高城剛氏が立ち上げたパーソナルヘルスケアサービス『8weeks.ai』

高城剛氏が立ち上げたパーソナルヘルスケアサービス『8weeks.ai』。詳細は5月28日に開催される氏のメールマガジン「高城未来研究所「Future Report」」の読者感謝祭で発表するとのことで楽しみですね。

普段あなたが行なっている健康法やトレーニング、ダイエットは本当にあなたにあっている方法ですか?

夜は寝つきが悪く、朝は起きられない。しっかり寝ていても、日中疲れを感じやすい。病気ではなくとも、不調を感じている。
辛いアレルギー症状に、いまも苦しんでいる、、、。

最高の体調とはかけ離れた日々をお過ごしではないでしょうか?
これらは、病院やクリニックへ通っても簡単には改善しません。

「8weeks.ai」では、あなたが感じる不調の原因を医師やスペシャリストと根本的に探るために、18種類の検査とカウンセリングを通してあなたの健康状態を多角的に分析し、目指すべき最高の体調、いや最高の人生に向けて「自分だけの健康地図」を作成することからスタートします!

「8weeks.ai」のプログラムは、8つのステージに分かれており、各ステージを8週間かけて攻略していきます。
定期的な検査結果をもとに、スペシャリストがあなたに最適な健康法をご提案。
サプリメントの処方や生活習慣の改善アドバイスなど、あなたに合ったサポートを行い、理想のゴールに向けて並走いたします。

最高の自分を目指して!



Link » 8WEEKS

Link » 【8weeks.ai】パーソナルヘルスケアサービス – YouTube


Related Post » NikeFuel Life

April 26, 2024 | Categories » Life, Technology | Tags » ,


 

ミニマルデザインのドリップコーヒーメーカー『Fellow Aiden Precision Coffee Maker』

Fellow Aiden Precision Coffee Maker

ミニマルなデザインのコーヒーアイテムでお馴染みの『Fellow』 から、ドリップコーヒーメーカー『Aiden Precision Coffee Maker』が登場。

調整可能なシャワーヘッドと正確な温度制御システムを備え、ユーザーの好みに合わせてカスタマイズできる抽出プロファイルを導入し、コーヒー豆や抽出スタイルに合わせた設定を保存可能。スマートフォンアプリからも設定でき、さらにコーヒーの抽出技術を上達させるフィードバックやヒントがもらえます。

価格は365ドル。どんな味がするのか気になるところです。


Link » Aiden Precision Coffee Maker – Fellow


Related Post » ポータブル小型エスプレッソマシン『Staresso Coffee Maker』

April 12, 2024 | Categories » Life, Technology | Tags » , ,


 

日本で唯一のカビ無しスペシャルティコーヒー『Blue Six Coffee』

Blue Six Coffee

高城剛氏の古い友人で、「green bean to bar CHOCOLATE」の代表である安達建之氏が立ち上げた、日本で唯一のカビ無しスペシャリティコーヒー『Blue Six Coffee』のコーヒー豆を試してみました。

現地まで農園の視察、検査をした最高品質のコーヒー豆だけを厳選し、カビ毒であるマイコトキシンや農薬残渣を世界基準レベルの検査にクリアしたスペシャリティコーヒーで、クリーンな味わいが美味しいだけでなく、生産者の労働環境や地球環境、健康に配慮して作られたサステナブルなコーヒーブランドです。

コーヒーには様々な健康へのメリットがあると言われていますが、もともと保管や輸送時にカビ毒の影響を受けやすく、これらのカビ毒が脳に達っしてしまうと、ブレインフォグという頭の中にもやがかかったようにぼんやりした状態になってしまいます。解決策の1つはカビ毒の影響が少ない高品質なコーヒーを選び、それを少量飲むというスタイルに変えることです。ボクは近年健康のことを考えて1日2杯までと決めて、朝と昼の食後に飲んでいます。

これまでカビ無しスペシャリティコーヒーと言えば「Bulletproof」社のものが定番でしたが、日本でも簡単に手に入るようになったのはうれしいですね。1月31日には神宮外苑にカフェが開店するとのことで、是非行ってみたいと思います。


Link » BLUE SIX


Related Post » Blue Bottle Coffee、缶コーヒー『Cold Brew』を発売

January 26, 2024 | Categories » Life, Thing | Tags » , ,


 

血糖値測定センサー『Abbott FreeStyle Libre』

Abbott FreeStyle Libre

年末年始は改めて自分に合った食事を見直そうと考えて、久しぶりに『Abbott』社の血糖値測定センサー『FreeStyle Libre』を装着して過ごしていました。

体内のグルコース濃度をリアルタイムに計測できる500円玉ほどのセンサーで、上腕部に装着してスマートフォンアプリと連携することで血糖値の変動データを測定してグラフ化できます。センサーは入浴や水泳が可能な生活防水仕様で、最長14日間の使い捨てです。

