スマートフォンと連動して脳波を測定できるヘッドバンドの新モデル『Muse 2』

Muse 2

スマートフォンとBluetooth接続して脳波を測定できるヘッドバンド『Muse』の新モデルが登場。

ヨガや瞑想中などに装着すれば、アプリを使って脳がどれくらいストレスやリラックス状態なのかを測定できるだけでなく、心拍数、呼吸、身体の動きもモニタリングし、リアルタイムにフィードバックしてくれます。瞑想をサポートするガイド付きトレーニングセッションも用意されているので、より深い瞑想に入りたい人はもちろん、初心者にもいいと思いますね。

ボクは数年前から毎朝の瞑想が習慣になっていますが、ゆっくりと深く呼吸をすることで心が落ち着き、頭の中がクリアになって集中力が高まるのを実感しています。


Link » Muse™ – Meditation Made Easy


Related Post » スマートフォンと連動して脳波を測定できるヘッドバンド『Muse』

November 21, 2018 | Categories » Technology | Tags » , , , , , , , , , | No Response »


 

折りたたみ式自撮りドローンの新型『Hover 2』

Zero Zero Robotics Hover 2

中国のスタートアップ『Zero Zero Robotics』による折りたたみ式自撮りドローンの新型『Hover 2』が「Kickstarter」に登場。重量は490gで、アームを折りたたむとノートサイズになるのでコンパクトに持ち運ぶことができます。

カメラには2軸ジンバルを搭載し、4K動画と1,200万画素の静止画撮影が可能。前モデル同様に電源を入れて空中で手を離すとその場でホバリングを始め、ユーザーを自動的に認識して後を追いかけて撮影します。スマートフォン用アプリから様々な自動撮影モードを使ったり、手動でコントロールすることも可能です。

バッテリーの駆動時間は23分で、操作可能距離は100mですが、手のひらサイズの液晶ディスプレイ付きコントローラーを使って片手で操作したり、ゲームパッドのようなコントローラーを使うことで5kmまで拡大させることが可能。

日本の航空法だと規制対象外になるのは重量200g未満なので、結局どこでも空撮を楽めるというわけにはいかないのが残念です。現在ボクは小型折りたたみ式空撮ドローン「DJI Mavic Air」を愛用していますが、性能とサイズのバランスが素晴らしく、今ドローンを買うなら間違いなくこれだと思いますね。


Link » Hover 2 – The 4K Drone that Flies Itself by Zero Zero Robotics — Kickstarter


Related Post » 折りたたみ式自撮りドローン『Hover Camera Passport』が日本で発売

November 19, 2018 | Categories » Technology | Tags » , , , , | No Response »


 

YouTubeを広告無しで視聴可能な有料サービス『YouTube Premium』が日本でも開始

YouTube Premium

YouTubeを広告無しで視聴可能な有料サービス『YouTube Premium』が日本でも開始。

WebブラウザとAndroidは月額1,180円、iOSは月額1,550円で、YouTubeの全てのコンテンツを広告無し、バックグラウンド再生、オフライン再生で楽しめる他、YouTubeオリジナルコンテンツを視聴することができます。また、同時に開始された音楽ストリーミングサービス「YouTube Music」でも、オフライン再生などが可能になります。

YouTubeのような無料動画は時間を浪費するので全く見ませんが、音声だけをバックグラウンド再生できるのは便利そうなので、現在3ヶ月間無料トライアル中ということで早速試してみたいと思います。


Link » YouTube Premium – YouTube


Related Post » YouTube、定額制音楽サービス『YouTube Music Key』を発表

November 16, 2018 | Categories » Entertainment | Tags » , , , , , , , , , | No Response »


 

スマートフォンでコントロール可能な撮影用小型防水LEDライト『Lume Cube Air』

Lume Cube Air

スマートフォンでコントロール可能な撮影用小型防水LEDライト「Lume Cube」の小型軽量モデル『Lume Cube Air』が登場。

重さわずか57gのコンパクトなボディに最大光量1,000lmと水深10mの防水性能を備え、アプリからライトのオンオフや明るさの調整などが可能です。三脚穴に加えてマグネットを内蔵しているので、様々なアクセサリーを使うことでスマートフォンやカメラ、GoProやドローンなどと組み合わせて色々な使い方ができますね。付属の白色と暖色のディフューザーを本体に被せれば色温度を変えられるので、様々シーンでの撮影に対応します。価格は70ドル。

