤー型のアクティブノイズキャンセリング搭載ヘッドフォン『AirPods Max』を発表。アダプティブイコライゼーションや外部音取り込みモード、空間オーディオといった機能に対応しています。

フレームはステンレススチール製で、アルミニウム製イヤーカップには、Apple Watchでお馴染みのデジタルクラウンが搭載されていて、音楽操作や音量調節、通話の応答、Siriの操作が可能。どんな頭の形にもフィットするように設計されたヘッドバンドキャノピーは、通気性の高いニットメッシュ素材を採用し、イヤークッションは形状記憶フォームでメッシュ生地に包まれているので、柔らかく吸着して音響に最適な密閉性を生み出し、質の高いサウンドで包みこみます。

充電はLightningコネクタで行い、バッテリー駆動時間はアクティブノイズキャンセリングと空間オーディオを使用した場合で20時間の連続再生が可能。専用ケースに収納すると超低電力状態に切り替わってバッテリーが長持ちします。

カラーバリエーションは5色で、価格は67,980円。12月18日発売開始。Apple Watchが高級腕時計市場を破壊したように、『AirPods Max』によって高級ヘッドフォン市場は破壊されてしまうんでしょうか。どんな体験ができるのか気になるのでとりあえず使ってみようと思いますが、音楽制作やDJプレイに使えないヘッドフォンって毎回すぐに使わなくなってしまうんですよね。


Link » AirPods Max – Apple(日本)


Related Post » Apple、アクティブノイズキャンセリング搭載フルワイヤレスイヤフォン『AirPods Pro』を発表

December 11, 2020 | Categories » Technology | Tags » , , | No Response »


 

Apple MagSafeデュアル充電パッド

Apple Magsafe Duo Wireless Charger

アップルが『MagSafeデュアル充電パッド』を発売。

ワイヤレス充電の規格「Qi」に対応したデバイスとApple Watchを同時に最大14Wで高速充電が可能で、「iPhone 12」シリーズなら背面の内蔵マグネットで完璧な位置にピタッとつくので、充電したつもりが位置がずれていて充電できていなかったという悲劇を防ぐことができます。2つに折りたためるので持ち運びにも便利です。

Lightningケーブル1本にできるのはいいですけど、税別14,800円という価格はさすがに高過ぎだと思いますね。


Link » Apple MagSafeデュアル充電パッド


Related Post » Apple、LTE通信機能を搭載した『Apple Watch Series 3』を発表

December 4, 2020 | Categories » Technology | Tags » , , , , | No Response »


 

Comply Apple AirPods Pro専用イヤフォンチップ

Comply Foam Tips Compatible with Apple AirPods Pro

コンプライのポリウレタン製イヤフォンチップに、アップルのアクティブノイズキャンセリング搭載フルワイヤレスイヤフォン「AirPods Pro」専用モデルが登場。

「AirPods Pro」に付属するシリコン製のイヤチップと交換することで、遮音性と装着感が高まり、低音もしっかり出るようになります。また、装着したまま充電ケースにバッチリ収納可能です。

現在コンプライのイヤフォンチップは、ソニーのカナル型イヤホン「MDR-EX800ST」と組み合わせて長年愛用していますが、これまでに様々なイヤフォンに装着して使い続けてきたので、「AirPods Pro」と組み合わせて使えるようになるのはうれしいですね。早速ポチりました。


Link » Comply Apple AirPods Pro専用イヤホンチップ


Related Post » Comply イヤホンチップ Tx-200

November 20, 2020 | Categories » Technology | Tags » , , , | No Response »


 

Apple、新しい独自チップ「M1」搭載の新型『MacBook Pro 13インチモデル』を発表

Apple MacBook Pro 13”

アップルが新製品発表イベントで、新しい独自チップ「M1」を搭載した新しいMacを発表しましたが、その中で気になるのはやっぱり新型『MacBook Pro 13インチモデル』ですね。

「M1」 チップとは、iPhone、iPad、Apple Watchのためにチップを設計してきた経験に基づいて開発されたMac用システムオンチップで、これまでCPUやGPU、セキュリティ制御などを管理していた複数のチップを統合することで、パフォーマンス性能と電力効率の向上により、ワット当たりのCPU性能が向上しているとのことです。

新型『MacBook Pro 13インチモデル』は、冷却システムとの組み合わせにより前モデルと比べて最大で2.8倍の高速化、バッテリー駆動時間は最大20時間を実現。左側面にThunderboltを2ポート、右側面に3.5mmのヘッドフォンジャックを備え、「Wi-Fi 6」と「Bluetooth 5.0」に対応。メモリは最大16GB、SSDストレージは最大2TBに拡張できます。

今回アップデートされたのはThunderboltが2ポートの下位モデルなのが残念ですが、とりあえずフルスペックでCTOしたいと思います。


Link » 13インチMacBook Pro – Apple(日本)


Related Post » Apple、新型『MacBook Pro 13インチモデル』を発表

November 13, 2020 | Categories » Technology | Tags » , | No Response »


 

