アウトドア用小型カセットコンロ『イワタニ タフまるJr.』

イワタニ タフまるJr.

イワタニのアウトドア用カセットコンロ『タフまる』にソロキャンプや少人数に適したコンパクトサイズが登場。

風のある場所で空気は通しても風は通さない独自の「ダブル風防ユニット」搭載で、野外でも強い加熱性能が得られます。耐荷重は10kgで、20cmまでの鍋が使えるので、重量のあるダッチオーブンもバッチリ。収納と持ち運びに便利なキャリングケースが付属します。

ミリタリーライクな無骨なデザインですがコンパクトでかわいらしいですね。アウトドアだけでなく自宅での普段使いにもバッチリです。ただ、黒好きなボクとしてはそのまま通常モデルを小型にして欲しかったです。


Link » イワタニ タフまるJr.


Related Post » OXO クリアサラダスピナー

September 28, 2020 | Categories » Life, Thing | Tags » ,


 

Anova Precision Oven

Anova Precision Oven

ボクも最近愛用している低温調理器でお馴染み『Anova』社がスチームオーブンを発表。

シンプルでスタイリッシュな外観で、サイズは幅569mm、奥行き450mm、高さ358mmで、庫内容量は34リットル。扉のハンドル部分にタッチスクリーンディスプレイを備え、食材の中心温度を測定できるフードプローブが搭載されています。温度は25℃から最高250℃までコントロールでき、スマートフォンとWi-Fi接続して調理をモニタリングできるだけでなく、操作や設定をしたり、レシピを管理することもできます。

2020年12月発売予定で、価格は70,000円。新型コロナウィルスの影響によって自宅で料理する機会が増えたので、これは気になりますね。


Link » Anova Precision Oven | Anova Culinary


Related Post » Anova Precision Cooker Nano

September 28, 2020 | Categories » Life, Technology | Tags » , ,


 

ACコンセント搭載モバイルバッテリー『Goal Zero Sherpa 100AC Power Bank』

Goal Zero Sherpa 100AC Power Bank

最近は気候変動などのリスクも高まっていることもあり、災害時の備えとしてモバイルバッテリー『Goal Zero Sherpa 100AC Power Bank』を愛用しています。

サイズは幅190mm、奥行き144mm、高さ25mmで、重さは907gとそれなりにありますが、持ち運びしやすい薄型コンパクトサイズで、バッテリー容量は飛行機の機内持込可能な94.7Wh。最大2.4A出力のUSB-Aを2ポート、最大60Wで入出力が可能なPD対応のUSB-Cを2ポート、最大100WのACコンセントを1口搭載し、ワイヤレス充電の規格「Qi」にも対応。電源プラグをそのまま差し込めるので、様々なガジェットへの給電が可能です。本体の充電はUSB-Cポートの他に、ソーラーチャージャー、シガーソケット、ACアダプターから可能で、バッテリーの充電をしながら電子機器に給電することもできます。充電状況や給電状況は本体前面のディスプレイで確認できて便利です。

旅先やアウトドアで過ごす時にはもちろん、外出先や自宅のベランダで仕事をする時にも重宝しています。


Link » Goal Zero Sherpa 100AC Power Bank


Related Post » 防水、防塵、耐衝撃仕様のLEDライト搭載ワイヤレスモバイルバッテリー『LifeProof Lifeactive Power Pack 10 Qi Wireless』

September 25, 2020 | Categories » Life, Technology, Travel | Tags » , , ,


 

コンパクトでカスタマイズできるポータブル電源『Ecoflow River 600』

Ecoflow River 600

ドローンでおなじみ「DJI」出身のメンバーが設立したスタートアップ『Ecoflow』から、目的によって容量を自由に変えられるポータブル電源『River 600』が登場。

ラインナップはバッテリー容量が288Whの『River 600』と、720Whの『River 600 Pro』の2モデルで、『River 600』は専用エクストラバッテリーを組み合わせることで倍の容量の576Whに、『River 600 Pro』は専用エクストラバッテリーを組み合わせることで倍の容量の1440Whに増やすことができます。

