音質パーソナライズ機能搭載フルワイヤレスイヤフォン『Nuratrue』

Nuratrue

オーストラリアのスタートアップ『Nura』から、最新テクノロジーで個々の聴覚に最適化されたサウンドを自動生成できるフルワイヤレスイヤフォン『Nuratrue』が登場。

専用アプリで個々の聴覚感度を測定し、聴覚プロファイルを作成することで、パーソナライズ化した最も心地良い音を実現。さらに没入感レベル等を設定できるので、より自分好みのサウンドへ調整して臨場感あふれる音を楽しむことができます。

イヤーバッドに搭載したタッチボタンで、音楽操作や音量調整、アクティブノイズキャンセリング機能の切り替えが可能で、専用アプリから自由にカスタマイズすることもできます。

バッテリー駆動時間は6時間、充電ケースを併用することで最⼤24時間の駆動が可能で、充電ケースはUSB-Cを使った充電に対応。さらにIPX4の耐汗耐水性能を備えているので様々なスポーツやトレーニングにも最適です。

価格は税込26,560円。ヘッドフォンタイプの「Nuraphone」は大きく持ち運びに不便だったので、これは是非試してみたいですね。


Link » Nuratrue


Related Post » 音質パーソナライズ機能搭載ワイヤレスヘッドフォン『Nuraphone』が日本でも発売

August 16, 2021 | Categories » Technology | Tags » , ,


 

Beats by Dre、アクティブノイズキャンセリング搭載フルワイヤレスイヤフォン『Beats Studio Buds』を発売

Beats Studio Buds

『Beats by Dre』から、アクティブノイズキャンセリングを搭載したフルワイヤレスイヤフォン『Beats Studio Buds』が発売。

緻密にチューニングされたフィルターが不要な周囲の音を検知し、継続的に遮断するアクティブノイズキャンセリングを搭載。外部音取り込みモードを使えば、外向きのマイクから周囲の音を取り込み、自然な環境で音楽を聴くことができます。それぞれのイヤーバッドに1つの多機能ボタンを搭載し、音楽操作、通話の応答、リスニングモードの切り替えが可能です。

バッテリー駆動時間は最大8時間、アクティブノイズキャンセリングを使用した場合は最⼤5時間で、充電ケースを併用することで最⼤24時間の駆動が可能。充電ケースはUSB-Cを使った充電に対応し、ケースから取り出すと自動で電源がオンになり、ケースに戻して蓋を閉じると電源がオフになります。

さらにIPX4の耐汗耐水性能を備えているので様々なスポーツやトレーニングにも最適です。また、AppleデバイスとAndroidデバイスのどちらでもワンタッチで簡単にペアリング可能で、Appleデバイスでは「Hey Siri」と話しかけるだけで「Siri」が使えます。

カラーバリエーションはブラック、ホワイト、レッドの3色で、価格は17,800円と、2万円を切るリーズナブルな価格がうれしいですね。


Link » Beats Studio Buds


Related Post » 『Beats by Dre』から完全ワイヤレスの耳掛け式Bluetoothイヤフォン『Powerbeats Pro』が登場

August 13, 2021 | Categories » Technology | Tags » , ,


 

モダンな蚊遣り『香遣』

Style Japan 香遣

プロダクトデザイナーの小泉誠氏がデザインしたモダンな蚊遣り『香遣』。防虫線香を入れる容器としてはもちろん、一年を通してお香やアロマも楽しめることから「蚊遣」ではなく『香遣』と名付けたそうです。

絞り加工でつなぎ目がない軽量なアルミボディで、持ち運びに便利なハンドルは折りたたみ可能なので、自宅の中だけでなく、ベランダやアウトドアに気軽に持ち出して使うことができます。また、ハンドルにはフックが付いているので、色々なところに吊り下げることができて便利です。

こういったモノにシンプルで美しいものはなかなかありませんが、これは自宅の白を基調にしたシンプルなインテリアにも良くマッチして気に入っています。


Link » Style Japan 香遣

Link » Style Japan 菊花線香 標準型 10巻×3包入

Link » Style Japan 菊花線香 丸型ミニ 8巻×4包入


Related Post » Hemp Foods Japan ヘンプシードオイル

August 6, 2021 | Categories » Thing | Tags » , , ,


 

