Apple、スティーブ・ジョブズ死去から10年を迎え『Steveを称えて』を公開

Celebrating Steve

アップルが、創業者であるスティーブ・ジョブズの死去から10年を迎えたのに合わせて、トップページで特別映像『Steveを称えて』を公開。また、「Steve Jobsの家族からの言葉」も掲載されています。

映像の中でジョブズは、コンピューターは人類が生み出した最も画期的なツールで、知性を自由にする自転車のようなものだと語っています。ボクが初めて触れたパーソナルコンピューターは、子どもの頃に父親が買ってきたオールインワンMac「Performa」で、OSはまだ「漢字Talk 7」でした。もしこの世にMacが無ければボクはデザインを仕事にしていなかったし、今とは全く違う人生を歩んでいたと思いますね。

Steve Jobsの家族からの言葉

これまでの10年間、私たちは哀悼と癒しの日々を過ごしてきました。
そして、喪失と同じくらい感謝の気持ちが大きくなりました。

家族の一人ひとりが慰めに向かう道を見つけましたが、Steveへの愛と、
彼の教えを大切にする美しい場所で、私たちは一つになりました。

Steveのあらゆる才能の中でも、特に強く生き続けているのは、教師としての力です。
世界の美しさに心を開くこと。新しいアイデアに好奇心を持つこと。次の展開を想像すること。
そして何よりも、初心者の自分を忘れずに謙虚でいること。
そのすべてを、彼は私たちに教えたのです。

彼の目を通して見るものが今でも多くありますが、
自らの目で見ることを教えてくれたのもSteveでした。
彼は生きるためのツールを私たちに与え、それが十分に役割を果たしています。

最も大きな慰めの一つは、美が私たちにSteveを思い出させることです。
木々に覆われた丘の斜面や精巧に作られたオブジェクトなど、
美しいものを見ると彼の精神が思い起こされます。
苦しみの中にいた数年間でさえ、彼は存在の美しさを信じることをやめませんでした。

私たちの想いを表すには、思い出だけでは足りません。Steveに会いたい気持ちでいっぱいです。
夫として、父として、Steveは私たちと共にいてくれました。その幸運に感謝します。



Link » Apple(日本)


Related Post » Apple、スティーブ・ジョブズの追悼式を開催

October 5, 2021 | Categories » Technology | Tags » , , , , , , , | No Response »


 

Apple、ホームボタンが無くなってベゼルレスになった新型『iPad mini』を発表

Apple iPad mini 6

アップルが新製品発表イベントで新型『iPad mini』を発表。iPad Air同様にベゼルレスの8.3インチディスプレイになり、ホームボタンが無くなって「Touch ID」を電源ボタンに搭載。LightningコネクタからUSB-Cコネクタへとアップデートされ、第2世代のApple Pencilに対応。CPUは40%高速化し、カメラの性能もさらに進化しました。また、Wi-Fi 6に対応し、5Gでの高速インターネット接続が利用できます。

価格は59,800円からで、カラーバリエーションはスペースグレイ、ピンク、パープル、スターライトの4色。現在前モデルの『iPad mini』を愛用しているので買い替えたいと思いますが、なぜかカラーバリエーションからシルバーが無くなってしまったのが残念ですね。


Link » iPad mini – Apple(日本)


Related Post » Apple、ホームボタンが無くなってベゼルレスになった新型『iPad Air』を発表

September 17, 2021 | Categories » Technology | Tags » , , | No Response »


 

Apple、ディスプレイが20%大型化した『Apple Watch Series 7』を発表

Apple Watch Series 7

アップルが新製品発表イベントで、スマートウォッチの新モデル『Apple Watch Series 7』を発表。

常時表示ディスプレイはさらに明るく頑丈になり、ベゼルを狭くすることで前モデルから本体サイズをほとんど変えずに20%大型化され、防塵性能はIP6Xに向上。前モデルよりも50%多い文字を表示することができ、スワイプ式の予測キーボードを備えてテキスト入力が簡単になりました。また、新しくなった充電アーキテクチャと高速充電USB-Cケーブルによって充電速度が33%アップし、約45分でバッテリーを0から80%まで充電できるようになりました。

今秋発売予定で、現時点で日本での価格は不明。少し物足りないアップデートですが、毎日肌身離さず身に着けているガジェットなので、とりあえず購入したいと思います。


Link » Apple Watch Series 7 – Apple(日本)


Related Post » Apple、血中酸素濃度測定が可能になった『Apple Watch Series 6』を発表

September 17, 2021 | Categories » Technology | Tags » , , , , | No Response »


