毎日持ち歩くEDCアイテム 2021

My EDC 2021

新型コロナウィルスの影響によって、毎日ワークフロムホームをするようになって1年が過ぎ、すっかり外出を控えるようになりましたが、相変わらずボクは日常的に手ぶらで生活しています。身軽になれば移動しやすくなって行動力も上がるし、気分も軽くなるので新しいアイデアも生まれやすくなります。

毎日持ち歩く「EDC(Everyday Carry)」アイテムは、パンツの前ポケットに収まるモノだけしか持たないようにしています。これならモノを入れたまま動いたり座っても邪魔にならないので、モノを出してそのまま置き忘れてしまうこともありません。以前は財布や小物などを、パンツの後ろポケットやアウターのポケットに入れてましたが、何度も失くしたりするうちにこのスタイルに辿り着きました。

これまでに何度かボクが毎日持ち歩くEDCアイテムを紹介していますが、今も定期的に見直してアップデートしています。日々持ち歩くものをミニマルにすることはボクにとって永遠のテーマです。本当に持ち歩く必要があるのかどうかを見極めて、常にシンプルな状態をキープしたいですね。

ということでそんなボクが現在手ぶらで外出する時にも毎日必ず持ち歩いているモノを紹介します。

Read More »


Related Post » 毎日持ち歩くEDCアイテム 2018

May 7, 2021 | Categories » Column, Technology, Thing, Travel | Tags » , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | No Response »


 

Bang & Olufsen、スリムでコンパクトなWi-Fiスピーカー『Beosound Emerge』を発表

Bang & Olufsen Beosound Emerge

『Bang & Olufsen』からコンパクトなWi-Fiスピーカー『Beosound Emerge』が登場。

幅わずか6.7センチと本のようにスリムなスピーカーで、本棚やキッチンカウンターなどに置いて音楽を楽しむことができます。スピーカー上部からタッチ操作で音量を調整したり、Spotifyやラジオ局の放送を流したり、Googleアシスタントの操作が可能です。BluetoothとWi-Fiのワイヤレス接続、オプティカルと3.5mmミニジャックの有線接続に対応し、2台をワイヤレスでペアリングしてステレオリスニングも可能です。

スタイリッシュなWi-Fiルーターといった感じのデザインはおもしろいですが、バッテリー駆動できないのが残念ですね。


Link » Beosound Emerge-単行本サイズのコンパクト Wi-Fi スピーカー | B&O


Related Post » Bang & Olufsen BeoSound 8

April 16, 2021 | Categories » Technology | Tags » , , | No Response »


 

超高音質なワイヤレススピーカー『Devialet Phantom I』にマットブラックモデルが登場

Devialet Phantom I Matte Black

超高音質なワイヤレススピーカー『Devialet Phantom I』にマットブラックモデルが登場。直径30センチほどの曲線的な美しいデザインは変わらずですが、マットブラックになるだけで一気に業務用スピーカーのような無骨な雰囲気になりますね。

ここ数年はコンパクトモデルの「Phantom II」をメインスピーカーとして愛用していて、SpotifyとTIDALのストリーミング再生を中心に音楽を楽しんでいますが、コンパクトで美しいデザインに驚くほどのハイスペックが詰め込まれていて本当に素晴らしいですよ。


Link » Phantom: 最高級のワイヤレススピーカー- Devialet


Related Post » 『Devialet』のコンパクトなワイヤレススピーカー『Phantom Reactor』にマットブラックモデルが登場

April 12, 2021 | Categories » Technology | Tags » , , | No Response »


 

Braun × Virgil Abloh Wandanlage Stereo System

Braun × Virgil Abloh Wandanlage Stereo System

ブラウンの創立100周年を記念して、ディーター・ラムスが1965年にデザインした壁掛け式ステレオシステム『Wandanlage』をヴァージル・アブローがリメイク。シェーバー「SM3」やトースター「T1」などの名作を想起させるクロームメッキ仕上げが美しく、ターンテーブルのカートリッジが「Concorde Scratch」になってるのがいいですね。

合わせてミース・ファン・デル・ローエが手がけたファンズワース邸で撮影されたショートムービーと、ヴァージルがヒューストンのサウンドデザイナー「The Chopstars」とコラボレーションしてブラウンのグッドデザインの精神を体現したミックスがSoundCloudで公開されています。意外なコラボレーションですがおもしろいですね。