以前に「Life Lite」という製品名で「Kickstarter」で資金調達していた時にバックしたんですが、ようやく製品化されたようです。GoPro用の「Lume Cube」と比べてスペックは劣りますが、そこまで厳しい条件で使わないなら十分じゃないでしょうか。


Link » Lume Cube AIR – LED LIGHT


Related Post » スマートフォンでコントロール可能な撮影用小型防水LEDライト『Life Lite』

November 16, 2018 | Categories » Recommend, Technology | Tags » , , , , , , | No Response »


 

Apple iPhone XS Max

Apple iPhone XS Max

iPhone XS Maxを使い始めて1ヶ月が経ちました。iPhone Xからの買い替えなので一回り大きくなって持ち運びは多少不便になりましたが、ポケットに収まるギリギリのサイズに全面有機ELディスプレイを搭載しているのはかなりインパクトがありますね。相変わらず裸のままでガシガシ使ってますけど片手で問題無く操作できています。ただやっぱりちょっと重いですね。

こんな大きな画面が必要なのかと良く聞かれますが、これはスマートフォンを使って何をするのかによるところだと思います。ボクは前モデルのiPhone Xを使い始めてすぐに、iPhone 7 Plusのサイズに全面ディスプレイを搭載したモデルを使いたいと思ったんですよね。おかげで閲覧性と生産性は大きくアップし、結果的にiPad Proを小脇に抱えて持ち運ぶ頻度が激減しました。

デザインは前モデルから基本的に変わりませんが、CPUは50%以上高速化し、防水、防塵性能も改善され、カメラの性能もさらに進化しました。とは言え革新性は全く無く、使い方が大きく変わるわけでもありません。ボクのようなハイテクガジェット好きならともかく、普通の人にはもうこんな高価で高性能なスマートフォンなんて必要無いんでしょうね。


Link » iPhone XS – Apple(日本)


Related Post » Apple、『iPhone XS』と『iPhone XS Max』を発表

October 29, 2018 | Categories » Recommend, Technology | Tags » , | No Response »


 

Apple、全面ディスプレイ搭載でカラーバリエーション豊富なエントリーモデル『iPhone XR』を発売

Apple iPhone XR

アップルが先月のスペシャルイベントで発表した、全面ディスプレイを搭載したカラーバリエーションが豊富なエントリーモデル『iPhone XR』が発売。

画面サイズはiPhone XSとXS Maxの中間サイズの6.1インチ全面液晶ディスプレイを搭載し、iPhone XSと同等性能のCPU、写真にボケ効果を加えることができるカメラ、防水、防塵機能、顔認証機能「Face ID」などを搭載。

液晶ディスプレイの仕様上ベゼル幅が広いのが残念ですが、iPhone XSのデザインやスペックを引き継ぎながらも価格が抑えられていて、必要十分な性能を備えたエントリーモデルに仕上がってますね。


Link » iPhone XR – Apple(日本)


Related Post » Apple、『iPhone 6』と『iPhone 6 Plus』を発表

October 26, 2018 | Categories » Technology | Tags » , | No Response »


 

スマートフォン用カーエアコンマウントホルダー

スマートフォン用カーエアコンマウントホルダー

普段のカーシェアリングや旅先でレンタカーを利用する場合に「Higashi Bluetooth FMトランスミッター」とセットで使っている、スマートフォン用のシンプルなカーエアコンマウントホルダー。

車のエアコンルーバーにクリップで簡単に取り付けることができ、ボールジョイントでスマートフォンの角度も自由に調整可能。マウントの幅は可変式なので様々なサイズのスマートフォンを固定できます。iPhone XS Maxにもバッチリ対応してますよ。


Link » スマホ車載ホルダー エアコン吹き出し口用


Related Post » Higashi Bluetooth FMトランスミッター

October 3, 2018 | Categories » Recommend, Thing | Tags » , , , | No Response »


 

スマートフォン用高性能コンバージョンレンズ『Moment』をマウントできるiPhone X用のバッテリー内蔵ケース

Moment Battery Photo Cases - iPhone X

レンズ設計のプロによるスマートフォン用高性能コンバージョンレンズ『Moment』の、iPhone X用のバッテリー内蔵ケースが新登場。

バッテリー容量は3,100mAhで、ストラップホールとシャッターボタンを搭載。iPhoneとBluetooth接続して専用アプリとセットで使うことで、半押しフォーカスと露出ロック機能が使用可能になり、iPhoneをまるで本物のデジカメのように使うことができます。さらにケースを装着したままでもワイヤレス充電が可能です。

