Leica M10-R ブラックペイント

Leica M10-R Black Paint

ライカがM型カメラ「M10-R」のバリエーション『M10-R ブラックペイント』を発表。

クラシックなライカの外観を再現した光沢感のあるブラックペイント仕上げで、長く使い込んでいくうちに縁や角の部分のペイントが剝がれ、素材である真鍮が部分的に露わになって風合いが増して行きます。

デザインのディテールも一部変更されていて、トップカバーにはクラシックな「Leica」の筆記体ロゴと「Ernst Leitz Wetzlar Germany」の文字が刻印されています。また、正面には「Leica」の赤いロゴを配置せずに、より控えめなデザインにすることで目立たず撮影できるように配慮されています。

7月発売予定で、価格は税込1,188,000円。通常モデルよりわずかに高くなっているようですが、ライカらしさを追求した非常に美しく魅力的なボディに仕上がっていますね。


Link » ライカM10-R ブラックペイント / ライカオンラインストア


Related Post » Leica、『ライカオンラインストア』をオープン

June 25, 2021 | Categories » Technology | Tags » ,


 

Belkin BOOST↑CHARGE MagSafe対応 磁気ワイヤレスモバイルバッテリー 2500mAh

Belkin BOOST↑CHARGE Magnetic Wireless Power Bank 2.5K

『Belkin』から、「iPhone 12」シリーズの背面にマグネットで装着してワイヤレス充電できるMagSafe対応モバイルバッテリーが登場。

バッテリーの容量は2,500mAhで、7.5Wの高速ワイヤレス充電に対応。カメラを遮らない設計のため充電しながらの撮影が可能。本体の充電はUSB-Cで行い、パススルー方式のワイヤレス充電に対応しているので、バッテリーが空の状態でケーブルに繋いでも装着したiPhoneの充電が可能です。

休日のちょっとした外出や遠出に持ち歩くのにはいいかもしれませんね。


Link » Belkin BOOST↑CHARGE MagSafe対応 磁気ワイヤレスモバイルバッテリー 2500mAh


Related Post » Belkin Charge + Sync Dock for iPhone 5

June 25, 2021 | Categories » Technology | Tags » , , ,


 

Bang & Olufsen、コンパクトな防水Bluetoothスピーカー『Beosound Explore』を発売

Bang & Olufsen Beosound Explore

『Bang & Olufsen』が、コンパクトな防水Bluetoothスピーカー『Beosound Explore』を発売。

コンパクトな円筒型のデザインに、1.8インチのフルレンジドライバーを2基内蔵し、このサイズからは想像できない重厚な低音と、妥協のない360度全指向性サウンドを楽しむことができます。バッテリー駆動時間は最大27時間の音楽再生が可能で、IP67の防塵、防水性能を備えているので、自宅やアウトドアなど様々なところで音楽を楽しむことができます。さらに2台を連動させてステレオサウンドを楽しむことも可能です。

価格は24,900円とリーズナブルですが、スタイリッシュで高級感のあるデザインはさすがです。「Sonos Roam」と聴き比べてみたいですね。


Link » Bang & Olufsen Beosound Explore


Related Post » Bang & Olufsen、スリムでコンパクトなWi-Fiスピーカー『Beosound Emerge』を発表

June 21, 2021 | Categories » Technology, Travel | Tags » , , ,


 

Leica、1インチセンサー搭載スマートフォン『Leitz Phone 1』を発表

Leitz Phone 1

ライカが、1インチセンサーを搭載したスマートフォン『Leitz Phone 1』を発表。

6.6インチの全面有機ELディスプレイに、背面カメラは有効画素数2,020万画素の1インチCMOSセンサーと、35mm判換算19mm相当F1.9の広角レンズを搭載。最大6倍までのデジタルズーム、RAW撮影が可能で、ライカらしい美しいモノクロ写真を撮影できる「Leitz Looks」モードを備えています。

価格は187,920円で、7月発売予定。シャープが製造し、ソフトバンクが独占販売するようですが、SIMフリーモデルで回線契約せずに購入可能とのことです。カメラの性能はかなり期待できそうですが、ライカらしい味のある写真が撮れるのか気になるところですね。


Link » LEITZ PHONE 1 | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク


Related Post » Androidの生みの親が開発したスマートフォン『Essential Phone』が日本へ発送開始

June 18, 2021 | Categories » Technology | Tags » , , ,


 

Apogee、オーディオインターフェース「Duet」シリーズの最新モデル『Duet 3』を発表

Apogee Duet 3

『Apogee』がオーディオインターフェース「Duet」シリーズの最新モデル『Duet 3』を発表。

アルミボディにコントローラノブという特徴的なデザインと基本的な機能は前モデルから変更はありませんが、よりスリムでスタイリッシュなデザインになって、デバイスとの接続がUSB-Cにアップデートされました。さらに「Symphony ECS Channel Strip」を採用したオンボードのハードウェアDSPを搭載。FXによるゼロレイテンシーのレコーディングが可能になりました。

オーディオ入出力はこれまで同様ブレイクアウトケーブル経由で行う仕様になっていますが、別売の「Duet Dock」を装着することで、背面にオーディオ入出力を実装することが可能になります。また、専用のトラベルケースも付属します。

価格は77,000円で、7月発売予定。長年前モデルをヘッドフォンアンプやDJコントローラー、レコーディングシステムと、MacBook Proと組み合わせてどこにでも持ち運べるポータブルスタジオとして愛用しているので、これは買い替えたいですね。