Link » Braun 100 Years Virgil

Link » Internationalism c/o The Chopstars & Virgil Abloh™ by virgil abloh™ | Free Listening on SoundCloud


Related Post » ワイヤレス充電パッド搭載デジタルアラームクロック『Braun BC21』

March 23, 2021 | Categories » Technology | Tags » , , , , , , | No Response »


 

Sonos、Wi-Fi接続可能な防水ポータブルスピーカー『Roam』を発表

Sonos Roam

『Sonos』が、Wi-Fi接続可能な防水ポータブルスピーカー『Roam』を発表。

片手で簡単に持ち運べるコンパクトサイズながらBluetoothに加えてWi-Fi接続が可能で、様々な音楽ストリーミングサービスやAirPlay2、AlexaとGoogleアシスタントを使用した音声操作に対応。バッテリー駆動時間は最大10時間で、音の反射から設置環境を測定して自動的に音質を最適化してくれるそうです。さらに防水機能を搭載しているので風呂場やアウトドアでも使うことができます。

価格は169ドルで、4月20日発売予定。リーズナブルな価格ですが、音質も使い勝手もかなり期待できそうですね。


Link » Roam: A Portable Waterproof Smart Speaker | Sonos


Related Post » コンパクトなWi-Fi内蔵ワイヤレススピーカー『Sonos Play:1』

March 12, 2021 | Categories » Technology, Travel | Tags » , , | No Response »


 

Apple、空間オーディオに対応したアクティブノイズキャンセリング搭載ヘッドフォン『AirPods Max』を発表

Apple AirPods Max

アップルが、耳を覆うオーバーイヤー型のアクティブノイズキャンセリング搭載ヘッドフォン『AirPods Max』を発表。アダプティブイコライゼーションや外部音取り込みモード、空間オーディオといった機能に対応しています。

フレームはステンレススチール製で、アルミニウム製イヤーカップには、Apple Watchでお馴染みのデジタルクラウンが搭載されていて、音楽操作や音量調節、通話の応答、Siriの操作が可能。どんな頭の形にもフィットするように設計されたヘッドバンドキャノピーは、通気性の高いニットメッシュ素材を採用し、イヤークッションは形状記憶フォームでメッシュ生地に包まれているので、柔らかく吸着して音響に最適な密閉性を生み出し、質の高いサウンドで包みこみます。

充電はLightningコネクタで行い、バッテリー駆動時間はアクティブノイズキャンセリングと空間オーディオを使用した場合で20時間の連続再生が可能。専用ケースに収納すると超低電力状態に切り替わってバッテリーが長持ちします。

カラーバリエーションは5色で、価格は67,980円。12月18日発売開始。Apple Watchが高級腕時計市場を破壊したように、『AirPods Max』によって高級ヘッドフォン市場は破壊されてしまうんでしょうか。どんな体験ができるのか気になるのでとりあえず使ってみようと思いますが、音楽制作やDJプレイに使えないヘッドフォンって毎回すぐに使わなくなってしまうんですよね。


Link » AirPods Max – Apple(日本)


Related Post » Apple、アクティブノイズキャンセリング搭載フルワイヤレスイヤフォン『AirPods Pro』を発表

December 11, 2020 | Categories » Technology | Tags » , , | No Response »


 

Etymotic Research ER4XR-BT

Etymotic Research ER4XR-BT

本格的なリスニングやDJプレイなどで長年愛用しているソニーのカナル型イヤフォン「MDR-EX800ST」をアップデートしようと色々と物色しています。その中で気になったのが『Etymotic Resarch』社のカナル型イヤフォン『ER4XR』です。

同社のイヤフォンの特徴である、抜群の遮音性能と原音再生能力を兼ね備えた高音質に低音を強化したモデルで、最新のBluetoothワイヤレスケーブルと組み合わせればワイヤレスで高音質を楽しむことができます。ワイヤレスケーブルには専用DACとヘッドフォンアンプを搭載し、従来のBluetoothイヤフォンを凌駕する省電力と高音質再生を実現。バッテリー駆動時間は8時間で、マイク付きリモコンを搭載しているので通話の応答や音楽操作、GoogleアシスタントやSiriと連携が可能です。

同社は抜群の遮音性能と原音再生能力を兼ね備えたイヤフォンだけでなく、高性能補聴器の開発と製造も手掛けているメーカーで、ボクもこれまでに同社のイヤフォンをいくつか愛用してきましたが、遮音性の高さと解像度の高いサウンドが本当に素晴しいんですよね。


