スティーブ・ジョブズも好んだ『歩きミーティング』でクリエイティビティをアップ

スティーブ・ジョブズも実践する『歩きミーティング』

アップルなどの多くの企業でビジネスイノベーターとしてキャリアがある、ニロファー・マーチャント氏がTEDトークで紹介している『歩きミーティング』。スティーブ・ジョブズやマーク・ザッカーバーグ、ジャック・ドーシーなどの著名人が好んでいることでも有名ですが、スタンフォード大学の研究によると、歩いている時にはクリエイティビティが平均60%もアップするそうです。仕事をしながら軽いウォーキングができるし、特に屋外の自然の中を歩くと気持ちもオープンになるので、少人数のブレインストーミングに最適とのことですよ。確かになかなか考えがまとまらない時に、フラッと外を歩くとアイデアが浮かんでくる実感がありますね。

Link » Nilofer Merchant: ニロファー・マーチャント: ミーティングは歩きながら | TED Talk | TED.com

Link » 正解は「歩く」。ジョブズの頭脳を支えたテク | cafeglobe


Related Post » スティーブ・ジョブズ公式伝記を映画化した『スティーブ・ジョブズ』予告編

November 20, 2017 | Categories » Entertainment, Life | Tags » , , , , , , | No Response »


 

エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にする

エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にする

以前にも紹介した、モノも情報も溢れる現代で「Less is more(より少ないことは、より豊かなこと)」という生き方を追求する一冊『エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にする』。エッセンシャル思考とは、本当に重要なことを見極め、そこに最大限の時間とエネルギーを注ぐというシステマティックな方法論です。世の中の大半のものはノイズであり、本質的なものはほとんどありません。99%の無駄を捨て、1%の本当に重要なことに集中するためにはどうすればいいのか、具体的な事例を通して分かりやすく解説しています。

本書では、エッセンシャル思考を持つたくさんの有名人が紹介されていますが、中でもTwitterとSquareの創業者であるジャック・ドーシーのエピソードがおもしろかった。ドーシーは、CEOの役割を「最高“編集”責任者」と定義しているそうです。日々やることは山ほどありますが、その中で本当に重要なのは1つか2つで、様々な担当者から持ちかけられるたくさんのアイデアの中から必要な情報を見極めて、要素の交点を見つけ出し、それだけを実行すると決めているそうですよ。重要でないことに時間と労力をかけることほど無駄なことはありません。モノも情報も自分にとって重要なのは何かを見極め、無駄をそぎ落とし、本当に大事なことに集中していきたいですね。

Link » エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にする

Link » エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にする(Kindle版)


Related Post » 21世紀の新しいシンプルライフ 2015

January 26, 2015 | Categories » Entertainment, Life, Recommend | Tags » , , , , , , | No Response »


 

TwitterとSquareの創業者ジャック・ドーシーが愛読する『Wabi-Sabi わびさびを読み解く』

Wabi-Sabi わびさびを読み解く

本書では、「わびさび」を美的趣味としてではなく、体系を持つ美の哲学として、モダニズムなどの西洋の美意識と比較しながら、明晰な言語化を試みている。1994年の初版の刊行(英語版)から20年以上読み継がれ、「Wabi‐Sabi」の流行を生み、ひとつの美的概念として一般化させたのが本書である。近年では、企業哲学としての「シンプリシティー」を学ぶ原典としても愛読されている。

原書の「Wabi-Sabi, For Artists, Designers, Poets & Philosophers」は、Squareの新入社員に必ず配布されているそうです。そう言えば創業者のジャック・ドーシーが以前のインタビューでも、日本の美意識である「わびさび」がデザイン理念の核になっていると話していました。これは非常に気になりますね。

Link » Wabi-Sabi わびさびを読み解く
(via ライフハッカー


Related Post » TwitterとSquareの創業者ジャック・ドーシーが日々習慣にしていること

January 6, 2015 | Categories » Art - Design, Technology | Tags » , , | No Response »


 