『River 600』は最大1200Wの高出力のポータブル電源にも関わらず、サイズは幅288mm、奥行き185mm、高さ253mmで、重さは5kgと片手で手軽に持ち運べるサイズを実現。最大2.4A出力のUSB-Aを2ポート、最大15W出力で急速充電が可能なUSB-Aを1ポート、最大100W出力のUSB-Cを1ポート、ACコンセントを3口、DCポートを2口、シガーソケットを1口搭載し、最大10台のガジェットや家電製品へ同時に給電することができます。本体の充電はACコンセントの他に、ソーラーチャージャー、シガーソケットから可能で、充電状況や給電状況は本体前面のディスプレイで確認できて便利です。

車での旅やアウトドアではもちろん、最近は気候変動などのリスクも高まっていることもあり、災害時の備えとして持っておくと安心ですね。


Link » Makuake|コンパクトで高出力!カスタマイズポータブル電源「RIVER 600 シリーズ」|マクアケ – アタラシイものや体験の応援購入サービス


Related Post » ACコンセント搭載モバイルバッテリー『Goal Zero Sherpa 100AC Power Bank』

September 25, 2020 | Categories » Life, Technology, Travel | Tags » , , ,


 

高城剛氏による『NEXTRAVELER TOOLS』のシーアイランドコットン製Vネックカーディガンが発売

NEXTRAVELER TOOLS V Neck Cardigan

高城剛氏による『NEXTRAVELER TOOLS』から、シーアイランドコットン製Vネックカーディガンが、メルマガ読者のみがログインできるオンラインストアで限定発売。

素材には、カシミヤのようになめらかな肌触りでシルクのような光沢を持つ、最高品質のシーアイランドコットンを使用。日本では1社しか保有していない、ドイツのストール社の幅広の編み機を使って、着用時のストレスを軽減した脇接ぎがない仕様で作られているそうです。

カラーバリエーションはブラック、グレー、ネイビーの3色で、フロントボタンは3種類のデザインから選択可能。シンプルなデザインで品質も高そうですが、いまいち『NEXTRAVELER TOOLS』らしさが感じられない製品ですね。


Link » V NECK CARDIGAN – THIS IS NOT A STORE


Related Post » 高城剛氏による『NEXTRAVELER TOOLS』のマスクフィルター入りカシミヤ製ネックウォーマーが発売

September 18, 2020 | Categories » Thing | Tags » ,


 

Apple、ホームボタンが無くなってベゼルレスになった新型『iPad Air』を発表

Apple iPad Air

アップルが新製品発表イベントで新型『iPad Air』を発表。iPad Pro同様にベゼルレスの10.9インチディスプレイになり、ホームボタンが無くなって「Touch ID」を電源ボタンに搭載。LightningコネクタからUSB-Cコネクタへとアップデートされ、第2世代のApple Pencilに対応。CPUは40%高速化し、カメラの性能もさらに進化しました。

価格は62,800円からで、カラーバリエーションはシルバー、スペースグレイ、ローズゴールド、グリーン、スカイブルーの5色。「iPad mini」の時期モデルは是非ともベゼルレスになって、第2世代のApple Pencilに対応して欲しいですね。


Link » iPad Air – Apple(日本)


Related Post » Apple、指紋認証センサーTouch ID搭載『iPad Air 2』と『iPad mini 3』を発表

September 18, 2020 | Categories » Technology | Tags » ,


 

Apple、血中酸素濃度測定が可能になった『Apple Watch Series 6』を発表

Apple Watch Series 6

アップルが新製品発表イベントで、スマートウォッチの新モデル『Apple Watch Series 6』と低価格版「Apple Watch SE」を発表しましたが、気になるのはやっぱり進化した『Series 6』ですね。

『Apple Watch Series 6』は、新たに搭載した血中酸素濃度センサーにより体に取り込まれた酸素のレベルのチェックが可能になり、ディスプレイの常時表示は最大2.5倍明るくなって太陽の下でも見やすくなりました。また、充電がより高速になって1.5時間以内にフル充電が完了します。

現在「Series 5」を愛用していますが、先日アップデートされたOSによって睡眠記録が可能になって、日本でも心電計として使えるようになったし、最近ストラップを「AURA Strap」に交換したので、体内の脂肪、筋肉量、水分量まで測定できるようになりました。『Series 6』になってますます健康管理に役立つガジェットに進化したので、早速購入したいと思います。


Link » Apple Watch Series 6 – Apple(日本)


Related Post » 『Apple Watch Series 3』を1週間使ってみた

September 18, 2020 | Categories » Technology | Tags » , , , , ,


 

