世界中から仕事が集まる『野村訓市』とは一体何者なのか?

世界中から仕事が集まる『野村訓市』とは一体何者なのか?

フォーブスジャパンに、クリエイター野村訓市氏のインタビューが掲載されています。最新号の特集である「真のインフルエンサーとは何だ?」のトップインフルエンサー50人に選出されたようで、読み応えがありました。

今のようにインフルエンサーという言葉が一般的に使われるようになる前から、氏は多くの人たちに影響を与えてきましたが、企業のマーケティングを手伝うときは、自分が購入したことがあるモノやブランドだけしか受けないそうです。考えてみれば当たり前なんですが、不思議なことに世の中お金のために自分が使いもしない商品やサービスの宣伝をするインフルエンサーやタレントばかりなんですよね。こういう人たちは短期的な利益と引き換えに多くの信頼を失っていることを認識した方がいいと思います。

夏はTシャツに短パン、ビーチサンダル姿が定番。肩書きは「とくに決めていない」。

原稿を書き、店舗の設計図を引き、ラジオでDJ兼ナビゲーターを務めるなど複数の仕事をして、夜は気鋭のクリエーターらと酒を酌み交わす。

かと思えば、セーターにVANSの靴を履いてアカデミー賞のアフターパーティに参加していたりする。

その、一見自由な働き方やライフスタイルが若者たちを惹きつける。

そんな野村に「インフルエンサー特集で話が聞きたい」と伝えると、彼は開口一番こう言った。

「インフルエンサーって取材依頼書に書いてあったから、僕に何を聞くんだろうと思って、逆に断らなかったんです」

そして、こう続けた。

「僕はいわゆるインフルエンサーではありません。なぜなら、僕もインスタをやっていますが、インスタ上でモノを売ったことも、もらった服を着た写真を載せてお金をもらったこともない。あと、基本的に裏方仕事です。そういう感じなので、(インフルエンサーと言われると)なんだかなあと」

確かに、野村はSNSを積極的に使いこなしているわけではない。

にもかかわらず彼にインタビューを申し込んだのは、野村のありようにこそ真のインフルエンサーの要諦があると考えたからだ。

世の中が「発信」で溢れかえる今、消費者は情報の裏側を見通す力を付け始めている。商業的な「いいね!」は早晩、見透かされる。そして、本当に信頼できる発信者を求めている。

だから今こそ、真のインフルエンサーとは何かを定義したい。そう話すと、野村は「消費者も企業も表面的な情報に乗っかってしまうのは、残念としか言いようがないです」と語り始めた。



Link » 世界中から仕事が集まる「野村訓市」とは一体何者なのか? | Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン)

Link » Forbes JAPAN 2019年11月号 – 真のインフルエンサーとは何だ?

Link » Forbes JAPAN 2019年11月号 – 真のインフルエンサーとは何だ?(Kindle版)


Related Post » 藤原ヒロシがインスタで伝える「大いなる無駄」の価値

September 25, 2019 | Categories » Entertainment | Tags » , , , | No Response »


 

ジョナサン・アイブに聞く『iPhone X』のデザイン哲学

ジョナサン・アイブに聞く『iPhone X』のデザイン哲学

「Casa BRUTUS」のウェブサイトに、ジョナサン・アイブに『iPhone X』について聞いた独占インタビュー記事が掲載されています。『iPhone X』が次の10年を作っていくとは思えませんが、iPhone誕生から10年の節目に相応しいプロダクトだと思います。早く手に入れて使ってみたいですね。


Link » ジョナサン・アイブに聞く《iPhone X》のデザイン哲学とは? | カーサ ブルータス Casa BRUTUS


Related Post » ジョナサン・アイブ – 偉大な製品を生み出すアップルの天才デザイナー

October 13, 2017 | Categories » Art - Design, Technology | Tags » , , , , | No Response »


 

Apple、歴代のアップルプロダクトを収めたスティーブ・ジョブズに捧げる写真集『Designed by Apple in California』を発表

Designed by Apple in California

アップルが、歴代のアップルプロダクトを収めたスティーブ・ジョブズに捧げる写真集『Designed by Apple in California』を発表。iMacからApple Pencilまで、過去20年分のアップルとデザインチームの軌跡を収録した一冊。布装ハードカバーで、特別に配合、染色し、縁にマットシルバーメッキを施した紙に8色刷りという豪華仕様です。2つのサイズがあり、横幅約26cm、高さ約32cmのスモールサイズが20,800円で、横幅約33cm、高さ約41cmのラージサイズが30,800円。日本では本日からアップルストア銀座で展示販売されるそうです。また、「Casa BRUTUS」のウェブサイトには、クリエイター野村訓市氏によるジョナサン・アイブの独占インタビュー記事が掲載されています。もはやこれはアップルのデザインチームによるアート作品ですね。


Link » Apple (日本) – Apple Press Info – Apple Designの20年を振り返る “Designed by Apple in California”

Link » スティーブ・ジョブズに捧ぐ、アップル初デザイン本。ジョナサン・アイブ独占取材 | カーサ ブルータス


Related Post » 歴代のアップルプロダクトを収めた写真集『Designed by Apple in California』が発売

November 16, 2016 | Categories » Art - Design, Recommend, Technology | Tags » , , , , , | No Response »


 

野村訓市によるラジオ番組『Travelling Without Moving』

antenna* Travelling Without Moving

クリエイター野村訓市氏がナビゲーターを務めるラジオ番組『Travelling Without Moving』。毎週日曜の20時からJ-Waveで放送されている番組で、世界中を旅してきた氏が旅にまつわるテーマから様々な音楽を紹介します。落ち着いたトーンで語られる豊富な旅のエピソードとセレクトされた音楽を聴いていると、どこか旅に出たくてウズウズしてきますね。ボクはもうテレビを全く見ていないしラジオも全く聴いていませんが、ここ数年この番組だけはパソコンやスマートフォンでラジオが聴ける「radiko」のアプリを使って聴いています。まだ聴いたことが無い人はこの機会に是非チェックしてみてください。また、番組のウェブサイトにはこれまで放送されたバックナンバーが掲載されていますよ。


Link » antenna* TRAVELLING WITHOUT MOVING : J-WAVE 81.3 FM RADIO


Related Post » Ibiza Global Radio

July 29, 2016 | Categories » Entertainment, Travel | Tags » , , | No Response »


 


Instrumental™ Things 50mm THE TAKASHIRO PICTURE NEWS – 高城剛 1440分の使い方 – 成功者たちの時間管理15の秘訣 DJI Mavic Air

Instrumental™ Things
2019 Edition

50mm THE TAKASHIRO
PICTURE NEWS
– 高城剛

1440分の使い方
– 成功者たちの時間管理15の秘訣

DJI Mavic Air