Leica Apo-Summicron-M F2/35 mm ASPH.

Leica Apo-Summicron-M F2/35 mm ASPH.

ライカが、光学設計に贅を尽くした現代ライカの象徴的レンズ『Apo-Summicron-M』シリーズの4本目となる『F2/35 mm』を発表。

最短撮影距離がわずか30cmのコンパクトなMマウントレンズで、カメラの距離計には無限遠から70cmまで連動し、70cmから30cmの間ではライブビューモードに切り替えることでピント合わせが可能。

価格は税込1,056,000円で、3月下旬発売予定。35mmという焦点距離は日常のスナップにはちょうど良い画角だし、寄れるライカMレンズを待ってたライカユーザーはかなり多いんじゃないでしょうか。ボクは長年ライカのオールドレンズ「Summilux-M F1.4/35mm」を愛用しているんですが、これはかなり気になりますね。


Link » Leica Apo-Summicron-M F2/35 mm ASPH.


Related Post » Leica Apo-Summicron-M F2/50mm ASPH. レッド

March 8, 2021 | Categories » Technology | Tags » ,


 

Square、TIDALの過半数株を約3億ドルで買収

Square、TIDALの過半数株を約3億ドルで買収

 米TwitterのCEO、ジャック・ドーシー氏が経営するデジタル決済プラットフォームの米Squareは3月4日(現地時間)、音楽プロデューサーでラッパーのJAY-Z(ジェイ・Z)ことショーン・カーター氏の音楽ストリーミングサービス「TIDAL」の過半数株式を、2億9700万ドル(約320億円)で取得することで合意したと発表した。

 残りの株式を保有するのはジェイ・Zを含むアーティストの株主。TIDALはSquareの下で独立企業として運営される。また、カーター氏はSquareの取締役に就任する。(中略)

 Squareは、小規模なショップなどに決済ツールを提供することで支援してきたように、「夢を持つ起業家であるアーティスト」がTIDALを通して夢を実現するのを支援するとしている。

このニュースにはビックリ。『Square』はクレジットカードや銀行口座を持てない若者や低所得者から支持されているので、アーティストのための音楽ストリーミングサービスを目指している『TIDAL』との連携は大きなシナジーが生まれそうです。


Link » ジャック・ドーシーCEOのSquare、音楽サービスTIDALの過半数株を約3億ドルで買収 – ITmedia NEWS


Related Post » モバイル決済『Square』が日本でサービス開始

March 5, 2021 | Categories » Entertainment, Technology | Tags » , , , , , ,


 

DJI、一人称視点で操縦できるドローン『DJI FPV』を発表

DJI FPV

DJIが、FPVゴーグルを装着して一人称視点で操縦できるドローン『DJI FPV』を発表。

カメラには3軸ジンバルを搭載し、有効約1,200万画素の1/2.3インチセンサーを採用。超広角150°FOVで没入感あふれる飛行体験を楽しみながら、4K/60fpsでの動画撮影や、1080p/120fpsのスローモーション撮影が可能。さらに映像ブレ補正「RockSteady」、歪み補正機能を搭載し、ダイナミックな飛行でも滑らかな映像を撮影できます。

DJIの機体の中でも最も高速な最高時速140km、最大飛行時間は20分を実現。コントローラーには、緊急ブレーキ&ホバリング機能、レベルに合わせてた3つのフライトモードを搭載。また、別売のグリップ形状のモーションコントローラーを使えば、手の自然な動きに基づいた直感的な操作が可能。

価格は154,000円。本格的なレース用ドローンではないのでカスタマイズには対応していませんが、初心者でも簡単に一人称視点の撮影が楽しめるのは素晴らしいですね。


Link » DJI FPV


Related Post » DJI、折りたたみ式空撮ドローンの新モデル『Mavic 2 Pro』『Mavic 2 Zoom』を発表

March 5, 2021 | Categories » Technology | Tags » , ,


 

Ausanat HEPAフィルター搭載ポータブル空気清浄機

Air Purifier Portable with True HEPA Filter

『Ausanat』のHEPAフィルターを搭載したポータブル空気清浄機。

捕集効率99.9%以上を誇るHEPAフィルターが0.1マイクロメートルまでの微粒子をしっかりキャッチするので、花粉や新型コロナウイルス対策にも効果的。バッテリー駆動時間は最大26時間で、USB-Cポートからの給電に対応。

