Dyson、ノイズキャンセリング機能付き空気清浄ヘッドフォン『Dyson Zone』を発表

Dyson Zone

ダイソンが、同社初のウェアラブルデバイスとなるノイズキャンセリング機能付き空気清浄ヘッドフォン『Dyson Zone』を発表。

ハウスダスト、花粉、有害ガスを含むPM 0.1レベルの粒子が99%除去できる空気清浄機能を搭載。左右のイヤーカップのコンプレッサーは2層フィルターを介して空気を吸い込み、非接触型シールドを通して浄化された空気を着用者の鼻と口に送り届ける仕組みになっています。さらに高度なアクティブノイズキャンセリング機能により、外部のノイズとモーター駆動音を低減し、没入感ある音楽体験を楽しむことができます。また、非接触型シールドは着脱可能で、口の周りを密閉するフェイスカバーも付属します。

2022年秋から一部地域で発売予定とのことですが、現時点で日本での発売は未定。ディストピアSFに出てきそうな製品でおもしろいですが、着けるのにはちょっと勇気がいるデザインですね。


Link » Dyson Zone | Air-purifying headphones | Overview | Dyson


Related Post » Dyson、『Jake Dyson Light』をブランド傘下にすることを発表

April 1, 2022 | Categories » Technology | Tags » , , , | No Response »


 

Sony MDR-7506

Sony MDR-7506

ここ数年はワイヤレススピーカー「Devialet Phantom Reactor」をメインスピーカーとして愛用していて、SpotifyとTIDALのストリーミング再生を中心に音楽を楽しんでいますが、本格的にリスニングをしたい時は、長年愛用しているオーディオインターフェイス「Apogee Duet」をMacBook Proに接続して高音質ミュージックプレーヤー「Audirvana」を使って再生し、最近購入したソニーのスタジオモニターヘッドフォン『MDR-7506』で聴いています。

日本用の「MDR-CD900ST」を長年愛用していましたが、より柔らかなサウンドで低音域もしっかり出ますね。持ち運びに便利な折りたたみ式でカールコードタイプのためDJプレイにも最適です。今までに色々なヘッドフォンを使ってきましたが、高音質なのはもちろん価格も1万円ほどで非常にコスパが高くて素晴らしいですね。

ノイズキャンセリング機能も無くワイヤレスでもありませんが、音楽制作やDJプレイに使えないヘッドフォンって毎回すぐに使わなくなってしまうんですよね。


Link » Sony MDR-7506


Related Post » Sony、スタジオモニターヘッドフォンの銘機「MDR-CD900ST」の後継機『MDR-M1ST』を発売

March 1, 2021 | Categories » Technology | Tags » , , , | No Response »


 

Apple、空間オーディオに対応したアクティブノイズキャンセリング搭載ヘッドフォン『AirPods Max』を発表

Apple AirPods Max

アップルが、耳を覆うオーバーイヤー型のアクティブノイズキャンセリング搭載ヘッドフォン『AirPods Max』を発表。アダプティブイコライゼーションや外部音取り込みモード、空間オーディオといった機能に対応しています。

フレームはステンレススチール製で、アルミニウム製イヤーカップには、Apple Watchでお馴染みのデジタルクラウンが搭載されていて、音楽操作や音量調節、通話の応答、Siriの操作が可能。どんな頭の形にもフィットするように設計されたヘッドバンドキャノピーは、通気性の高いニットメッシュ素材を採用し、イヤークッションは形状記憶フォームでメッシュ生地に包まれているので、柔らかく吸着して音響に最適な密閉性を生み出し、質の高いサウンドで包みこみます。

充電はLightningコネクタで行い、バッテリー駆動時間はアクティブノイズキャンセリングと空間オーディオを使用した場合で20時間の連続再生が可能。専用ケースに収納すると超低電力状態に切り替わってバッテリーが長持ちします。

