Leica、35mmフルサイズセンサー搭載コンパクトカメラの新型『Leica Q3』を発表

Leica Q3

ライカが、35mmフルサイズセンサーを搭載したコンパクトカメラの新型『Leica Q3』を発表。

6,000万画素のフルサイズCMOSセンサーに最新の画像処理エンジンを搭載し、最大8K、ProRes RAWでの動画撮影に対応。新たにコントラスト検出方式と位相差検出方式を組み合わせたハイブリッドオートフォーカスシステムを搭載し、AF性能と速度が向上。レンズは「ライカ ズミルックス f1.7/28mm ASPH.」と前モデルから変わりませんが、クロップにより望遠効果を得る機能では、従来の35mm、50mm、75mm相当に加えて90mmの画角が選べるようになりました。

有機EL電子ビューファインダーは576万画素と高精細になり、背面モニターはチルト式を採用。新たに搭載されたUSB-CポートとHDMIポートにより、ジンバルやモバイルバッテリー、外部モニターなどと簡単に接続できるようになりました。さらに別売のハンドグリップを装着すれば充電パッドでワイヤレス充電も可能です。

税込価格902,000円と前モデルとから大幅に高くなってしまったのは残念ですが、順当な進化を遂げていますね。


Link » Discover – Leica Q3 | Leica Camera JP


Related Post » Leica、35mmフルサイズセンサー搭載コンパクトカメラの新型『Leica Q2』を発表

May 26, 2023 | Categories » Technology | Tags » , | No Response »


 

Sony、Vlog向けコンパクトカメラの新型『VLOGCAM ZV-1 II』を発表

Sony VLOGCAM ZV-1 II

ソニーが、Vlog向けコンパクトカメラの新型『VLOGCAM ZV-1 II』を発表。

有効画素数約2010万画素の1型センサーと、画像エンジンは前モデルから変わりませんが、新たに35mm判換算で18-50mm相当F1.8-4.0の広角ズームレンズを搭載し、手ブレ補正効果を向上させる電子式手ブレ補正「アクティブモード」に対応。新たに採用されたUSB-Cポートから充電と給電ができるようになりました。

性能的には前モデルから大きく変わっていませんが、価格は税込12万円前後と大幅に高くなってしまいましたね。


Link » VLOGCAM ZV-1 II | デジタルカメラ VLOGCAM | ソニー


Related Post » Sony、Vlog向けコンパクトカメラ『VLOGCAM ZV-1』を発表

May 26, 2023 | Categories » Technology | Tags » , | No Response »


 

DJI、3眼カメラを搭載した折りたたみ式空撮ドローンの新モデル『Mavic 3 Pro』を発表

DJI Mavic 3 Pro

DJIが、3眼カメラを搭載した折りたたみ式空撮ドローンの新モデル『Mavic 3 Pro』を発表。

有効2,000万画素4/3インチセンサーの35mm判換算で24mmのハッセルブラッド製広角カメラに加え、1/1.3 インチセンサーの70mm中望遠カメラ、1/2 インチセンサーの166mm望遠カメラを搭載。最大4,800万画素の静止画、最大5.1K/50fps、4K/120fpsでの動画撮影が可能。

サイズはアームとプロペラを折りたたむと高さ95mm、幅98mm、奥行き231mmで、重量は958g。最大フライト時間は約43分、操作可能距離は最大8kmで1080p/60fpsでライブ映像を伝送できます。

価格は261,800円で、アクセサリがセットになった「Fly More Combo」が352,000円。さらにプロ向けの映像コーデック「ProRes」とハイフレームレートに対応し、1TBのSSDを搭載したモデル『Mavic 3 Cine』に、高輝度ディスプレイを搭載したコントローラーなどがセットになった「Cine Premium Combo」が563,420円。

クリエイティブプロ向けの高性能が、従来の「Mavic」シリーズの折りたたみ式ボディに収まっていて、空飛ぶカメラとして順当な進化を遂げていますね。


Link » DJI Mavic 3 Pro


Related Post » DJI、デュアルカメラを搭載した折りたたみ式ドローンの新モデル『Mavic 3』を発表

April 28, 2023 | Categories » Technology | Tags » , , | No Response »


 

Sony、Vlog向けフルサイズセンサー搭載ミラーレス一眼カメラ『ZV-E1』を発売

Sony ZV-E1

ソニーがVlog向けフルサイズセンサー搭載ミラーレス一眼カメラ『ZV-E1』を発売。

約1,210万画素のフルサイズ裏面照射型CMOSセンサーと補正効果最大5段分のボディ内手ブレ補正、タッチ操作対応の横開きのバリアングルモニターを搭載。最大4K120pの動画撮影、激しい動きに対応する「アクティブモード手ブレ補正」に加え、補正効果を高めた「ダイナミックアクティブ」に対応し、手持ち撮影でもスムーズな撮影を実現。