Apple、「Touch ID」を搭載した新型『Magic Keyboard』を販売開始

Apple Magic Keyboard with Touch ID

アップルが、新型iMacとセットでのみ販売していた、「Touch ID」搭載『Magic Keyboard』の単品販売を開始しました。

価格は15,800円で、テンキー付きは18,800円。カラーはシルバーのみで、「Touch ID」機能はAppleシリコンを搭載したMacにしか対応していないのは残念ですが、これまで「Touch ID」機能を使う手段がなかったMac miniユーザーにとっては朗報ですね。


Link » Appleシリコン搭載Mac用Touch ID搭載Magic Keyboard

Link » Appleシリコン搭載Mac用Touch ID搭載Magic Keyboard(テンキー付き)


Related Post » Apple、『Magic Keyboard』『Magic Mouse 2』『Magic Trackpad 2』を発表

August 6, 2021 | Categories » Technology | Tags » , , ,


 

Bang & Olufsen、アクティブノイズキャンセリング搭載フルワイヤレスイヤフォン『Beoplay EQ』を発売

Bang & Olufsen Beoplay EQ

『Bang & Olufsen』が、アクティブノイズキャンセリングを搭載したフルワイヤレスイヤフォン『Beoplay EQ』を発売。

6つのマイクによって環境にあわせて騒音を打ち消すアダプティブノイズキャンセル機能を搭載し、最新オーディオコーデック「aptX Adaptive」に対応。専用アプリを使えばサウンドプロファイルの調整はもちろん、周囲の音を聞きとりやすくする設定が可能です。IP54防塵防滴性能を備えているので様々なスポーツやトレーニングにも最適です。

バッテリー駆動時間は7.5時間、アクティブノイズキャンセリングを使用した場合は6.5時間で、充電ケースを併用することで20時間の駆動が可能。充電ケースはワイヤレス充電の規格「Qi」と、USB-Cを使った充電に対応しています。

価格は39,900円。カラーバリエーションはブラックとサンドゴールドの2色。これは是非試してみたいですね。


Link » Bang & Olufsen Beoplay EQ


Related Post » Rimowa × Bang & Olufsen Beoplay H9i

August 2, 2021 | Categories » Thing | Tags » , ,


 

Sony、Vlog向けAPS-Cセンサー搭載ミラーレス一眼カメラ『ZV-E10』を発表

Sony ZV-E10

ソニーが、Vlog向けAPS-Cセンサー搭載ミラーレス一眼カメラ『ZV-E10』を発表。

有効画素数約2,420万画素のフルサイズ積層型CMOSセンサーを搭載し、4K30pの動画撮影、手ブレ補正効果を向上させる電子式手ブレ補正「アクティブモード」に対応。EVFとフラッシュは省略され、横開きのバリアングルモニター、高性能マイク、ホットシューを搭載し、ウインドスクリーンが付属。人の背景のボケ具合を強めたり、AFを顔ではなく物に追従させたい場合など、ワンボタンで切り替えることができ、新たに撮影中には背面モニターに赤枠が表示されるようになりました。USB-Cポートを搭載し、本体の充電の他に、スマートフォンやパソコンなどと接続することでWebカメラとして使用できます。

9月17日発売で、価格はボディ単体が78,000円前後になるそうです。従来モデル「ZV-1」のレンズ交換式バージョンといった感じの仕上がりですが、APS-C機としては軽量コンパクトで価格もリーズナブルなので、写真撮影がメインだけどEVFは必要無いって人にもいいと思いますね。


Link » Sony ZV-E10 ボディ

Link » Sony ZV-E10 パワーズームレンズキット


Related Post » Sony、APS-Cセンサー搭載ミラーレス一眼カメラ『α6300』を発表

July 30, 2021 | Categories » Technology | Tags » ,


 

2020年東京オリンピック開会式でIntelのドローン1,824機の編隊飛行によるイルミネーション

2020年東京オリンピック開会式でIntelのドローン1,824機の編隊飛行によるイルミネーション

Intelが2020年東京オリンピック開会式で、LEDで発光したドローン1,824機の編隊飛行によるイルミネーションを披露。2018年に平昌オリンピックで披露された時の1,218機から1.5倍に増えています。