Link » Apogee Duet 3

Link » Apogee USB-C Docking Station for Duet 3


Related Post » Apogee Duet for iPad & Mac

June 18, 2021 | Categories » Technology | Tags » , , , , , ,


 

Sony、フルサイズミラーレス一眼カメラ「α」シリーズを搭載可能なドローン『Airpeak S1』を発売

Sony Airpeak S1

ソニーが、フルサイズミラーレス一眼カメラ「α」シリーズを搭載可能な世界最小クラスのプロフェッショナル向けドローン『Airpeak S1』を発売。

独自開発のモーターやプロペラなどを備え、センシングによる障害物検知や自動飛行、機体や飛行情報のクラウド管理などが可能です。

市場推定価格は税別100万円前後で、9月発売予定。ソニーから映像制作用のドローンが発売されるなんて、すっかりカメラも空を飛ぶ時代になりましたね。今後コンシューマー向けの小型モデルも発表してくれるとうれしいです。


Link » Airpeak S1 | ドローン Airpeak | ソニー

Link » Airpeakブランドページ | ドローン Airpeak | ソニー


Related Post » Sony、フルサイズミラーレス一眼カメラ「α」シリーズを搭載可能なドローン『Airpeak』を発表

June 11, 2021 | Categories » Technology | Tags » , ,


 

Sony FE 35mm F1.4 GM

Sony FE 35mm F1.4 GM

先日発売されたライカのレンズ「Apo-Summicron-M F2/35mm ASPH.」がいつまで経っても手に入らないので、代わりにソニーの『FE 35mm F1.4 GM』試してみました。

オートフォーカスレンズなので、マニュアルフォーカスのライカレンズと比べてかなり大きくて重いんですが、ソニーのEマウント史上最高の35mm単焦点レンズだけあって解像性能もAF性能も抜群で、現在愛用しているカメラボディの「α7C」との相性もバッチリです。

最近子どもが動き回るようになってきたんですが、このレンズなら動画撮影が捗りそうだし、「α7C」と組み合わせたサイズと重さもギリギリ許容範囲なので、手持ちの軽量コンパクトなライカレンズ「Summilux-M F1.4/35mm」としばらく使い分けてみたいと思います。


Link » Sony FE 35mm F1.4 GM


Related Post » Leica Summilux-M F1.4/35mm

May 31, 2021 | Categories » Technology | Tags » ,


 

新型Apple TV用リモコン『Siri Remote』

Apple Siri Remote

新型「Apple TV 4K」に付属する新型リモコン『Siri Remote』は単体販売されていて、前モデルにも対応するということで購入してみました。

前モデルと比べて少し大きくなって重たくなりましたが、一体型アルミニウムのソリッドなデザインがカッコよく、新しいタッチ対応のクリックパッド、電源ボタン、ミュートボタンが搭載されて使い勝手はかなり良くなりました。

新型「Apple TV 4K」は性能的には前モデルから大きく変わっていないので、リモコンだけアップデートするのがオススメですね。


Link » Apple Siri Remote


Related Post » Apple、「tvOS」搭載の新型『Apple TV』を販売開始

May 28, 2021 | Categories » Entertainment, Technology | Tags » , , , , ,


 

Apple、『アプリのトラッキングの透明性』の重要性を伝える新CMを公開

アップルが、iOS14.5で新たに導入した『アプリのトラッキングの透明性(App Tracking Transparency)』の重要性を伝える新CMを公開。

iOS14.5から、アプリが他のアプリやウェブサイトを横断してユーザーを追跡する際には、プロンプトを表示してユーザーの許可を得なければならない仕組みが導入されましたが、これを実際の人に置き換えてわかりやすくユーモラスに表現しています。

これによってユーザーの大半がアプリ追跡を無効にすると思うので、ターゲティング広告市場は大きな転換点を迎えることになりそうですね。


Link » プライバシー – Apple(日本)


Related Post » Apple – Designed By Apple / Our Signature

May 24, 2021 | Categories » Technology | Tags » , , , ,


 

Ergotron LX デスクマウントアーム

Ergotron LX Desk Monitor Arm

少し前に自宅のワークデスクを「USM」のハラーテーブルにしたので、それに合わせて会社支給の液晶ディスプレイに取り付けているモニターアームを『Ergotron LX デスクマウントアーム』に買い替えました。自宅で使っても違和感が無いスタイリッシュなデザインで、軽く触れるだけでモニターの位置調節が可能。ケーブルもアームにすっきりと収納できます。シルバークロームのアームがハラーテーブルにマッチしますが、そのままではハラーテーブルにマウントできないので少し改造しました。

これにMacBook Proをクラムシェルモードで接続し、「Twelve South」のアルミ製スタンドに立てて置き、ワイヤレスキーボードとワイヤレスマウスを繋いでデスクトップのようにして使っています。ただ、この状態だとフロントカメラが使えないため、ビデオ会議をする時には取り外しています。


Link » Ergotron LX デスクマウントアーム


Related Post » コンパクトに折りたためるハンガー『Post General Gimmick Hanger』

May 14, 2021 | Categories » Technology | Tags » , ,


 

 « Prev 1 2 3 4 5 6 7 248 Next »

Instrumental™ Things LIFE PACKING 2020 未来を生きるためのモノと知恵 – 高城剛 Sony α7C DJI Mini 2

Instrumental™ Things
– 2019 Edition

LIFE PACKING 2020
未来を生きるための
モノと知恵
– 高城剛

Sony α7C

DJI Mini 2