GoPro、5.3K/60fps動画撮影可能なアクションカメラの新型『HERO10 Black』を発表

GoPro HERO10 Black

GoProが、アクションカメラの新モデル『HERO10 Black』を発表。新しいプロセッサー「GP2」を搭載したことにより撮影性能が大幅に向上し、最大23.6メガピクセルの静止画と5.3K/60fpsの動画撮影、2.7K/240fps のハイスピード撮影に対応。

さらに高感度性能が向上したことで暗所撮影でのノイズが軽減し、手ブレ補正機能「HyperSmooth」も強化されて最大45度まで水平を維持します。また、スマートフォンとGoProを有線接続してデータの高速転送が可能になりました。ただ、デザインやサイズに変更は無いので、前モデル向けのバッテリーやアクセサリーはそのまま利用できます。

価格は64,000円で、「GoPro サブスクリプション」への登録で54,000円。前モデルから順当な進化を遂げていますが、長引くコロナ禍で持ち出す機会が無いので、いまいちポチる気になれませんね。


Link » GoPro HERO 10 Black


Related Post » GoPro、デュアルスクリーンを搭載したアクションカメラの新型『HERO9 Black』を発表

September 24, 2021 | Categories » Technology | Tags » , , | No Response »


 

Facebook、スマートサングラス『Ray-Ban Stories』を発表

Ray-Ban Stories

Facebookが、レイバンと共同開発したスマートサングラス『Ray-Ban Stories』を発表。

500万画素のデュアルカメラ、オープンイヤー型のスピーカー、マイクを搭載し、ボタンや音声操作で写真や動画の撮影をしたり、スマートフォンと接続して音楽を聴いたり、通話の応答ができます。さらにテンプルにはタッチパッドを備えているので、音楽操作や音量調整が可能です。

バッテリー駆動時間は最大6時間で、携帯用の充電ケースはUSB-Cを使った充電に対応。価格は299ドルからで、デザインはレイバンの定番スタイルを基本に20のバリエーションがあり、レンズもクリア、偏光、調光、度付きなどから選ぶことができます。ただ、残念ながら現時点で日本での発売は未定です。

スマートグラスというほどの機能は無く、Snapchatのカメラ内蔵サングラス「Spectacles」と、Boseのスピーカー内蔵サングラス「Frames Alto」が融合したようなデバイスで、気軽に撮影や音楽を楽しむには便利かもしれません。

CEOであるマーク・ザッカーバーグ氏は、Facebookを仮想空間に注力する「メタバース」企業にすると語っていたので、今後登場するであろうARグラスの布石なんでしょうね。


Link » Ray-Ban and Facebook introduce Ray-Ban Stories, first-generation smart glasses

Link » ray-ban stories


Related Post » Bose、超小型スピーカー内蔵サングラス『Frames Alto』を発売

September 10, 2021 | Categories » Technology | Tags » , , , , , | No Response »


 

リコー、APS-Cセンサー搭載コンパクトカメラの新モデル『GR IIIx』を発表

Ricoh GR IIIx

リコーが、APS-Cサイズのセンサーを搭載したハイエンドコンパクトカメラの新モデル『GR IIIx』を発表。

有効約2,424万画素のAPS-CサイズCMOSセンサーや、手ブレ補正、タッチパネル、像面位相差AF、センサーのクリーニング機構、USB-Cを使った充電など、基本仕様は前モデル「GR III」から変わりませんが、新たに35mm判換算40mm相当F2.8のレンズを採用しています。

バリエーションモデルなので少し物足りないところはありますが、40mmという画角は準広角の35mmや標準の50mmのように汎用性が高くて良いですね。10月上旬発売予定。


Link » RICOH GR III / GR IIIx / デジタルカメラ / 製品 | RICOH IMAGING


Related Post » リコー、APS-Cセンサー搭載コンパクトカメラの新モデル『GR II』を発表

September 10, 2021 | Categories » Technology | Tags » , | No Response »


 

