Bose、睡眠専用完全ワイヤレスイヤホン『Noise-Masking Sleepbuds』を日本でも発売

Bose Noise-Masking Sleepbuds

Boseが、睡眠専用の完全ワイヤレスイヤホン『Noise-Masking Sleepbuds』日本でも発売。完全ワイヤレスイヤホンと比べてコンパクトサイズで、本体に内蔵された10種類のヒーリングサウンドを再生することで騒音をノイズマスキングして入眠をサポートします。

スマートフォンとBluetoothで接続し、専用アプリから音源の選択とボリューム調整、タイマーやアラームの設定などが可能。バッテリー駆動時間は連続再生で16時間で、収納ケースに入れることで約8時間でフル充電が可能。

価格は32,400円となかなか高価ですが、心拍センサーなどを搭載していないので睡眠トラッカーとして使えないのが残念ですね。


Link » Bose Noise-Masking Sleepbuds


Related Post » Bose、睡眠専用完全ワイヤレスイヤホン『Noise-Masking Sleepbuds』を発表

September 10, 2018 | Categories » Technology | Tags » , , ,


 

充電ドックに自動ゴミ吸引機能を搭載したロボット掃除機『iRobot Roomba i7+』

iRobot Roomba i7+

ロボット掃除機ルンバに、充電ドックに自動で本体内のゴミを吸引する機能を搭載した新型『Roomba i7+』が登場。

新しい充電ドックは、ルンバ本体の中に溜まったゴミを自動で吸引し、ドックに設置されている集塵パックに集めることが可能。集塵パックは掃除30回分の容量で、捨てるのも指先で持ち上げるだけで簡単。これならルンバを長期間放置しておけるので、ゴミを手動で捨てる手間が大幅に省けますね。

価格はゴミ吸引機能付き充電ドック付属モデルが949ドルで、通常の充電ドック付属モデルが699ドル。日本で発売されたら是非購入したいと思います。


Link » Roomba® i7+ Robot Vacuum | iRobot


Related Post » ロボット掃除機『iRobot Roomba 871』

September 7, 2018 | Categories » Recommend, Technology | Tags » , , ,


 

Arc’teryx Veilance Monitor Coat

Arc’teryx Veilance Monitor Coat

アークテリクスの都市生活向けライン『Veilance(ヴェイランス)』のミニマルなゴアテックス製コート『Monitor Coat』。

防水で通気性が良く抜群の耐久性を備えていて、フードのドローコードも飛び出さずに収納されています。フルブラックでロゴすら無いステルスなデザインがかなり好みですね。折りたたんで付属の収納ポーチにしまえばA4ほどのサイズになります。なかなか高価ですが、高い機能性とデザインを考えれば納得ですかね。

ここ数年バックパックは普段使いも海外へ行くのにも同シリーズの「Nomin Pack」を愛用していますが、アウトドアからタウンユースまでフィットするミニマルなデザインで気に入っています。


Link » Arc’teryx Veilance Monitor Coat


Related Post » Arc’teryx Veilance Nomin Pack

September 5, 2018 | Categories » Thing | Tags » , ,


 

Arc’teryx Alpha SK 32 Backpack

Arcteryx Alpha SK 32 Backpack

9月になって夏の終わりを感じる今日この頃ですが、早速少しづつですが冬支度を始めています。先日はスノーボード用にアークテリクスのバックパック『Alpha SK 32 Backpack』を購入しました。軽量で耐久性と耐候性が高く、バックカントリースキーとスノーボードに必要なツールを持ち運ぶためにデザインされています。

メインポケットには上部以外にサイドジッパーからも簡単にアクセスでき、前面のサブポケットにはツールや濡れたギアを整理して収納可能。上部の蓋のには素早くアクセスできる小物用のポケットを備え、内側にはヘルメットを装着できます。また、スキー板やスノーボードを装着するためのストラップは取り外し可能です。

ボクはウェアもボードブラックで統一しているので、ジッパーやストラップのビビッドカラーが少しうるさいかなと思ったんですが、雪山での使い勝手を考えた結果なんでしょうね。早く今シーズンのスノーボードで使ってみたいです。