Apple、手のひらサイズの新型スマートスピーカー『HomePod mini』を発表

Apple HomePod mini

アップルが新製品発表イベントで、手のひらサイズの新型スマートスピーカー『HomePod mini』を発表 。

球体型のかわいらしいデザインに「Apple S5」チップを搭載。再生する音楽の特性を解析し、自動的に音量の最適化やダイナミックレンジの調整をして再生するそうです。もちろん「AirPlay」や「Siri」で音楽再生を操作可能な他、ニュースや天気の確認、メッセージの送信、照明や冷暖房などHomeKit対応機器の操作ができ、さらに家の中の複数台を連携させたり、2台を連動させてステレオ再生することも可能です。また、新しいインターコム機能により、HomePodシリーズを使って家族間で手軽に音声メッセージのやり取りができます。

カラーバリエーションはホワイトとスペースグレイの2色で、価格は10,800円。 11月16日発売で、11月6日から予約が可能。そこまで音質を重視しない人にとっては安価で魅力的な製品になっていますね。


Link » HomePod mini – Apple(日本)


Related Post » Apple、音声アシスタント「Siri」搭載スマートスピーカー『HomePod』を日本でも発売

October 16, 2020 | Categories » Technology | Tags » , , , , | No Response »


 

Apple、5G対応の『iPhone 12』シリーズを発表

Apple iPhone 12 / 12 Pro

アップルが新製品発表イベントで、iPhone 11 Proのアップグレードモデル『iPhone 12 Pro』と大画面版の『iPhone 12 Pro Max』、iPhone 11のアップグレードモデル『iPhone 12』と小型版の『iPhone 12 mini』発表しましたが、気になるのはやっぱりシリーズ最小モデルの『mini』ですね。

初代iPhone SEとほぼ同じ大きさの本体全面に5.4インチの有機ELディスプレイ、CPUとGPUが50%高速化した新しいチップ「A14 Bionic」チップを搭載。背面に広角と超広角のデュアルカメラを搭載し、ナイトモードが超広角レンズでも使用可能になりました。ワイヤレス充電には背面の内蔵マグネットを使用した「MagSafe」を採用し、磁気で取り付けることによって適切な位置でのワイヤレス充電が可能になりました。また、マグネットを利用したケースやカードケースなど様々なアクセサリが用意されています。

結局今回もデザインやスペックのほぼ全てが事前のリーク情報通りで驚きはありませんでしたが、アップルから高性能なコンパクトモデルがラインナップされたのは意外でしたね。ボクは現在iPhone 11 Pro Maxを使っていますが、新型コロナウイルスの影響で毎日ワークフロムホームをするようになり、通勤電車でKindle本を読むことも無くなったので大画面は必要無いし、休日のちょっとした外出や遠出にはカメラを持ち歩いているためカメラ性能もそこまで必要無いので、最小モデルの『iPhone 12 mini』を買ってみようと思います。


Link » iPhone 12とiPhone 12 mini – Apple(日本)

Link » iPhone 12 ProとiPhone 12 Pro Max – Apple(日本)


Related Post » Apple、『iPhone XS』と『iPhone XS Max』を発表

October 16, 2020 | Categories » Technology | Tags » , | No Response »


 

Apple Payで『PASMO』が利用可能に

Apple Payで『PASMO』が利用可能に

ついにApple Payで『PASMO』が利用可能になりました。Suica同様に専用アプリで『PASMO』を発行することで利用できます。

Touch IDやFace IDの認証無しで利用できる「エクスプレスカード」として設定可能で、PASMOに対応する交通機関ではiPhoneやApple Watchをそのままかざして改札を通過したり、店舗でも支払い端末にかざすことで買い物ができます。また、既存の物理カードのPASMOを引き継ぐことが可能で、定期券情報やオートチャージ設定、チャージ残高などを移行できます。

これでますます現金やカードを持たずにiPhoneやApple Watchだけで外出できるようになりますね。


Link » Apple PayのPASMO、はじまる。iPhoneやApple Watchで並ばずに、チャージも、定期券の購入も。 | Apple PayのPASMO


Related Post » Apple、新しいクレジットカードサービス『Apple Card』を発表

October 9, 2020 | Categories » Technology | Tags » , , , , , | No Response »


 

Apple、ホームボタンが無くなってベゼルレスになった新型『iPad Air』を発表

Apple iPad Air

アップルが新製品発表イベントで新型『iPad Air』を発表。iPad Pro同様にベゼルレスの10.9インチディスプレイになり、ホームボタンが無くなって「Touch ID」を電源ボタンに搭載。LightningコネクタからUSB-Cコネクタへとアップデートされ、第2世代のApple Pencilに対応。CPUは40%高速化し、カメラの性能もさらに進化しました。

価格は62,800円からで、カラーバリエーションはシルバー、スペースグレイ、ローズゴールド、グリーン、スカイブルーの5色。「iPad mini」の時期モデルは是非ともベゼルレスになって、第2世代のApple Pencilに対応して欲しいですね。


Link » iPad Air – Apple(日本)


Related Post » Apple、指紋認証センサーTouch ID搭載『iPad Air 2』と『iPad mini 3』を発表

September 18, 2020 | Categories » Technology | Tags » , | No Response »


 


 1 2 3 4 5 6 7 37 Next »

Instrumental™ Things LIFE PACKING 2020 未来を生きるためのモノと知恵 – 高城剛 Sony α7C DJI Mini 2

Instrumental™ Things
– 2019 Edition

LIFE PACKING 2020
未来を生きるための
モノと知恵
– 高城剛

Sony α7C

DJI Mini 2