また、「α7R V」と同じ「AIプロセッシングユニット」を搭載し、新たに被写体の動きに合わせて自動的に画面をクロップして構図を調整する機能、顔認識した複数人にピントが合うように自動でボケ具合を調整する機能に対応しました。

「α7C」サイズの軽量コンパクトボディに「α7S III」の性能を詰め込んだような仕上がりですが、価格はボディ単体で税込33万円前後と「α7S III」と比べてリーズナブルになってますね。


Link » Sony ZV-E1 ボディ

Link » Sony ZV-E1 パワーズームレンズキット


Related Post » Sony、35mmフルサイズセンサー搭載コンパクトデジタルカメラ『Sony RX1R II』を日本でも発売

April 21, 2023 | Categories » Technology | Tags » , | No Response »


 

DJI、8K動画撮影可能なフルサイズセンサー搭載ドローンの新モデル『Inspire 3』を発表

DJI Inspire 3

DJIがフルサイズセンサーを搭載した空撮ドローンの新モデル『Inspire 3』を発表。

レンズ交換型の「Zenmuse X9-8K Air ジンバルカメラ」を採用し、フルサイズセンサーによって最大8K/75fps、ProRes RAWでの動画撮影に対応。上下に昇降する機構のランディングギアにより、上げた状態ならカメラを360度回転させて撮影でき、下げた状態ならカメラを上に80度まで傾けて撮影が可能。さらにランディングギアそれぞれに魚眼レンズセンサーを搭載し、全水平方向の障害物を検知できるようになりました。

最大飛行時間は28分で、最大飛行速度94km/h、最大上昇速度8m/s、最大下降速度8m/sを達成。送信機は、7インチの高輝度モニターやHDMI出力ポートなどを備えた「DJI RC Plus」を同梱。1080p/60fpsでライブ映像を伝送でき、最大映像伝送距離はシングル制御で15km、4K/30fpsで最大5kmまで伝送可能。

価格は税込1,769,900円で、6月末までに発売予定。最新機能を詰め込んだプロ向けらしいハイスペックさにビックリしますが、価格も大幅に上がってプロ仕様になってしまったのが残念ですね。


Link » DJI Inspire 3


Related Post » DJI、4K対応360度撮影可能なドローン『Inspire 1』を発表

April 14, 2023 | Categories » Technology | Tags » , , | No Response »


 

ベストガジェット 2022

Best Gadgets 2022

激動の2022年も残り僅かになって来ました。今年もいくつかの素晴らしいガジェットとたくさんのガラクタが発表されましたが、その中から日々の生活を便利で豊かにしてくれたものをセレクトしてみました。ということで今年も年末恒例のベストガジェットを発表したいと思います。

Read More »


Related Post » ミニマルデザインの小型電動コーヒーグラインダー『Option-O Lagom Mini』

December 30, 2022 | Categories » Column, Life, Technology | Tags » , , , , , , , , , | No Response »


 

Sony、6,100万画素フルサイズセンサー搭載ミラーレス一眼カメラの新型『α7R V』を発表

Sony α7R V

ソニーが、35mmフルサイズセンサー搭載ミラーレス一眼カメラの新型『α7R V』を発表。

前モデル同様の有効画素数約6,100万画素の35mmフルサイズ裏面照射型CMOSセンサーを搭載。静止画撮影ではAE/AF追従で秒10コマの高速連写、動画撮影は8K/24pや4K/60pが可能になり、5軸ボディ内手ブレ補正効果は最大で8段分と大きく向上。また、自動的にフリッカーを検出してシャッター速度を自動調節できる「フリッカーレスTv調整」機能と高分解シャッターも搭載しました。

背面には、チルト式とバリアングル式の利便性を兼ね備えた新開発の4軸マルチアングル液晶モニターを搭載。モニターを上方向約98度、下方向約40度、横方向に180度まで開くことが可能です。

11月25日発売で、価格は56万円前後になるそうです。もうこのボディサイズには戻りたくありませんでしたが、ハイエンド機として順当な進化を遂げていてかなり気になりますね。


Link » α7R V | デジタル一眼カメラα(アルファ) | ソニー


Related Post » Sony、6,100万画素フルサイズセンサー搭載ミラーレス一眼カメラの新型『α7R IV』を発表

October 28, 2022 | Categories » Technology | Tags » , | No Response »