Link » Arc’teryx Alpha SK 32 Backpack


Related Post » Arc’teryx Alpha SV Jacket

September 3, 2018 | Categories » Recommend, Thing | Tags » , , , ,


 

携帯用小分けボトル『Matador FlatPak Toiletry Bottle』

Matador FlatPak Toiletry Bottle

旅先にお気に入りのシャンプーなどを小分けにして持ち運ぶのに便利なトラベルボトル『Matador FlatPak Toiletry Bottle』。一般的なシリコン製のトラベルボトルよりも軽量コンパクトで、ループ付きなのでバッグなどにぶら下げておくこともできて便利です。

近年シャンプーとボディソープの持ち運びにはシリコン製小分けチューブ「humangear GoToob」の1番コンパクトなサイズを愛用しています。


Link » Matador FlatPak Toiletry Bottle


Related Post » 携帯用石けんケース『Matador FlatPak Soap Bar Case』

August 31, 2018 | Categories » Thing, Travel | Tags » , , ,


 

携帯用石けんケース『Matador FlatPak Soap Bar Case』

Matador FlatPak Soap Bar Case

外出先に石けんを持ち運ぶのに便利なケース『Matador FlatPak Soap Bar Case』。プラスチック製の石鹸ケースよりも軽量コンパクトで、開口部はドライサックのように巻いて留めるロールクロージャーシステムなので、水漏れの心配もありません。


Link » Matador FlatPak Soap Bar Case


Related Post » 携帯用小分けボトル『Matador FlatPak Toiletry Bottle』

August 29, 2018 | Categories » Thing, Travel | Tags » , , ,


 

NEXTRAVELER 沖縄北部 – 高城剛

NEXTRAVELER 沖縄北部 - 高城剛

高城剛氏による旅行ガイドシリーズ『NEXTRAVELER』が、大手出版社ではなかなか出せない内容や地域を凝縮して、Kindle版限定で再始動。第1弾は沖縄本島北部だけにフォーカスしていて、氏が独断と偏見で選び、すべての撮影と取材を試みた旅行本になっていて、広告およびタイアップは一切ありません。

ありきたりの旅先は載せていないとのことでしたが、本当に知らないスポットが満載でビックリ。これを読んだらまた遊びに行きたくてウズウズしてきました。今作も「Kindle Unlimited」なら無料で読むことができちゃいますよ。

那覇が爆発している。
空港は急速に拡大工事が行われ、港に続々大型船が来航し、
那覇はもう人を受け入れるキャパシティを遥かに超えてしまっている。

そこで、那覇に到着したばかりのゲストを、高速船を使って北部まで一気に運ぶ計画が急浮上した。
その導線が確保できるまでも、専用高速バスを何台も走らせ、
北部に巨大レンタカーターミナルを作り、官民あげて北部振興を計画中。
ということは、これから数年後に、沖縄本島北部が那覇化することが予測される。

本書は、そうなる前に、誰よりも先に北部を遊び倒してしまうことだけを目的に書いた一冊だ。
だから、世にも珍しい、本邦初の(世界初の)沖縄本島北部だけの旅行ガイドブックである。
まだまだ知られていない沖縄本島北部の魅力を、いまのうちにご堪能いただけたら幸いです。



Link » NEXTRAVELER 沖縄北部 – 高城剛(Kindle版)


Related Post » NEXTRAVELER 世界で暮らす 移住ガイド 2014 – 高城剛

August 27, 2018 | Categories » Entertainment, Recommend, Travel | Tags » , ,


 

高城剛氏による『NEXTRAVELER TOOLS』のホワイトシャツが発売

NEXTRAVELER TOOLS Gray Pocket With Non-Iron Travel Shirt

高城剛氏による『NEXTRAVELER TOOLS』のホワイトシャツが、メルマガ読者のみがログインできるオンラインストアで限定発売。一見するとただの白いシャツですが、バックパックシリーズでも使用されているダイニーマ素材を使った防水ポケットが右下背面に配置されています。