Link » Etymotic Research ER4XR-BT

Link » Etymotic Research ER4SR/XR 交換用ケーブル 1.5m


Related Post » Sony、スタジオモニターヘッドフォンの銘機「MDR-CD900ST」のカナルタイプ『MDR-EX800ST』を発売

November 27, 2020 | Categories » Technology | Tags » , , | No Response »


 

Comply Apple AirPods Pro専用イヤフォンチップ

Comply Foam Tips Compatible with Apple AirPods Pro

コンプライのポリウレタン製イヤフォンチップに、アップルのアクティブノイズキャンセリング搭載フルワイヤレスイヤフォン「AirPods Pro」専用モデルが登場。

「AirPods Pro」に付属するシリコン製のイヤチップと交換することで、遮音性と装着感が高まり、低音もしっかり出るようになります。また、装着したまま充電ケースにバッチリ収納可能です。

現在コンプライのイヤフォンチップは、ソニーのカナル型イヤホン「MDR-EX800ST」と組み合わせて長年愛用していますが、これまでに様々なイヤフォンに装着して使い続けてきたので、「AirPods Pro」と組み合わせて使えるようになるのはうれしいですね。早速ポチりました。


Link » Comply Apple AirPods Pro専用イヤホンチップ


Related Post » Apple、アクティブノイズキャンセリング搭載フルワイヤレスイヤフォン『AirPods Pro』を発表

November 20, 2020 | Categories » Technology | Tags » , , | No Response »


 

Bang & Olufsen、ワイヤレス充電機能を搭載したワイヤレススピーカー『Beolit 20』を発表

Bang & Olufsen Beolit 20

『Bang & Olufsen』のワイヤレススピーカー『Beolit』にワイヤレス充電機能を搭載した新モデルが登場。

バッテリー駆動時間は8時間に延びて、USB-C充電に対応し、ワイヤレス充電の規格「Qi」に対応したデバイスをトップトレイに乗せて充電できるようになりました。外部入力端子も装備しているので、Bluetooth接続に対応していないデバイスも接続することが可能です。

価格は59,900円で、Bang & Olufsen直営店とオンラインストアで11月7日から発売予定。スタイリッシュで高級感のあるデザインですが、カラーバリエーションが微妙なのが残念です。


Link » Powerful Bluetooth speaker – Beolit 20 | B&O


Related Post » Bang & Olufsen、スリムでコンパクトなWi-Fiスピーカー『Beosound Emerge』を発表

November 2, 2020 | Categories » Technology | Tags » , , | No Response »


 

Devialet、アクティブノイズキャンセリング搭載フルワイヤレスイヤフォン『Gemini』を発表

Devialet Gemini

近年ボクも愛用している、超高音質なワイヤレススピーカー「Phantom」でお馴染みのオーディオメーカー『Devialet(デヴィアレ)』から、アクティブノイズキャンセリングを搭載したフルワイヤレスイヤフォンが登場。

イヤフォンの内側と外側に配置された2個の独立したマイクによってクラス最高のノイズキャンセリング性能を実現し、周囲の音を聞きとりやすくする外部音取り込みモードにも対応。 イヤフォンを装着してスマートフォンアプリを使うことで、ユーザーの耳の形状をスキャンして最もフィットするイヤーピースのサイズを判断し、耳の形状に最適な音を再生することができます。IPX4等級の防水性を備えているので様々なスポーツやトレーニングにも最適です。

バッテリー駆動時間は8時間、アクティブノイズキャンセリングを使用した場合は6時間で、充電ケースを併用することで24時間の駆動が可能。充電ケースはワイヤレス充電の規格「Qi」と、USB-Cを使った充電に対応しています。

価格は41,800円で、11月下旬発売予定。これは是非試してみたいですね。


Link » Devialet Gemini wireless earbuds


Related Post » 『Devialet』のワイヤレススピーカーにコンパクトモデル『Phantom Reactor』が登場

October 12, 2020 | Categories » Technology | Tags » , , | No Response »


 


 1 2 3 4 5 6 7 28 Next »

Instrumental™ Things LIFE PACKING 2020 未来を生きるためのモノと知恵 – 高城剛 Sony α7C DJI Mini 2

Instrumental™ Things
– 2019 Edition

LIFE PACKING 2020
未来を生きるための
モノと知恵
– 高城剛

Sony α7C

DJI Mini 2