Adobe、iPad向けにフル機能のPhotoshopを2019年にリリースすると発表

アドビが遂にiPad向けにフル機能のPhotoshopを2019年にリリースすると発表。Photoshopは仕事でハードに使っているので、これはかなり楽しみですね。

iPadでフル機能のPhotoshopを使用するという夢が実現します。レタッチや合成、スポット修復、描画モードなど、慣れ親しんだデスクトップツールとワークフローをすべて使用できます。レイヤーはすべて そのまま、解像度も 同じです。デスクトップで作業しても山の頂上でもPSDはまったく同じです。



Link » デスクトップ&モバイル版のPhotoshop製品一覧 | Adobe CC

Link » 革新的デジタルイメージング製品を一気に発表 #AdobeMAX #Photoshop – Adobe Creative Station


Related Post » Adobe、Photoshopと連携するiPadアプリを発表

October 15, 2018 | Categories » Technology | Tags » , , , ,


 

Google、新型スマートフォン『Pixel 3』と『Pixel 3 XL』を日本でも発売

Google Pixel 3 / 3 XL

グーグルが、新型スマートフォン『Pixel 3』と『Pixel 3 XL』を日本でも発売することを発表。『Pixel 3』 が5.5インチ、『Pixel 3 XL』が6.3インチの有機ELディスプレイを搭載。

AI機能をフル活用した様々な撮影が可能な1,220万画素のメインカメラと、広角と標準のデュアルレンズを採用した800万画素のインカメラを搭載し、撮った写真と動画はオリジナルの解像度のまま無制限にGoogleフォトに保存可能。そしてワイヤレス充電の規格「Qi」や、「FeliCa」方式による「Google Pay」や「おサイフケータイ」に対応しています。

価格は『Pixel 3』が税込95,000円からで、『Pixel 3 XL』が税込119,000円から。11月1日発売予定で、現在公式サイトで予約受付中。これを待ってたAndroidユーザーはかなり多いんじゃないでしょうか。


Link » Pixel 3 – 世界を見る新しい方法 – Googleストア


Related Post » Google、新型スマートフォン『Pixel』と『Pixel XL』を発表

October 10, 2018 | Categories » Technology | Tags » , ,


 

最大出力4500Wのワイヤレススピーカー『Devialet Phantom』が日本でも発売

Devialet Gold Phantom

フランスのオーディオメーカー『Devialet(デヴィアレ)』によるワイヤレススピーカー『Phantom』が、遂に日本でも発売。

直径30cmほどの大きさで白が基調の曲線的な美しいデザインですが、壁を振動させることによって同サイズのスピーカーの20倍の圧力を生じることができ、ボディからは想像できない圧倒的な重低音とクリアな音質を実現しています。ハイエンドモデルは最大出力4500W、音圧レベル108dBと驚異的なスペックですね。入力端子はEthernetケーブルとオプティカル、ワイヤレス接続はBluetoothとWi-Fiに対応し、さらにAirPlayやSpotify Connectで接続することも可能。

価格は1200Wのスタンダードモデルが249,000円、3000Wのミドルレンジモデル『Silver』が319,000円、4500Wのハイエンドモデル『Gold』が399,000円、パリのオペラ座とのコラボレーションした特別エディションが449,000円とかなり高価になっています。どんな音がするのか聴いてみたいですね。


Link » Devialet – High-End Speakers and Audiophile Amplifiers
(via CNET Japan


Related Post » 最大出力4500Wのワイヤレススピーカー『Devialet Phantom』

October 5, 2018 | Categories » Technology | Tags » , ,


 

Amazon、音声アシスタント「Alexa」内蔵の車載用デバイス『Echo Auto』を発表

Amazon Echo Auto

アマゾンが、音声アシスタント「Alexa」を内蔵した車載用デバイス『Echo Auto』を発表。車のダッシュボードの上に設置して、電源はシガープラグを使って確保します。インターネットにはBluetoothで接続したスマートフォン経由で接続し、カーオーディオとはBluetooth、FMラジオ、オーディオケーブルのいずれかで接続することで「Alexa」が利用可能になります。

価格は50ドルで、今年後半にアメリカで発売予定。現在招待制の限定価格で半額の25ドルで予約受付中。車の運転中に様々な機能を音声だけで操作できるのは便利ですよね。


Link » Amazon Echo Auto


Related Post » Amazon、カメラ搭載音声アシスタント『Echo Look』を発表

October 3, 2018 | Categories » Technology | Tags » , , , , ,


 

スマートフォン用高性能コンバージョンレンズ『Moment』をマウントできるiPhone X用のバッテリー内蔵ケース

Moment Battery Photo Cases - iPhone X

レンズ設計のプロによるスマートフォン用高性能コンバージョンレンズ『Moment』の、iPhone X用のバッテリー内蔵ケースが新登場。

バッテリー容量は3,100mAhで、ストラップホールとシャッターボタンを搭載。iPhoneとBluetooth接続して専用アプリとセットで使うことで、半押しフォーカスと露出ロック機能が使用可能になり、iPhoneをまるで本物のデジカメのように使うことができます。さらにケースを装着したままでもワイヤレス充電が可能です。

以前にマウンティングプレートを貼り付けて愛用していましたが、粘着テープで貼り付けているので耐久性が低いし、レンズをいちいち取り外すのが面倒でした。これならレンズを取り付けたまま首から下げておけるし、バッテリー持続時間も長くなるので便利ですね。


Link » Moment Battery Photo Cases – iPhone X


Related Post » スマートフォン用高性能コンバージョンレンズ『Moment』をマウントできるiPhone 7/7 Plus用のバッテリー内蔵ケース

October 1, 2018 | Categories » Technology | Tags » , ,


 

