高城剛氏によるサブスクリプション型パーソナルヘルスケアサービス『8weeks.ai』がスタート

8weeks.ai

高城剛氏が立ち上げた、サブスクリプション型のパーソナルヘルスケアサービス『8weeks.ai』がメンバー募集開始。月額29,700円となかなか高価ですが、これで自分史上最高の体調が手に入るなら納得ですかね。

普段行なっている健康法やトレーニング、ダイエットは本当にあなたにあっている方法ですか?

夜は寝つきが悪く、朝は起きられない。しっかり寝ていても、日中疲れを感じやすい。
病気ではなくとも、不調を感じている。辛いアレルギー症状に、いまも苦しんでいる。
ダイエットしてもリバウンドしたり、ケトン体質になかなかならない、、、。

いま、最高の体調とはかけ離れた日々をお過ごしではないでしょうか?
これらは、病院やクリニックへ通っても簡単には改善しません。

そこで「8weeks.ai」では、あなたが感じる不調の根本的原因を医師やスペシャリストと共に探るため、14種類の検査とカウンセリングを通してあなたの健康状態を多角的に分析し、目指すべき最高の体調、いや最高の人生に向けて「自分だけの健康地図」を作成することからスタートします!

「8weeks.ai」のプログラムは、8つのステージを各8週間かけて攻略。
定期的な検査結果をもとに、毎月医師やスペシャリストがあなたに最適な健康法をご提案し、特製サプリメントの提供から食事や生活習慣の改善アドバイスなど、理想的なゴールに向けて伴走いたします。



Link » 8weeks.ai – 最高の自分を目指すヘルスケアサービス


Related Post » 高城剛氏が立ち上げたパーソナルヘルスケアサービス『8weeks.ai』

June 21, 2024 | Categories » Life, Technology | Tags » ,


 

手のひらサイズのミニマルな携帯電話『Light Phone III』

Light Phone III

手のひらサイズのミニマルな携帯電話『Light Phone』の新モデルが登場。クレジットカードサイズだった旧モデルと比べるとかなり大きくなってしまいましたが、新たに白黒のOLEDディスプレイとNFCチップ、カメラを搭載し、通話、テキストメッセージ、メモ、音声メモ、カレンダー、タイマー、アラーム、電卓、マップ、シンプルな音楽プレーヤーやポッドキャストなど、最低限の機能を備えています。

多機能なスマートフォンがあるとついSNSやゲームなどで時間を浪費してしまい、本当にやるべきことに集中できない人には良いと思いますね。


Link » The Light Phone


Related Post » 通話機能だけを搭載したクレジットカードサイズのプリペイド携帯電話『Light Phone』

June 21, 2024 | Categories » Technology | Tags » , ,


 

Apple、独自AIによるパーソナルインテリジェンスシステム『Apple Intelligence』を発表

Apple、独自AIによるパーソナルインテリジェンスシステム『Apple Intelligence』を発表

アップルが「WWDC24」の基調講演で、独自AIによるiPhone、iPad、Macのためのパーソナルインテリジェンスシステム『Apple Intelligence』を発表。

基調講演では多くの機能が紹介されていましたが、最も気になったのが音声アシスタント「Siri」の進化で、曖昧な指示だけで様々なアプリを横断してあらゆる操作をこなしてくれます。「セミに関するあの記事をリーディングリストから開いて」とか「土曜日のバーベキューで撮った写真をマリアに送って」と指示すれば、「Siri」がそれをやってくれます。

また、「Siri」は画面認識により時間が経つにつれて、より多くのアプリでユーザーのコンテンツを理解し、アクションを実行できるようになります。友人がメッセージで新しい住所を送ってきた場合、「この住所を彼の連絡先カードに追加して」と指示ができます。さらに「ChatGPT」の専門知識や文書と画像を理解する機能を活用し、回答を提示したり、文書と画像の生成ができるそうです。

普段使うデバイスにOSレベルで統合されているので、色々と便利になりそうで楽しみです。しかしこれでAI搭載デバイス「Ai Pin」や「rabbit r1」は完全にガラクタになりそうですね。


Link » iPhone、iPad、MacにApple Intelligenceが登場 – Apple (日本)


Related Post » Apple、『iPhone 6s』と『iPhone 6s Plus』を発表

June 14, 2024 | Categories » Technology | Tags » ,


 

Apple、ヘッドマウントディスプレイ『Apple Vision Pro』を日本でも発売

Apple Vision Pro

アップルが「WWDC24」の基調講演で、ヘッドマウントディスプレイ『Apple Vision Pro』を日本でも発売すると発表。価格は税込599,800円からで、6月28日発売。

