Motorola、縦に開く折りたたみ式スマートフォン『Razr』を発表

Motorola Razr

モトローラが、縦に開く折りたたみ式スマートフォン『Razr』を発表。サムスンの折りたたみ式スマートフォン「Galaxy Fold」は開くとタブレットに変形しますが、『Razr』は開くとスマートフォンに変形します。外側にサブディスプレイを搭載しているので、閉じた状態で着信やメッセージなどの通知を確認したり、セルフィーを撮ることができます。

価格は1,500ドルで、来年1月にアメリカで発売予定。デザインは完全に懐かしのフィーチャーフォンですが、使わない時はコンパクトに持ち歩けるのはいいですね。


Link » motorola razr – android smartphone | Motorola


Related Post » Samsung、縦に開く折りたたみ式スマートフォン『Galaxy Z Flip』を発売

November 22, 2019 | Categories » Technology | Tags » ,


 

ヤフーとLINEが経営統合

ヤフーとLINEが経営統合

 11月18日、ヤフーの親会社であるZホールディングスとLINEが経営統合することを正式に発表した。同日に資本提携に関する基本合意書の締結を決議した。2019年12月をめどに、最終契約の締結を目指して協議を進めていく。

 LINEは、ZHDの親会社であるソフトバンク、LINEの親会社であるNAVERより、LINEの普通株式、新株予約権および新株予約権付社債に対し公開買い付けをし、LINEを非公開化する意向があることを表明した。(中略)

 経営統合の背景について両社は、経営統合によってユーザー基盤や資産などを集約し、各事業領域の強化や成長投資を行うことで、日本の社会や産業をアップデートしていく、と説明する。またAI、コマース、Fintech、広告、O2Oなどの成長を目指して投資をすることで、インターネット市場で海外企業が圧倒的優勢の中、国内外でのし烈な競争を勝ち抜ける企業グループへと飛躍することを目指すとしている。

数年前にソフトバンクがLINEを買収するというニュースがありましたが、それがついに現実になりましたね。しかし日本では巨大なIT企業ですが、残念ながら2社を合わせてもアメリカのGAFAや中国のBATの足元にも及びません。オマケに両社が提供している様々なサービスはユーザーに支持されていないものが大半だと思うので、統合の先がいまいち見えてきませんね。


Link » ヤフーとLINEの経営統合が正式発表 「世界をリードするAIテックカンパニー」目指す – ITmedia Mobile


Related Post » Yahoo!、社名を『Altaba』に変更

November 18, 2019 | Categories » Technology | Tags » , , ,


 

Sharp Healsio Hotcook 1.0L

Sharp Healsio Hotcook 1.0L

材料を入れてメニューをセットするだけで自動で調理してくれるシャープの電気無水鍋『Healsio Hotcook』にコンパクトモデルが登場。

容量は1.0リットルで設置時の幅は220ミリと、これまでコンパクトだった1.6リットルモデルに比べて40%小型化。さらに鍋にはフッ素塗装を施したことで炊飯にも対応し、付属の蒸しトレイを使うことで、上段で蒸し物やご飯の解凍をしながら下段で汁物や煮物が作れるようになりました。

現在ボクも1.6リットルタイプ愛用していますが、毎朝のみそ汁はもちろん、パスタを茹でたり、野菜や魚、鶏肉を使った蒸し料理や煮込み料理、低温調理など、放っておくだけで栄養たっぷりの美味しい料理が作れて重宝しています。


Link » シャープ ヘルシオ ホットクック 1.0L


Related Post » Sharp Healsio Hotcook

November 18, 2019 | Categories » Life, Technology | Tags » , , ,


 

「AirPods」を3.5mmイヤホンジャックで使えるようにする『Twelve South AirFly Pro』

Twelve South AirFly Pro

『Twelve South』から「AirPods」などのBluetoothワイヤレスイヤフォンを、3.5mmイヤホンジャックを搭載したデバイスで使えるようにする『AirFly』に上位モデルとなる『Pro』が登場。

Bluetoothワイヤレスイヤフォンとペアリングした『AirFly Pro』を3.5mmイヤホンジャックに接続するだけで、Bluetooth接続に対応していないテレビや機内のエンターテイメントシステムなどの音声を、最大2台のBluetoothワイヤレスイヤフォンで楽しむことが可能になります。本体の充電はUSB-Cで行い、バッテリー駆動時間は16時間と十分。さらにスイッチを切り替えることで、自動車などのAUX入力にスマートフォンなどからオーディオを送信することもできます。