カラーバリエーションは5色で、価格は67,980円。12月18日発売開始。Apple Watchが高級腕時計市場を破壊したように、『AirPods Max』によって高級ヘッドフォン市場は破壊されてしまうんでしょうか。どんな体験ができるのか気になるのでとりあえず使ってみようと思いますが、音楽制作やDJプレイに使えないヘッドフォンって毎回すぐに使わなくなってしまうんですよね。


Link » AirPods Max – Apple(日本)


Related Post » Apple、アクティブノイズキャンセリング搭載フルワイヤレスイヤフォン『AirPods Pro』を発表

December 11, 2020 | Categories » Technology | Tags » , , | No Response »


 

Sony、スタジオモニターヘッドフォンの銘機「MDR-CD900ST」の後継機『MDR-M1ST』を発売

Sony MDR-M1ST

ソニーから30年の時を経て、スタジオモニターヘッドフォンの銘機「MDR-CD900ST」の後継機『MDR-M1ST』が発売。ヘッドバンドやイヤーパッドのクッションが分厚くなり、新たにハイレゾ音源にも対応したスペックになり、ました。肝心の音質もウェブにアップされているレビューを見る限り、しっかりプロ向けに仕上がってるようですね。

価格は31,500円。ボクは長年「MDR-CD900ST」のカナルタイプである「MDR-EX800ST」を愛用していますが、これは是非試してみたいですね。


Link » Sony MDR-M1ST


Related Post » Sony、スタジオモニターヘッドフォンの銘機「MDR-CD900ST」のカナルタイプ『MDR-EX800ST』を発売

September 2, 2019 | Categories » Technology | Tags » , , , | No Response »


 

Rimowa × Bang & Olufsen Beoplay H9i

Rimowa × Bang & Olufsen Beoplay H9i

『Rimowa』と『Bang & Olufsen』のコラボレーションによるワイヤレスノイズキャンセリングヘッドフォン『Beoplay H9i』が限定発売。アルミニウムやソフトレザーなどの耐久性に優れた素材で作られていて、スーツケース同様のグルーヴ加工を施した高級感のあるトラベルケースが付属。

価格は108,000円。スタイリッシュで高級感のあるデザインはさすがです。スーツケースのように使い込むほどに味が出て愛着が湧いていくんでしょうかね。


Link » Rimowa × Bang & Olufsen Beoplay H9i


Related Post » 『Bang & Olufsen』のワイヤレス充電に対応したフルワイヤレスイヤフォン『Beoplay E8 2.0』

April 12, 2019 | Categories » Technology, Travel | Tags » , , , | No Response »


 

音質パーソナライズ機能搭載ワイヤレスヘッドフォン『Nuraphone』が日本でも発売

Nuraphone

オーストラリア発のスタートアップ『Nura』から、最新テクノロジーで個々の聴覚に最適化されたサウンドを自動生成できるワイヤレスヘッドフォン『Nuraphone』が日本でも発売。

オーバーイヤー型ヘッドフォンとカナル型イヤフォンが組み合わさったイヤーカップの形状で、専用アプリで個々の聴覚感度を測定し、聴覚プロファイルを作成することで、パーソナライズ化した最も心地良い音を実現。さらに没入感レベル等を設定できるので、より自分好みのサウンドへ調整して臨場感あふれる音を楽しむことができます。

イヤーカップに搭載したタッチボタンで、音楽操作や音量調整、アクティブノイズキャンセリング機能の切り替えが可能で、専用アプリから自由にカスタマイズすることもできます。バッテリー駆動時間は最大20時間で、付属のケーブルを使えば3.5mmミニジャックの有線接続も可能です。

価格は税込55,000円。折りたためず持ち運びに不便なのが残念ですが、これは是非試してみたいですね。


Link » Nuraphone


Related Post » 音質パーソナライズ機能搭載フルワイヤレスイヤフォン『Nuratrue』

April 27, 2018 | Categories » Technology | Tags » , , | No Response »