Forbes JAPAN 2015年2月号 – 日本を救う起業家ベスト10

Forbes JAPAN 2015年2月号 - 日本を救う起業家ベスト10

フォーブスジャパンの最新号に、TwitterとSquareの創業者であるジャック・ドーシーと、SpaceXとテスラモーターズのCEOであるイーロン・マスクのインタビューが掲載されていました。第2のスティーブ・ジョブズとも評されるジャック・ドーシー流の「ニュース編集部」のような組織づくりと哲学や、映画「アイアンマン」のモデルでもあるイーロン・マスクの私生活を垣間見ることができますよ。ちなみに読書はiPhoneのみというのがイーロン・マスク流で、自宅の書棚には何も置かれていないそうです。ボクもここ数年はiPad miniを書棚として愛用していて、読書はもう自炊した電子書籍かKindle本のみですね。CD、DVDラックどころか書棚までデジタル化して持ち運ぶことができるなんて本当に良い時代になりました。

Link » Forbes JAPAN 2015年2月号 – 日本を救う起業家ベスト10

Link » Forbes JAPAN 2015年2月号 – 日本を救う起業家ベスト10(Kindle版)


Related Post » Jay-Z & Warren Buffett On The Cover Of Forbes 400

January 6, 2015 | Categories » Entertainment, Technology | Tags » , , , , , , , | No Response »


 

COURRiER Japon 2015年2月号 – 世界の人は、こんな本を読んでいる。

COURRiER Japon 2015年2月号 – 世界の人は、こんな本を読んでいる。

今月号のクーリエ・ジャポンの特集は『世界の人は、こんな本を読んでいる。』。世界各国のベストセラーや、スティーブ・ジョブズ、イーロン・マスク、ジャック・ドーシー、マーク・ザッカーバーグなど、世界のリーダーたちに影響を与えた一冊などが紹介されています。すでに年末年始の休暇中に読みたい本がたくさんあったんですが、これでさらに増えてしまいました。ビジネス書を「1時間で速読」する技術なんてのも紹介されていますよ。

国が違えば、読まれる本も変わります。
各界のリーダーたちの愛読書や、海外の街で売れているベストセラーの中から、
今こそ読みたい一冊や、人生を大きく変える一冊を探す旅に出てみませんか。

Link » COURRiER Japon 2015年2月号 – 世界の人は、こんな本を読んでいる。


Related Post » COURRiER Japon 2013年9月号 – 人生の9割は、「捨てる」ことで決まる。

December 26, 2014 | Categories » Entertainment | Tags » , , , , , , | No Response »


 

ツイッター創業物語 – 金と権力、友情、そして裏切り

ツイッター創業物語 - 金と権力、友情、そして裏切り

Twitterの誕生を描いたベストセラー「Hatching Twitter」の日本語翻訳版『ツイッター創業物語 – 金と権力、友情、そして裏切り』が発売。4人の共同創業者であるエヴァン・ウィリアムズ、ジャック・ドーシー、ビズ・ストーン、ノア・グラスを軸に、Twitterが世界3億人のユーザーを獲得するまでの軌跡を描いた金と権力が渦巻くドロドロな人間ドラマ。どこにでもいるような無名のITオタクだったジャック・ドーシーが、いかにして次代のジョブズと謳われるまでになったのかは非常に興味がありますね。早速ポチりました。

Link » ツイッター創業物語 – 金と権力、友情、そして裏切り


Related Post » Twitterのアイデアスケッチ

April 24, 2014 | Categories » Entertainment, Technology | Tags » , , | No Response »


 

TwitterとSquareの創業者ジャック・ドーシー

Jack Dorsey

TwitterとSquareの創業者で、サードウェーブコーヒームーブメントの仕掛け人でもあるジャック・ドーシーについてまとめてくれています。哲学や独特のスタイルなどから次代のジョブズと謳われていますが、先日のディズニーの取締役に就任した件といい、まるでジョブズの足跡を辿っているかのようですね。

ドーシーについて語られた記事やインタビューは少なくない。しかしながら、そこに踊っている「シンプルな哲学」や日本になじみ深い「わび・さび」精神を持ち込んだデザイン観などの言葉は、成功者としての彼の一側面に過ぎない。 なぜ、ドーシーはこれほどまでに注目されているのだろうか?そして、彼が天才であるのだとすれば、何が彼を天才たらしめているのだろうか?

