Apple、独自AIによるパーソナルインテリジェンスシステム『Apple Intelligence』を発表

Apple、独自AIによるパーソナルインテリジェンスシステム『Apple Intelligence』を発表

アップルが「WWDC24」の基調講演で、独自AIによるiPhone、iPad、Macのためのパーソナルインテリジェンスシステム『Apple Intelligence』を発表。

基調講演では多くの機能が紹介されていましたが、最も気になったのが音声アシスタント「Siri」の進化で、曖昧な指示だけで様々なアプリを横断してあらゆる操作をこなしてくれます。「セミに関するあの記事をリーディングリストから開いて」とか「土曜日のバーベキューで撮った写真をマリアに送って」と指示すれば、「Siri」がそれをやってくれます。

また、「Siri」は画面認識により時間が経つにつれて、より多くのアプリでユーザーのコンテンツを理解し、アクションを実行できるようになります。友人がメッセージで新しい住所を送ってきた場合、「この住所を彼の連絡先カードに追加して」と指示ができます。さらに「ChatGPT」の専門知識や文書と画像を理解する機能を活用し、回答を提示したり、文書と画像の生成ができるそうです。

普段使うデバイスにOSレベルで統合されているので、色々と便利になりそうで楽しみです。しかしこれでAI搭載デバイス「Ai Pin」や「rabbit r1」は完全にガラクタになりそうですね。


Link » iPhone、iPad、MacにApple Intelligenceが登場 – Apple (日本)


Related Post » Apple、『iPhone 6s』と『iPhone 6s Plus』を発表

June 14, 2024 | Categories » Technology | Tags » , | No Response »


 

高城剛× 佐渡島康平 特別対談 – 無限の物語を生み出すAIに作家と編集者は勝てるのか?

高城剛× 佐渡島康平 特別対談 – 無限の物語を生み出すAIに作家と編集者は勝てるのか?

高城剛メールマガジン『高城未来研究所「Future Report」』の新春特別号として配信された、作家のエージェント会社コルク創業者の佐渡島康平氏との対談の一部が『まぐまぐニュース!』に掲載されています。

昨年は外圧がきっかけでジャニーズの問題が大きくクローズアップされましたが、日本のタレントとマネジメント事務所間の問題から始まり、小説や漫画、エンターテイメントの未来について語られていて非常に読み応えがありました。

音楽がアルバムから1曲単位で聴かれるようになって、今では1曲の長さの平均は2分何秒にまで短くなり、InstagramやTikTokなどのソーシャルメディアでは15~60秒程度のショート動画が台頭し、すっかり物語の無い短尺のコンテンツばかりが消費されるようになりましたが、今後もドーパミン経済はさらに加速し、AIによって簡単に作られた短時間の作品がますます消費されるようになっていくんでしょうね。


Link » 【高城剛×佐渡島庸平 物語時代の未来予測】 無限の物語を生み出すAIに作家と編集者は勝てるのか? – まぐまぐニュース!


Related Post » 高城剛×MB 特別対談 – アパレル業界の未来地図 ブランド神話の崩壊とコンテクスト消費の魔力

February 2, 2024 | Categories » Entertainment, Technology | Tags » , , , , , , , | No Response »


 


Instrumental™ Things NEXTRAVELER FILMS & TOOLS Sony α7CR DJI Mini 4 Pro

Instrumental™ Things
– 2019 Edition

NEXTRAVELER
FILMS & TOOLS
未来につながる
創造的ツールと使い方

Sony α7CR

DJI Mini 4 Pro