DJI、自動運転車事業『DJI Automotive』を発表

DJI Automotive

ドローンメーカーであるDJIが、自動運転車事業『DJI Automotive』を発表して自動車業界に参入。

現時点で自動車の発表はありませんが、ウェブサイトに開発中の自動運転技術が紹介されています。最先端のドローンの自律飛行システムや障害物回避技術など、多くの技術は自動運転車に応用できますからね。一体どんなマシンになるのか楽しみです。


Link » DJI Automotive – Offical Website


Related Post » スティーブ・ジョブズにiMacの不具合をメールしたら新品交換になったエピソード

April 19, 2021 | Categories » Technology | Tags » , , , | No Response »


 

Genesis、中国進出時のイベントでドローン3,281機の編隊飛行

韓国の自動車メーカー「現代(ヒュンダイ)」の高級車ブランド『Genesis』が中国参入を記念してイベントを開催し、LEDで発光したドローン3,281機の編隊飛行によるイルミネーションを披露。これはもう空飛ぶディスプレイですね。


Link » Genesis Celebrates Launch In China With Dazzling, World Record-breaking Drone Show Over Shanghai’s Iconic Skyline


Related Post » ドローンレースの国際大会『World Drone Prix』、イギリスの15歳少年が優勝

April 5, 2021 | Categories » Entertainment, Technology | Tags » , , , , , | No Response »


 

Sony、電気自動車のコンセプトモデル『VISION-S』を発表

Sony VISION-S

ラスベガスで開催された「CES 2020」で、ソニーが電気自動車のコンセプトモデル『VISION-S』を発表。出力200kWのモーター2つによって4輪を駆動させ、停止状態から時速100キロまで4.8秒で加速でき、最高時速は240kmに達するとのことです。

とは言ってもソニーは自動車メーカーになろうとしているわけではなく、『VISION-S』には同社が供給できる各種センサー類やインフォテインメント技術が盛り込まれていて、これからのモビリティにおける安心、安全に加えて、快適さやエンターテインメントなどを追求する取り組みを表明したコンセプトカーになっているようです。近い将来自動運転が当たり前になってくれば、これらはますます重要になってきますからね。

ソニーが電気自動車を作る時代が来るとは思ってもみませんでしたが、現在スマートフォンの大半に供給している同社のイメージセンサー事業が、映画や金融事業に比肩するほどの規模になっていることを考えれば納得ですかね。


Link » Sony Japan | VISION-S


Related Post » Sony、AIロボティクス領域におけるドローンの新プロジェクト『Airpeak』を発表

January 10, 2020 | Categories » Technology | Tags » , , , , | No Response »


 

Tesla、ピックアップトラック型電気自動車『Cybertruck』を発表

Tesla Cybertruck

イーロン・マスク氏がCEOを務めるテスラが、ピックアップトラック型電気自動車『Cybertruck』を発表。ボディは強度の高い鋼合金と装甲ガラスで覆われていて、2.9秒で時速96キロまで加速でき、オプションでソーラーパネルや自動運転機能を搭載できます。

映画「ブレードランナー」からインスピレーションを受けたというデザインは、同映画のプロダクションデザインを手がけたシド・ミードも絶賛しているようですが、ちょっと大味な感じですね。

価格はベースグレードが39,900ドルで、現時点で日本での販売価格は未定ですが、預託金15,000円で予約を受付中。発表イベントでは、窓ガラスの強度を実演するために金属製の球をぶつけたところヒビだらけになるトラブルがあったものの、予約注文は予想を上回るペースで伸びているようですね。


Link » Cybertruck | Tesla


Related Post » Tesla、完全自動運転のライドシェアサービス『Tesla Network』を2020年に開始すると発表

November 25, 2019 | Categories » Technology | Tags » , , , , , , | No Response »


 

Tesla、完全自動運転のライドシェアサービス『Tesla Network』を2020年に開始すると発表

Tesla Network

テスラが、完全自動運転のテスラ車を使ったライドシェアサービス『Tesla Network』を2020年に開始すると発表。

一般のテスラオーナーも『Tesla Network』に登録することができ、車を使っていない時間に完全自動運転で客を乗せて収益を得ることが可能になります。さらに現在生産されているテスラ車もソフトウェアのアップデートで対応するとのことです。今の車の使われ方なんてほとんどの時間は駐車されているだけなので、無駄な時間を有効活用できるのは合理的ですね。

東京の都心で暮らしてると車を所有する必要性を全く感じないので、早く自動運転の無人電気自動車が迎えに来て目的地まで運んでくれるような時代になって欲しいと思っていましたが、イーロン・マスクが近い将来に実現してくれそうでワクワクしますね。


Link » テスラ「ライドシェア参入」構想 自動運転で20年 (写真=AP) :日本経済新聞


Related Post » Tesla、ピックアップトラック型電気自動車『Cybertruck』を発表

April 24, 2019 | Categories » Technology | Tags » , , , , , , , | No Response »


 