軽量コンパクトで気軽に持ち運ぶことができるので、自室や寝室などのパーソナルスペースはもちろん、洗面所や車内、オフィスのデスクや旅先のホテルなどでも重宝します。価格もリーズナブルなので複数台購入して色々な場所に置いておくのもいいかもしれませんね。


Link » Ausanat HEPAフィルター搭載ポータブル空気清浄機


Related Post » 持ち運び可能なパーソナル超音波式加湿器『Stadler Form Emma』

March 5, 2021 | Categories » Technology, Travel | Tags » , ,


 

振動ボディケアボール『Hypersphere』にコンパクトモデルが登場

Hypersphere Mini

凝り固まった筋肉の緊張をほぐし、可動域と柔軟性を高めるために役立つ振動ボディケアボール『Hypersphere』に、一回り小さくなったコンパクトモデルが登場。

高強度な振動機能を搭載し、球体なのでピンポイントでケアしたい部位、臀部、足底、肩甲上部、胸部に使用可能で、三段階の振動調節ができます。サイズは約9cmで重さ約340gと軽量コンパクトなので、どこにでも持ち運び可能です。

通常モデルは振動がより強力な分それなりに大きいので、モバイル性を重視するなら断然『Hypersphere Mini』ですね。


Link » Hypersphere Mini


Related Post » 手のひらサイズのトレーニングガジェット『Activbody Activ5』

March 1, 2021 | Categories » Technology | Tags » , ,


 

Sony MDR-7506

Sony MDR-7506

ここ数年はワイヤレススピーカー「Devialet Phantom Reactor」をメインスピーカーとして愛用していて、SpotifyとTIDALのストリーミング再生を中心に音楽を楽しんでいますが、本格的にリスニングをしたい時は、長年愛用しているオーディオインターフェイス「Apogee Duet」をMacBook Proに接続して高音質ミュージックプレーヤー「Audirvana」を使って再生し、最近購入したソニーのスタジオモニターヘッドフォン『MDR-7506』で聴いています。

日本用の「MDR-CD900ST」を長年愛用していましたが、より柔らかなサウンドで低音域もしっかり出ますね。持ち運びに便利な折りたたみ式でカールコードタイプのためDJプレイにも最適です。今までに色々なヘッドフォンを使ってきましたが、高音質なのはもちろん価格も1万円ほどで非常にコスパが高くて素晴らしいですね。

ノイズキャンセリング機能も無くワイヤレスでもありませんが、音楽制作やDJプレイに使えないヘッドフォンって毎回すぐに使わなくなってしまうんですよね。


Link »
Sony MDR-7506


Related Post » Sony、スタジオモニターヘッドフォンの銘機「MDR-CD900ST」の後継機『MDR-M1ST』を発売

March 1, 2021 | Categories » Technology | Tags » , , ,


 

Sony、コンパクトなフルサイズセンサー搭載シネマカメラ『FX3』を発表

Sony FX3

ソニーがコンパクトなフルサイズセンサー搭載シネマカメラ『FX3』を発表。「α7S III」を動画に特化させたようなモデルになっていて、横開きのバリアングルモニターを搭載し、ファインダーを取り払ったスクエアなボディの上部と側部に、マイクや外部モニターなど様々な周辺機器をケージなしで装着するためのネジ穴が複数設けられています。

「α7S III」同様に有効画素数約1,210万画素のフルサイズ裏面照射型CMOSセンサー、像面位相差AFとボディ内手ブレ補正を搭載し、冷却ファンを内蔵することにより約13時間までの4K/60pの動画撮影、最大120fpsのハイフレームレート動画撮影に対応。

価格は税別459,000円で、3月21日発売予定。αシリーズからそのまま持ってきたようなグリップが個人的には残念ですが、クリエイティブプロ向けらしいスペックと無骨なデザインでなかなかカッコいいですね。コンパクトなので同社のドローン「Airpeak」と組み合わせて使ってもおもしろそうです。


Link » FX3 | プロフェッショナルカムコーダー | ソニー


Related Post » Sony、AIロボティクス領域におけるドローンの新プロジェクト『Airpeak』を発表

February 26, 2021 | Categories » Technology | Tags » ,


 

Daft Punkが解散を発表

ダフト・パンクが公式サイトに、2006年に公開された彼らの映画「Electroma」から引用した映像『Epilogue』をアップして解散を発表。

初来日した2006年のサマーソニックでの懐かしいライブ映像がYouTubeにアップされていますが、もう生で観られないのはとても残念ですね。


Link » Daft Punk
(via Pitchfork


Related Post » EMI Music Daft Punk 1987 Ferrari 412 from Electroma

February 26, 2021 | Categories » Entertainment | Tags » , ,


 

