Apple、ホームボタンが無くなってベゼルレスになった新型『iPad mini』を発表

Apple iPad mini 6

アップルが新製品発表イベントで新型『iPad mini』を発表。iPad Air同様にベゼルレスの8.3インチディスプレイになり、ホームボタンが無くなって「Touch ID」を電源ボタンに搭載。LightningコネクタからUSB-Cコネクタへとアップデートされ、第2世代のApple Pencilに対応。CPUは40%高速化し、カメラの性能もさらに進化しました。また、Wi-Fi 6に対応し、5Gでの高速インターネット接続が利用できます。

価格は59,800円からで、カラーバリエーションはスペースグレイ、ピンク、パープル、スターライトの4色。現在前モデルの『iPad mini』を愛用しているので買い替えたいと思いますが、なぜかカラーバリエーションからシルバーが無くなってしまったのが残念ですね。


Link » iPad mini – Apple(日本)


Related Post » Apple、ホームボタンが無くなってベゼルレスになった新型『iPad Air』を発表

September 17, 2021 | Categories » Technology | Tags » , , | No Response »


 

音楽ストリーミングサービス『Apple Music』が空間オーディオとロスレスオーディオに対応

音楽ストリーミングサービス『Apple Music』が空間オーディオとロスレスオーディオに対応

Appleは本日、Apple Musicにドルビーアトモスによる空間オーディオを導入することによって、サブスクリプションの登録者に業界最高レベルの音質を提供することを発表しました。空間オーディオは、アーティストがファンに向けて、真の多次元サウンドと鮮明さを備えた臨場感あふれるオーディオ体験を作り出す機会をもたらします。さらに、Apple Musicのサブスクリプションの登録者は、アーティストがスタジオで制作したままのロスレスオーディオで、7,500万を超える楽曲を聴くことができるようになります。これらの新機能は、Apple Musicのサブスクリプションの登録者に来月から追加費用なしで提供されます。

2021年6月からApple Musicで、ドルビーアトモスによる空間オーディオと最大24bit /192kHzのハイレゾロスレスオーディオが楽しめるようになります。SpotifyもCDクオリティのロスレスオーディオで音楽を配信する「Spotify HiFi」を今年後半から開始することを発表していますが、これは価格を含めてかなりの破壊力を持ってますね。現在ボクはSpotifyとTIDALのストリーミング再生を中心に音楽を楽しんでいますが、また使ってみようと思います。


Link » Apple Music、空間オーディオとロスレスオーディオを発表 – Apple (日本)


Related Post » Apple、音楽ストリーミングサービス『Apple Music』を開始

May 21, 2021 | Categories » Entertainment | Tags » , , , , , , , , , , , | No Response »


 

高城剛氏による『NEXTRAVELER TOOLS』のトートバッグがバージョンアップして発売

NEXTRAVELER TOOLS Glamping Tote

高城剛氏による『NEXTRAVELER TOOLS』のトートバッグがバージョンアップして、メルマガ読者のみがログインできるオンラインストアで限定発売。

MacBook Pro 16インチモデルが縦入れできるサイズに、仕分けがしやすい特徴的なポケットを前面に2つ備えていて、1つは同シリーズのトラベルウォレットがピッタリ収まる縦長のポケットで、もう1つは500mlのステンレスボトルやスープジャーが収まる大容量のポケットになっています。さらに外側にiPad Pro 12.9インチモデルが収納可能なサブポケット、内側に貴重品用のポケットを備えています。

素材には防爆シートや防刃ベストで知られる「超高分子量ポリエチレンファイバー」を使っていて、同等サイズの製品の半分の重さで倍の強度を達成しているそうです。また、全てのポケットに止水ジッパーを装備しています。

マチ付きなので普段使いのトートバッグとしてはもちろん、アウトドアや旅先でのサブバッグとしても重宝しそうですね。


Link » GLAMPING TOTE – THIS IS NOT A STORE


Related Post » 高城剛氏による『NEXTRAVELER TOOLS』のランチバッグが発売

May 17, 2021 | Categories » Thing, Travel | Tags » , , , | No Response »


 