Sony、Vlog向けAPS-Cセンサー搭載ミラーレス一眼カメラ『ZV-E10』を発表

Sony ZV-E10

ソニーが、Vlog向けAPS-Cセンサー搭載ミラーレス一眼カメラ『ZV-E10』を発表。

有効画素数約2,420万画素のフルサイズ積層型CMOSセンサーを搭載し、4K30pの動画撮影、手ブレ補正効果を向上させる電子式手ブレ補正「アクティブモード」に対応。EVFとフラッシュは省略され、横開きのバリアングルモニター、高性能マイク、ホットシューを搭載し、ウインドスクリーンが付属。人の背景のボケ具合を強めたり、AFを顔ではなく物に追従させたい場合など、ワンボタンで切り替えることができ、新たに撮影中には背面モニターに赤枠が表示されるようになりました。USB-Cポートを搭載し、本体の充電の他に、スマートフォンやパソコンなどと接続することでWebカメラとして使用できます。

9月17日発売で、価格はボディ単体が78,000円前後になるそうです。従来モデル「ZV-1」のレンズ交換式バージョンといった感じの仕上がりですが、APS-C機としては軽量コンパクトで価格もリーズナブルなので、写真撮影がメインだけどEVFは必要無いって人にもいいと思いますね。


Link » Sony ZV-E10 ボディ

Link » Sony ZV-E10 パワーズームレンズキット


Related Post » Sony、APS-Cセンサー搭載ミラーレス一眼カメラ『α6300』を発表

July 30, 2021 | Categories » Technology | Tags » , | No Response »


 

Peak Design Anchor Black

Peak Design Anchor Black

『Peak Design』から、カメラストラップを簡単に着脱できるアダプター『Anchor』にブラックモデルが登場。同社のストラップにはもちろん、アンカーハウジングを使えば様々なストラップに装着可能です。

少し前に銀座の『Peak Design』直営店で購入した、カメラストラップ『Leash』の限定オールブラックモデルに付属していましたが、主張しない機能的なデザインで黒好きにはたまりませんね。


Link » Peak Design アンカー 4パック ブラック


Related Post » PeakDesign Leash

July 23, 2021 | Categories » Thing | Tags » , | No Response »


 

Leica M10-R ブラックペイント

Leica M10-R Black Paint

ライカがM型カメラ「M10-R」のバリエーション『M10-R ブラックペイント』を発表。

クラシックなライカの外観を再現した光沢感のあるブラックペイント仕上げで、長く使い込んでいくうちに縁や角の部分のペイントが剝がれ、素材である真鍮が部分的に露わになって風合いが増して行きます。

デザインのディテールも一部変更されていて、トップカバーにはクラシックな「Leica」の筆記体ロゴと「Ernst Leitz Wetzlar Germany」の文字が刻印されています。また、正面には「Leica」の赤いロゴを配置せずに、より控えめなデザインにすることで目立たず撮影できるように配慮されています。

7月発売予定で、価格は税込1,188,000円。通常モデルよりわずかに高くなっているようですが、ライカらしさを追求した非常に美しく魅力的なボディに仕上がっていますね。


Link » ライカM10-R ブラックペイント / ライカオンラインストア


Related Post » Leica、『ライカオンラインストア』をオープン

June 25, 2021 | Categories » Technology | Tags » , | No Response »


 

Sony、フルサイズミラーレス一眼カメラ「α」シリーズを搭載可能なドローン『Airpeak S1』を発売

Sony Airpeak S1

ソニーが、フルサイズミラーレス一眼カメラ「α」シリーズを搭載可能な世界最小クラスのプロフェッショナル向けドローン『Airpeak S1』を発売。

独自開発のモーターやプロペラなどを備え、センシングによる障害物検知や自動飛行、機体や飛行情報のクラウド管理などが可能です。

市場推定価格は税別100万円前後で、9月発売予定。ソニーから映像制作用のドローンが発売されるなんて、すっかりカメラも空を飛ぶ時代になりましたね。今後コンシューマー向けの小型モデルも発表してくれるとうれしいです。


Link » Airpeak S1 | ドローン Airpeak | ソニー

Link » Airpeakブランドページ | ドローン Airpeak | ソニー


Related Post » Sony、フルサイズミラーレス一眼カメラ「α」シリーズを搭載可能なドローン『Airpeak』を発表

June 11, 2021 | Categories » Technology | Tags » , , | No Response »


 

