Apple、新しいチップ「M1 Ultra」搭載の新型デスクトップ『Mac Studio』と新型ディスプレイ『Studio Display』を発表

Apple Mac Studio / Studio Display

アップルが新製品発表イベントで、新しいチップ「M1 Ultra」を搭載した新型デスクトップ『Mac Studio』と新型ディスプレイ『Studio Display』を発表。

『Mac Studio』はプロ向けチップ「M1 Max」、または2つの「M1 Max」チップを1つにした新しいチップ「M1 Ultra」を搭載し、最大128GBのメモリを搭載可能で、SSDストレージは最大8TBに拡張できます。筐体は「Mac mini」をそのまま高くしたようなデザインで、サイズは19.7cm四方で高さ9.5cmとディスプレイの下に収まるコンパクトサイズになっています。

背面には「Thunderbolt 4」を4ポート、USB-Aを2ポート、HDMIポート、10ギガビットEthernet、3.5mmのヘッドフォンジャック、前面には「Thunderbolt 4」を2ポート、 SDXCカードスロットを備えていて、最大4台の「Pro Display XDR」と4Kテレビに出力することができます。

『Studio Display』は解像度5,120×2,880ピクセルの27インチディスプレイに、iPhone 11に搭載されているプロセッサ「A13 Bionic」を搭載し、センターフレームに対応した12メガピクセルの超広角フロントカメラとマイク、空間オーディオに対応したスピーカーシステム、Macとの接続用に「Thunderbolt 3」、USB-Cを3ポート備えています。また、オプションで画面の傾きと高さを調節できるスタンド、VESAマウントアダプタが用意されています。

価格は『Mac Studio』が249,800円から、『Studio Display』が 199,800円からとなっています。早速『Studio Display』をポチりましたが、せっかく「A13 Bionic」を搭載しているなら、ディスプレイ単体でApple TVの視聴ができたり、AirPlayで映像や音楽の再生ができたら最高でしたね。


Link » Mac Studio – Apple(日本)

Link » Studio Display – Apple(日本)


Related Post » Apple、新型『Mac Pro』と6Kディスプレイ『Pro Display XDR』を発売

March 11, 2022 | Categories » Technology | Tags » , , | No Response »


 

「Devialet Phantom」にアナログターンテーブルなどをワイヤレス接続するストリーミングボックス『Arch』

Devialet Arch

フランスのオーディオメーカー『Devialet(デヴィアレ)』から、超高音質なワイヤレススピーカー「Phantom」にアナログターンテーブルやCDプレーヤーなどのソースをワイヤレス接続できるストリーミングボックス『Arch』が発売。

RCA端子を1系統搭載し、フォノ入力、ライン入力、同軸デジタル入力をアプリで切り替えて使用可能で、「Phantom」に音源を48kHz/24bitのハイレゾクオリティで伝送します。

「Phantom」にマッチするミニマルなデザインでいいですね。「Pro-Ject」のターンテーブルと合わせて使いたいところです。


Link » Arch – A high-quality phono stage


Related Post » 超高音質なワイヤレススピーカー『Devialet Phantom I』にマットブラックモデルが登場

March 1, 2022 | Categories » Technology | Tags » , , | No Response »


 

ミニマルデザインの小型電動コーヒーグラインダー『Option-O Lagom Mini』

Option-O Lagom Mini

最近使い始めた、オーストラリア発のスタートアップ『Option-O』による小型電動コーヒーグラインダー『Lagom Mini』。

サイズは幅65mm、奥行き95mm、高さ240mmとウォーターボトルほどのサイズで、アルミニウムから削り出した金属の塊のようなミニマルなデザインが美しく、上部のフタと粉受けはマグネットで固定する仕組みになっていて使いやすいです。ハンドドリップやフレンチプレス用にコーヒー豆の挽き具合を無段階調節可能で、コニカル式によってコーヒー粉の大きさを一定に挽くことができます。一度に挽ける豆の量は約30gとコーヒー二杯分を淹れるのには十分で、さらに動作音がとても静かなので自宅で使うのに最適です。

長年自宅では「Kalita ナイスカットミル」を愛用していましたが、ようやくこれに代わる逸品に出会えましたね。「Fellow」のメンテナンス用ブラシとセットで愛用しています。


Link » Lagom Mini — OPTION-O


Related Post » ミニマルデザインの電動コーヒーグラインダー『Fellow Ode Brew Grinder』

January 28, 2022 | Categories » Life, Technology | Tags » , , | No Response »


