Bang & Olufsen、アクティブノイズキャンセリング搭載フルワイヤレスイヤフォンの新型『Beoplay EX』を発売

Bang & Olufsen Beoplay EX

『Bang & Olufsen』が、アクティブノイズキャンセリングを搭載したフルワイヤレスイヤフォンの新型『Beoplay EX』を発売。

新たにAirPodsのようなスティック型のデザインを採用し、シリーズ最大口径の9.2㎜のドライバーと新しいハウジング設計によりパワフルなサウンドを実現。様々な環境に合わせた没入感をサポートするアダプティブアクティブノイズキャンセリングや、 IP57準拠の防塵防滴性能を備えているので様々なスポーツやトレーニングにも最適です。専用アプリを使えばサウンドプロファイルの調整はもちろん、周囲の音を聞きとりやすくする設定が可能で、2つのデバイスを同時接続してスムーズに切り替えられるマルチポイント接続にも対応しています。

バッテリー駆動時間は8時間、アクティブノイズキャンセリングを使用した場合は6時間で、充電ケースを併用することで28時間の駆動が可能。充電ケースはワイヤレス充電の規格「Qi」と、USB-Cを使った充電に対応しています。

価格は39,900円。スタイリッシュで高級感のあるデザインはさすがですね。


Link » Bang & Olufsen Beoplay EX


Related Post » Bang & Olufsen、アクティブノイズキャンセリング搭載フルワイヤレスイヤフォン『Beoplay EQ』を発売

April 22, 2022 | Categories » Technology | Tags » , ,


 

Smart、コンパクト電動SUV『#1』を発表

『Smart』がコンパクト電動SUV『#1(ハッシュタグワン)』を発表。シティコミューターとして親しまれてきたかつてのスマートよりも大きくなったものの、丸みのあるデザインでかわいらしいですね。


Link » smart #1 Launch Edition


Related Post » Smart E-Scooter

April 15, 2022 | Categories » Technology | Tags » , ,


 

イーロン・マスク、Twitterの買収を提案


米SNS大手ツイッターの買収を提案した起業家のイーロン・マスク氏が14日、TEDカンファレンスのステージ上でインタビューに応じ、買収の目的について「金もうけのためではない」と強調した。

マスク氏は「最大限に信頼され、幅広い包括性をもつ公共のプラットフォームを持つことは、文明の未来にとって極めて重要だと直感している」と強調。ツイッターが民主主義のための信頼できるプラットフォームであり続けるための買収提案と位置付けた。

米証券取引委員会(SEC)への提出書類によると、マスク氏は13日夜、ツイッターに書簡を送り、自分が保有していないツイッターの全株式を、1株あたり54.20ドルで買収することを提案した。マスク氏は先に、ツイッター株の9.1%を取得して筆頭株主となったことを明らかにしていた。

TEDカンファレンスでマスク氏は、ツイッターには言論の自由がないとする自説を展開し、透明性を高めるためにはコンテンツ検閲の仕組みを公開すべきだと主張した。もしそうなれば、ツイッターの運営は大きく転換することになる。

イーロン・マスクがTwitterの取締役就任を辞退したのはこれが理由だったんですね。もはやTwitterは公共性の高い社会インフラになっているので、近年の行き過ぎたコンテンツ規制に歯止めをかけるためには、株主資本主義から転換する必要があるかもしれません。


Link » CNN.co.jp : ツイッター買収提案は「文明の未来のため」、マスク氏が強調


Related Post » イーロン・マスク 未来を創る男

April 15, 2022 | Categories » Technology | Tags » , , ,


 

イーロン・マスクがTwitterの取締役に就任


ニューヨーク(CNN Business) 米電気自動車(EV)大手テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)がツイッターの取締役に就任することが5日発表された。前日にはツイッターの筆頭株主となったことが明らかになっていて、ソーシャルメディアプラットフォームに対するマスク氏の影響力を高める可能性がある。

ツイッターは、テスラとスペースXのCEOであるマスク氏を2024年までの任期で取締役に任命する予定だと5日に規制当局に提出した書類で述べている。この取引の一環として、マスク氏は取締役在任中に14.9%を超えてツイッター株を取得しないことに同意した。