Sony FE 35mm F1.4 GM

Sony FE 35mm F1.4 GM

先日発売されたライカのレンズ「Apo-Summicron-M F2/35mm ASPH.」がいつまで経っても手に入らないので、代わりにソニーの『FE 35mm F1.4 GM』試してみました。

オートフォーカスレンズなので、マニュアルフォーカスのライカレンズと比べてかなり大きくて重いんですが、ソニーのEマウント史上最高の35mm単焦点レンズだけあって解像性能もAF性能も抜群で、現在愛用しているカメラボディの「α7C」との相性もバッチリです。

最近子どもが動き回るようになってきたんですが、このレンズなら動画撮影が捗りそうだし、「α7C」と組み合わせたサイズと重さもギリギリ許容範囲なので、手持ちの軽量コンパクトなライカレンズ「Summilux-M F1.4/35mm」としばらく使い分けてみたいと思います。


Link » Sony FE 35mm F1.4 GM


Related Post » Leica Summilux-M F1.4/35mm

May 31, 2021 | Categories » Technology | Tags » , | No Response »


 

Voigtlander Apo-Lanthar 35mm F2 Aspherical E-mount

Voigtlander Apo-Lanthar 35mm F2 Aspherical E-mount

先日発売されたライカのレンズ「Apo-Summicron-M F2/35mm ASPH.」がいつまで経っても手に入らないので、代わりにフォクトレンダーの『Apo-Lanthar 35mm F2』試してみました。

ライカのアポズミクロンと同じ「アポクロマート設計」を採用したフォクトレンダー史上最高の準広角レンズで、色収差を抑えて、非常に高い解像性能を実現。ソニーEマウントに光学設計を最適化し、電子接点付きでExif情報の記録と「α」シリーズの5軸手ブレ補正に対応。最短撮影距離は35cmで、フォーカスリング操作でライブビューの拡大表示が可能です。また、絞りリング操作時のクリックの有無を切り替えることができます。

こんな解像性能の高いレンズが、ライカのわずか1/10の価格で購入できるなんて本当に素晴らしいですね。オールドレンズの味わいやオートフォーカスが必要無ければ、「α」シリーズの性能を活かせるコンパクトなレンズとしてベストだと思います。


Link » Voigtlander Apo-Lanthar 35mm F2 Aspherical E-mount


Related Post » ライカMレンズで接写を可能にするソニーEマウント用アダプター『Voigtlander VM-E Close Focus Adapter』

May 10, 2021 | Categories » Technology | Tags » , | No Response »


 

毎日持ち歩くEDCアイテム 2021

My EDC 2021

新型コロナウィルスの影響によって、毎日ワークフロムホームをするようになって1年が過ぎ、すっかり外出を控えるようになりましたが、相変わらずボクは日常的に手ぶらで生活しています。身軽になれば移動しやすくなって行動力も上がるし、気分も軽くなるので新しいアイデアも生まれやすくなります。

毎日持ち歩く「EDC(Everyday Carry)」アイテムは、パンツの前ポケットに収まるモノだけしか持たないようにしています。これならモノを入れたまま動いたり座っても邪魔にならないので、モノを出してそのまま置き忘れてしまうこともありません。以前は財布や小物などを、パンツの後ろポケットやアウターのポケットに入れてましたが、何度も失くしたりするうちにこのスタイルに辿り着きました。

これまでに何度かボクが毎日持ち歩くEDCアイテムを紹介していますが、今も定期的に見直してアップデートしています。日々持ち歩くものをミニマルにすることはボクにとって永遠のテーマです。本当に持ち歩く必要があるのかどうかを見極めて、常にシンプルな状態をキープしたいですね。

ということでそんなボクが現在手ぶらで外出する時にも毎日必ず持ち歩いているモノを紹介します。

Read More »


Related Post » 毎日持ち歩くEDCアイテム 2018

May 7, 2021 | Categories » Column, Technology, Thing, Travel | Tags » , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | No Response »


 


 1 2 3 4 5 6 7 50 Next »

Instrumental™ Things LIFE PACKING 2020 未来を生きるためのモノと知恵 – 高城剛 Sony α7C DJI Mini 2

Instrumental™ Things
– 2019 Edition

LIFE PACKING 2020
未来を生きるための
モノと知恵
– 高城剛

Sony α7C

DJI Mini 2