白米や小麦といった糖質を多く含む食材を主食にしていると、食後に血糖値が急上昇した後に急降下する「血糖値スパイク」が起こります。放置しておくと血管にダメージが蓄積して動脈硬化が進行し、糖尿病だけでなく、心筋梗塞や脳梗塞、ガン、認知症などを引き起こすと言われますが、何より疲れやすくなったり、頭がボーッとしたり、集中力が続かないなど明らかにパフォーマンスが低下してしまいます。

「血糖値スパイク」を防ぐためには、白米と比べて血糖値の上昇値が緩やかになると言われる玄米、蕎麦、全粒粉のパンやパスタなどの「低GI食品」を主食にすると良いと言われていますが、ボクにとっては発芽させても発酵させても玄米の方が白米より血糖値の上昇が大きいため、咀嚼回数を増やして少量づつ食べるようにしています。十割蕎麦も同様なので、他者やメディアからの情報を鵜呑みにせず、個々が自分に合った食事を見つける必要を身を以て実感するところですね。

『Abbott FreeStyle Libre』は7,000円ほどで発売されていますので、1日当たり500円ほどのコストです。血糖値チェックは、日々のストレスが多くて時間に追われている人ほど、食生活を見直すのに有効な手段だと思いますね。


Link » Abbott フリースタイル リブレ


Related Post » コンパクトに折りたためるハンガー『Post General Gimmick Hanger』

January 12, 2024 | Categories » Life, Technology | Tags » , , ,


 

サブスクリプション型の貸別荘サービス『SANU 2nd Home』

SANU 2nd Home

明けましておめでとうございます。2024年もINSTは情報過多時代のシンプルで豊かなライフスタイルをコンセプトに、本当に役立つモノやニュースをコンパクトに紹介していきたいと思いますので、本年もよろしくお願いします。

昨年末の休暇は八ヶ岳にあるサブスクリプション型の貸別荘サービス『SANU 2nd Home』のキャビンに宿泊してのんびり過ごしました。

「Live with nature(自然と共に生きる。)」をコンセプトに、月額55,000円で八ヶ岳や山中湖、軽井沢や白樺湖など、東京からアクセスしやすい自然豊かなロケーションの中から好きな滞在先を選んで宿泊できるサービスで、会員登録、予約、チェックイン、チェックアウトという滞在に必要な全ての手続きをスマートフォンから行えるため、ホテルのようなフロントや運営スタッフの常駐は無く、まさに別荘のような完全にプライベートな滞在が可能です。

滞在したキャビンは地球環境に配慮した「サーキュラー建築」という循環型の設計で、コンパクトながら大きな窓と高い天井が開放的で気持ちの良い空間になっていて、木がふんだんに使われた有機的なデザインのインテリアや外に広がる木々の景色、本物の炎で暖まるペレットストーブ、テラスの先には焚き火台が設置されていたりと、妻も子供も普段生活している東京のマンションと全く違う環境を満喫していました。これまで世界中の様々なホテルに泊まってきましたが、置いてある備品のセレクトは合格ラインに達していると思いましたね。

今回初めて利用しましたが、自然との共生をコンセプトに掲げている通り、サーキュラー建築のキャビンやリジェネラティブな取り組み、サステナブルな備品のセレクト、カーシェアサービスと連携して移動手段を最適化したりと、環境に負荷をかけずに都市と自然を行き来するライフスタイルを実現しようとする姿勢がとても共感できましたね。

ということでしばらくは『SANU 2nd Home』を通じて、都市と自然を気軽に行き来するライフスタイルを楽しんでみたいと思います。


Link » SANU 2nd Home – 自然の中にあるもう一つの家


Related Post » 『Wonderwall』が手掛けた『KAWS』の自宅

January 5, 2024 | Categories » Life, Travel | Tags » ,


 

仙台勝山館MCTオイル C8-MAX スティックタイプ

仙台勝山館MCTオイル C8-MAX スティックタイプ

先日渋谷パルコの「SUPER DOMMUNE」で開催されたイベント「武邑塾2023」の終了後に、高城剛氏と直接色々な話をすることができたのですが、その時に氏が『仙台勝山館MCTオイル C8-MAX』のスティックタイプを持ち歩いていました。

ココナッツオイルに含まれている中鎖脂肪酸の中で最も消化吸収が早く、エネルギー効率が良くて脳にしっかり届くのが「C8オイル(カプリル酸)」です。食事や飲み物に加えるのが摂取しやすいですが、ボクは小腹が空いた時に直接飲むことも多いです。

これまで「Bulletproof」社のものを飲んでいましたが、これは国産の中でも良質とのことでしたので、手軽に入手できるこちらに切り替えてみたいと思います。


Link » 仙台勝山館MCTオイル C8-MAX スティックタイプ


Related Post » 世界のリアルと文化を伝える雑誌『PD』が創刊

December 22, 2023 | Categories » Life, Thing | Tags » , , , ,


 

