News Diet

News Diet

元々ニュース中毒であった著者が、どのようにニュース断ちをして人生をより良く変えていったかを紹介した一冊。テレビやネットのニュースがいかに無駄でどんな悪影響を及ぼしているのかを、自身の体験を基にひたすら語られています。ボクも長年「情報ダイエット」を実践しているのでとても共感できましたね。

今の情報過多時代は自分にとって関係の無い無駄な情報で溢れかえっています。情報というのは砂糖のようなもので、大量に摂取することでわかった気になって満足感を得られる上に、中毒性も高くやめるのはなかなか難しいですが、今のように世の中が混乱している時や災害時には、注目を集めるために報道合戦しているようなメディアからの情報を鵜呑みにしたり、SNSで拡散される「デマ」や「フェイクニュース」に接していると、不安を煽られるだけで百害あって一利なしだと周りを見ていると本当に実感しますね。

メディアからの不必要な情報を捨てれば、たくさんの自由な時間が生まれるので、趣味や運動、読書や物事についてじっくり考えたり、会社の仕事以外の個人的な活動だったり、人とのリアルなコミュニケーションのために使うことができます。さらに人は摂取する情報量が増えれば増えるほど関心を消費してしまい、思考しなくなってしまいます。だからボクらは意識的に入ってくる情報量を制限し、常に自分の頭を使って考えなければなりません。


Link » News Diet

Link » News Diet(Kindle版)


Related Post » 情報ダイエット

April 5, 2021 | Categories » Entertainment, Life | Tags » , , , | No Response »


 

Staion Eleven

Station Eleven

高城剛氏が先日のメルマガで今年のベストブック(小説部門)で挙げていた、カナダ人作家エミリー・セントジョン・マンデルの新作「The Glass Hotel」ですが、残念ながら日本語訳されていなかったため、前作『Staion Eleven』を購入してみました。

新型インフルエンザ「グルジア風邪」のパンデミックにより人類の99%が死滅し、地球の文明が崩壊した世界を描いたディストピア小説で、2015年にアーサー・C・クラーク賞を受賞した作品です。まさに新型コロナウイルスが感染拡大を続けている今読むのが最適なタイミングかもしれませんね。

新型インフルエンザ「グルジア風邪」の流行により、人類の99%が死滅し地球の文明が崩壊した。パンデミックの幕開けは、カナダ・トロントの劇場で上演されていた『リア王』の主演俳優アーサーの死で始まる。同じ舞台に立っていた8歳の子役キルステンは、彼の死を目の当たりにする。
 そしてその20年後。電気もなく廃墟も残るなか、生き残った人々はわずかな食料や資源を繋いで生活していた。そしてキルステンは旅の楽団に入り、ミシガン湖周辺を移動していた。20年前、死の前にアーサーがくれた『ドクター・イレブン』というSF漫画を大切に持ち続けながら。
 ある日、旅の楽団がセントデボラという町で『真夏の夜の夢』を上演していると、観客の中から不気味な「預言者」が現れる……。
 アーサーの死までの人生と、文明崩壊後20年目の世界のキルステンの日々が交錯するなか、さまざまな人間模様と『ドクター・イレブン』をめぐる謎が解き明かされる、傑作SFサスペンス。全米図書賞最終候補作。



Link » ステーション・イレブン

Link » ステーション・イレブン(Kindle版)


Related Post » NEXTRAVELER 世界で暮らす 移住ガイド 2014 – 高城剛

December 28, 2020 | Categories » Entertainment | Tags » , , | No Response »


 

Weの市民革命

Weの市民革命

9.11やサブプライム金融危機をきっかけにアメリカで起こったライフスタイルの変化の波を紹介し、東日本大震災後に日本各地で起きた多くのムーブメントとも呼応した「ヒップな生活革命」の著者による、その続編ともいうべき新刊『Weの市民革命』が発売。前作同様に読み応えがありそうで読むのが楽しみです。早速ポチりました。

金融危機後のインディペンデント文化の開花を描いた『ヒップな生活革命』から6年。
その間に出現したトランプ政権を受けて、「消費」を通じたミレニアルたちの運動が活発化した。企業は政治・社会的スタンスを明確にするようになり、「サステイナブル」に一段と取り組むようになった。「ジェントリフィケーション」の波を受けたブルックリンでも、インディペンデントが生き残るための創意工夫がより深化していった。
……ところに迎えたコロナウイルスとブラック・ライブズ・マター、そして大統領選。
それらは、以前からプログレッシブ(進歩主義的)な市民たちが求めてきた施策をさらに前進させた。「インターセクショナリティ(交差性)」はより強固なものになった。
このプログレスは今後、どこに向かっていくのか。そこには、どんなルーツがあるのか。
こういう時代に「物を買う(消費する)」行為をどう考えていけばいいのか。
共通するキーワードは「We(ウィ)」。いま「私たち」の力は、良くも悪くも、これまでになく大きなものになっている。
アメリカの変化は世界の変化を照らし出す。
20年以上にわたりニューヨークに住み、アメリカ各地を見続けてきたライターが、アメリカで沸きあがる新たなムーブメントのリアルな可能性と希望を、最前線から伝える。