開発コンセプトは「シャツ付きカバン」とのことですが、防水ポケットがいいアクセントになっていて、ノンアイロン加工された生地で作られているので、旅先ではもちろん普段使いでも重宝しそうですね。

近年は定番のブルックスブラザーズのノンアイロン加工されたシャツをパーソナルオーダーしたものを愛用していましたが、これは是非試してみたいです。


Link » THIS IS NOT A STORE / GRAY POCKET with NON-IRON TRAVEL SHIRT
(via 高城未来研究所「Future Report」Vol.375


Related Post » 高城剛氏による『NEXTRAVELER TOOLS シャツ付きカバン(青)』が発売

August 24, 2018 | Categories » Thing, Travel | Tags » ,


 

DJI、折りたたみ式空撮ドローンの新モデル『Mavic 2 Pro』『Mavic 2 Zoom』を発表

DJI Mavic 2 Pro/Zoom

DJIが、折りたたみ式空撮ドローンの新モデル『Mavic 2 Pro』と『Mavic 2 Zoom』を発表。『Mavic 2』シリーズは、前モデルのデザインを継承しながら、新しいジンバルスタビライザー、ハイパーラプス、アクティブトラックなどのインテリジェント機能を搭載。

『Mavic 2 Pro』は、10-bitカラープロファイルに対応した有効約2,000万画素の1インチセンサーを採用した、ハッセルブラッドのカメラを搭載。レンズは35mm判換算28mmで、絞りはF2.8 – F11の範囲で調整可能。

『Mavic 2 Zoom』は、有効約1,200万画素の1/2.3インチセンサーを採用した、35mm判換算24-48mm相当のズームレンズを搭載。デジタルズームと合わせると最大4倍となる96mm相当の中望遠を実現。また、クイックショットに新しく追加された「ドリーズーム」を使うことで、飛行方向と逆方向にズームすることによって背景だけが近づいてくるような撮影ができます。

サイズはどちらも共通で、アームとプロペラを折りたたむと高さ84mm、幅91mm、奥行き214mmと片手で簡単に持ち運べるサイズになり、コントローラーもスティックが着脱式になってさらにコンパクトに持ち運べるようになりました。

価格は『Mavic 2 Pro』 が税込189,000円、『Mavic 2 Zoom』が税込162,000円。前モデルの完成度も高かったですが、『Mavic 2』シリーズは全ての面においてさらにブラッシュアップされていて、空飛ぶカメラとして順当な進化を遂げていますね。


Link » DJI Mavic 2 Pro

Link » DJI Mavic 2 Zoom


Related Post » 小型折りたたみ式空撮ドローン『DJI Mavic Air』を飛ばしてみた

August 24, 2018 | Categories » Recommend, Technology | Tags » , , , , ,


 

Leica、プロフェッショナル向けモデル 『M10-P』を発表

Leica M10-P

ライカがM型カメラ「M10」のプロフェッショナル向けモデル 『M10-P』を発表。デザインや基本性能は前モデルから変わっていませんが、フロントの赤いライカロゴが無くなり、新たに静音シャッターとタッチパネルディスプレイを搭載。

ボディカラーはブラッククロームとシルバークロームの2色で、発売日や価格などは現時点では不明。シンプルに写真撮影を楽しみたい人にはいいかもしれませんね。


Link » Leica M10-P // ライカMシステム // フォトグラフィー – Leica Camera AG


Related Post » Leica、M型カメラの新モデル『M10』を発表

August 22, 2018 | Categories » Technology | Tags » ,


 

 « Prev 1 5 6 7 8 9 10 11 416 Next »

Instrumental™ Things 50mm THE TAKASHIRO PICTURE NEWS – 高城剛 1440分の使い方 – 成功者たちの時間管理15の秘訣 DJI Mavic Air

Instrumental™ Things

50mm THE TAKASHIRO
PICTURE NEWS
– 高城剛

1440分の使い方
– 成功者たちの時間管理15の秘訣

DJI Mavic Air