フルワイヤレスイヤフォンの快適さに慣れてしまうと有線タイプに戻れなくなるので、これは便利ですね。旅先の機内やレンタカーはもちろん、普段のカーシェアリングを利用する場合にも重宝しそうです。


Link » Twelve South AirFly Pro


Related Post » 「AirPods」を3.5mmイヤホンジャックで使えるようにする『Twelve South AirFly』

November 15, 2019 | Categories » Technology, Travel | Tags » , , , ,


 

ガジェットのカスタムペイント『ColorWare』がアップル製ワイヤレスイヤフォン『AirPods Pro』に対応

Colorware Custom Apple AirPods Pro

ガジェットのカスタムペイントでお馴染みの『ColorWare』が、アップル製ワイヤレスイヤフォン『AirPods Pro』のカスタムペイントをスタート。

選べる色のバリエーションは全64色で、光沢仕上げとマット仕上げを選ぶことが可能。本体込みの価格は389ドルからで、充電ケースも塗装すると439ドル。どうせならシリコンイヤーチップのカラーバリエーションも用意して欲しかったですね。


Link » Apple AirPods Pro | Custom | Colorware


Related Post » ガジェットのカスタムペイント『ColorWare』がアップル製ワイヤレスイヤフォン『AirPods』に対応

November 15, 2019 | Categories » Technology | Tags » , ,


 

Apple、新型『MacBook Pro 16インチモデル』を発表

Apple MacBook Pro 16-inch

アップルがMacBook Pro 15インチの後継機となる新型『MacBook Pro 16インチモデル』を発表。

解像度3,072×1,920 ピクセルの16インチRetinaディスプレイを搭載し、ベゼルを狭くすることで本体サイズのアップは最小限にとどめて16インチを実現。CPUは最大8コアの「Core i9」、GPUは最大8GBのビデオメモリの「Radeon Pro 5000M」を搭載し、最大8TBのSSDストレージに最大64GBのメモリ、飛行機の機内持込可能な最大容量となる100Whのバッテリー、より深い低音域を表現する6スピーカーのサウンドシステムと、あらゆる面が大幅にアップデートされたフラッグシップモデルにふさわしいスペックに仕上がっています。

また、キーボードはバタフライ式から新設計のシザー式「Magic Keyboard」を採用し、そして「Touch Bar」に組み込まれていたEscキーを物理キーで復活させてプロユーザーからの苦情に対応したようです。

本体サイズはほんの少しアップし、重量も2.0kgと少し重くなってしまったものの、軽さと薄さよりも性能を重視したクリエイティブプロ向けに進化を遂げていますね。思わずポチりそうになりましたが、手軽に持ち運べる13インチモデルの登場を待ってから決めたいと思います。


Link » 16インチMacBook Pro – Apple(日本)


Related Post » Apple、新型『MacBook Pro 13インチモデル』を発表

November 15, 2019 | Categories » Technology | Tags » ,


 

Arc’teryx Cerium LT Jacket

Arc'teryx Cerium LT Jacket

近年愛用していたモンベルの軽量ダウンジャケット「Plasma 1000 Down Jacket」を紛失してしまったため、アークテリクスのものに買い換えました。

暖かいプレミアム850フィルダウンを封入した重さわずか280gの軽量ダウンで、片手に収まるサイズに折りたたんで付属のスタッフバッグにコンパクトに収納できます。モンベルのものより少し重くなってしまいましたが、濡れても保温性や通気性を維持できるように、濡れやすい部分には合成インサレーションを効果的に施しているので使い勝手は向上しました。現在愛用している同社のシェルジャケットと組み合わせて、防寒性の高いインナーを着れば真冬の雪山でも乗り切れますね。


Link » Arc’teryx Cerium LT Jacket


Related Post » Arc’teryx Beta AR Jacket + mont-bell Plasma 1000 Down Jacket

November 11, 2019 | Categories » Technology, Thing, Travel | Tags » , , , ,


 

Adobe、『Photoshop for iPad』をリリース

Adobe Photoshop for iPad

Adobeが遂に『Photoshop for iPad』をリリース。今回のバージョンではPSDの表示や出力、デスクトップ版との連携機能などが搭載されているものの、多くの機能は使うことができません。フル機能のPhotoshopを期待していたのでかなり残念ですが、これから機能が追加されていくそうなので、今後のアップデートに期待したいと思います。また、「Illustrator for iPad」も2020年にリリースすると発表しているので、こちらも楽しみですね。