 

ライカMレンズでオートフォーカスを可能にするマウントアダプターの新型『Techart LM-EA9』

Techart LM-EA9

『Techart』から、ライカMレンズをソニーEマウントカメラに装着してオートフォーカスを可能にするマウントアダプターの新型『LM-EA9』が発売。

前モデルよりも高い耐久性と静粛性を実現し、アダプター下部の出っ張りが無くなってコンパクトになりました。さらに設定した焦点距離をExifデータに記録可能になり、付属のUSBドックからパソコンに接続することでファームウェアアップデートも可能です。

価格は56,700円。これは是非試してみたいですね。


Link » Techart LM-EA9


Related Post » Sony α7 II + Techart LM-EA7

October 7, 2022 | Categories » Technology | Tags » , , , | No Response »


 

DJI、過酷な環境でも長時間撮影が可能なアクションカメラの新型『Osmo Action 3』を発表

DJI Osmo Action 3

DJIがアクションカメラの新型『Osmo Action 3』を発表。

1/1.7型CMOSセンサーと155度の画角が得られるレンズを搭載し、4K/120fpsの動画撮影が可能。あらゆる方向のカメラ揺れを効率的に補正する「RockSteady 3.0」や全方向のカメラの揺れを補正する「HorizonSteady」など複数の電子式手ブレ補正モードを搭載。縦向き撮影にも対応し、クイックリリース設計により素早く切り替えることができます。

過酷な環境でも長時間撮影が可能なエクストリームバッテリーを採用し、マイナス20度の耐寒性能、水深16mの防水性能を備え、最大160分間の動画撮影ができます。さらに熱管理システムの改善により、4K60fpsでの動画撮影がバッテリーが切れるまで可能。また、急速充電にも対応し、わずか18分で80%まで充電することができます。

アクセサリーは、保護フレームやバッテリーケース、防水ケースやフローティングハンドル、1.5m延長ロッド、チェストストラップマウント、ハンドルバーマウントなどが用意されています。

価格は47,300円からとGoProより低価格な上に、多くのアクションカムが抱えているオーバーヒート問題を解決しているのは素晴らしいですね。少し前から自転車に乗り始めたので久しぶりにアクションカムを購入したいと思います。


Link » DJI Osmo Action 3


Related Post » DJI、アクションカメラの新モデル『Osmo Action 4』を発表

September 23, 2022 | Categories » Technology | Tags » , , | No Response »


 

GoPro、アクションカメラの新モデル『HERO11 Black』と小型軽量モデル『HERO11 Black Mini』を発表

GoPro HERO11 Black / HERO11 Black Mini

GoProが、アクションカメラの新モデル『HERO11 Black』と小型軽量モデル『HERO11 Black Mini』を発表。

撮像素子は前モデルから大型化した1/1.9インチCMOSセンサーを搭載し、最大27メガピクセルの静止画と5.3K/60fpsで10-bitカラーの動画撮影が可能。ブレ補正機能「HyperSmooth」も進化し、スピードや動きに基づいてビデオブレ補正の必要レベルを自動で判断し、最大限のブレ補正を最小限のクロップで実現。さらにこれまでの16:9や4:3といったアスペクト比に加えて、フルセンサービデオモードとして8:7のアスペクト比が利用できるようになりました。

小型軽量モデル『HERO11 Black Mini』は、背面と前面のモニターは非搭載でバッテリーは内蔵式ですが、本体上部に情報表示パネル、底面と背面に折りたたみ式のマウントフィンガーを搭載。『HERO11 Black』と同等のパフォーマンスをより小型軽量なボディと簡単な操作で実現しています。

価格は『HERO11 Black』が78,000円で、『HERO11 Black Mini』が58,000円。長引くコロナ禍によってすっかりアクションカムを使わなくなってしまいましたが、少し前から自転車に乗り始めたので久しぶりに購入したいと思います。


Link » GoPro HERO11 Black

Link » GoPro HERO11 Black Mini (小型アクションカメラ) – 近日発売


Related Post » GoPro、アクションカメラの新モデル『HERO5 Black』とキューブ型『HERO5 Session』が発売

September 16, 2022 | Categories » Technology | Tags » , , | No Response »


 


 « Prev 1 2 3 4 5 6 7 54 Next »

Instrumental™ Things NEXTRAVELER FILMS & TOOLS Sony α7CR DJI Mini 4 Pro

Instrumental™ Things
– 2019 Edition

NEXTRAVELER
FILMS & TOOLS
未来につながる
創造的ツールと使い方

Sony α7CR

DJI Mini 4 Pro