以前にマウンティングプレートを貼り付けて愛用していましたが、粘着テープで貼り付けているので耐久性が低いし、レンズをいちいち取り外すのが面倒でした。これならレンズを取り付けたまま首から下げておけるし、バッテリー持続時間も長くなるので便利ですね。


Link » Moment Battery Photo Cases – iPhone X


Related Post » スマートフォン用高性能コンバージョンレンズ『Moment』をマウントできるiPhone 7/7 Plus用のバッテリー内蔵ケース

October 1, 2018 | Categories » Technology | Tags » , , , , | No Response »


 

Apple、『iPhone XS』と『iPhone XS Max』を発表

Apple iPhone XS/XS Max

アップルがスペシャルイベントで、iPhone Xのアップグレードモデル『iPhone XS』と大画面版の『iPhone XS Max』、カラーバリエーションが豊富なエントリーモデル「iPhone XR」を発表しましたが、気になるのはやっぱり進化したハイエンドモデルの『XS』ですね。

デザインは前モデルから基本的に変わりませんが、新たにゴールドモデルが追加され、CPUには50%以上高速化した新しいチップ「A12 Bionic」を搭載。防水、防塵性能も改善され、カメラはHDR撮影のシャッターのタイムラグがゼロになり、ポートレートモードで写真を撮影したあとに被写界深度の調節が可能になりました。そして『XS Max』はiPhone 8 Plusとほぼ同じ大きさの本体全面に、6.5インチの有機ELディスプレイを搭載。この画面サイズはかなりインパクトがありますね。

結局今回もデザインやスペックのほぼ全てが事前のリーク情報通りで驚きはありませんでしたが、順当な進化を遂げていますね。iPhone Xの手に収まるサイズ感は使いやすかったですけど、今回はポケットに収まるギリギリのサイズが全画面になった『XS Max』を買ってみようと思います。


Link » iPhone XS – Apple(日本)


Related Post » Apple、『iPhone 6s』と『iPhone 6s Plus』を発表

September 14, 2018 | Categories » Recommend, Technology | Tags » , | No Response »


 

DJI、折りたたみ式空撮ドローンの新モデル『Mavic 2 Pro』『Mavic 2 Zoom』を発表

DJI Mavic 2 Pro/Zoom

DJIが、折りたたみ式空撮ドローンの新モデル『Mavic 2 Pro』と『Mavic 2 Zoom』を発表。『Mavic 2』シリーズは、前モデルのデザインを継承しながら、新しいジンバルスタビライザー、ハイパーラプス、アクティブトラックなどのインテリジェント機能を搭載。

『Mavic 2 Pro』は、10-bitカラープロファイルに対応した有効約2,000万画素の1インチセンサーを採用した、ハッセルブラッドのカメラを搭載。レンズは35mm判換算28mmで、絞りはF2.8 – F11の範囲で調整可能。

『Mavic 2 Zoom』は、有効約1,200万画素の1/2.3インチセンサーを採用した、35mm判換算24-48mm相当のズームレンズを搭載。デジタルズームと合わせると最大4倍となる96mm相当の中望遠を実現。また、クイックショットに新しく追加された「ドリーズーム」を使うことで、飛行方向と逆方向にズームすることによって背景だけが近づいてくるような撮影ができます。

サイズはどちらも共通で、アームとプロペラを折りたたむと高さ84mm、幅91mm、奥行き214mmと片手で簡単に持ち運べるサイズになり、コントローラーもスティックが着脱式になってさらにコンパクトに持ち運べるようになりました。

価格は『Mavic 2 Pro』 が189,000円、『Mavic 2 Zoom』が162,000円。前モデルの完成度も高かったですが、『Mavic 2』シリーズは全ての面においてさらにブラッシュアップされていて、空飛ぶカメラとして順当な進化を遂げていますね。


Link » DJI Mavic 2 Pro

Link » DJI Mavic 2 Zoom


Related Post » 小型折りたたみ式空撮ドローン『DJI Mavic Air』を飛ばしてみた

August 24, 2018 | Categories » Recommend, Technology | Tags » , , , , , | No Response »


 


 « Prev 1 2 3 4 5 6 7 80 Next »

Instrumental™ Things 50mm THE TAKASHIRO PICTURE NEWS – 高城剛 1440分の使い方 – 成功者たちの時間管理15の秘訣 DJI Mavic Air

Instrumental™ Things
2019 Edition

50mm THE TAKASHIRO
PICTURE NEWS
– 高城剛

1440分の使い方
– 成功者たちの時間管理15の秘訣

DJI Mavic Air