85°Cまで加熱と保温が可能なバッテリー内蔵スマートマグ

East Mount Smart Mug

様々な飲料を最大85°Cまで加熱と保温が可能なバッテリー内蔵スマートマグ。

500mlペットボトルより一回り大きいサイズで、USB充電式バッテリーを搭載。容量は300mlで温度は30℃から85℃まで設定でき、加熱する場合は85℃で最大2回、55℃で最大4回、保温する場合は85℃で最大9時間、55℃で最大16時間駆動します。さらにモバイルバッテリーとして様々なガジェットへ給電が可能です。

アウトドアや旅先でどうやってお湯を用意するかは多くの人が抱える悩みだと思いますが、これなら機内持ち込み可能なのでどこにでも持ち運べて良いですね。


Link » East Mount スマートマグ


Related Post » GoProを口にくわえて撮影できるマウント

December 15, 2023 | Categories » Life, Technology, Travel | Tags » , , ,


 

お湯を沸かせるポータブル電動エスプレッソマシン『Outin Nano』

Outin Nano

お湯を沸かせるポータブル電動エスプレッソマシン『Outin Nano』が、いつの間にか日本でも発売されていました。

ウォーターボトルと同サイズのコンパクトなデザインで、わずか3分でお湯を沸かしてエスプレッソを抽出できます。挽いたコーヒー豆とコーヒーカプセルに対応し、1回の充電で最大5杯分の抽出が可能です。

これまでこの手のエスプレッソマシンは、お湯を注いで抽出しなければならなかったので、これは是非試してみたいですね。


Link » Outin ポータブルコーヒーメーカー / エスプレッソマシン – Outin Japan


Related Post » 世界最軽量の完全防水ビビィ『Samaya Nano Bivy』

December 15, 2023 | Categories » Life, Technology, Travel | Tags » , ,


 

高城剛×けんすう 特別対談 – VR革命で起きる人類を二分化する超格差社会

高城剛×けんすう 特別対談 – VR革命で起きる人類を二分化する超格差社会

高城剛メールマガジン『高城未来研究所「Future Report」』の特別号外として配信された、アル株式会社代表の古川健介氏こと「けんすう」氏との「コミュニティの未来と次の社会」をテーマにした対談の一部が『まぐまぐニュース!』に掲載されています。話題は書店や読書術から始まり、アメリカ経済やインターネットサービスへと展開していきますが、続きも読み応えありました。

今の時代は誰もがスマートフォンを使うようになったことで、情報に溺れてドーパミン中毒になって時間と思考力を奪われてしまう人と、節度を持って使いこなす人との間に格差が生まれていますが、今後ドーパミン中毒になってしまった人はどんどんバーチャル世界に逃げ込み、格差はますます拡大していくんでしょうね。


Link » 【高城剛✕けんすう 賢者の未来予測】 「進化する脳と停滞する脳」VR革命で起きる人類を二分化する超格差社会 – まぐまぐニュース!


Related Post » 高城剛×MB 特別対談 – アパレル業界の未来地図 ブランド神話の崩壊とコンテクスト消費の魔力

November 10, 2023 | Categories » Entertainment, Life, Technology | Tags » , , , , ,


 

『Whole Earth Catalog』の完全アーカイブがウェブサイトで無料公開

Whole Earth Catalog

『Stewart Brand(スチュアート・ブランド)』氏によって創刊され、スティーブ・ジョブズによるスタンフォード大学卒業式での伝説のスピーチでも語られている、1960~70年代のカウンターカルチャーのバイブル的雑誌『Whole Earth Catalog』の完全アーカイブがウェブサイトで無料公開。オリジナルのカタログから短命に終わったスピンオフ「Software Review」まで、デジタル化された全ての記事が閲覧可能な上に、PDFをダウンロードできるようになっています。

コンセプトはサブタイトルでもある「Access to Tools(道具への近道)」で、今やスマートフォンによっていつでもどこからでも膨大な情報にアクセスできるようになりましたが、まだインターネットが無い時代に、生きるための知識や道具、地球上のありとあらゆる情報が詰め込まれていた画期的なカタログです。現代のホールアースカタログであるiPhoneやiPadに是非入れておきたいところですね。


Link » Whole Earth Index


Related Post » Whole Earth Catalog

October 20, 2023 | Categories » Entertainment, Life | Tags » , , , , ,


 

 1 2 3 4 5 6 7 60 Next »

Instrumental™ Things NEXTRAVELER FILMS & TOOLS Sony α7CR DJI Mini 4 Pro

Instrumental™ Things
– 2019 Edition

NEXTRAVELER
FILMS & TOOLS
未来につながる
創造的ツールと使い方

Sony α7CR

DJI Mini 4 Pro