合わせて「visionOS 2」も発表され、Macの仮想ディスプレイが4Kディスプレイ2枚分を表示できるように拡大。さらに既存の写真を3D写真に変換したり、飛行機の中で操作できる「トラベルモード」が電車にも対応しました。

これを顔に装着したまま生活したいとは思いませんが、アップルが「空間コンピューティング」と呼ぶ新しい操作を是非体験してみたいと思います。

Link » Apple Vision Pro、6月28日(日本時間)より新しい国と地域で販売開始 – Apple (日本)


Related Post » Apple、ヘッドマウントディスプレイ『Apple Vision Pro』を発表

June 14, 2024 | Categories » Technology | Tags » , , ,


 

観光大国スペインに見る、オーバーツーリズムの現在と未来 – 高城剛

観光大国スペインに見る、オーバーツーリズムの現在と未来 – 高城剛

高城剛氏による新刊『観光大国スペインに見る、オーバーツーリズムの現在と未来』が発売。世界で最もオーバーツーリズム問題に直面しているスペインを一年かけて現地取材し、観光地が直面する課題とそれに対する革新的な解決策を探りながら、ポストパンデミックの世界を炙り出した一冊。今作も「Kindle Unlimited」なら無料で読むことができますね。

アメリカの未来学者ハーマン・カーンの予言通り、観光業が世界的に拡大し、多くの国が外国人観光客の増加を目指して政策を推進してきました。
しかし、観光地のキャパシティを超えた観光客の増加が交通渋滞や騒音などの問題を引き起こし、「オーバーツーリズム」という問題が急速に認知されるようになります。

いったい、パンデミックが明けた世界で何が起こっているのか?

世界有数の観光立国スペイン各地で、オーバーツーリズムの光と影を徹底取材し、観光のピークシーズンとオフシーズンの実態を検証しました。
そこで知ったバルセロナやサンセバスチャンで起きている問題と対策、そして多くの識者からオーバーツーリズム対策の成功事例として提示された「ベニドルム」という都市の先進的な取り組みについて、本書で余すところなくお伝えいたします。



Link » 観光大国スペインに見る、オーバーツーリズムの現在と未来 – 高城剛(Kindle版)


Related Post » 赤本 – 高城剛

June 7, 2024 | Categories » Entertainment, Travel | Tags » ,


 

ミニマルなマグネット式二つ折りウォレット『RE:FORM RE:01』

RE:FORM RE:01

ミニマルなマグネット式二つ折りウォレット『RE:FORM RE:01』。

軽量薄型ながら革の10倍の耐久性を誇る特注の防水素材で、カード、紙幣と小銭、鍵やエアタグなどを収​​納可能。マグネット式のコインポケットが使いやすそうで、ロゴが外側ではなく内側にあるのが良いですね。これは試してみたいです。


Link » RE:FORM RE:01


Related Post » The Ridge Wallet

June 7, 2024 | Categories » Thing, Travel | Tags » ,


 

高城剛による『NEXTRAVELER TOOLS』のマルチウェイ・ウォレットが発売

NEXTRAVELER TOOLS Multiway Wallet

高城剛氏による『NEXTRAVELER TOOLS』から、コイン&カードホルダーの仕様やサイズを見直した進化版のマルチウェイ・ウォレットが、メルマガ読者のみがログインできるオンラインストアで限定発売。

素材はお馴染みのダイニーマ素材を使用し、全ポケットに止水ジッパーを採用。前モデルからサイズが大きくなり、カードの収納容量が増えて、紙幣を二つ折りで収納可能になりました。メインポケット以外にもフロントにポケットを2つ、バックにもポケットを1つ備え、コインや貴重品などはもちろん、様々な小物やサプリなどの生活必需品を収納できます。また、本体にはキーホルダーとリングが付いているので、バッグなどに取り付けることも可能です。さらにアメリカ国防総省が定めるMILスペックに準拠したパラコードストラップが付属するので、長さを調整して斜めがけや首からぶら下げることもできます。

サイズは少し大きくなりましたが、使い勝手はかなり良くなっていますね。


Link » MULTIWAY WALLET – NEXTRAVELER TOOLS


Related Post » 高城剛氏による『NEXTRAVELER TOOLS』の超軽量マルチウェイ・トラベル・ブリーフが発売

May 31, 2024 | Categories » Thing, Travel | Tags » , ,


 