MacをMacのセカンドディスプレイにするアプリ『Luna Display』がEthernetとThunderbolt接続に対応

Ethernet and Thunderbolt Support for Mac-to-Mac Mode - Luna Display

iPadやMacをMacのセカンドディスプレイとして利用可能にするアプリ『Luna Display』が、Mac間のEthernetとThunderbolt接続に対応。

従来のWi-Fi接続に比べて安定しているので、新型iMacをMacBookの外部ディスプレイとして使うのもおもしろいかもしれませんね。


Link » Ethernet and Thunderbolt Support for Mac-to-Mac Mode – Luna Display


Related Post » Apple、新型『Mac Pro』と6Kディスプレイ『Pro Display XDR』を発売

May 14, 2021 | Categories » Technology | Tags » , , , | No Response »


 

Apple、独自チップ「M1」を搭載した5G対応の新型『iPad Pro』を発表

Apple iPad Pro

アップルが新製品発表イベントで、独自チップ「M1」を搭載した新型『iPad Pro』を発表。

前モデルと比べてCPUは50%、グラフィックスは40%の高速化を実現。USB-CポートがThunderboltとUSB 4に対応したことでデータの高速転送が可能になり、複数の外部ディスプレイやストレージに接続できるようになりました。新たに12メガピクセルの超広角フロントカメラを搭載し、ビデオ通話中にユーザーの動きに合わせて自動的にフレームの中心に保ちます。また、5Gでの高速インターネット接続が利用できます。

そして12.9インチモデルにはミニLEDバックライト技術を採用した「Liquid Retina XDR」ディスプレイを搭載。これはクリエイティブプロ向けの6Kディスプレイ「Pro Display XDR」に匹敵する品質を目指したものだそうです。

価格は11インチモデルが94,800円から、12.9インチモデルは129,800円からで、予約受付は4月30日から開始し、5月後半出荷予定。11インチモデルの購入を検討していたんですが、残念ながら「Liquid Retina XDR」ディスプレイが搭載されていないので、今回は見送ることにしました。次期MacBook Proに搭載されるのが今から楽しみですね。


Link » iPad Pro – Apple(日本)


Related Post » Apple iPad mini Retinaディスプレイモデル

April 23, 2021 | Categories » Technology | Tags » , | No Response »


 

Satechi USB-C Watch AirPods Charger

Satechi USB-C Watch AirPods Charger

Apple WatchとAirPodsに対応したコンパクトなUSB-C充電器『Satechi USB-C Watch AirPods Charger』が登場。USB-Cポートに直挿しでき、片面でApple Watch、もう片面でAirPodsの充電が可能です。持ち運びに便利だし、iPad Proでも使えて調子良いですね。


Link » Satechi USB-C Watch AirPods Charger


Related Post » Satechi Premium 4 Port Aluminum USB Hub

February 12, 2021 | Categories » Technology | Tags » , , , , | No Response »


 

タッチパネル搭載ドキュメントスキャナー『PFU ScanSnap iX1500』

PFU ScanSnap iX1500

明けましておめでとうございます。2021年もINSTは情報過多時代のシンプルで豊かなライフスタイルをコンセプトに、本当に役立つモノやニュースをコンパクトに紹介していきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。

ここ数年書籍の99%以上はKindleを買っていて、時々読みたい本がKindle化されてない場合に、書籍や雑誌を送るとスキャンしてデジタル化してくれる自炊代行サービスを利用してアウトソーシングしていましたが、年末年始は自宅でゆっくりと過ごしていたため、10冊ほどまとめ買いした書籍を数年振りに自分でデジタル化しようと、ドキュメントスキャナー『PFU ScanSnap iX1500』をレンタルして使ってみました。

タッチパネルで直感的に操作してスキャンすることができ、付属のソフトがOCR処理もしてくれるので、簡単に検索可能なPDFを作成できます。また、よく使う原稿の種類と設定をお気に入りに保存しておけばワンタッチでスキャンが可能です。USB接続以外にWi-Fi接続に対応しているので、PC以外にもスマートフォンやタブレットからワイヤレスでスキャンすることができます。さらにDropbox、Googleドライブ、Evernoteなどのクラウドサービスにスキャンデータを直接保存することができて便利です。