ドローンを使った大規模なショーは見応えありましたが、今回の開会式は全体的にスゴく地味でイマイチでしたね。リオオリンピック閉会式の演出を見て期待が高まっていたのでかなりガッカリです。


Link » Spectacular Intel Drone Light Show helps bring Tokyo 2020 to life – Olympic News


Related Post » 2020年東京オリンピックエンブレムは佐野研二郎氏がデザイン

July 25, 2021 | Categories » Entertainment | Tags » , , , , , ,


 

Peak Design Anchor Black

Peak Design Anchor Black

『Peak Design』から、カメラストラップを簡単に着脱できるアダプター『Anchor』にブラックモデルが登場。同社のストラップにはもちろん、アンカーハウジングを使えば様々なストラップに装着可能です。

少し前に銀座の『Peak Design』直営店で購入した、カメラストラップ『Leash』の限定オールブラックモデルに付属していましたが、主張しない機能的なデザインで黒好きにはたまりませんね。


Link » Peak Design アンカー 4パック ブラック


Related Post » PeakDesign Leash

July 23, 2021 | Categories » Thing | Tags » ,


 

KAWS TOKYO FIRST

KAWS TOKYO FIRST

六本木ヒルズで開催中の『KAWS TOKYO FIRST』に行ってきました。制作初期から最新作までのペインティングや立体作品、プロダクトなどが多数展示されていて、これまでの活動の軌跡を辿ることができ、学生の頃からかれこれ20年以上見てきたKAWSの一つの節目の終わりを感じるような展覧会でしたね。

KAWS自身のプライベートコレクションが飾られたブルックリンのスタジオにある一室を再現した展示や、エイプを着たNIGO®氏のフィギュアが葬られる様子が描かれた作品を見ることができて感慨深かったですが、やはり初期のストリートのファッション広告をキャンバスにした作品はグラフィティ的でカッコよかったですね。

全ての作品が写真撮影できるだけでなく、出口にはKAWSのキャラクターを顔に組み込んで自撮りができたり、自分が描いたイラストがKAWSのキャラクターと一緒に写真と動画が撮れるインタラクティブ展示もあったりと、大人も子供も楽しめる展覧会になっていました。また、ショップでは図録や限定グッズに加えて、東京らしく「ひよ子」とコラボレーションした饅頭が販売されていたのがかわいかったですね。本展は10月11日まで開催中なので、興味のある人は早めにチェックしてみてください。


Link » KAWS TOKYO FIRST


Related Post » 『Wonderwall』が手掛けた『KAWS』のスタジオ

July 19, 2021 | Categories » Art - Design | Tags » , ,


 

Apple、iPhone 12シリーズ用MagSafe対応モバイルバッテリー『MagSafeバッテリーパック』を発売

Apple MagSafe Battery Pack

アップルが、「iPhone 12」シリーズの背面にマグネットで装着してワイヤレス充電できる『MagSafeバッテリーパック』を発売。

最大5W出力で「iPhone 12」シリーズを充電可能で、20W以上のUSB-C電源アダプタを使用すれば最大15Wで充電可能なワイヤレス充電器としても使用できます。また、バッテリーをiPhoneに装着し、iPhoneを電源につないで両方を充電することも可能です。

バッテリー容量は1,460mAhと少ないですが緊急用としては十分なので、休日のちょっとした外出や遠出に持ち歩くのにはいいかもしれませんね。


Link » Apple MagSafeバッテリーパック


Related Post » Apple、iPhone 6のカメラで撮影した写真を紹介する『ワールドギャラリー』を公開

July 19, 2021 | Categories » Technology | Tags » , , ,


 

 « Prev 1 4 5 6 7 8 9 10 445 Next »

Instrumental™ Things LIFE PACKING 2020 未来を生きるためのモノと知恵 – 高城剛 Sony α7C DJI Mini 2

Instrumental™ Things
– 2019 Edition

LIFE PACKING 2020
未来を生きるための
モノと知恵
– 高城剛

Sony α7C

DJI Mini 2