GoPro、デュアルスクリーンを搭載したアクションカメラの新モデル『HERO9 Black』を発表

GoPro HERO9 Black

GoProが、アクションカメラの新モデル『HERO9 Black』を発表。新たに前面にスクリーンを備え、最大2,000万画素の静止画撮影と5K/30fpsの動画撮影、最大4K/30fpsの超広角動画撮影、フルHDで240fpsのハイスピード撮影に対応。

バッテリー駆動時間は30%アップし、ビデオ安定化機能「HyperSmooth」の性能も向上。さらにオプションの「Max レンズモジュラー」を装着することで、カメラを傾けてマウントしたり、録画中に360度回転させても水平で安定した映像が撮影できます。

価格は54,000円で、無制限のクラウドストレージ、カメラの完全交換補償、GoPro.comでの買い物が最大50%オフといった特典が利用できる「GoPro サブスクリプション」への登録で43,000円。前モデルから順当な進化を遂げているので買い替えたいと思いますが、このタイミングで発表されても持ち出す機会が無いので、いまいちポチる気になれませんね。


Link » HERO9 Black 5K ビデオ 20 MP ストリーミングカメラ & バンドル | GoPro


Related Post » GoPro、アクションカメラの新モデル『HERO5 Black』とキューブ型『HERO5 Session』が発売

September 18, 2020 | Categories » Technology | Tags » , ,


 

Sony、コンパクトなフルサイズセンサー搭載ミラーレス一眼カメラの新型『α7C』を発表

Sony α7C

ソニーが、コンパクトなフルサイズセンサー搭載ミラーレス一眼カメラの新型『α7C』を発表。フルサイズの「α」シリーズはボディ中央部にファインダーを配したデザインですが、『α7C』は天面がフラットになり、横開きのバリアングルモニターを搭載。バッテリーを含めた重量は約509gと、大幅に軽量コンパクトになりました。

α7 III」と同じ有効画素数約2,420万画素のフルサイズ裏面照射型CMOSセンサーと映像エンジンを搭載。AF機能は静止画と動画撮影時で利用可能な、リアルタイム瞳AF、リアルタイムトラッキングに対応し、さらに縦位置での動画撮影やWebカメラとして使用可能。

「α7 III」と同等の撮影性能を凝縮したコンパクトモデルに仕上がっていて、これは待ってましたという感じですね。「SIGMA fp」から買い替えたいと思います。10月23日発売で、価格は21万円前後になるそうです。


Link » Sony α7C


Related Post » Sony、4K/120p動画撮影可能なフルサイズセンサー搭載ミラーレス一眼カメラの新型『α7S III』を発表

September 18, 2020 | Categories » Technology | Tags » ,


 

壁際に置くだけで最大130インチの4K/HDR映像を投写できる超短焦点レーザープロジェクター『EPSON dreamio EH-LS500』が発売

EPSON dreamio EH-LS500

壁際に置くだけで短距離で最大130インチの4K/HDR映像を投写することができる超短焦点レーザープロジェクター『EPSON dreamio EH-LS500』が発売。

超短焦点レンズ採用により投写距離50cmで80インチ、最大130インチの4K/HDR映像を、明るさ4,000lmと2,500,000:1のコントラスト比で、部屋が明るいままでもくっきりシャープに投写が可能です。ステレオスピーカーを内蔵し、同梱されているAndroid TV端末を本体内に格納できるので、これ一台で様々な映像コンテンツを楽しむことができます。

設置場所は壁際に限られてしまいますが、部屋の大きさを気にせず大画面を投射できるのはいいですね。5年前に発売されたソニーの4K超短焦点プロジェクターの価格が500万円だったことを考えると、こんな高性能な超短焦点プロジェクターが30万円ほどで手に入るなんて本当に時代は変わりましたね。


Link » EPSON dreamio EH-LS500


Related Post » EPSON プロジェクター EH-TW410

September 14, 2020 | Categories » Technology | Tags » ,


 

 1 2 3 4 5 6 7 431 Next »

Instrumental™ Things 高城式健康術55 - 医師が教えてくれない家庭の医学 - 高城剛 Sony ZV-1 DJI Mavic Mini

Instrumental™ Things
(2019 Edition)

高城式健康術55
– 医師が教えてくれない
家庭の医学
– 高城剛

Sony ZV-1

DJI Mavic Mini