Kanye West、新作アルバム「Donda」のリリースに合わせて音楽ガジェット『Donda Stem Player』を発表

Donda Stem Player

カニエ・ウェストが、新作アルバム「Donda」のリリースに合わせて音楽ガジェット『Donda Stem Player』を発表。

4つのタッチセンサー付きライトスライダー、スピーカー、3.5mmイヤホンジャック、8GBのストレージを搭載。アルバムの楽曲のボーカル、ドラムス、ベース、サンプリングなどパートごとの音声データが収録されていて、ユーザーが自由に組み合わせてカスタマイズすることができます。また、他の楽曲を保存して使うこともできるようです。

アルバムの体験価値を高めるために、ユーザーに楽曲音源を操作させるというのはおもしろいですね。


Link » DONDA STEM PLAYER


Related Post » Kanye West – Runaway

August 27, 2021 | Categories » Entertainment, Technology | Tags » , , ,


 

Tesla、人型ロボット『Tesla Bot』の開発を発表

Tesla Bot

テスラが開催したイベント「AI Day」で、人型ロボット『Tesla Bot』の開発を発表。同社の自動運転機能の開発で培ったAI技術を活用することで、人間に代わって日常的な家事をこなしたり、物を運んだり危険な場所での作業を代替させることを目指しているそうです。

身長は約173cmで、重量は約57kg。テスラ車がオプション搭載するFSD向けのコンピューターや一連のセンサー類、顔の部分に各種情報を表示するスクリーンを搭載。重さ20kgまでの物を運ぶことができ、早歩きほどの速度で歩行が可能です。

CEOを務めるイーロン・マスク氏は、2022年中にプロトタイプモデルの公開を予告しています。こうして今まで人間が行っていた労働はどんどんロボットに置き換えられていくんでしょうね。


Link » Artificial Intelligence & Autopilot | Tesla


Related Post » Tesla、完全自動運転のライドシェアサービス『Tesla Network』を2020年に開始すると発表

August 23, 2021 | Categories » Technology | Tags » ,


 

音質パーソナライズ機能搭載フルワイヤレスイヤフォン『Nuratrue』

Nuratrue

オーストラリアのスタートアップ『Nura』から、最新テクノロジーで個々の聴覚に最適化されたサウンドを自動生成できるフルワイヤレスイヤフォン『Nuratrue』が登場。

専用アプリで個々の聴覚感度を測定し、聴覚プロファイルを作成することで、パーソナライズ化した最も心地良い音を実現。さらに没入感レベル等を設定できるので、より自分好みのサウンドへ調整して臨場感あふれる音を楽しむことができます。

イヤーバッドに搭載したタッチボタンで、音楽操作や音量調整、アクティブノイズキャンセリング機能の切り替えが可能で、専用アプリから自由にカスタマイズすることもできます。

バッテリー駆動時間は6時間、充電ケースを併用することで最⼤24時間の駆動が可能で、充電ケースはUSB-Cを使った充電に対応。さらにIPX4の耐汗耐水性能を備えているので様々なスポーツやトレーニングにも最適です。

価格は税込26,560円。ヘッドフォンタイプの「Nuraphone」は大きく持ち運びに不便だったので、これは是非試してみたいですね。


Link » Nuratrue


Related Post » 音質パーソナライズ機能搭載ワイヤレスヘッドフォン『Nuraphone』が日本でも発売

August 16, 2021 | Categories » Technology | Tags » , ,


 

Beats by Dre、アクティブノイズキャンセリング搭載フルワイヤレスイヤフォン『Beats Studio Buds』を発売

Beats Studio Buds

『Beats by Dre』から、アクティブノイズキャンセリングを搭載したフルワイヤレスイヤフォン『Beats Studio Buds』が発売。

緻密にチューニングされたフィルターが不要な周囲の音を検知し、継続的に遮断するアクティブノイズキャンセリングを搭載。外部音取り込みモードを使えば、外向きのマイクから周囲の音を取り込み、自然な環境で音楽を聴くことができます。それぞれのイヤーバッドに1つの多機能ボタンを搭載し、音楽操作、通話の応答、リスニングモードの切り替えが可能です。