 

Apple、動画の被写界深度がコントロールできる『iPhone 13』シリーズを発表

Apple iPhone 13 / 13 Pro

アップルが新製品発表イベントで、iPhone 12 Proのアップグレードモデル『iPhone 13 Pro』と大画面版の『iPhone 13 Pro Max』、iPhone 12のアップグレードモデル『iPhone 13』と小型版の『iPhone 13 mini』を発表。

両モデルともCPUが50%、GPUが30%高速化した新しいチップ「A15 Bionic」チップを搭載。カメラにはより明るいレンズ、3D認識用のLiDARスキャナーを搭載し、写真や動画の撮影性能が向上。さらに『Pro』モデルでは、背面に超広角レンズ、広角レンズ、光学3倍ズームの望遠レンズの3つのカメラを搭載。広角と望遠カメラは光学式の手ブレ補正に対応し、超広角レンズは2cmまで寄れるマクロ機能が備わりました。

今回の発表で一番インパクトがあったのは、動画版ポートレートモードとも言える機能「シネマティックモード」で、被写体がフレームに入りそうなタイミングを予測して自動でフォーカス切り替えて背景をぼかすことが可能で、さらに『Pro』モデルなら撮影後にフォーカスと被写界深度を調整することができ、プロ向けの映像コーデック「ProRes」にも対応します。

結局今回もデザインやスペックのほぼ全てが事前のリーク情報通りで驚きはありませんでしたが、順当な進化を遂げていますね。ボクは現在「iPhone 12 mini」を使っていますが、今回はカメラの性能が大きく進化した『Pro』モデルを買ってみようと思います。2つのモデルで性能差がないので、コンパクトな『iPhone 13 Pro』ですかね。


Link » iPhone 13とiPhone 13 mini – Apple(日本)

Link » iPhone 13 ProとiPhone 13 Pro Max – Apple(日本)


Related Post » Apple、5G対応の『iPhone 12』シリーズを発表

September 17, 2021 | Categories » Technology | Tags » , | No Response »


 

Apple、「Touch ID」を搭載した新型『Magic Keyboard』を販売開始

Apple Magic Keyboard with Touch ID

アップルが、新型iMacとセットでのみ販売していた、「Touch ID」搭載『Magic Keyboard』の単品販売を開始しました。

価格は15,800円で、テンキー付きは18,800円。カラーはシルバーのみで、「Touch ID」機能はAppleシリコンを搭載したMacにしか対応していないのは残念ですが、これまで「Touch ID」機能を使う手段がなかったMac miniユーザーにとっては朗報ですね。


Link » Appleシリコン搭載Mac用Touch ID搭載Magic Keyboard

Link » Appleシリコン搭載Mac用Touch ID搭載Magic Keyboard(テンキー付き)


Related Post » Apple、『Magic Keyboard』『Magic Mouse 2』『Magic Trackpad 2』を発表

August 6, 2021 | Categories » Technology | Tags » , , , | No Response »


 

Apple、iPhone 12シリーズ用MagSafe対応モバイルバッテリー『MagSafeバッテリーパック』を発売

Apple MagSafe Battery Pack

アップルが、「iPhone 12」シリーズの背面にマグネットで装着してワイヤレス充電できる『MagSafeバッテリーパック』を発売。

最大5W出力で「iPhone 12」シリーズを充電可能で、20W以上のUSB-C電源アダプタを使用すれば最大15Wで充電可能なワイヤレス充電器としても使用できます。また、バッテリーをiPhoneに装着し、iPhoneを電源につないで両方を充電することも可能です。

バッテリー容量は1,460mAhと少ないですが緊急用としては十分なので、休日のちょっとした外出や遠出に持ち歩くのにはいいかもしれませんね。


Link » Apple MagSafeバッテリーパック


Related Post » Apple、iPhone 6のカメラで撮影した写真を紹介する『ワールドギャラリー』を公開

July 19, 2021 | Categories » Technology | Tags » , , , | No Response »


 

新型Apple TV用リモコン『Siri Remote』

Apple Siri Remote

新型「Apple TV 4K」に付属する新型リモコン『Siri Remote』は単体販売されていて、前モデルにも対応するということで購入してみました。

前モデルと比べて少し大きくなって重たくなりましたが、一体型アルミニウムのソリッドなデザインがカッコよく、新しいタッチ対応のクリックパッド、電源ボタン、ミュートボタンが搭載されて使い勝手はかなり良くなりました。