自分以外の誰かのために、声を上げたり、
行動を起こすから、「We」なのだ。



Link » Weの市民革命

Link » Weの市民革命(Kindle版)


Related Post » ヒップな生活革命

December 14, 2020 | Categories » Entertainment, Life | Tags » , , , , | No Response »


 

LIFE PACKING 2020 未来を生きるためのモノと知恵 – 高城剛

LIFE PACKING 2020 未来を生きるためのモノと知恵 – 高城剛

高城剛氏が、サバイバル時代を生き抜くために必要なギアやツールを紹介する「LIFE PACKING」シリーズ第3弾『LIFE PACKING 2020 未来を生きるためのモノと知恵』が遂に発売。

荷物はキャリーケース1つと小さなバックパックに収まるまでに大幅削減したそうですが、同時に体脂肪も劇的に減らしたとのことで、帯に写っている氏の体がかなり絞り込まれていますね。メルマガによれば今年は新型コロナウイルスの感染拡大による影響で、沖縄に数ヶ月滞在した時にどんな環境でも生きられるように心身をバージョンアップしたようで、今回はトレーニングや健康関連のアイテムがさらに多く掲載されてそうですね。早く読みたくて仕方がありませんが、何だかテストの答え合わせをする気分です(笑)。今作も「Kindle Unlimited」なら無料で読むことができちゃいますよ。

高城剛は、生きるために必要なギアやツールやアイテムを、ついにキャリーケースひとつと小さなバックパックに収まるまでに大幅削減しました。
その結果、不安定な時代に突如巻き起こる、あらゆるピンチを素早く切り抜けられるようになったのです。

いまやこの荷物こそが、高城剛にとっての家財道具一式、つまりは全人生。

そして、荷物を減らすと同時に、劇的に減らしたのが体脂肪です。
荷物と脂肪の量を削減することでわかったのは、「移動速度と体脂肪は反比例する」ということ。

では一体、どのようにして体脂肪を落としたのでしょうか?

巷に溢れるモノ紹介の本とは一線を画す、先駆者による人生論にしてダイエット本、あるいはサバイバルガイドとも言える他に類のないシリーズ最新作。

心身ともに最高の状態を手に入れ、これまで以上に創作の幅が広がった著者の新境地とは?
ここに行き着くために、何を手放し、何を手元に残したのか?
さまざまなピンチや困難にいつ直面するかもわからないサバイバル時代を生き抜くために選んだモノとは?

本書は、高城剛の荷物選びの視点をつまびらかにし、旅(=移動)のサイズごとに分類したパッキング術を紹介する1冊であり、あたらしい世界へ歩き出すためのガイドブックです。

ぜひ、未来への旅の準備と自由な世界への扉を開き、たっぷりとご堪能ください。



Link » LIFE PACKING 2020 未来を生きるためのモノと知恵 – 高城剛

Link » LIFE PACKING 2020 未来を生きるためのモノと知恵 – 高城剛(Kindle版)


Related Post » 『LIFE PACKING 未来を生きるためのモノと知恵 – 高城剛』Kindle版が発売

November 30, 2020 | Categories » Entertainment, Life, Technology, Thing, Travel | Tags » , , , | No Response »


 

ぜんぶ、すてれば

ぜんぶ、すてれば

中野善壽(なかの・よしひさ)、75歳。
伊勢丹、鈴屋で新規事業の立ち上げと海外進出を成功させる。
その後、台湾へ渡り、大手財閥企業で経営者として活躍。
2011年、寺田倉庫の代表取締役社長兼CEOに就任。
大規模な改革を実施し、老舗の大企業を機動力溢れる組織へと変貌させた。

その手腕と独自の考え方、そして人柄により、各界の著名人に慕われている。
一方で、メディアにはほとんど姿を現さず、
社員にさえ、本当に実在するのか疑われていた、異端の人物。

