高城剛メールマガジン『高城未来研究所「Future Report」』のPV

ハイパーノマド高城剛氏のメールマガジン『高城未来研究所「Future Report」』のPVがYouTubeにアップされています。メチャクチャ楽しそうなんですが、かなり怪しいオッサンに見えます(笑)。しかし「今の時代は水や電気が無いところでも、どこでも仕事ができる時代なんだと思います。海外移住どころか、どこでも移住可能な時代」なんて、インフラに依存しないで生活するとかハンパないですね。自身のブログで昨年を振り返っていますが、相変わらずの移動っぷりに驚愕します。ちなみに「夜間飛行」で購読するとePub形式でもダウンロードができて調子良いですよ。

Link » 高城剛のメールマガジン「高城未来研究所「Future Report」」 – 夜間飛行


Related Post » 高城剛、『高城未来研究所「Future Report」新春特別号』で堀江貴文と津田大介と対談

January 5, 2013 | Categories » Technology, Travel | Tags » , , , , , , | No Response »


 

21世紀のスマートトラベル

Incheon International Airport

明けましておめでとうございます。2013年もINSTは情報過多時代のシンプルで豊かなライフスタイルをコンセプトに、本当に役立つモノやニュースをエディットして紹介していきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。

2012年を振り返ってみるとたくさん旅をした1年でした。昔から休暇となれば一人で旅をしていましたが、昨年は気が付けば毎月国内外問わずどこかに旅をしていました。今はLCCを使えば一昔前に比べて驚くほど安く海外へ行くことができるようになりましたからね。ポイントは直行便にこだわらず、まずは安い航空チケットで日本を出国してから目的地までのチケットを買うことだと思います。

そして旅先で欠かせないハイテクガジェットですが、iPhoneのSIMフリーモデルを海外で使うとこれほど便利なモノは無いと改めて実感します。さらに行った先々の国でパケット定額のSIMカードが驚くほど安く買えるので、もう国際ローミングサービスなんてバカバカしくて使う気になりませんね。さらに書棚までデジタル化してiPadで持ち運ぶことができる時代です。休日はLCCとハイテクガジェットを使って気軽に海外へ行って遊ぶ。これこそ21世紀の新しいトラベルスタイルなんだと思います。

ということで2013年最初のエントリーは、昨年に紹介した旅行関連のエントリーをまとめてみました。

Read More »


Related Post » iPhone 5 SIMフリーモデルでカットしたnano-SIMは問題無く認識される

January 4, 2013 | Categories » Column, Entertainment, Life, Recommend, Technology, Thing, Travel | Tags » , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | No Response »


 

『Sony MDR-EX800ST』を普段使い用にカスタマイズ

Sony MDR-EX800ST

高城剛氏の新著「Life Packing」でカナル型イヤホン『Sony MDR-EX800ST』が紹介されていましたが、ボクもここ数年ずっと愛用していて、イヤホンはもうiPhoneに付属してくるものを除けばこれ一つだけです。イヤチップはコンプライの『Tx-200』に交換していて、こうすることで遮音性と装着感が高まり、低音もしっかり出るようになるので気に入っています。しかしこのイヤホンはスタジオモデルということもあってケーブルがかなり長めに作られているので、普段使いにはちょっと使いづらいところがあります。そこでボクがオススメしたいのはケーブルを上位モデルの「MDR-EX1000」のものにリケーブルするというカスタム。

ケーブル自体に互換性があるため加工する必要も無く、スピーカーの根本部分を回せば取り外すことができるので、簡単に交換することができます。外見上の違いは、『MDR-EX800ST』のケーブルとスピーカーの接続部分にチラっと見える金色の金属製パーツは、「MDR-EX1000」のケーブルでは黒いプラスチック製になっています。やはり『MDR-EX800ST』の方はプロ向けなだけあって耐久性を重視しているのかと思ったんですが、逆に「MDR-EX1000」のプラグは金属製になっていてたりとあまり関係無いのかもしれません。長さは通常の1.2mに加えて短めの0.6mも用意されているので、Bluetoothレシーバーなどで使いたい場合もバッチリだと思います。

肝心の音質の方にも微妙に変化がありますが、いかにもモニター用という感じの味気のない無機質な音質が柔らかくなるので聴き疲れしづらくなります。ですので使い勝手を考えても普段使いには悪くないどころか、むしろ最適な仕様になるんじゃないかという気がします。モニター用途で使いたい場合にはケーブルを交換すれば良いだけなので、ボクは使い分けて楽しんでいます。『MDR-EX800ST』を買ったら是非試してみて欲しいですね。


Sony MDR-800ST
http://amazon.co.jp/o/ASIN/B00……/ref=nosim

Comply Tx-200
http://amazon.co.jp/o/ASIN/B00……/ref=nosim

Sony MDR-EX1000用交換ケーブル RK-EX1000LP 1.2m
http://www.soundhouse.co.jp/sh……RKEX1000LP

Sony MDR-EX1000用交換ケーブル RK-EX1000LP 0.6m
http://www.soundhouse.co.jp/sh……RKEX1000SP


Related Post » Sony MDR-EX31BN

November 22, 2012 | Categories » Recommend, Technology | Tags » , , , , , , | No Response »


 

LIFE PACKING 未来を生きるためのモノと知恵 – 高城剛

LIFE PACKING 未来を生きるためのモノと知恵 - 高城剛

資産99%を処分し
高城剛が最後に残した
1%の生活必需品を公開!!