Amazon、音声アシスタント「Alexa」搭載車載用デバイス『Echo Auto』を発表

Amazon Echo Auto

アマゾンが、音声アシスタント「Alexa」を搭載した車載用デバイス『Echo Auto』を発表。車のダッシュボードの上に設置して、電源はシガープラグを使って確保します。インターネットにはBluetoothで接続したスマートフォン経由で接続し、カーオーディオとはBluetooth、FMラジオ、オーディオケーブルのいずれかで接続することで「Alexa」が利用可能になります。

価格は50ドルで、今年後半にアメリカで発売予定。現在招待制の限定価格で半額の25ドルで予約受付中。車の運転中に様々な機能を音声だけで操作できるのは便利ですよね。


Link » Amazon Echo Auto


Related Post » Amazon、音声アシスタント「Alexa」搭載完全ワイヤレスイヤフォン『Echo Buds』を発表

October 3, 2018 | Categories » Technology | Tags » , , , , , | No Response »


 

スマートフォン用カーエアコンマウントホルダー

スマートフォン用カーエアコンマウントホルダー

普段のカーシェアリングや旅先でレンタカーを利用する場合に「Higashi Bluetooth FMトランスミッター」とセットで使っている、スマートフォン用のシンプルなカーエアコンマウントホルダー。

車のエアコンルーバーにクリップで簡単に取り付けることができ、ボールジョイントでスマートフォンの角度も自由に調整可能。マウントの幅は可変式なので様々なサイズのスマートフォンを固定できます。iPhone XS Maxにもバッチリ対応してますよ。


Link » スマホ車載ホルダー エアコン吹き出し口用


Related Post » Kenu Airframe Car Vent Mount

October 3, 2018 | Categories » Thing | Tags » , , , | No Response »


 

Higashi Bluetooth FMトランスミッター

Higashi Bluetooth FM Transmitter

最近使い始めた、スマートフォンとBluetoothでワイヤレス接続できるFMトランスミッター。2つのUSBポートから最大3.1Aの出力でデバイスを高速充電することができ、ワンプッシュで簡単にハンズフリー通話が可能なボタンを搭載。あまり期待していなかった音質もなかなかクリアで満足しています。普段のカーシェアリングではもちろん、旅先でレンタカーを利用する場合にも重宝します。


Link » Higashi Bluetooth FMトランスミッター


Related Post » Grace Digital Bluetooth Amplifier

February 15, 2018 | Categories » Technology | Tags » , , | No Response »


 

MacBook Proが充電可能なカーチャージャー『Belkin USB-C Car Charger』

Belkin USB-C Car Charger

BelkinからUSB-Cポートを搭載したカーチャージャー『Belkin USB-C Car Charger』が登場。最大36Wの電力供給に対応しているので、iOSデバイスはもちろんMacBookやMacBook Proまで車の中で充電可能です。これはいいですね。


Link » Belkin USB-C Car Charger


Related Post » アルミ製USBカーチャージャー『Belkin Car Power Valet Charger』

January 5, 2018 | Categories » Technology | Tags » , , , , , , , , , | No Response »


 

会員カード不要でスマートフォンのアプリで利用可能なカーシェアリング『careco』を使ってみた

careco

会員カードが不要でスマートフォンのアプリで利用可能なカーシェアリング『careco』を試してみました。入会手続きを済ませたらアプリを使って周辺のステーションを検索し、利用開始時間と終了時間、車種や装備を指定。表示された検索結果からステーションと車を選択して予約。予約時間になったらステーションへ行き、アプリを使って予約した車のドアロックを開錠。車内のキーボックスからクルマの鍵を取り出したら、後は普通の車と同様に利用できます。

利用終了時も同じ手順でアプリを使って車のドアロックを施錠と、全てをアプリだけで完結することができました。また、キャンセルしたい場合や、予約時間の変更や利用時間を延長したい場合もアプリから簡単に手続きができます。

東京の都心で暮らしていれば、公共交通機関が発達していてタクシーもいつでも捕まるので、車を所有する必要性をほとんど感じませんでしたが、ここまで手軽にカーシェアリングが利用できるともはやメリットがありませんね。今後ますます個人で車を所有する人は、車が好きで運転するのが楽しいという人や、車にステータスを感じるという人だけになっていくんでしょうね。ボクにはそういった価値観がありませんので、早く自動運転の無人電気自動車が迎えに来て目的地まで運んでくれるような時代になって欲しいですが、まずは借りた場所以外にも返却可能な乗り捨てができるようにして欲しいですね。


Link » カーシェアならカレコ・カーシェアリングクラブ | 三井のリパークでカーシェア


Related Post » スマートフォン用アプリでリムジンタクシーを呼べる『Uber』を使ってみた

January 5, 2018 | Categories » Technology | Tags » , , , , | No Response »


 


 1 2 3 4 5 6 7 9 Next »

Instrumental™ Things LIFE PACKING 2020 未来を生きるためのモノと知恵 – 高城剛 Sony α7C DJI Mini 2

Instrumental™ Things
– 2019 Edition

LIFE PACKING 2020
未来を生きるための
モノと知恵
– 高城剛

Sony α7C

DJI Mini 2