新型「Apple TV 4K」は性能的には前モデルから大きく変わっていないので、リモコンだけアップデートするのがオススメですね。


Link » Apple Siri Remote


Related Post » Apple、「tvOS」搭載の新型『Apple TV』を販売開始

May 28, 2021 | Categories » Entertainment, Technology | Tags » , , , , , | No Response »


 

Apple、『アプリのトラッキングの透明性』の重要性を伝える新CMを公開

アップルが、iOS14.5で新たに導入した『アプリのトラッキングの透明性(App Tracking Transparency)』の重要性を伝える新CMを公開。

iOS14.5から、アプリが他のアプリやウェブサイトを横断してユーザーを追跡する際には、プロンプトを表示してユーザーの許可を得なければならない仕組みが導入されましたが、これを実際の人に置き換えてわかりやすくユーモラスに表現しています。

これによってユーザーの大半がアプリ追跡を無効にすると思うので、ターゲティング広告市場は大きな転換点を迎えることになりそうですね。


Link » プライバシー – Apple(日本)


Related Post » Apple – Designed By Apple / Our Signature

May 24, 2021 | Categories » Technology | Tags » , , , , | No Response »


 

音楽ストリーミングサービス『Apple Music』が空間オーディオとロスレスオーディオに対応

音楽ストリーミングサービス『Apple Music』が空間オーディオとロスレスオーディオに対応

Appleは本日、Apple Musicにドルビーアトモスによる空間オーディオを導入することによって、サブスクリプションの登録者に業界最高レベルの音質を提供することを発表しました。空間オーディオは、アーティストがファンに向けて、真の多次元サウンドと鮮明さを備えた臨場感あふれるオーディオ体験を作り出す機会をもたらします。さらに、Apple Musicのサブスクリプションの登録者は、アーティストがスタジオで制作したままのロスレスオーディオで、7,500万を超える楽曲を聴くことができるようになります。これらの新機能は、Apple Musicのサブスクリプションの登録者に来月から追加費用なしで提供されます。

2021年6月からApple Musicで、ドルビーアトモスによる空間オーディオと最大24bit /192kHzのハイレゾロスレスオーディオが楽しめるようになります。SpotifyもCDクオリティのロスレスオーディオで音楽を配信する「Spotify HiFi」を今年後半から開始することを発表していますが、これは価格を含めてかなりの破壊力を持ってますね。現在ボクはSpotifyとTIDALのストリーミング再生を中心に音楽を楽しんでいますが、また使ってみようと思います。


Link » Apple Music、空間オーディオとロスレスオーディオを発表 – Apple (日本)


Related Post » Apple、音楽ストリーミングサービス『Apple Music』を開始

May 21, 2021 | Categories » Entertainment | Tags » , , , , , , , , , , , | No Response »


 

毎日持ち歩くEDCアイテム 2021

My EDC 2021

新型コロナウィルスの影響によって、毎日ワークフロムホームをするようになって1年が過ぎ、すっかり外出を控えるようになりましたが、相変わらずボクは日常的に手ぶらで生活しています。身軽になれば移動しやすくなって行動力も上がるし、気分も軽くなるので新しいアイデアも生まれやすくなります。

毎日持ち歩く「EDC(Everyday Carry)」アイテムは、パンツの前ポケットに収まるモノだけしか持たないようにしています。これならモノを入れたまま動いたり座っても邪魔にならないので、モノを出してそのまま置き忘れてしまうこともありません。以前は財布や小物などを、パンツの後ろポケットやアウターのポケットに入れてましたが、何度も失くしたりするうちにこのスタイルに辿り着きました。

これまでに何度かボクが毎日持ち歩くEDCアイテムを紹介していますが、今も定期的に見直してアップデートしています。日々持ち歩くものをミニマルにすることはボクにとって永遠のテーマです。本当に持ち歩く必要があるのかどうかを見極めて、常にシンプルな状態をキープしたいですね。

ということでそんなボクが現在手ぶらで外出する時にも毎日必ず持ち歩いているモノを紹介します。

Read More »


Related Post » 毎日持ち歩くEDCアイテム 2018

May 7, 2021 | Categories » Column, Technology, Thing, Travel | Tags » , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | No Response »


 


 1 2 3 4 5 6 7 37 Next »

Instrumental™ Things LIFE PACKING 2020 未来を生きるためのモノと知恵 – 高城剛 Sony α7C DJI Mini 2

Instrumental™ Things
– 2019 Edition

LIFE PACKING 2020
未来を生きるための
モノと知恵
– 高城剛

Sony α7C

DJI Mini 2