高城剛のハードライフを支える
必要最低限のリアルツールを集約!
次世代のためのモノ選びとパッキングを追求した
すべて「本人私物」の珠玉の一冊。


壁面を覆う巨大アートピース、山積みのスニーカーや洋服、
保管に追われたアーカイブ、モノに埋め尽くされた自宅……。
高城剛は5年の歳月を費やして、それらを徹底的に厳選し、
スーツケース約1.2個分にまで集約した。
この本は、最先端を生きる生粋のクリエイター・高城剛が
実際にその目とその足で選び抜き、
使用を重ねる中で研鑽された珠玉の生活必需品をまとめた
これまでにない、モノカタログ本の進化系である。

そして今も、彼はこの本に掲載されたアイテムを携えて、
世界の何処かを駆け回っているのだ。

ハイパーノマドな高城センセが私物を大公開する書籍がいよいよ発売されます。高城センセは数年前に必要なモノはスーツケース4個分に集約したと言っていましたが、今ではなんと約1.2個分にまで小さくなったようですよ。これはかなり楽しみですね。

http://www.amazon.co.jp/exec/o……ref=nosim/


Related Post » 『LIFE PACKING 未来を生きるためのモノと知恵 – 高城剛』Kindle版が発売

November 3, 2012 | Categories » Entertainment, Life, Recommend, Technology, Thing, Travel | Tags » , , , | No Response »


 

高城剛による特別ラジオプログラム『RADIO NEXTRAVELER』

RADIO NEXTRAVELER - 高城剛

10月から始まった高城センセによる3ヶ月間限定の特別ラジオプログラム『RADIO NEXTRAVELER』。東京では放送休止枠での不定期放送なので聴き逃してしまっている人も多いと思いますが、第一回放送から録音したものをYouTubeにアップしてくれている人がいました。感謝ですね。

ここ数年、世界は激動の時代を迎えていると感じます。
気象変動や大型の震災、そしてグローバリゼーションや資本主義の軋轢が、
デモや反乱、市民運動となって、時には政府や国家を転覆させています。

しかし、真実はちゃんとマスメディアに乗って、報道されることがあるのでしょうか?
「マスメディアは正しい」と、誰が決めたのでしょうか?
情報化時代と言われる昨今、インターネットに溢れる情報は、どれが正しいのでしょうか?

マスメディアに多く流れる情報は、その放送局の「利害を損ねない」ことが第一です。
例え、視聴者や聴衆者の「利害を損ねても」、本当のことは「自主規制」し、事実上秘匿します。
なぜなら、ほとんどの情報を訴求する番組には「スポンサー」がついているからです。

アメリカをはじめとする多くのマスメディア、特にニュース番組には「提供スポンサー」がありません。
そうしなければ、公平な報道が出来なくなってしまうからに他なりません。

そこで今回、実験的に3ヶ月間限定で、
ノースポンサーによる特別ラジオプログラム
「RADIO NEXTRAVELER」を放送する事にしました。
「世界のあちこち」に、自腹で僕が出向き、そこで見た「真実」を多くの方にお伝えしようと思います。



「RADIO NEXTRAVELER」。 – TSUYOSHI TAKASHIRO BLOG – honeyee.com
http://blog.honeyee.com/ttakas……ravel.html

RADIO NEXTRAVELER week1 by 高城剛
http://www.youtube.com/watch?v……2rrmlWpWcA

RADIO NEXTRAVELER week2 by 高城剛
http://www.youtube.com/watch?v……8O7s5l52b8


Related Post » NEXTRAVELER Vol.3 香港 – 高城剛

October 10, 2012 | Categories » Life, Travel | Tags » , , , | No Response »


 

NEXTRAVELER Vol.1 沖縄 – 高城剛

素敵な星の旅行ガイド『NEXTRAVELER Vol.1 沖縄』 – 高城剛

高城センセによる旅行ガイドブックシリーズの第一弾は沖縄。オススメのビーチキャンプ場なども紹介されているそうなので楽しみです。最近は沖縄もエアアジアやジェットスターなどのLCCを使えばかなり手頃な値段で行けるようになってきたので、これを読んでまた遊びに行きたいですね。