 

LG、可動スタンド付きバッテリー搭載スマートディスプレイ『StanbyME』を発表

LG StanbyME.jpg

ラスベガスで開催された「CES 2022」で、『LG』が可動スタンド付きバッテリー搭載スマートディスプレイ『StanbyME』を発表。

タッチ操作が可能なフルHDの27インチディスプレイに、高さ調整可能なキャスター付きスタンドを備え、横向きと縦向きどちらでも使用できます。Wi-FiとNFC、USBポートとHDMIポートを搭載し、AndroidやiOS、PCとシームレスに連携が可能。テレビチューナーを内蔵しないので通常のテレビ番組は映りませんが、YouTube、Amazonビデオ、Netflix、Apple TV、Huluなどの動画配信サービスを視聴することができます。

カメラとマイクは非搭載ですが、ディスプレイ上部に脱着できるクレードルを使うことで、スマートフォンを設置してビデオ通話が可能です。また、3時間のバッテリー駆動が可能なので、コンセントのない場所でも映像を楽しむことができます。

これならプロジェクターのように映像の投影場所が限られないので良いですね。是非使ってみたいですが、アップルがこんなデバイスを発売してくれたら最高でしたね。


Link » LG 27ART10AKPL | 27 Inch ART10AKPL | StanbyME | LG HK


Related Post » サブスクリプション型動画配信サービス『Netflix』が日本でも開始

January 11, 2022 | Categories » Technology | Tags » , , | No Response »


 

Bruno e-tool

Bruno e-tool

最近家族用に購入した『Bruno』初のE-Bike『e-tool』。子供を乗せることができるデザインの良い電動アシスト自転車を色々と物色していたところ、これに辿り着きました。

車体重量は18.9kgと軽量で、最大走行距離はエコモードで115km、パワーモードで80kmと本格的なツーリングも可能な大容量バッテリーを搭載。最大積載量50kgの頑丈なリアキャリアを搭載し、大容量の積載やチャイルドシートの取り付けも想定して、安定感抜群の正立スタンドが標準装備されています。

メインで乗るのは妻ですが、どうせだったらボクも乗れる自転車がいいですからね。今度これに乗ってキャンプにでも行ってみたいと思います。


Link » Bruno e-tool


Related Post » 超コンパクトな折りたたみ式電動自転車『A-Bike Electric』

December 14, 2021 | Categories » Technology | Tags » , , , , | No Response »


 

ワイヤレス充電機能を搭載したコンパクトなポータブル電源『Ecoflow River mini』

EcoFlow RIVER mini

ドローンでお馴染み「DJI」出身のメンバーが設立したポータブル電源のスタートアップ『Ecoflow』から、持ち運びしやすい小型軽量モデル『River mini』が登場。

バッテリー容量210Wh、最大出力600Wのポータブル電源にも関わらず、サイズは幅24.9cm、奥行き14.0cm、高さ13.3cmで、重さは2.85kgと片手で手軽に持ち運べるサイズを実現。最大2.4A出力のUSB-Aを3ポート、最大100W出力のUSB-Cを1ポート、ACコンセントを2口、シガーソケットを1口、最大15W出力のワイヤレス充電を搭載し、最大8台のガジェットや家電製品へ同時に給電することができます。本体の充電はACコンセントの他に、ソーラーチャージャー、シガーソケットから可能で、充電状況や給電状況は本体前面のディスプレイで確認できて便利です。

車での旅やアウトドアではもちろん、最近は気候変動などのリスクも高まっていることもあり、災害時の備えとして持っておくと安心ですね。


Link » Ecoflow River mini ワイヤレス充電タイプ

Link » Ecoflow River mini 通常充電タイプ


Related Post » コンパクトでカスタマイズできるポータブル電源『Ecoflow River 600』

December 10, 2021 | Categories » Life, Technology, Travel | Tags » , , , | No Response »


 

無印良品 IHクッキングプレート

無印良品 IHクッキングプレート

無印良品から、コンパクトでミニマルなデザインのIHクッキングプレートが登場。

使いたい時にすぐに使えるように、テーブルの上などに出しっぱなしにできるコンパクトさで、丸形ダイアルで直感的に温度調節ができます。これからの寒い季節、こんなグッドデザインな調理器具で鍋を楽しみたいですね。


Link » 無印良品 IHクッキングプレート


Related Post » 無印良品 アルミ折りたたみチェア / ベンチ

November 23, 2021 | Categories » Technology | Tags » , , | No Response »


