Tesla、人型ロボット『Tesla Bot』の開発を発表

Tesla Bot

テスラが開催したイベント「AI Day」で、人型ロボット『Tesla Bot』の開発を発表。同社の自動運転機能の開発で培ったAI技術を活用することで、人間に代わって日常的な家事をこなしたり、物を運んだり危険な場所での作業を代替させることを目指しているそうです。

身長は約173cmで、重量は約57kg。テスラ車がオプション搭載するFSD向けのコンピューターや一連のセンサー類、顔の部分に各種情報を表示するスクリーンを搭載。重さ20kgまでの物を運ぶことができ、早歩きほどの速度で歩行が可能です。

CEOを務めるイーロン・マスク氏は、2022年中にプロトタイプモデルの公開を予告しています。こうして今まで人間が行っていた労働はどんどんロボットに置き換えられていくんでしょうね。


Link » Artificial Intelligence & Autopilot | Tesla


Related Post » Tesla、完全自動運転のライドシェアサービス『Tesla Network』を2020年に開始すると発表

August 23, 2021 | Categories » Technology | Tags » , | No Response »


 

Tesla、ピックアップトラック型電気自動車『Cybertruck』を発表

Tesla Cybertruck

イーロン・マスク氏がCEOを務めるテスラが、ピックアップトラック型電気自動車『Cybertruck』を発表。ボディは強度の高い鋼合金と装甲ガラスで覆われていて、2.9秒で時速96キロまで加速でき、オプションでソーラーパネルや自動運転機能を搭載できます。

映画「ブレードランナー」からインスピレーションを受けたというデザインは、同映画のプロダクションデザインを手がけたシド・ミードも絶賛しているようですが、ちょっと大味な感じですね。

価格はベースグレードが39,900ドルで、現時点で日本での販売価格は未定ですが、預託金15,000円で予約を受付中。発表イベントでは、窓ガラスの強度を実演するために金属製の球をぶつけたところヒビだらけになるトラブルがあったものの、予約注文は予想を上回るペースで伸びているようですね。


Link » Cybertruck | Tesla


Related Post » Tesla、完全自動運転のライドシェアサービス『Tesla Network』を2020年に開始すると発表

November 25, 2019 | Categories » Technology | Tags » , , , , | No Response »


 

Tesla、完全自動運転のライドシェアサービス『Tesla Network』を2020年に開始すると発表

Tesla Network

テスラが、完全自動運転のテスラ車を使ったライドシェアサービス『Tesla Network』を2020年に開始すると発表。

一般のテスラオーナーも『Tesla Network』に登録することができ、車を使っていない時間に完全自動運転で客を乗せて収益を得ることが可能になります。さらに現在生産されているテスラ車もソフトウェアのアップデートで対応するとのことです。今の車の使われ方なんてほとんどの時間は駐車されているだけなので、無駄な時間を有効活用できるのは合理的ですね。

東京の都心で暮らしてると車を所有する必要性を全く感じないので、早く自動運転の無人電気自動車が迎えに来て目的地まで運んでくれるような時代になって欲しいと思っていましたが、イーロン・マスクが近い将来に実現してくれそうでワクワクしますね。


Link » テスラ「ライドシェア参入」構想 自動運転で20年 (写真=AP) :日本経済新聞


Related Post » Tesla、ピックアップトラック型電気自動車『Cybertruck』を発表

April 24, 2019 | Categories » Technology | Tags » , , , , , | No Response »


 

Tesla、小型電気SUV『Model Y』を発表

Tesla Model Y

イーロン・マスク氏がCEOを務めるテスラが、小型電気SUV『Model Y』を発表。

エントリークラスのセダンタイプである「Model 3」の車高を高くしたようなデザインで、3.5秒で時速100キロまで加速でき、航続距離は約480kmと十分。もちろんテスラではお馴染みの大型タッチパネルスクリーンやオートパイロット機能もバッチリ搭載しています。

スタンダード、ロングレンジ、デュアルモーターAWD、パフォーマンスの4つのバージョンが用意されていて、価格はベースグレードが39,900ドルからで、2020年秋発売。現時点では日本での販売価格も時期も未定ですが、発売されれば「Model 3」の人気を上回りそうですね。


Link » Model Y | Tesla


Related Post » Tesla Model S for Kids

March 15, 2019 | Categories » Technology | Tags » , , , , | No Response »


 

SpaceX、「テスラ ロードスター」を搭載した大型ロケット『Falcon Heavy』の打ち上げに成功

SpaceX Falcon Heavy Starman

米起業家のイーロン・マスク氏は6日、新型ロケットの打ち上げを成功させた。マスク氏の「スペースX」社は、米フロリダ州のケネディ宇宙センターから、大型ロケット「ファルコン・ヘビー」を打ち上げた。(中略)

ファルコン・ヘビーは、2階建てのロンドンバス5台分に相当する、ペイロード(最大積載量)64トンを宇宙空間の地球の低軌道に乗せるよう設計されている。(中略)

ただし今回の打ち上げは実験目的で、結果が不確かだったため、マスク氏は最大積載量より極めて小さく風変わりな貨物を搭載することにした。マスク氏の赤いテスラモーターズ製スポーツカーだ。

宇宙服を着たマネキンが運転席に固定され、ダッシュボードには「パニックしないで!」の文字。車載のプレイヤーからはデイビッド・ボウイの名アルバム「スペース・オディティ」が連続再生されるよう設定されていた。

スポーツカーのテスラと「運転手」は、太陽を回り火星にまで届く楕円軌道に乗った。

イーロン・マスク氏が所有する真っ赤なテスラ・ロードスターを打ち上げて、地球をバックにライブ中継するなんてスゴ過ぎます。これからもどんな未来を見せてくれるのか目が離せません。