 

耳をふさがないフルオープンタイプのBluetoothワイヤレスヘッドホン『Vie Shair』

Vie Shair

先日スタートした高城未来研究所のInstagramで紹介されていて気になった、耳をふさがないフルオープンタイプのBluetoothワイヤレスヘッドホン『Vie Shair』。特殊樹脂を使用したフレームにより本体が耳に触れない状態で音楽を楽しめるため、長時間装着しても蒸れたり耳が痛くなりません。また、オープンとクローズドのフレームはワンタッチで切替えでき、3.5mmステレオミニジャックを搭載しているので有線接続も可能。さらに聴いている音楽をヘッドホン同士でシェアできる機能を搭載。連続再生時間は最大約8時間で、マイクロUSBで充電可能。近年ヘッドホンはすっかり使わなくなりましたが、どんな着け心地と音質なのか試してみたいですね。


Link » Vie Shair


Related Post » ハイレゾ音源に対応したクリップタイプのBluetoothヘッドホンアンプ『Radsone EarStudio』

July 12, 2017 | Categories » Technology | Tags » , , , | No Response »


 

Bose、ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン『QuietComfort 35』を発表

Bose QuietComfort 35

Boseのノイズキャンセリングヘッドホン『QuietComfort』にワイヤレスモデルが登場。接続はBluetoothで最大20時間駆動のリチウムイオンバッテリーを搭載。オーディオケーブルを接続すれば有線のヘッドホンとしても使うことができます。他社から同様の製品はとっくに発売されているので今さら感がありますが、順当な進化を遂げていますね。


Link » Bose QuietComfort 35 ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン


Related Post » 『Bose QuietComfort 15』にApple製品専用のマイク、リモコン付きケーブルが付属

June 7, 2016 | Categories » Technology | Tags » , , | No Response »


 

Parrot Zik 3

Parrot Zik 3

『Parrot』から、『Philippe Starck(フィリップ・スタルク)』がデザインしたBluetoothヘッドフォンの新モデル『Zik 3』が登場。前モデルからのハウジングの表面のタッチセンサーを使ってのコントロールや、ノイズキャンセリング機能などを継承しつつ、新たにPCやMacとのUSB接続でのデジタル再生、ワイヤレス充電、Apple WatchとAndroid Wearに対応。もちろんBluetooth接続に対応していない機器も3.5mmステレオミニプラグを使って接続することができます。価格は46,800円で、2016年1月27日発売予定。デザインがスタイリッシュ過ぎて好みじゃありませんが、順当な進化を遂げていますね。


Link » Parrot Zik 3, Wireless everything


Related Post » Parrot Zik Design by Starck

January 18, 2016 | Categories » Technology | Tags » , , , , , , , , , | No Response »


 

ヘッドバンド型Bluetoothヘッドフォン『SleepPhones Wireless』

SleepPhones Wireless

フリース製ヘッドバンドに小型Bluetoothスピーカーを内蔵した『SleepPhones Wireless』。これなら寝ながら音楽を快適に聴くことができますね。スピーカーは取り外しができるので、ヘッドバンドは洗濯が可能。ワイヤレスモデルの他に、3.5mmステレオミニプラグに対応したモデルもあります。アイマスクとして使っても良さそうですね。


Link » SleepPhones Wireless

Link » SleepPhones Classic


Related Post » Harman/Kardon Bluetooth Wireless Over-Ear Headphones

January 20, 2015 | Categories » Technology | Tags » , , , | No Response »


 


 1 2 3 Next »

Instrumental™ Things LIFE PACKING 2020 未来を生きるためのモノと知恵 – 高城剛 Sony α7C DJI Mini 3 Pro

Instrumental™ Things
– 2019 Edition

LIFE PACKING 2020
未来を生きるための
モノと知恵
– 高城剛

Sony α7C

DJI Mini 3 Pro