Amazon、ディスプレイが6.8インチに大型化した『Kindle Paperwhite』の新モデルを発表

Kindle Paperwhite

アマゾンが電子書籍リーダー『Kindle Paperwhite』の新モデルを発表。ベゼルを狭くすることで本体サイズのアップは最小限にとどめて、ディスプレイサイズは前モデルの6インチから6.8インチに大型化し、前モデル比で明るさは10%、レスポンス速度は20%向上。そしてようやく充電コネクターがマイクロUSBからUSB-Cへと変更されました。

価格は14,980円からで、10月27日発売。同時にディスプレイの明るさ自動調節機能、32GBの内蔵ストレージ、ワイヤレス充電に対応した『シグニチャー エディション』も発表されていて、こちらの価格は19,980円からで、11月10日発売。

画面の大きくなったスマートフォンの登場により、Kindleのような電子書籍専用端末はニッチな存在になりましたが、ネットに繋がらず読書に集中したいという人たちには一定の需要があるようですね。


Link » Kindle Paperwhite

Link » Kindle Paperwhite シグニチャー エディション

Link » Kindle Paperwhite シグニチャーエディション専用 Anker ワイヤレス充電スタンド


Related Post » Amazon、防水機能を搭載した『Kindle Paperwhite』の新モデルを発表

September 24, 2021 | Categories » Technology | Tags » ,


 

GoPro、5.3K/60fps動画撮影可能なアクションカメラの新型『HERO10 Black』を発表

GoPro HERO10 Black

GoProが、アクションカメラの新モデル『HERO10 Black』を発表。新しいプロセッサー「GP2」を搭載したことにより撮影性能が大幅に向上し、最大23.6メガピクセルの静止画と5.3K/60fpsの動画撮影、2.7K/240fps のハイスピード撮影に対応。

さらに高感度性能が向上したことで暗所撮影でのノイズが軽減し、手ブレ補正機能「HyperSmooth」も強化されて最大45度まで水平を維持します。また、スマートフォンとGoProを有線接続してデータの高速転送が可能になりました。ただ、デザインやサイズに変更は無いので、前モデル向けのバッテリーやアクセサリーはそのまま利用できます。

価格は64,000円で、「GoPro サブスクリプション」への登録で54,000円。前モデルから順当な進化を遂げていますが、長引くコロナ禍で持ち出す機会が無いので、いまいちポチる気になれませんね。


Link » GoPro HERO 10 Black


Related Post » GoPro、デュアルスクリーンを搭載したアクションカメラの新型『HERO9 Black』を発表

September 24, 2021 | Categories » Technology | Tags » , ,


 

Apple、ホームボタンが無くなってベゼルレスになった新型『iPad mini』を発表

Apple iPad mini 6

アップルが新製品発表イベントで新型『iPad mini』を発表。iPad Air同様にベゼルレスの8.3インチディスプレイになり、ホームボタンが無くなって「Touch ID」を電源ボタンに搭載。LightningコネクタからUSB-Cコネクタへとアップデートされ、第2世代のApple Pencilに対応。CPUは40%高速化し、カメラの性能もさらに進化しました。また、Wi-Fi 6に対応し、5Gでの高速インターネット接続が利用できます。

価格は59,800円からで、カラーバリエーションはスペースグレイ、ピンク、パープル、スターライトの4色。現在前モデルの『iPad mini』を愛用しているので買い替えたいと思いますが、なぜかカラーバリエーションからシルバーが無くなってしまったのが残念ですね。


Link » iPad mini – Apple(日本)


Related Post » Apple、ホームボタンが無くなってベゼルレスになった新型『iPad Air』を発表

September 17, 2021 | Categories » Technology | Tags » , ,


 

Apple、ディスプレイが20%大型化した『Apple Watch Series 7』を発表

Apple Watch Series 7

アップルが新製品発表イベントで、スマートウォッチの新モデル『Apple Watch Series 7』を発表。

常時表示ディスプレイはさらに明るく頑丈になり、ベゼルを狭くすることで前モデルから本体サイズをほとんど変えずに20%大型化され、防塵性能はIP6Xに向上。前モデルよりも50%多い文字を表示することができ、スワイプ式の予測キーボードを備えてテキスト入力が簡単になりました。また、新しくなった充電アーキテクチャと高速充電USB-Cケーブルによって充電速度が33%アップし、約45分でバッテリーを0から80%まで充電できるようになりました。