高音質音楽ストリーミングサービス『TIDAL』

Tidal

長年音楽ストリーミングサービスはSpotifyを愛用していて、昨年からは2つのプレミアムアカウントがお得になるプラン「Premium Duo」に変更し、家族が音楽を楽しむための生活インフラになっていますが、それに加えて今年から『TIDAL(タイダル)』を使い始めました。

『TIDAL』はアーティストで起業家のJay-Zが代表を務めている最高峰の音質を誇るサブスクリプション型音楽ストリーミングサービスで、高品質な7,000万曲以上の音楽と25万本以上のミュージックビデオやオリジナルコンテンツを楽しむことができます。月額9.99ドル「Premium」と月額19.99ドルの「HiFi」という2種類のプランがあり、ボクが契約しているのは「HiFi」プランで、圧縮フォーマット以外に44.1kHz/16bitのCDクオリティのFLACファイルと、MQAによる96KHz/24bitのハイレゾファイルで配信しているのが特徴です。

アプリのユーザーインターフェイスは洗練されたクールなデザインで使いやすく、個人に合わせたレコメンド機能だけでなく、アーティストや専門家がセレクトした音楽やプレイリストなども充実しています。また、他の音楽ストリーミングサービスと比べてブラックミュージックやEDMが充実しているのも個人的にはうれしいポイントです。

気軽に聴きたい時はiPhoneかiPad miniからワイヤレススピーカー「Devialet Phantom Reactor」にAirPlayで再生することが多いですが、より高音質で聴きたい時は、MacBook Proから高音質ミュージックプレーヤー「Audirvana」を使って再生しています。「Audirvana」はiTunesのライブラリと同期できるだけでなく、『TIDAL』で配信されている音楽の検索や再生、お気に入りリストやプレイリストの作成などが可能です。

また、アプリでMQAデコードが可能なので、MQA非対応のDACとの組み合わせでもMQA本来のスペックを発揮してネイティブ再生を行うことができ、UPnP/DLNAで音質の劣化なく「Devialet Phantom Reactor」にワイヤレス接続することができます。さらにAudio UnitsとVSTのオーディオプラグインを使って、ルーム環境の響きの修正やオーディオシステムの音質特徴を変更できたり、スマートフォンアプリを使ってリモートコントロールも可能です。

『TIDAL』のアカウント作成には「TunnelBear」などのVPNを使う必要がある上に、iOSアプリは日本のAppStoreでは提供されていないため、ダウンロードするには海外のアカウントを持っている必要がありますが、一度アカウントを作成してしまえば、以降はVPNを使用せずに通常のインターネット回線で問題無く使うことができます。登録から30日間はフリートライアルで使用可能なので、気になる方は是非試してみてください。


Link » TIDAL – High Fidelity Music Streaming


Related Post » Jay Z、定額制の高音質音楽ストリーミングサービス『TIDAL』を発表

February 22, 2021 | Categories » Entertainment | Tags » ,


 

フルカラーE Inkディスプレイ搭載電子書籍リーダー『PocketBook』が登場

PocketBook InkPad Color

フルカラーのE Inkディスプレイを搭載した電子書籍リーダー『PocketBook InkPad Color』が登場。7.8インチ300ppiの高解像度ディスプレイに、16GBの内蔵ストレージ、SDカードスロット、Wi-Fiを搭載。重さは225gと軽量で、約1ヶ月のロングバッテリーライフとUSB-Cでの充電に対応。

なかなかおもしろそうなデバイスですが、カラー表示時のコントラストと彩度が低く、解像度が100dpiに下がるのが残念です。アマゾンこそがこんなKindleを発売するべきだと思いますね。


Link » PocketBook InkPad Color


Related Post » Microsoft、折りたたみ式デュアルディスプレイ搭載スマートフォン『Surface Duo』とタブレット『Surface Neo』を発表

February 22, 2021 | Categories » Technology | Tags »


 

 « Prev 1 2 3 4 5 6 7 437 Next »

Instrumental™ Things LIFE PACKING 2020 未来を生きるためのモノと知恵 – 高城剛 Sony α7C DJI Mini 2

Instrumental™ Things
– 2019 Edition

LIFE PACKING 2020
未来を生きるための
モノと知恵
– 高城剛

Sony α7C

DJI Mini 2