Link » イーロン・マスク氏のロケット「ファルコン・ヘビー」打ち上げ成功 – BBCニュース


Related Post » SpaceX、再利用を目的としたロケット『Falcon 9』を洋上の無人船へ垂直着陸

February 8, 2018 | Categories » Technology | Tags » , , , | No Response »


 

Tesla Motors、社名を『Tesla』に変更

Tesla

米電気自動車メーカー、テスラモーターズは1日、当局への届け出で、社名を「テスラ」に変更したことを明らかにした。
  同社はソーラーシティーと合併しており、社名変更は太陽光事業にも業務を拡大している現状を反映させるために決定された。

ちょうど10年前にアップルが社名を「Apple Computer」から「Apple」に変更したのを思い出しますね。テスラのCEOを務めるイーロン・マスク氏は次世代のスティーブ・ジョブズとも呼ばれていますが、これからもどんな未来を見せてくれるのか目が離せません。


Link » 「テスラ」に社名変更-自動車メーカーから業務拡大で – Bloomberg


Related Post » Tesla、完全自動運転のライドシェアサービス『Tesla Network』を2020年に開始すると発表

February 3, 2017 | Categories » Technology | Tags » , , , | No Response »


 

Tesla、エントリークラスの電気自動車『Model 3』を発表

Tesla Model 3

次世代のスティーブ・ジョブズとも呼ばれるイーロン・マスク氏がCEOを務めるテスラモーターズが、何年も前から開発中としていたエントリークラスの電気自動車『Model 3』を遂に発表。1回のチャージで約350km走行可能で、テスラではお馴染みの大型タッチパネルスクリーンやオートパイロット機能はもちろん搭載。一般的なガソリン車にあるフロントグリルが無いプレーンなデザインになっていますが、エンジンを持たずモーターを冷却する必要が無い電気自動車にはそもそも必要ありませんからね。価格はベースグレードが35,000ドルで、現時点で日本での販売価格は未定ですが、預託金150,000円で予約を受付中。これは世の中に溢れる既存のガソリン車をオワコンにする破壊力を持っていますね。「持続可能なエネルギーへ、世界の移行を加速する」というミッションを掲げる同社から目が離せません。


Link » Model 3 | テスラモーターズジャパン


Related Post » Tesla Model S for Kids

April 1, 2016 | Categories » Technology | Tags » , , , , | No Response »


 

Tesla Model S for Kids

Tesla Model S for Kids

テスラモーターズと『Radio Flyer』のコラボによる、キッズ向け電気自動車『Tesla Model S for Kids』が登場。全長約1mで耐荷重は約36kg、最高時速約10kmで走行可能とのことです。価格は499ドルで、5月出荷予定。本物そっくりでカッコいいですけど、キッズにはちょっと贅沢過ぎやしませんかね?


Link » Radio Flyer – Tesla Model S for Kids
(via TechCrunch Japan


Related Post » Tesla、エントリークラスの電気自動車『Model 3』を発表

February 17, 2016 | Categories » Technology | Tags » , , , , | No Response »


 

イーロン・マスク 未来を創る男

イーロン・マスク 未来を創る男

SpaceXとテスラモーターズのCEOで、ソーラーシティの会長を務める天才起業家イーロン・マスク氏によって公式に認められた初の評伝『イーロン・マスク 未来を創る男』。いじめにあった少年時代から初めての起業、PayPalの創業と売却、そしてテスラモーターズとSpaceXの創業と、マスク氏のこれまでの壮絶な半生が描かれているんですが、メチャクチャおもしろくて一気に読んでしまいました。「人類を火星に送り込み滅亡から救うこと」というまるで中二病のような壮大な夢を実現させるために、電気自動車、太陽光発電、宇宙ロケットを作ることに人生を捧げていて、単純なアプリや広告を垂れ流す仕組みを作っているだけのCEOとは一線を画します。次世代のスティーブ・ジョブズとも呼ばれていますが、スケールの大きさでは完全にマスク氏が超越していますね。これからもどんな未来を見せてくれるのか目が離せません。


Link » イーロン・マスク 未来を創る男

Link » イーロン・マスク 未来を創る男(Kindle版)


Related Post » イーロン・マスク、脳とコンピューターの接続を目指す会社『Neuralink』を設立

September 28, 2015 | Categories » Entertainment, Technology | Tags » , , , , , , , , | No Response »


 

Apple、電気自動車の開発を開始

Apple、電気自動車を開発

 米アップルが自社ブランドの電気自動車(EV)を開発し始めたと米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)が報じた。極秘プロジェクトとして数百人規模のグループをつくり、ミニバンを開発するという。同社はEVメーカー、テスラ・モーターズに加え、他の自動車大手から技術者の引き抜きを始めている。

実際に発売されるのはまだまだ先になりそうですが、すでに自動車は「CarPlay」によってiPhoneの周辺機器になりつつあるので当然の流れですかね。これは既存のメーカーにとって大きな脅威になりそうです。これからは自動車もソフトウェアがますます重要になっていきますね。


Link » アップルがEV開発か 米紙報道、数百人規模で開始  :日本経済新聞


Related Post » Apple、新社屋『Apple Park』を4月にオープンすると発表

February 16, 2015 | Categories » Technology | Tags » , , , , | No Response »


 


 1 2 Next »

Instrumental™ Things LIFE PACKING 2020 未来を生きるためのモノと知恵 – 高城剛 Sony α7C DJI Mini 3 Pro

Instrumental™ Things
– 2019 Edition

LIFE PACKING 2020
未来を生きるための
モノと知恵
– 高城剛

Sony α7C

DJI Mini 3 Pro