Zeiss、35mmフルサイズセンサー搭載コンパクトデジタルカメラ『ZX1』を発表

Zeiss ZX1

ツァイスが、35mmフルサイズセンサーを搭載したコンパクトデジタルカメラ『ZX1』を発表。有効画素数約3,740万画素の35mmフルサイズセンサーに、35mm/F2.0の大口径単焦点レンズを搭載したレンズ一体型カメラです。

4K/30fpsの動画撮影が可能で、高解像度の有機ELファインダー 、4.3型タッチパネル式液晶モニター、512GBの内蔵SSD、Wi-Fi、Bluetooth、USB-C、NFCを搭載。スマートフォンと組み合わせることで、ジオタグの付与やリモートコントロールなどが可能。さらに「Adobe Lightroom」がインストールされているので、撮った写真をそのままRAW現像することができます。

発売は2019年初頭で、現時点で価格は不明。サイズはそれなりに大きそうですが、非常にハイスペックなコンパクトカメラに仕上がっていますね。デザインもシンプルで未来感があってカッコいいです。


Link » Stay in your flow. ZEISS ZX1.


Related Post » カール・ツァイス製iPhone用広角レンズ『ExoLens with Optics by Zeiss』が日本で発売

October 1, 2018 | Categories » Technology | Tags » ,


 

Lecia Sofort Black

Lecia Sofort Black

ライカのインスタントカメラ『Sofort』にブラックモデルが登場。基本機能は既存モデルと同様で、チェキフィルムに対応していて、様々な撮影モードとセルフタイマーを搭載。ボディ前面にはセルフィー用ミラーも備えています。

ブラックモデルの特徴として、ボディ周りに製品名が白文字でダイナミックにプリントされたデザインになっています。好みが分かれそうですね。


Link » ライカ ゾフォート // ライカ ゾフォート // フォトグラフィー – Leica Camera AG


Related Post » Leica、チェキフィルムを使うインスタントカメラ『Sofort』を発表

September 28, 2018 | Categories » Technology | Tags » ,


 

GoPro HERO7 Black

GoPro HERO 7 Black

GoProのアクションカメラの新モデル『HERO7 Black』が発売。

デザインはカラーがブラックになっただけで前モデルからほぼ変わっていませんが、新たにジンバルを使用した時のような安定した動画撮影ができるビデオスタビライゼーション「HyperSmooth」機能、動きながらタイムラプスビデオの撮影が可能な「TimeWarp」機能を搭載。さらに、音声起動、ライブストリーミング、縦位置での動画撮影にも対応しました。

価格は49,800円。前モデルから大幅な進化を遂げているので買い替えたいと思います。中国のコピー企業などの影響による大幅な売上減少で大変ですが、アクションカムはやはりGoProがベストだと思いますね。


Link » GoPro HERO 7 Black


Related Post » GoPro、低価格のエントリーモデル『GoPro HERO』を発表

September 28, 2018 | Categories » Recommend, Technology | Tags » , , ,


 

温度調節機能付きドリップケトル『Vitantonio ACTY』

Vitantonio ACTY

元ブルーボトルコーヒーのトップバリスタが監修した、温度調節機能付きドリップケトル『Vitantonio ACTY』が登場。湯温を50℃〜100℃の範囲で1℃単位で設定でき、加熱後は30分間保温可能なので、ハンドドリップ中も一定の温度で抽出することができます。さらにケトルを電源プレートに戻すと設定温度に再加熱して保温する機能を搭載。

本体はステンレス製で、ハンドル部分には天然木のブナを使用しているので、経年変化も味として楽しめますね。


Link » Vitantonio 温調ドリップケトル ACTY


Related Post » Hario V60温度調整付きパワーケトル

September 21, 2018 | Categories » Life, Technology | Tags » , , , ,


 

SpaceXによる世界初の月周回旅行にスタートトゥデイ社長の前澤友作氏

#dearMoon Project

 ファッション系通販サイト「ZOZOTOWN」を運営するスタートトゥデイは、代表取締役社長の前澤友作氏が民間人として世界で初めて月周回の宇宙旅行を体験する計画「#dearMoon」を発表した。2023年に打ち上げるSpaceXの新型ロケット「BFR」で旅立ち、月表面まで約125マイル(約201km)の地点を通過して周回し、地球へ帰還する予定。

 前澤氏は、#dearMoon計画を「創作活動のインスピレーションを得る宇宙を舞台にしたアート・プロジェクト」と位置付ける。というのも、この1週間かかる月周回旅行に最大8名の世界的アーティストを招待し、「月と丸い地球を見て受けたインスピレーションを元に作品を創作してもらう」からだ。そして、こうして生み出された作品を「人類の財産として後世に残したい」としている。

アートコレクターとして知られる前澤氏ですが、このニュースにはビックリ。ルネサンスにおけるメディチ家や、現代アートにおけるグッゲンハイムのように、この宇宙旅行が人類全体の資産へと繋がることになるかもしれませんね。


Link » 「ZOZOTOWN」の前澤友作氏、月旅行をする世界初の民間人に–SpaceXが2023年打ち上げ – CNET Japan

Link » #dearMoon


Related Post » Google、モジュール式スマートフォン『Ara』を年内発売

September 19, 2018 | Categories » Art - Design, Technology, Travel | Tags » , , ,


 

 « Prev 1 2 3 4 5 6 7 229 Next »

Instrumental™ Things 50mm THE TAKASHIRO PICTURE NEWS – 高城剛 1440分の使い方 – 成功者たちの時間管理15の秘訣 DJI Mavic Air

Instrumental™ Things

50mm THE TAKASHIRO
PICTURE NEWS
– 高城剛

1440分の使い方
– 成功者たちの時間管理15の秘訣

DJI Mavic Air