バッテリー駆動時間は最大8時間、アクティブノイズキャンセリングを使用した場合は最⼤5時間で、充電ケースを併用することで最⼤24時間の駆動が可能。充電ケースはUSB-Cを使った充電に対応し、ケースから取り出すと自動で電源がオンになり、ケースに戻して蓋を閉じると電源がオフになります。

さらにIPX4の耐汗耐水性能を備えているので様々なスポーツやトレーニングにも最適です。また、AppleデバイスとAndroidデバイスのどちらでもワンタッチで簡単にペアリング可能で、Appleデバイスでは「Hey Siri」と話しかけるだけで「Siri」が使えます。

カラーバリエーションはブラック、ホワイト、レッドの3色で、価格は17,800円と、2万円を切るリーズナブルな価格がうれしいですね。


Link » Beats Studio Buds


Related Post » 『Beats by Dre』から完全ワイヤレスの耳掛け式Bluetoothイヤフォン『Powerbeats Pro』が登場

August 13, 2021 | Categories » Technology | Tags » , ,


 

Apple、「Touch ID」を搭載した新型『Magic Keyboard』を販売開始

Apple Magic Keyboard with Touch ID

アップルが、新型iMacとセットでのみ販売していた、「Touch ID」搭載『Magic Keyboard』の単品販売を開始しました。

価格は15,800円で、テンキー付きは18,800円。カラーはシルバーのみで、「Touch ID」機能はAppleシリコンを搭載したMacにしか対応していないのは残念ですが、これまで「Touch ID」機能を使う手段がなかったMac miniユーザーにとっては朗報ですね。


Link » Appleシリコン搭載Mac用Touch ID搭載Magic Keyboard

Link » Appleシリコン搭載Mac用Touch ID搭載Magic Keyboard(テンキー付き)


Related Post » Apple、『Magic Keyboard』『Magic Mouse 2』『Magic Trackpad 2』を発表

August 6, 2021 | Categories » Technology | Tags » , , ,


 

Sony、Vlog向けAPS-Cセンサー搭載ミラーレス一眼カメラ『ZV-E10』を発表

Sony ZV-E10

ソニーが、Vlog向けAPS-Cセンサー搭載ミラーレス一眼カメラ『ZV-E10』を発表。

有効画素数約2,420万画素のフルサイズ積層型CMOSセンサーを搭載し、4K30pの動画撮影、手ブレ補正効果を向上させる電子式手ブレ補正「アクティブモード」に対応。EVFとフラッシュは省略され、横開きのバリアングルモニター、高性能マイク、ホットシューを搭載し、ウインドスクリーンが付属。人の背景のボケ具合を強めたり、AFを顔ではなく物に追従させたい場合など、ワンボタンで切り替えることができ、新たに撮影中には背面モニターに赤枠が表示されるようになりました。USB-Cポートを搭載し、本体の充電の他に、スマートフォンやパソコンなどと接続することでWebカメラとして使用できます。

9月17日発売で、価格はボディ単体が78,000円前後になるそうです。従来モデル「ZV-1」のレンズ交換式バージョンといった感じの仕上がりですが、APS-C機としては軽量コンパクトで価格もリーズナブルなので、写真撮影がメインだけどEVFは必要無いって人にもいいと思いますね。


Link » Sony ZV-E10 ボディ

Link » Sony ZV-E10 パワーズームレンズキット


Related Post » Sony、APS-Cセンサー搭載ミラーレス一眼カメラ『α6300』を発表

July 30, 2021 | Categories » Technology | Tags » ,


 

Apple、iPhone 12シリーズ用MagSafe対応モバイルバッテリー『MagSafeバッテリーパック』を発売

Apple MagSafe Battery Pack

アップルが、「iPhone 12」シリーズの背面にマグネットで装着してワイヤレス充電できる『MagSafeバッテリーパック』を発売。

最大5W出力で「iPhone 12」シリーズを充電可能で、20W以上のUSB-C電源アダプタを使用すれば最大15Wで充電可能なワイヤレス充電器としても使用できます。また、バッテリーをiPhoneに装着し、iPhoneを電源につないで両方を充電することも可能です。