その生き方の根幹にあるのは「何も持たない」こと。
家や車、時計は持たない。お酒もタバコも嗜まない。
お金も若い頃から、生活に必要な分を除いてすべて寄付している。

何も持たないからこそ、
過去に縛られず、未来に悩まず、
今日を大切に生きることができる。

本書は、中野氏の話を聞くことにより浮かび上がった
現代を前向きに、楽しみながら生きるためのヒントを
短い言葉と文章にまとめ、紹介する。

以前に紹介した、筋金入りのミニマリストな寺田倉庫社長『中野善壽』氏による初の著書。余白を活かしたレイアウトのおかげもあってすぐに読み終わりましたが、破天荒なエピソードの数々を通じて語る氏の言葉には心に響く大きな力があり、よくあるミニマリスト本とは一線を画します。ボクもこんな風に何にも縛られずに身軽に生きれるようになりたいですね。


Link » ぜんぶ、すてれば


Related Post » 成功者たちの読書習慣

September 4, 2020 | Categories » Entertainment, Life | Tags » , , , | No Response »


 

アウトドアカルチャーをデザインやアートの視点から切り取った写真集の新作『The New Outsiders』

The New Outsiders - A Creative Life Outdoors

アウトドアカルチャーをデザインやアートの視点から切り取った写真集の新作『The New Outsiders』。

アイスランドからパタゴニアまで、アウトドアで様々なアクティビティを楽しむ人々はもちろん、たくさんのモノも紹介されていてギア好きにはたまりません。こちらのページで中身をチラ見することができますが、写真を眺めているだけで車にボードやテントを積みこんでどこか旅に出たくてウズウズしてきます。

自然の中で仕事と無関係の趣味や遊びに没頭したり、不便や制約がある環境の中で工夫したり、景色をボーッと眺めて何もせずに過ごすことは、ボクのように東京で生活している人こそ本当に上質な経験になりますよね。


Link » The New Outsiders – A Creative Life Outdoors


Related Post » アウトドアカルチャーをデザインやアートの視点から切り取った写真集『The Outsiders』

August 14, 2020 | Categories » Art - Design, Travel | Tags » , , , , , | No Response »


 

高城式健康術55 – 医師が教えてくれない家庭の医学 – 高城剛

高城式健康術55 - 医師が教えてくれない家庭の医学 - 高城剛

自他ともに認める健康オタクで「健康のためなら死んでもいい」と言う高城剛氏による新刊『高城式健康術55 – 医師が教えてくれない家庭の医学』が発売。

アマゾンの奥地から電気や水道がないアフリカまで飛び回る氏が、そう簡単には倒れないダイハードな健康術55項目を一挙公開。各種検査、愛用サプリメント、食事、アイテム、そして怪しいと言われる最先端の量子医療まで、食事と環境が劇的に変わってしまった現代社会を生き抜く術が紹介されているそうです。早速ポチりました。

「僕は心地よく生きるために健康に気を配っている」。
絶え間のない過酷な環境のなかで、 長年クリエイターとして活躍を続ける高城剛、55歳。
時差・気候や標高の変化、撮影のための長距離移動、不衛生な土地、分刻みのスケジュールの中でも、常にパフォーマンスの質を保つために、世界の最先端医療の知識を取り入れ、巷にあふれる健康本に異を唱える。

なぜなら、体質は各人によって異なり、最先端の遺伝子検査などを受ければ、「本当の自分」を知ることができるからだ。

サプリメントで、なりたい自分になれる!?
「健康に良い」と言われる食事の大半は、問題あり!?
人間関係が、ミネラルやサプリメントで好転!?

遺伝子マネージメント、腸内リセット、直感が冴える乳酸菌など、医者が教えない「21世紀の家庭の医学」。

もう、自分の主治医は自分しかいない時代なのです!



Link » 高城式健康術55 – 医師が教えてくれない家庭の医学 – 高城剛

Link » 高城式健康術55 – 医師が教えてくれない家庭の医学 – 高城剛(Kindle版)


Related Post » 333 Ultra Detox – 高城剛

June 15, 2020 | Categories » Life, Technology, Thing | Tags » , , , , | No Response »


 

家庭の低温調理 – 完璧な食事のためのモダンなテクニックと肉、魚、野菜、デザートのレシピ99

Sous Vide at Home - The Modern Technique for Perfectly Cooked Meals

コンピューター関連の技術書でお馴染みオライリーによる低温調理の本格的なレシピ集『家庭の低温調理』。新型コロナウイルスの影響によるワークフロムホームと自主的ロックダウン生活を続ける中で、「Healsio Hotcook」を使って低温調理する機会が増えたのでポチってみました。これを読んで料理のレパートリーをさらに広げたいと思います。