Leica、フォーサーズセンサー搭載コンパクトカメラの新型『D-Lux 8』を発表

Leica D-Lux 8

ライカが、フォーサーズセンサー搭載コンパクトカメラの新型『D-Lux 8』を発表。

有効1,700万画素のフォーサーズセンサーに、35mm判換算24-75mm相当F1.7-2.8のズームレンズを搭載と、基本性能は前モデルから変わっていませんが、新たにUSB-C充電に対応し、背面の操作ボタンは「Leica Q」シリーズを踏襲したデザインに刷新されてかなりシンプルになりましたね。

2024年7月発売予定で、現時点で価格は不明。スタイリッシュで高級感のあるデザインはさすがですが、アップデートが物足りないのが残念です。


Link » ライカD-LUX8 | Leica Camera JP


Related Post » Leica、フォーサーズセンサー搭載コンパクトカメラ『D-Lux 7』のブラックモデルを発表

May 24, 2024 | Categories » Technology | Tags » ,


 

世界最小最軽量の電動エアポンプ『Flextail Zero Pump』

Flextail Zero Pump

最近キャンプ用に、世界最小最軽量の電動エアポンプ『Flextail Zero Pump』を購入しました。

重量わずか49gと超軽量で、サイズは75×26mmと超コンパクト。付属の6種類のノズルを使用することで、「Thermarest」「Sea To Summit」「Klymit」「Exped」など、様々なブランドのエアマットのバルブに接続でき、約1分で膨らますことができます。また、バルブにポンプの空気吸込口を当てれば圧縮も可能なので、エアマットだけでなく衣類圧縮袋にも使えます。

バッテリーは内臓式ではなく電池交換式で、USB-Cポートを搭載した充電池「RCR123A」に対応し、最長で25分間使用可能。電池が切れてもすぐに交換できるのはもちろん、他のガジェットと電池の共有もできて便利。

早速キャンプに持ち出して試してみたところ、少しパワー不足を感じましたがなかなか調子良かったので、しばらく使ってみようと思います。


Link » Flextail Zero Pump


Related Post » コンパクトパーソナルドキュメントスキャナー『PFU ScanSnap iX1300』

May 17, 2024 | Categories » Technology | Tags » , ,


 

Apple、新しい「M4」チップと有機ELディスプレイを搭載した新型『iPad Pro』を発表

Apple iPad Pro

アップルが、新しい「M4」チップと有機ELディスプレイを搭載した新型『iPad Pro』を発表。

「M4」チップはCPUを最大10コア搭載し、前モデルと比べて最大1.5倍高速化。2枚の有機ELパネルを組み合わせた「Ultra Retina XDR」ディスプレイを備え、SDRとHDRのフルスクリーン輝度で1,000ニト、HDRのピーク輝度で1,600ニトを実現。さらに「Pro Display XDR」に採用されていた、光の反射や映り込みを抑える「Nano-textureガラス」もオプションで選べるようになりました。厚さは11インチモデルが5.3mm、13インチが5.1mmと「アップル史上最薄」で、重量は11インチモデルが450g未満、13インチモデルは前モデルと比べて約100g軽量化しました。

合わせてアクセサリとして「Apple Pencil Pro」と新型「Magic Keyboard」も発表。「Apple Pencil Pro」は新たにスクイーズでツールパレットを表示する機能や、軸を回転させてペンやブラシの向きを変える機能を搭載し、「探す」アプリに対応。新型「Magic Keyboard」は従来のフローティングデザインを引き継ぎつつ、アルミ製のパームレストと触覚フィードバックに対応したトラックパッド、ファンクションキーを搭載し、MacBookのような使い心地になりました。

価格は11インチモデルが168,800円から、13インチモデルが218,000円からで、5月15日発売。新型は 11インチモデルにも有機ELディスプレイが搭載されているので、今回は気軽に持ち運べる小型モデルを購入したいと思います。合わせて発表された新型「Magic Keyboard」は前モデルの約600gから軽量化されているようですが、『iPad Pro 11インチモデル』と組み合わせた重量が900g台前半に抑えられていたらうれしいですね。


Link » Apple、M4チップを搭載した美しく新しいiPad ProとApple Pencil Proを発表 – Apple (日本)


Related Post » Apple、 12.9インチRetinaディスプレイを搭載した『iPad Pro』を発表

May 10, 2024 | Categories » Technology | Tags » ,


 

 1 2 3 4 5 6 7 458 Next »

Instrumental™ Things NEXTRAVELER FILMS & TOOLS Sony α7CR DJI Mini 4 Pro

Instrumental™ Things
– 2019 Edition

NEXTRAVELER
FILMS & TOOLS
未来につながる
創造的ツールと使い方

Sony α7CR

DJI Mini 4 Pro