バッテリー容量は1,460mAhと少ないですが緊急用としては十分なので、休日のちょっとした外出や遠出に持ち歩くのにはいいかもしれませんね。


Link » Apple MagSafeバッテリーパック


Related Post » Apple、iPhone 6のカメラで撮影した写真を紹介する『ワールドギャラリー』を公開

July 19, 2021 | Categories » Technology | Tags » , , ,


 

Leica M10-R ブラックペイント

Leica M10-R Black Paint

ライカがM型カメラ「M10-R」のバリエーション『M10-R ブラックペイント』を発表。

クラシックなライカの外観を再現した光沢感のあるブラックペイント仕上げで、長く使い込んでいくうちに縁や角の部分のペイントが剝がれ、素材である真鍮が部分的に露わになって風合いが増して行きます。

デザインのディテールも一部変更されていて、トップカバーにはクラシックな「Leica」の筆記体ロゴと「Ernst Leitz Wetzlar Germany」の文字が刻印されています。また、正面には「Leica」の赤いロゴを配置せずに、より控えめなデザインにすることで目立たず撮影できるように配慮されています。

7月発売予定で、価格は税込1,188,000円。通常モデルよりわずかに高くなっているようですが、ライカらしさを追求した非常に美しく魅力的なボディに仕上がっていますね。


Link » ライカM10-R ブラックペイント / ライカオンラインストア


Related Post » Leica、『ライカオンラインストア』をオープン

June 25, 2021 | Categories » Technology | Tags » ,


 

Belkin BOOST↑CHARGE MagSafe対応 磁気ワイヤレスモバイルバッテリー 2500mAh

Belkin BOOST↑CHARGE Magnetic Wireless Power Bank 2.5K

『Belkin』から、「iPhone 12」シリーズの背面にマグネットで装着してワイヤレス充電できるMagSafe対応モバイルバッテリーが登場。

バッテリーの容量は2,500mAhで、7.5Wの高速ワイヤレス充電に対応。カメラを遮らない設計のため充電しながらの撮影が可能。本体の充電はUSB-Cで行い、パススルー方式のワイヤレス充電に対応しているので、バッテリーが空の状態でケーブルに繋いでも装着したiPhoneの充電が可能です。

休日のちょっとした外出や遠出に持ち歩くのにはいいかもしれませんね。


Link » Belkin BOOST↑CHARGE MagSafe対応 磁気ワイヤレスモバイルバッテリー 2500mAh


Related Post » Belkin Charge + Sync Dock for iPhone 5

June 25, 2021 | Categories » Technology | Tags » , , ,


 

Bang & Olufsen、コンパクトな防水Bluetoothスピーカー『Beosound Explore』を発売

Bang & Olufsen Beosound Explore

『Bang & Olufsen』が、コンパクトな防水Bluetoothスピーカー『Beosound Explore』を発売。

コンパクトな円筒型のデザインに、1.8インチのフルレンジドライバーを2基内蔵し、このサイズからは想像できない重厚な低音と、妥協のない360度全指向性サウンドを楽しむことができます。バッテリー駆動時間は最大27時間の音楽再生が可能で、IP67の防塵、防水性能を備えているので、自宅やアウトドアなど様々なところで音楽を楽しむことができます。さらに2台を連動させてステレオサウンドを楽しむことも可能です。

価格は24,900円とリーズナブルですが、スタイリッシュで高級感のあるデザインはさすがです。「Sonos Roam」と聴き比べてみたいですね。


Link » Bang & Olufsen Beosound Explore


Related Post » Bang & Olufsen、スリムでコンパクトなWi-Fiスピーカー『Beosound Emerge』を発表

June 21, 2021 | Categories » Technology, Travel | Tags » , , ,


 

 « Prev 1 2 3 4 5 6 7 249 Next »

Instrumental™ Things LIFE PACKING 2020 未来を生きるためのモノと知恵 – 高城剛 Sony α7C DJI Mini 2

Instrumental™ Things
– 2019 Edition

LIFE PACKING 2020
未来を生きるための
モノと知恵
– 高城剛

Sony α7C

DJI Mini 2