 

コンパクトになって「まぜ技ユニット」が進化した『Healsio Hotcook』の新モデルが登場

Sharp Healsio Hotcook 1.6L

材料を入れてメニューをセットするだけで自動で調理してくれるシャープの電気無水鍋『Healsio Hotcook』に、コンパクトになった新モデルが登場。

2.4Lモデルは幅395mmから345mm、1.6Lモデルは幅364mmから330mmに小型化し、食材を混ぜる機構「まぜ技ユニット」の最大回転スピードが約2倍にアップ。これによって加熱時に食材をかき混ぜるだけでなく、食材をつぶしたり、泡立てることもできるようになりました。

ホットクックはここ数年愛用していて、現在は1リットルモデルを使っていますが、毎朝のみそ汁はもちろん、パスタを茹でたり、野菜や魚、鶏肉を使った蒸し料理や煮込み料理、低温調理など、放っておくだけで栄養たっぷりの美味しい料理が作れて重宝しています。ただ、結婚して家族が増えたこともあって大きいモデルに買い替えたいと思っていたので、このアップデートはうれしいですね。


Link » シャープ ヘルシオ ホットクック 1.6L ブラック

Link » シャープ ヘルシオ ホットクック 1.6L ホワイト

Link » シャープ ヘルシオ ホットクック 2.4L レッド

Link » シャープ ヘルシオ ホットクック 2.4L ホワイト


Related Post » Sharp Healsio Hotcook

October 8, 2021 | Categories » Life, Technology | Tags » , , , , | No Response »


 

BALMUDAからドリップ式コーヒーメーカー『The Brew』が登場

BALMUDA The Brew

バルミューダから、ドリップ式コーヒーメーカー『BALMUDA The Brew』が登場。

緻密な温度制御、コーヒー豆の個性を引き出す0.2ml 単位の正確なドリップ、クリアな後味を生むためのバイパス注湯といった3つの独自の抽出方法により、ハンドドリップ以上の味を実現。サイズは幅140mm、奥行き297mm、高さ379mmで、横幅は同社の電気ケトル「BALMUDA The Pot」と同程度で、一般的な全自動コーヒーメーカーやエスプレッソマシンに比べてスリムで設置しやすい大きさです。

価格は税込59,400円。バルミューダらしくデザインにこだわった仕上げで、マットブラックとステンレスの組み合わせがカッコいいですね。後は肝心の味が気になるところです。


Link » BALMUDA The Brew


Related Post » ミニマルデザインの電動コーヒーグラインダー『Fellow Ode Brew Grinder』

October 8, 2021 | Categories » Technology | Tags » , , | No Response »


 

Amazon、壁掛け可能なスマートディスプレイ『Echo Show 15』を発表

Amazon Echo Show 15

アマゾンが壁掛け可能なスマートディスプレイ『Echo Show 15』を発表。

タッチ操作が可能な15.6インチフルHDのスマートディスプレイにカメラ、マイク、スピーカーを備え、壁掛けや専用スタンドで設置して、横向きと縦向きどちらでも使用できます。カスタマイズ可能なAlexaのウィジェット機能を搭載し、家族のスケジュールやメモを確認したり、レシピを探したり、音楽や映画を楽しんだり、アートや写真を表示したり、ビデオ通話が可能です。

また、顔認識機能によってホーム画面が自動的に更新されて、個人的なスケジュールやリマインダー、家族からのメモなどを表示することができます。さらに音の学習機能も搭載しているので、冷蔵庫や洗濯機のアラーム、インターホンの呼び出し音など、家庭内の様々なアラート音を学習させて通知することができて便利です。

価格は29,980円で、現時点で日本での発売日は不明。これは是非使ってみたいですが、アップルがこんなデバイスを発売してくれたら最高でしたね。


Link » Amazon Echo Show 15


Related Post » Amazon、7インチタッチディスプレイ搭載音声アシスタント『Echo Show』を発表

October 1, 2021 | Categories » Technology | Tags » , , , , | No Response »


 


 1 2 3 4 5 6 7 27 Next »

Instrumental™ Things LIFE PACKING 2020 未来を生きるためのモノと知恵 – 高城剛 Sony α7C DJI Mini 2

Instrumental™ Things
– 2019 Edition

LIFE PACKING 2020
未来を生きるための
モノと知恵
– 高城剛

Sony α7C

DJI Mini 2