ツイッターは4日に、マスク氏が同社株の9.2%を購入したと明らかにしている。同氏はここ数週間、ツイッターの方針を複数回批判し、新しいソーシャルメディアプラットフォームが必要かどうかを熟考しているとツイートしていたため、今回の取締役就任のニュースはやや驚きをもって受け止められた。

このニュースにはビックリ。Twitterは昨年に創業者のジャック・ドーシーがCEOを退任しているので、イーロン・マスクが取締役になったことで今後どう変わっていくのか楽しみですね。


Link » CNN.co.jp : イーロン・マスク氏、ツイッターの取締役に就任へ


Related Post » イーロン・マスク 未来を創る男

April 8, 2022 | Categories » Technology | Tags » , , , ,


 

GoPro、バッテリー搭載コントロールグリップ『Volta』を発表

GoPro Volta

GoProが、バッテリーを搭載したコントロールグリップ『Volta』を発表。

GoProに『Volta』をケーブル接続することで、内蔵バッテリーによって4時間以上の5.3K動画撮影が可能になります。グリップにはGoProを片手で簡単に操作できるボタンが組み込まれていて、最大30mの距離からワイヤレスリモートコントローラーとしても使用可能。雨や雪など全天候に対応し、脚を広げれば三脚にもなって便利。さらにモバイルバッテリーとしてUSB-Cポートから様々なガジェットへ給電が可能です。

価格は16,500円。ここ数年でGoProは手ブレ補正機能「HyperSmooth」によってジンバルが不要になったので、こういうバッテリーグリップは使い勝手が良さそうですね。


Link » Volta (外部電源グリップ / 三脚 / リモートコントローラー) | GoPro


Related Post » GoPro、低価格のエントリーモデル『GoPro HERO』を発表

April 8, 2022 | Categories » Technology | Tags » , , ,


 

Dyson、ノイズキャンセリング機能付き空気清浄ヘッドフォン『Dyson Zone』を発表

Dyson Zone

ダイソンが、同社初のウェアラブルデバイスとなるノイズキャンセリング機能付き空気清浄ヘッドフォン『Dyson Zone』を発表。

ハウスダスト、花粉、有害ガスを含むPM 0.1レベルの粒子が99%除去できる空気清浄機能を搭載。左右のイヤーカップのコンプレッサーは2層フィルターを介して空気を吸い込み、非接触型シールドを通して浄化された空気を着用者の鼻と口に送り届ける仕組みになっています。さらに高度なアクティブノイズキャンセリング機能により、外部のノイズとモーター駆動音を低減し、没入感ある音楽体験を楽しむことができます。また、非接触型シールドは着脱可能で、口の周りを密閉するフェイスカバーも付属します。

2022年秋から一部地域で発売予定とのことですが、現時点で日本での発売は未定。ディストピアSFに出てきそうな製品でおもしろいですが、着けるのにはちょっと勇気がいるデザインですね。


Link » Dyson Zone | Air-purifying headphones | Overview | Dyson


Related Post » Dyson、『Jake Dyson Light』をブランド傘下にすることを発表

April 1, 2022 | Categories » Technology | Tags » , , ,


 

Devialet、環境に応じて音響を最適化するサウンドバー『Dione』を発表

Devialet Dione

超高音質なワイヤレススピーカー「Phantom」でお馴染みのオーディオメーカー『Devialet(デヴィアレ)』から、環境に応じて音響を最適化するサウンドバー『Dione』が登場。

独自技術を搭載した自立型のハイエンドドライバー17基を搭載し、最大5.1.2chのマルチチャンネル、ドルビーアトモスの再生が可能。専用の音響アーキテクチャや独自技術を組みこむことで、周囲の環境や設置場所に応じて音響を最適化する機能を搭載し、壁掛けと平置きの2通りの設置方法に対応します。入力端子はHDMIポート、ギガビットEthernet、オプティカル、ワイヤレス接続はBluetoothとWi-Fiに対応し、AirPlayやSpotify Connectで接続することも可能。

