Conte まかない丸バット

Conte まかない丸バット

最近『Conte まかない丸バット』を使い始めました。調理用のバットとしてはもちろん、同シリーズのザルと組み合わせて水切りや油切りに使ったり、ボウルのフタとして使うことができて便利です。

また、家族とのキャンプでは皿としても使っていて、コンパクトなステンレス製クッカーセット「Solo Stove 3 Pot Set」の鍋内にピッタリ重ねてコンパクトに収納可能です。普段から家で使っているモノをキャンプに持ち出すことができれば、わざわざモノを買い足す必要が無くなりますね。


Link » Conte まかない丸バット130

Link » Conte まかない丸バット180

Link » Conte まかない平ザル180


Related Post » HUGE 2013年12月号 – Whole Living Catalog 暮らすためのモノ、すべて。

October 15, 2021 | Categories » Life, Thing | Tags » , , | No Response »


 

Solo Stove 3 Pot Set

Solo Stove 3 Pot Set

最近家族でキャンプをするのに、『Solo Stove』のコンパクトなステンレス製クッカーセットを使い始めました。

2L、1.5L、1.25Lのスタッキング可能な鍋と鍋フタ、グリッパーがセットになっていて、全てを合わせた重さは約660gとそれなりにありますが、頑丈で直火や炭火で気兼ねなくガシガシ使うことができます。全てを2Lの鍋内にコンパクトに収納可能で、さらにボクは皿やコップ、調理器具などもまとめています。


Link » Solo Stove 3 Pot Set


Related Post » Solo-Tourist ポケットデイパック

October 11, 2021 | Categories » Thing | Tags » , , , | No Response »


 

モダンな蚊遣り『香遣』

Style Japan 香遣

プロダクトデザイナーの小泉誠氏がデザインしたモダンな蚊遣り『香遣』。防虫線香を入れる容器としてはもちろん、一年を通してお香やアロマも楽しめることから「蚊遣」ではなく『香遣』と名付けたそうです。

絞り加工でつなぎ目がない軽量なアルミボディで、持ち運びに便利なハンドルは折りたたみ可能なので、自宅の中だけでなく、ベランダやアウトドアに気軽に持ち出して使うことができます。また、ハンドルにはフックが付いているので、色々なところに吊り下げることができて便利です。

こういったモノにシンプルで美しいものはなかなかありませんが、これは自宅の白を基調にしたシンプルなインテリアにも良くマッチして気に入っています。


Link » Style Japan 香遣

Link » Style Japan 菊花線香 標準型 10巻×3包入

Link » Style Japan 菊花線香 丸型ミニ 8巻×4包入


Related Post » Hemp Foods Japan ヘンプシードオイル

August 6, 2021 | Categories » Thing | Tags » , , , | No Response »


 

Vitra Toolbox RE

Vitra Toolbox RE

イスラエル出身のデザイナー「Arik Levy(アリック・レヴィ)」による『Vitra』のツールボックスに、100%リサイクル可能な再生プラスチック製が限定発売。

デスク周りの細々としたステーショナリーや、ダイニングで使うカトラリー、薬やメイク道具、おもちゃなど、用途を限定せず様々な小物の整理に使うことができ、持ち手がついているので持ち運びも簡単。デスクやテーブルの上でそのまま使ったり、棚に並べて保管するのにも便利です。

ボクは細々したケーブル類やガジェット、文房具などの頻繁に出し入れするものを収納しています。


Link » Vitra Toolbox RE


Related Post » Vitra Toolbox

July 19, 2021 | Categories » Thing | Tags » , , | No Response »


 

Casa BRUTUS Vol.256 – 自然と過ごすスタイルブック

Casa BRUTUS Vol.256 – 自然と過ごすスタイルブック

『Casa BRUTUS』最新号の特集は『自然と過ごすスタイルブック』ということで、都会と自然の二拠点生活をしている著名なクリエイターたちの山の家が紹介されています。

都市と自然の二拠点生活をしている著名なクリエイターたちの山の家や、愛用しているキャンプギアが紹介されていて、今後家族でキャンプをするのに色々とギアを買い足す必要があるのでとても参考になりました。ボクはアウトドアでも日常生活や旅先のように、選りすぐった必要最低限のモノだけで快適に過ごすことを心がけているので、ギア選びはデザインや頑丈さはもちろん、軽量コンパクトで収納性が高いことを重要視しています。

新しい日常への移行や、リモートワークをはじめとした働き方の変化に伴い、自然豊かな場所に住まいや仕事場を設けて、多拠点生活を始める人が増えてきました。一方で、ソーシャルディスタンスを保ちながらオープンエアで集まり、自分だけの居住空間を大自然の中に組み立てられるキャンプシーンも盛況です。今、自然の中に身を置くことに、なぜこうも強く惹かれてしまうのでしょうか。山の家で過ごすライフスタイルから、自然を満喫するキャンプスタイルまで、目利きたちのケーススタディをもとに、自然と過ごす時間と道具の魅力を特集します!