私たちは、これからジャック・ドーシという1人の男について、「優れた起業家としてどのように世界を変えるか?」という十分に聞き飽きたストーリーではなく、より彼のパーソナリティを垣間見せるような物語に目を向けていきたい。TwitterとSquareをつくった男は、決して元来の天才ではなかった。

Link » TwitterとSquareの創業者、ジャック・ドーシーとは誰か? | THE NEW CLASSIC


Related Post » TwitterとSquareの創業者ジャック・ドーシーが日々習慣にしていること

December 27, 2013 | Categories » Technology | Tags » , , , , | No Response »


 

TwitterとSquareの創業者ジャック・ドーシーが日々習慣にしていること

Jack Dorsey

TwitterとSquareの創業者であるジャック・ドーシーが、クパチーノで行われた「Startup School」のイベントで、日々習慣にしている「やること」「やらないこと」について語ったそうです。とてもシンプルなものからストイックなものまでありますね。新しい習慣を身につけるためには21日間必要だと言われますが、良い習慣はできるだけ若いうちから身につけていきたいですね。

「すべきこと」
“イマ”にしがみつけ。
脆弱たれ。
レモンウォーターと赤ワインのみを飲め。
スクワット、腕立て伏せそれぞれ20回×6セットを毎日せよ。
3マイル(約5km)走れ。
このリストを熟考せよ。
真っ直ぐ立て。
10分は重いバッグをに時間を費やせ。
みんなに挨拶をせよ。
7時間の睡眠を確保せよ。

「すべきでないこと」
アイコンタクトを避けるな。
遅刻するな。
達成できもしない目標を立てるな
砂糖を摂るな。
アルコール度数の強い酒やビールを平日に飲むな。

Link » 言葉を手にしていく感覚: 【翻訳記事】ツイッター共同創始者ジャック・ドーシーが掲げる成功のために「すべきこと」「すべきでないこと」習慣リスト

Link » In Which Jack Dorsey Reads Us Some Poetry And Lists And Plays Us A Jazz Tune | TechCrunch

Link » Jack Dorsey at Startup School 2013 – YouTube


Related Post » TwitterとSquareの創業者ジャック・ドーシー

October 28, 2013 | Categories » Technology | Tags » , , , , , , | No Response »


 

Twitterの歴史を振り返る7周年記念動画

Twitterが最初のツイートから7周年を祝い、その歴史を振り返る記念動画を公開しています。冒頭にジャック・ドーシーによるTwitterのアイデアスケッチ最初のツイートが登場していますね。


Related Post » TwitterとSquareの創業者ジャック・ドーシーが日々習慣にしていること

March 22, 2013 | Categories » Technology | Tags » , , | No Response »


 

次代のジョブズと謳われるTwitterとSquareの創業者ジャック・ドーシーのインタビュー

Jack Dorsey

WIRED VOL.5』に掲載されていた、TwitterとSquareの創業者であり次代のジョブズと謳われるジャック・ドーシーのインタビューをウェブで読むことができます。日本の美意識である「わびさび」が、ドーシーのデザイン理念の核になっているなんておもしろいですね。

誰がジョブズの死後にぽっかり空いた穴を埋めるのかという話をするとき、繰り返し出てくるのがドーシーの名前だ。かつて有能なギークたちはジョブズと仕事することを夢見たが、いま彼らが夢に描くのはドーシーの下で働くことだ。PayPal創設当初の幹部で有望株のキース・ラボイスも、SquareのCOO(最高執行責任者)に就くことにしたのはドーシーがいたのが大きな理由だと語る。「CEO兼創設者としてするべきことは3つある」と、ラボイスは言う。「戦略的に考える、デザインを推し進める、テクノロジーを推し進める。その1つに長けている人なら、ごくごく基礎的な会社をつくることができる。大成功している人はたいてい、2つに長けている。だけどジャックは、ぼくがシリコンヴァレーで出会ったなかで唯一、3つすべてに長けている。一流の戦略家であり、一流のデザイナーであり、一流のテクノロジストなんだ」。

http://cms2x.wired.jp/2012/12/……rsey_vol5/


Related Post » WIRED VOL.5 – 未来の学校

December 26, 2012 | Categories » Entertainment, Technology | Tags » , , , , | No Response »


 


 1 2 Next »

 
Instrumental™ Things 不老超寿 – 高城剛 LIFE SHIFT – 100年時代の人生戦略 DJI Spark

Instrumental™ Things

不老超寿 – 高城剛

LIFE SHIFT
– 100年時代の人生戦略

DJI Spark