価格は359,000円で、4月26日発売予定。ボクは大画面テレビやディスプレイを持っていませんが、これは是非体験してみたいですね。


Link » High-end Soundbar Devialet Dione | Devialet


Related Post » 最大出力4500Wのワイヤレススピーカー『Devialet Phantom』が日本でも発売

March 29, 2022 | Categories » Technology | Tags » , ,


 

毎日持ち歩くEDCアイテム 2022

My EDC 2022

新型コロナウィルスの影響によって、毎日ワークフロムホームをするようになって2年が経ち、すっかり外出を控えるようになりましたが、相変わらずボクは日常的に手ぶらで生活しています。身軽になれば移動しやすくなって行動力も上がるし、気分も軽くなるので新しいアイデアも生まれやすくなります。

毎日持ち歩く「EDC(Everyday Carry)」アイテムは、パンツの前ポケットに収まるモノだけしか持たないようにしています。これならモノを入れたまま動いたり座っても邪魔にならないので、モノを出してそのまま置き忘れてしまうこともありません。以前は財布や小物などを、パンツの後ろポケットやアウターのポケットに入れてましたが、何度も失くしたりするうちにこのスタイルに辿り着きました。

これまでに何度かボクが毎日持ち歩くEDCアイテムを紹介していますが、今も定期的に見直してアップデートしています。日々持ち歩くものをミニマルにすることはボクにとって永遠のテーマです。本当に持ち歩く必要があるのかどうかを見極めて、常にシンプルな状態をキープしたいですね。

ということでそんなボクが現在手ぶらで外出する時にも毎日必ず持ち歩いているモノを紹介します。

Read More »


Related Post » 毎日持ち歩くEDCアイテム 2021

March 29, 2022 | Categories » Column, Technology, Thing, Travel | Tags » , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,


 

Apple、5G対応の新型『iPhone SE』を発表

Apple iPhone SE

アップルが新製品発表イベントで、5Gに対応した新型『iPhone SE』を発表。

デザインは前モデルから変わりませんが、iPhone 13シリーズと同じチップ「A15 Bionic」を搭載し、iPhone 8と比べてCPUは1.8倍、グラフィックスは2.2倍高速化、カメラ性能もさらに進化し、Wi-Fi 6に対応しました。

カラーバリエーションはスターライト、ミッドナイト、レッドの3色で、価格は57,800円からと、リーズナブルなのがうれしいですね。


Link » iPhone SE – Apple(日本)


Related Post » Apple、4.7インチディスプレイを搭載した新型『iPhone SE』を発表

March 11, 2022 | Categories » Technology | Tags » ,


 

Apple、独自チップ「M1」を搭載した5G対応の新型『iPad Air』を発表

Apple iPad Air

アップルが新製品発表イベントで、独自チップ「M1」を搭載した新型『iPad Air』を発表。

前モデルと比べてCPUは最大60%、グラフィックスは最大2倍高速化、バッテリー駆動時間は最大10時間を実現。新たにセンターフレームに対応した12メガピクセルの超広角フロントカメラ、転送速度が最大2倍に高速化したUSB-Cポートを搭載し、5Gでの高速インターネット接続が利用できます。

価格は74,800円からで、カラーバリエーションはスペースグレイ、スターライト、ピンク、パープル、ブルーの5色。現在家族用に前モデルの「iPad mini」を愛用していますが、自宅で映像や音楽を再生するのがメインなので、買い替えを検討したいと思います。


Link » iPad Air – Apple(日本)


Related Post » Apple、独自チップ「M1」を搭載した5G対応の新型『iPad Pro』を発表

March 11, 2022 | Categories » Technology | Tags » , ,


 

 « Prev 1 2 3 4 5 6 7 253 Next »

Instrumental™ Things LIFE PACKING 2020 未来を生きるためのモノと知恵 – 高城剛 Sony α7C DJI Mini 2

Instrumental™ Things
– 2019 Edition

LIFE PACKING 2020
未来を生きるための
モノと知恵
– 高城剛

Sony α7C

DJI Mini 2