今秋発売予定で、現時点で日本での価格は不明。少し物足りないアップデートですが、毎日肌身離さず身に着けているガジェットなので、とりあえず購入したいと思います。


Link » Apple Watch Series 7 – Apple(日本)


Related Post » Apple、血中酸素濃度測定が可能になった『Apple Watch Series 6』を発表

September 17, 2021 | Categories » Technology | Tags » , , , ,


 

Apple、動画の被写界深度がコントロールできる『iPhone 13』シリーズを発表

Apple iPhone 13 / 13 Pro

アップルが新製品発表イベントで、iPhone 12 Proのアップグレードモデル『iPhone 13 Pro』と大画面版の『iPhone 13 Pro Max』、iPhone 12のアップグレードモデル『iPhone 13』と小型版の『iPhone 13 mini』を発表。

両モデルともCPUが50%、GPUが30%高速化した新しいチップ「A15 Bionic」チップを搭載。カメラにはより明るいレンズ、3D認識用のLiDARスキャナーを搭載し、写真や動画の撮影性能が向上。さらに『Pro』モデルでは、背面に超広角レンズ、広角レンズ、光学3倍ズームの望遠レンズの3つのカメラを搭載。広角と望遠カメラは光学式の手ブレ補正に対応し、超広角レンズは2cmまで寄れるマクロ機能が備わりました。

今回の発表で一番インパクトがあったのは、動画版ポートレートモードとも言える機能「シネマティックモード」で、被写体がフレームに入りそうなタイミングを予測して自動でフォーカス切り替えて背景をぼかすことが可能で、さらに『Pro』モデルなら撮影後にフォーカスと被写界深度を調整することができ、プロ向けの映像コーデック「ProRes」にも対応します。

結局今回もデザインやスペックのほぼ全てが事前のリーク情報通りで驚きはありませんでしたが、順当な進化を遂げていますね。ボクは現在「iPhone 12 mini」を使っていますが、今回はカメラの性能が大きく進化した『Pro』モデルを買ってみようと思います。2つのモデルで性能差がないので、コンパクトな『iPhone 13 Pro』ですかね。


Link » iPhone 13とiPhone 13 mini – Apple(日本)

Link » iPhone 13 ProとiPhone 13 Pro Max – Apple(日本)


Related Post » Apple、5G対応の『iPhone 12』シリーズを発表

September 17, 2021 | Categories » Technology | Tags » ,


 

高城剛氏による『NEXTRAVELER TOOLS」のメリノウール製ロングスリーブTシャツが発売

NEXTRAVELER TOOLS Black Pocket with Merino Wool Long Sleeve T-Shirt

高城剛氏による『NEXTRAVELER TOOLS』から、メリノウール製ロングスリーブTシャツが、メルマガ読者のみがログインできるオンラインストアで限定発売。

ニュージーランド産メリノウールを使用しているので、柔らかくさらりとした着心地で汗をかいても蒸れにくく、断熱性と紫外線吸収機能も備えているため、夏は涼しく紫外線をカットします。さらに汚れがつきにくく防臭効果も高いので、旅先ではもちろん普段使いでも重宝します。

また、ダイニーマ製防水ポケットを取り付けることが可能で、カードやAirPodsなどの小物を収納できる胸ポケットタイプと、紙幣を二つ折りで収納できる腰ポケットタイプを選択でき、カスタマイズも可能とのことです。

以前に防水ポケット付きメリノウール製Tシャツを購入して早速着ていますが、素晴らしい着心地で調子良いです。長袖なら通年着ることができていいですね。


Link » BLACK POCKET with MERINO WOOL T-SHIRT – THIS IS NOT A STORE


Related Post » 高城剛氏による『NEXTRAVELER TOOLS』のメリノウール製Tシャツが発売

September 13, 2021 | Categories » Thing, Travel | Tags » , ,


 

藤原ヒロシ氏率いる『Fragment Design』が『Rhizomatiks』とコラボレーションしたNFTアートをリリース

藤原ヒロシ氏率いる『Fragment Design』が、『Rhizomatiks』とコラボレーションしたNFTアートをリリース。第1弾となる「TEST#01」はオークション形式での販売となっていて、購入するとエディション番号が記載されたフィジカルなTシャツが入手できるそうです。