これまで100回以上にわたって沖縄本島を訪れた高城剛が、本当にオススメするスポットと情報を凝縮した、沖縄旅行ガイド本。 沖縄の「山と海」を楽しめ、そこに住む愛すべき人々が営んでいるお店を回る情報が、ギュッと凝縮されています。 テーマやスポットの選定、写真撮影、原稿執筆ともに、著者自身によるもの。 「那覇」や「首里城」も載っていないのに沖縄の魅力を十分に堪能できる、新感覚の旅行ガイドです。

http://amazon.co.jp/o/ASIN/486……/ref=nosim


Related Post » NEXTRAVELER Vol.3 香港 – 高城剛

September 11, 2012 | Categories » Entertainment, Recommend, Travel | Tags » , , | No Response »


 

人口18万の街がなぜ美食世界一になれたのかースペイン サン・セバスチャンの奇跡 – 高城剛

人口18万の街がなぜ美食世界一になれたのかースペイン サン・セバスチャンの奇跡 - 高城剛

スペイン・バスク地方にある人口一八万人の小さな街、サン・セバスチャン。
いま、ここは世界中から美味しいものを求めて人が集まる「美食世界一の街」として知られる。
かつては高級保養地として知られたが、世界遺産などの観光資源もとくになかったため、この地を訪れる観光客は低迷していた。そんな街がなぜ、たった10年ほどで変われたのか。

その背景には、美食を売りに出す徹底した地域戦略があった。サン・セバスチャンでは、あたかもシリコンバレーがIT産業に特化したように、料理を知的産業として売り出そうとしているのだ。
製造業だけでは限界にきている日本の活路は観光業にある。そうしたなかで、世界を旅する高城剛が、いまもっとも注目する街が、ここサン・セバスチャンである。
日本が観光立国となるために、サン・セバスチャンに学ぶことが多くあるはずだ。

現在スペインのバルセロナに拠点を置く高城センセが、美食世界一の街サン・セバスチャンの観光戦略について書いた本。帯の「ゆるキャラとB級グルメでは、世界の観光客は集まらない!」ってコピーがいいですね。日本各地の観光戦略って本当にヒドいですから。届いたので早速読んでみたいと思います。

http://www.amazon.co.jp/gp/pro……439611284X


Related Post » グレーな本 – 高城剛

July 2, 2012 | Categories » Entertainment, Travel | Tags » , | No Response »


 

DJ Takashiro – 2012 Live Set

高城剛氏による、ハウスミュージックに三味線と和太鼓をミックスしたハイブリッドなライブセット。外国人には日本の伝統的な楽器の音色がエキゾチックに感じられて結構ウケそうな気がします。そう言えば10年位前に和楽器をサンプリングするのって流行りましたよね。

http://blog.honeyee.com/ttakas……t-235.html


Related Post » 高城剛トークライブ『二十一世紀の生き方』

June 26, 2012 | Categories » Entertainment | Tags » , , , , | No Response »


 

ハイパーノマド高城剛のカバンの中身

この夏に出る新刊のひとつに、僕が使っていて購入可能な発芽玄米釜と、それを持ち運ぶケースの詳細を書いています。この本は、99%のモノを処分したあとの、残った1%のモノを見せるという書籍で、履いているパンツから耳かきまで、移動生活道具一式をフルカラーで掲載しています。発芽玄米釜だけではなく、変圧器などシステム一式が大事だと思いますので、最新情報にアップデートした詳細をお伝えしますので、いましばらくお待ちくださいませ。

高城センセのメルマガのQ&Aコーナーにこんなことが書いてありました。世界中を手荷物1つで旅をする、ハイパーノマドな高城センセのバッグの中身はやっぱり気になりますよね。「サバイバル時代の海外旅行術」の頃からどうアップデートされているか比べてみるのもおもしろいかもしれません。動画は2011年にテレビ出演した時のもので、バッグの中身はほんの一部しか紹介していませんが、おもしろいモノがいくつか出てきますよ。

http://yakan-hiko.com/BN502


Related Post » 高城剛メールマガジン『高城未来研究所「Future Report」』のPV

June 5, 2012 | Categories » Technology, Thing, Travel | Tags » , , , , , , | No Response »


 

TUMI Alpha Bravo Bremerton

TUMI ALPHA BRAVO Bremerton

『TUMI(トゥミ)』の、機内持ち込みサイズのバリスティックナイロン製キャスター付きラゲージ『Alpha Bravo Bremerton(アルファ ブラヴォー ブレマートン)』。底鋲が横にしても置けるようにレイアウトされているのがいいですね。フロントの3つのポケットも使いやすそうです。あの高城剛氏も昨年8月から愛用しているそうで、これはちょっと気になりますね。

http://item.rakuten.co.jp/brst……=262491303


Related Post » Patagonia MLC Wheelie

June 4, 2012 | Categories » Recommend, Thing, Travel | Tags » , , | No Response »


 


 « Prev 1 5 6 7 8 9 10 11 12 Next »

Instrumental™ Things 不老超寿 – 高城剛 LIFE SHIFT – 100年時代の人生戦略 DJI Mavic Air

Instrumental™ Things

不老超寿 – 高城剛

LIFE SHIFT
– 100年時代の人生戦略

DJI Mavic Air