Link » Casa BRUTUS Vol.256 – 自然と過ごすスタイルブック

Link » Casa BRUTUS Vol.256 – 自然と過ごすスタイルブック(Kindle版)


Related Post » Casa BRUTUS Vol.252 – 暮らしを整える、整理術

July 9, 2021 | Categories » Entertainment, Life, Thing | Tags » , , , | No Response »


 

エアフレームテント『Heimplanet The Cave』に限定オールブラックモデルが登場

Heimplanet × Uncrate The Cave All Black Limited Edition

エアフレームテントでお馴染み『Heimplanet』と、ウェブマガジン『Uncrate』がコラボレートした『The Cave』のオールブラックモデルが登場。

重量に対して驚くほど強度の高いジオデシックデザインで、円型のグランドエリアは荷物を入れても大人3人がゆったりと寝られ、最大6名が座れる広々としたスペースを確保。テントを広げて専用ポンプで膨らませるだけで簡単に設営ができます。また、独自のマルチチェンバー・セーフティ・システムにより、エアフレーム部分を取り外して修理や交換が可能です。

ちょうど家族用のテントを色々と物色していたんですが、これはステルスなデザインでかなり好みですね。


Link » Heimplanet × Uncrate The Cave All Black Limited Edition


Related Post » Replica 1965 Volkswagen Camper Tent

July 2, 2021 | Categories » Thing | Tags » , , , | No Response »


 

重さわずか99gの超軽量焚き火台『Monoral WireFlame Feather』

Monoral WireFlame Feather

軽量コンパクトな焚火台でお馴染み『Monoral』から、重さわずか99gの超軽量焚き火台『WireFlame Feather』が登場。

『Monoral』独自のテンションボックス構造を大胆に三角形に展開。火床には贅沢にチタンメッシュを採用し、超軽量ながら火床の安定性を実現。パーツ数は2点と少ないため設置と撤収も簡単。また、アームが熱くならないため焚き火中でも持ち上げることが可能です。

オプションの五徳アタッチメントは使えないので料理ができないのは残念ですが、今までにない気軽さで焚火を楽しむことができますね。


Link » Monoral WireFlame Feather


Related Post » 折りたたんでバッグに収納できる軽量コンパクトな焚き火台『Monoral WireFlame』

June 7, 2021 | Categories » Thing | Tags » , , , | No Response »


 

Muraco Rapide X1-2P Black

Muraco Rapide X1-2P Black

最近1人用のテントを『Muraco(ムラコ)』の自立式ドームテント『Rapide X1-2P』にアップデートしました。

居住性と耐風性をバランス良く備えた軽量コンパクトなダブルウォール式の山岳用テントですが、ボクの場合はキャンプで使うことがほとんどなので、テントの中でゆったりと過ごせる2人用サイズをセレクトしました。ブラックのフライシートがミリタリーライクな無骨なデザインで気に入っていますが、公園などで家族と過ごす時にはホワイトのインナーテントだけ設営して、周囲へ威圧感を与えないようにしています(笑)。

アウトドアギアって派手なカラーが多いですが、ボクはなるべくブラックやグレーを中心に選び、派手なカラーは差し色程度にしています。


Link » Muraco Rapide X1-2P Black

Link » Muraco Ground Sheet for Rapide X1-2P Black


Related Post » コンパクトに折りたためるスタイリッシュな焚き火台『Muraco Satellite Fire Base』

June 4, 2021 | Categories » Thing | Tags » , , , | No Response »


 

Ergotron LX デスクマウントアーム

Ergotron LX Desk Monitor Arm

少し前に自宅のワークデスクを「USM」のハラーテーブルにしたので、それに合わせて会社支給の液晶ディスプレイに取り付けているモニターアームを『Ergotron LX デスクマウントアーム』に買い替えました。自宅で使っても違和感が無いスタイリッシュなデザインで、軽く触れるだけでモニターの位置調節が可能。ケーブルもアームにすっきりと収納できます。シルバークロームのアームがハラーテーブルにマッチしますが、そのままではハラーテーブルにマウントできないので少し改造しました。

これにMacBook Proをクラムシェルモードで接続し、「Twelve South」のアルミ製スタンドに立てて置き、ワイヤレスキーボードとワイヤレスマウスを繋いでデスクトップのようにして使っています。ただ、この状態だとフロントカメラが使えないため、ビデオ会議をする時には取り外しています。


Link » Ergotron LX デスクマウントアーム


Related Post » コンパクトに折りたためるハンガー『Post General Gimmick Hanger』

May 14, 2021 | Categories » Technology | Tags » , , | No Response »


 

毎日持ち歩くEDCアイテム 2021

My EDC 2021

新型コロナウィルスの影響によって、毎日ワークフロムホームをするようになって1年が過ぎ、すっかり外出を控えるようになりましたが、相変わらずボクは日常的に手ぶらで生活しています。身軽になれば移動しやすくなって行動力も上がるし、気分も軽くなるので新しいアイデアも生まれやすくなります。

毎日持ち歩く「EDC(Everyday Carry)」アイテムは、パンツの前ポケットに収まるモノだけしか持たないようにしています。これならモノを入れたまま動いたり座っても邪魔にならないので、モノを出してそのまま置き忘れてしまうこともありません。以前は財布や小物などを、パンツの後ろポケットやアウターのポケットに入れてましたが、何度も失くしたりするうちにこのスタイルに辿り着きました。

これまでに何度かボクが毎日持ち歩くEDCアイテムを紹介していますが、今も定期的に見直してアップデートしています。日々持ち歩くものをミニマルにすることはボクにとって永遠のテーマです。本当に持ち歩く必要があるのかどうかを見極めて、常にシンプルな状態をキープしたいですね。

ということでそんなボクが現在手ぶらで外出する時にも毎日必ず持ち歩いているモノを紹介します。

Read More »


Related Post » 毎日持ち歩くEDCアイテム 2018

May 7, 2021 | Categories » Column, Technology, Thing, Travel | Tags » , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | No Response »


 


 1 2 3 4 5 6 7 33 Next »

Instrumental™ Things LIFE PACKING 2020 未来を生きるためのモノと知恵 – 高城剛 Sony α7C DJI Mini 2

Instrumental™ Things
– 2019 Edition

LIFE PACKING 2020
未来を生きるための
モノと知恵
– 高城剛

Sony α7C

DJI Mini 2