最近はデジタルアートのNFT取引が注目を集めていますが、簡単に複製可能なデジタルデータの所有者というステータスがそんなに価値のあることなのか、そしてそのアートを愛でている人が一体どのくらいいるのか疑問です。結局のところ投資目的で買っている人が大半なんだと思いますね。


Link » FRGMTRZM NFT


Related Post » Fragment Design Apple Watch用NATOストラップ

September 13, 2021 | Categories » Thing | Tags » , , ,


 

Facebook、スマートサングラス『Ray-Ban Stories』を発表

Ray-Ban Stories

Facebookが、レイバンと共同開発したスマートサングラス『Ray-Ban Stories』を発表。

500万画素のデュアルカメラ、オープンイヤー型のスピーカー、マイクを搭載し、ボタンや音声操作で写真や動画の撮影をしたり、スマートフォンと接続して音楽を聴いたり、通話の応答ができます。さらにテンプルにはタッチパッドを備えているので、音楽操作や音量調整が可能です。

バッテリー駆動時間は最大6時間で、携帯用の充電ケースはUSB-Cを使った充電に対応。価格は299ドルからで、デザインはレイバンの定番スタイルを基本に20のバリエーションがあり、レンズもクリア、偏光、調光、度付きなどから選ぶことができます。ただ、残念ながら現時点で日本での発売は未定です。

スマートグラスというほどの機能は無く、Snapchatのカメラ内蔵サングラス「Spectacles」と、Boseのスピーカー内蔵サングラス「Frames Alto」が融合したようなデバイスで、気軽に撮影や音楽を楽しむには便利かもしれません。

CEOであるマーク・ザッカーバーグ氏は、Facebookを仮想空間に注力する「メタバース」企業にすると語っていたので、今後登場するであろうARグラスの布石なんでしょうね。


Link » Ray-Ban and Facebook introduce Ray-Ban Stories, first-generation smart glasses

Link » ray-ban stories


Related Post » Bose、超小型スピーカー内蔵サングラス『Frames Alto』を発売

September 10, 2021 | Categories » Technology | Tags » , , , , ,


 

リコー、APS-Cセンサー搭載コンパクトカメラの新モデル『GR IIIx』を発表

Ricoh GR IIIx

リコーが、APS-Cサイズのセンサーを搭載したハイエンドコンパクトカメラの新モデル『GR IIIx』を発表。

有効約2,424万画素のAPS-CサイズCMOSセンサーや、手ブレ補正、タッチパネル、像面位相差AF、センサーのクリーニング機構、USB-Cを使った充電など、基本仕様は前モデル「GR III」から変わりませんが、新たに35mm判換算40mm相当F2.8のレンズを採用しています。

バリエーションモデルなので少し物足りないところはありますが、40mmという画角は準広角の35mmや標準の50mmのように汎用性が高くて良いですね。10月上旬発売予定。


Link » RICOH GR III / GR IIIx / デジタルカメラ / 製品 | RICOH IMAGING


Related Post » リコー、APS-Cセンサー搭載コンパクトカメラの新モデル『GR II』を発表

September 10, 2021 | Categories » Technology | Tags » ,


 

DJI、延長ロッドを内蔵した新型スマートフォン用ジンバル『OM 5』を発表

DJI OM 5

DJIが新型スマートフォン用ジンバル『OM 5』を発表。前モデルから引き続き折りたたみ式かつマグネット着脱式デザインを採用しつつ、3分の1コンパクトになったボディに延長ロッドを内蔵し、さらに様々なアングルから撮影できるようになりました。

価格は税込17,930円で、磁気クランプや三脚、収納ポーチが付属します。ジンバルのエントリーモデルとして最適だと思いますね。


Link » DJI OM 5


Related Post » DJI、4Kカメラ搭載3軸手持ちジンバル『Osmo』を発表

September 10, 2021 | Categories » Technology | Tags » , , , ,


 

 « Prev 1 2 3 4 5 6 7 441 Next »

Instrumental™ Things LIFE PACKING 2020 未来を生きるためのモノと知恵 – 高城剛 Sony α7C DJI Mini 2

Instrumental™ Things
– 2019 Edition

LIFE PACKING 2020
未来を生きるための
モノと知恵
– 高城剛

Sony α7C

DJI Mini 2