ボクは所有している写真や音楽、映像や書籍は全てデジタル化してあるので、今さらドキュメントスキャナーを所有する必要性を全く感じませんが、あまりコストをかけずにペーパーレス化していきたい人には良いと思います。時間と労力をかけたくなければ、やはりKindle化されていない書籍はAmazonなどのオンラインストアから直接自炊業者に送って、デジタル化されたデータをクラウドストレージで納品してもらうのがスゴく捗るのでオススメですね。


Link » PFU ScanSnap iX1500

Link » 自炊代行、スキャン代行の電子化本家


Related Post » バッテリー搭載Wi-Fiモバイルドキュメントスキャナー『PFU ScanSnap iX100』

January 8, 2021 | Categories » Technology | Tags » , , , , , , , | No Response »


 

折りたたみ式のスマートフォンスタンド内蔵Bluetoothキーボード

Marshal MAL-FWTVTBB3KB-B

高城剛氏が、サバイバル時代を生き抜くために必要なギアやツールを紹介する「LIFE PACKING」シリーズ第3弾『LIFE PACKING 2020 未来を生きるためのモノと知恵』ですが、早速手に入れて掲載されていたモノをいくつか購入しました。その中の1つが、『Marshal』の折りたたみ式Bluetoothキーボードです。

背面にスマートフォンスタンドを内蔵した二つ折りの縦開きタイプのキーボードで、折りたためばペンケースサイズになるので持ち運びに便利。キースイッチはパンタグラフ式機構で打鍵感がなかなか良く、主要キーは約16mmピッチを確保しているので快適に入力することができます。さらにマルチペアリング対応で、3台のデバイスを簡単に切替え可能です。

ここ数年モバイルキーボードは「Flyshark Keyboard iLepo 360」を愛用していましたが、値段の割にクオリティが高くてなかなか調子が良いのでしばらく使ってみようと思います。


Link » Marshal MAL-FWTVTBB3KB-B


Related Post » 折りたたみ式の軽量薄型Bluetoothキーボード『Flyshark Keyboard』

December 14, 2020 | Categories » Technology | Tags » , , , , , | No Response »


 

朝の習慣

Morning Routine

新型コロナウイルスの影響によって、相変わらずワークフロムホームを続けていますが、仕事に向かう時間はしっかり集中してパフォーマンスを発揮できるように、十分な睡眠と適度な運動で心身の健康を保ち、健康的な食事を摂って腸内環境を整え、自身のコンディションを常に整えておくことをより一層心がけるようになりました。

なんだかアスリートのようですが、これはサラリーマンだろうがプロとしてお金をもらっている以上、ビジネスパーソンとして当たり前のことだと思いますね。

ということで今回はボクが1日を良い感じにスタートするために行っている朝の習慣を紹介したいと思います。

Read More »


Related Post » Vital Nutrients NAC

October 5, 2020 | Categories » Column, Life, Thing | Tags » , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | No Response »


 

Apple、ホームボタンが無くなってベゼルレスになった新型『iPad Air』を発表

Apple iPad Air

アップルが新製品発表イベントで新型『iPad Air』を発表。iPad Pro同様にベゼルレスの10.9インチディスプレイになり、ホームボタンが無くなって「Touch ID」を電源ボタンに搭載。LightningコネクタからUSB-Cコネクタへとアップデートされ、第2世代のApple Pencilに対応。CPUは40%高速化し、カメラの性能もさらに進化しました。

価格は62,800円からで、カラーバリエーションはシルバー、スペースグレイ、ローズゴールド、グリーン、スカイブルーの5色。「iPad mini」の次期モデルは是非ともベゼルレスになって、第2世代のApple Pencilに対応して欲しいですね。


Link » iPad Air – Apple(日本)


Related Post » Apple、ホームボタンが無くなってベゼルレスになった新型『iPad mini』を発表

September 18, 2020 | Categories » Technology | Tags » , , | No Response »


 


 1 2 3 4 5 6 7 46 Next »

Instrumental™ Things LIFE PACKING 2020 未来を生きるためのモノと知恵 – 高城剛 Sony α7C DJI Mini 2

Instrumental™ Things
– 2019 Edition

LIFE PACKING 2020
未来を生きるための
モノと知恵
– 高城剛

Sony α7C

DJI Mini 2