「低温調理」とは、食材をポリ袋に密閉して、精密に温度コントロールされた水槽の中で調理を行うまったく新しい調理法です。従来の調理法では不可能だった食感や風味を実現し、誰でも簡単にプロの料理人と同じ結果を得られることが特徴です。本書は、世界初の家庭用投げ込み式サーキュレーターを独力で製品化した著者による、低温調理の本格的なレシピ集です。低温調理が知られるきっかけになった「完璧なステーキ」はもちろん、卵、魚介類、鶏肉、牛肉、豚肉、さらにデザートまで、あらゆる食材に、低温調理を活用する方法を紹介します。本書で紹介された各食材を加熱する基本の温度と加熱時間をもとに新しいレシピを作り出すことも可能です。



Link » 家庭の低温調理 – 完璧な食事のためのモダンなテクニックと肉、魚、野菜、デザートのレシピ99

Link » 家庭の低温調理 – 完璧な食事のためのモダンなテクニックと肉、魚、野菜、デザートのレシピ99(PDF版)


Related Post » Anova Precision Cooker Nano

May 18, 2020 | Categories » Life, Technology | Tags » , , , , | No Response »


 

情報の価値

Value Of Information

新型コロナウイルスが世界の産業に破壊的な影響をもたらしていますが、ボクは相変わらずワークフロムホームと自主的ロックダウン生活を続けています。

今のように世の中が混乱している時や災害時には、身を守るために正しい情報を得ることが重要なのは言うまでもありませんが、注目を集めるために報道合戦しているようなメディアからの情報を鵜呑みにしたり、SNSで拡散される「デマ」や「フェイクニュース」に接していると、不安を煽られるだけで百害あって一利なしだと周りを見ていると本当に実感しますね。ボクは何年も前から「情報ダイエット」を実践し、多くの情報を入れないようにしているので、情報に翻弄されたり必要以上に不安にならずに日常を過ごせています。

情報というのは砂糖のようなもので、大量に摂取することでわかった気になって満足感を得られる上に、中毒性も高くやめるのはなかなか難しいので、質の高い情報を限りある時間の中でどのようにして摂取するかがとても重要です。

ということで今回は情報の価値についてボクが考えていることや実践していることを紹介します。

Read More »


Related Post » TOKYO CITY SYMPHONY

May 15, 2020 | Categories » Column, Life, Technology, Travel | Tags » , , , , , , , | No Response »


 

Better Tomorrow – 高城剛

Better Tomorrow - 高城剛

高城剛氏が設立した、大手出版社ではなかなか挑戦できない、異色の書籍制作に挑戦する新レーベル「NEXTRAVELER BOOKS」から、こするだけで体の中の酸化物質や老廃物を吸い出す金属製のボール型デバイス「CS60」の開発者を追いかけたフォト・ルポルタージュ『Better Tomorrow』が発売。

昨年お台場で開催された高城センセによる単独トークライブ「量子医療と代替医療のはざまに」に行った際に紹介されていましたが、興味深かったのが開発者自身もこれがどのような過程で病気を治しているのかわからないとのことで、さらに「CS60」の効果を信じていない人には効き目が無いとのことでした。

昔から「病は気から」という言葉や、「プラシーボ効果」というものがあるわけだし、意識の領域は人の健康にも大きく影響するということなんでしょうね。無料チケットをもらったので近々体験してみたいと思います。今作も「Kindle Unlimited」なら無料で読むことができちゃいますよ。

度重なる渡航から慢性的な腰痛に悩まされていた著者が「CS60」の施術を受け、たちまち身体が軽くなる驚きの経験をした。

「CS60」の開発者によれば、金属球のなかに組み込んだ特殊なシステムが、体内の細胞に働きかけ、ミトコンドリアを活性化するという。

これは、今までにない「量子ヒーリング・デバイス」なのか!?

その真偽を問うため、世界中をボランティアでまわる開発者を、1年をかけて追いかけた。
そこには驚くべき結果が待ち構えていたのだった…。

世界初!「量子ヒーリング」のフォト・ルポルタージュ・ブック。
果たして、今日よりも良い明日が世界の人々に訪れるのだろうか?



Link » Better Tomorrow – 高城剛

Link » Better Tomorrow – 高城剛(Kindle版)


Related Post » NEXTRAVELER 京都 – 高城剛

March 2, 2020 | Categories » Entertainment, Travel | Tags » , , , | No Response »


 


 1 2 3 4 5 6 7 21 Next »

Instrumental™ Things LIFE PACKING 2020 未来を生きるためのモノと知恵 – 高城剛 Sony α7C DJI Mini 2

Instrumental™ Things
– 2019 Edition

LIFE PACKING 2020
未来を生きるための
モノと知恵
– 高城剛

Sony α7C

DJI Mini 2