Photoshopの機能がiPad向けに再設計され、どこへでも持ち運べるようになりました。指で画像を合成し、Apple Pencilでレタッチできます。レイヤーはすべてそのまま、解像度も同じです。デスクトップで作業しても山の頂上でも、まったく同じPSDを使用できます。最初のリリースでは主に合成機能とワークフローに対応。今後も続々と機能が追加されます。



Link » iPad版Adobe Photoshop提供開始 | Adobe Photoshop


Related Post » Adobe Photoshop Lightroom

November 5, 2019 | Categories » Technology | Tags » , , ,


 

DJI、重量わずか199gの3軸ジンバル搭載折りたたみ式ドローン『Mavic Mini』を発表

DJI Mavic Mini

DJIが小型折りたたみ式空撮ドローン『Mavic』シリーズの新モデル『Mavic Mini』を発表。わずか199gと日本の航空法の規制対象外になる重量で、アームを折りたたむと幅82mm、奥行き140mm、高さ57mmと手のひらサイズになります。

カメラには3軸ジンバルを搭載し、1,200万画素の静止画撮影と2.7K/30fpsの動画撮影が可能。最大フライト時間は約18分、操作可能距離は最大2kmで720pのビデオストリーミングが可能。また、高度制限、機体が送信機との接続を失った場合や、バッテリー残量がわずかになった場合の離陸点への自動帰還機能、飛行禁止区域を回避するためのジオフェンス機能を搭載。さらに被写体を中心に後進と上昇をしながら撮影してくれる「ドロニー」など、ボタン一つで自動で撮影してくれる4種類のクイックショット機能が使えます。

現在「DJI Mavic Air」を愛用していますが、法規制がある地域でも飛ばせる小型機と使い分けたいので、早速購入しました。3年前に発表された「Mavic Pro」は本格的な撮影ができる折りたたみ式ドローンとして革新的でしたが、今回の『Mavic Mini』は法規制がある地域でも本格的な撮影ができる小型軽量ドローンとして革新的だと思いますね。


Link » DJI Mavic Mini


Related Post » DJI、折りたたみ式空撮ドローンの新モデル『Mavic 2 Pro』『Mavic 2 Zoom』を発表

November 1, 2019 | Categories » Technology | Tags » , ,


 

Apple、アクティブノイズキャンセリング搭載フルワイヤレスイヤフォン『AirPods Pro』を発表

Apple AirPods Pro

Appleがアクティブノイズキャンセリングを搭載したフルワイヤレスイヤフォン『AirPods Pro』を発表。シリコンイヤーチップを採用したインイヤータイプになって遮音性とフィット感が高まり、IPX4等級の防水機能を備えたので汗や雨も気にせずに使えるようになりました。

また、周囲の音を聞きとりやすくする外部音取り込みモードを搭載し、iPhoneからコンントロールするかイヤフォンの底を指先でつまむことで、アクティブノイズキャンセリングと切り替えることができます。バッテリー駆動時間は連続再生で4.5時間、アクティブノイズキャンセリングと外部音取り込みモードをオフにした場合は5時間で、充電ケースを併用することで24時間連続再生が可能。充電ケースはワイヤレス充電の規格「Qi」と、Lightningコネクタを使った充電に対応しています。

価格は27,800円と通常モデルより高くなりましたが、あらゆる面で大幅に進化したことを考えれば納得ですかね。初代を購入した人はバッテリーがヘタってきていると思うので、アップデートには良いタイミングだと思います。早速ポチりました。


Link » AirPods Pro – Apple(日本)


Related Post » Apple、左右独立ワイヤレスBluetoothイヤフォン『AirPods』を発表

October 30, 2019 | Categories » Technology | Tags » , ,


 

 « Prev 1 4 5 6 7 8 9 10 240 Next »

Instrumental™ Things 高城式健康術55 - 医師が教えてくれない家庭の医学 - 高城剛 Sony ZV-1 DJI Mavic Mini

Instrumental™ Things
(2019 Edition)

高城式健康術55
– 医師が教えてくれない
家庭の医学
– 高城剛

Sony ZV-1

DJI Mavic Mini