SanDisk、大容量1TBのSDXCメモリーカードを発表

SanDisk Extreme Pro 1TB SDXC

サンディスクが大容量1TBのSDXCメモリーカードを発表。現在はまだプロトタイプとのことで発売時期や価格は未定だそうですが、もはやMacBookの内蔵ストレージよりも大きいですね。ちなみにボクは現在SDカードは全てマイクロSDカードで揃えていて、SDカードとUSBメモリに変換できるアダプター「Winfos USD」とセットで愛用しています。もうポータブルハードディスクを持ち歩く時代じゃありませんよね。

Link » SanDisk Just Revealed a Monstrous 1 Terabyte SD Memory Card


Related Post » SanDisk Ultra 200GB MicroSDXC

September 26, 2016 | Categories » Technology | Tags » , , , | No Response »


 

GoPro、アクションカメラの新モデル『HERO5 Black』とキューブ型『HERO5 Session』を発表

GoPro HERO5 Black / Session

GoProが、アクションカメラの新モデル『HERO5 Black』とキューブ型『HERO5 Session』を発表。両モデル共に4K/30fpsでの動画撮影や音声コントロールに対応し、防水ハウジング無しの本体だけで水深10mまでの防水性能や耐久性を実現。『HERO5 Black』は電子式手ぶれ補正機能と背面タッチディスプレイを備え、GPS搭載により写真とビデオが撮影された場所を取得することが可能になりました。さらに充電中の撮影データをクラウドサービス「GoPro Plus」へ自動アップロードする機能も搭載。10月2日発売予定で、価格は『HERO5 Black』が47,000円、『HERO5 Session』が36,000円。今回は大幅な進化を遂げているので久しぶりに買い替えようと思っています。

Link » GoPro – HERO5 Black 4K Ultra HDカメラ

Link » GoPro – HERO5 Session防水カメラ


Related Post » 『GoPro HERO5 Black / HERO5 Session』が発売

September 20, 2016 | Categories » Recommend, Technology | Tags » , , | No Response »


 

GoPro、折りたたみ式ドローン『Karma』と手持ちスタビライザー『Karma Grip』を発表

GoPro Karma

GoProが、昨年からティザー動画で散々焦らしていたドローン『Karma』を遂に発表。ドローンのアームは折りたたみ式でコンパクトで持ち運びやすく、先端のGoProとスタビライザーは簡単に着脱が可能で、同時に発表された手持ちスタビライザー『Karma Grip』とセットで使えるシステムになっています。あくまで主役はGoProで、ドローンはアクセサリーという位置付けになっているようですね。同時に発表された「HERO5」と「HERO5 Session」、そして「HERO4」が対応するとのことです。デザインや仕様などは事前のリーク情報通りでしたが驚いたのは価格の方で、ドローン本体とコントローラー、手持ちスタビライザー、キャリングケースがセットになって90,000円と、このジャンルでは後発ということもあってかなり価格が抑えられていますね。10月23日発売予定。近々DJIからも折りたたみ式ドローンが発表されるというウワサがあるので、それを待ってからどちらを購入するか決めたいと思います。

Link » GoPro Karma


Related Post » GoPro、キューブ型の最小最軽量の新モデル『HERO4 Session』を発表

September 20, 2016 | Categories » Technology | Tags » , , , , , | No Response »


 

Leica、チェキフィルムを使うインスタントカメラ『Sofort』を発表

Leica Sofort

先日写真がリークされていた、ライカのインスタントカメラ『Sofort』が正式に発表されました。「チェキ instax mini 90」そっくりの見た目通りチェキフィルムに対応していて、様々な撮影モードとセルフタイマーを搭載。さらにボディ前面にはセルフィー用ミラーも備えています。税込価格34,560円で、11月発売予定。すでにフィルムカメラから撤退した同社がまさかこういうカメラを作るなんて複雑な気分です。

Link » ライカ ゾフォート // フォトグラフィー – Leica Camera AG


Related Post » Leicaのインスタントカメラの写真がリーク

September 16, 2016 | Categories » Technology | Tags » , | No Response »


 

Leica M-P チタンセット

Leica M-P Titanium Set

ライカが『Leica M-P (Typ 240) チタンセット』を世界333セット限定で発売。先日ライカ銀座店10周年記念のチタンモデルを紹介したばかりですが、こちらはチタン製ボディに『Summicron-M F2/28mm ASPH.』と『APO-Summicron-M F2/50mm ASPH.』の2種類のレンズが付属します。10月発売予定で価格は未定とのことですが、一体いくらになってしまうんでしょうか。

Link » Leica M Special Editions // Mシステム // フォトグラフィー – Leica Camera AG


Related Post » Leica、液晶ディスプレイ非搭載の『Leica M-D』を発表

September 15, 2016 | Categories » Technology | Tags » , | No Response »


 

Leicaのインスタントカメラの写真がリーク

Leica Sofort

ライカから発表されるというウワサのインスタントカメラ『Sofort』の写真がリークされています。「チェキ instax mini 90」そっくりの見た目通りチェキフィルムに対応しているそうで、価格は315ドルとのこと。すでにフィルムカメラから撤退した同社がまさかこういうカメラを作るなんて複雑な気分です。

Link » The new Leica Sofort instant camera will be announced on September 15th | Leica Rumors


Related Post » 『Leica T』のアルミユニボディの画像が流出

September 15, 2016 | Categories » Technology | Tags » , , | No Response »


 

Leica、ライカ銀座店10周年記念のチタン製『Leica M-P』を発売

Leica M-P Titanium Leica Store Ginza 10th Anniversary

ライカが、ライカ銀座店の10周年を記念した限定モデル『ライカM-Pチタン Leica Store Ginza 10th Anniversary』を発売。背面ファインダー横に月桂樹とドイツ語で10周年を意味する「10 Jahre」が刻印されていて、チタン製になったことにより通常モデルより約90g軽くなっているようです。10月にライカ銀座店で50台限定で販売されるそうですよ。

Link » 特別限定モデル:「ライカM-Pチタン Leica Store Ginza 10th Anniversary」 // 2016 // Japan // Local // ライカの最新情報 // ライカの世界 & 最新情報 – Leica Camera AG


Related Post » Leica、Mカメラ60周年を記念した特別限定モデル『Leica M Edition 60』を発表

September 13, 2016 | Categories » Technology | Tags » , | No Response »


 

Leica、『ライカオンラインストア』をオープン

Leica Online Store

ライカ製品をオンラインから購入できる『ライカオンラインストア』がオープン。カメラやレンズ、アクセサリーだけでなく、ライカグッズも販売されています。これまで無かったことが驚きですが、むしろ我が道を行くライカらしさなのかもしれませんね。

Link » ライカオンラインストア


Related Post » Leica、M型カメラの新モデル『Leica M』と、エントリーモデル『Leica M-E』を発表

September 2, 2016 | Categories » Technology, Thing | Tags » , , | No Response »


 

DJI、 ズーム機能搭載3軸手持ちジンバルカメラ『Osmo+』を発表

DJI Osmo+

DJIが、手ブレや振動を抑える3軸手持ちジンバルと4Kカメラがセットになった「Osmo」に、最大7倍ズーム機能に対応した新モデル『Osmo+』を発表。新たに採用した『Zenmuse X3ズームカメラ』は、1/2.3サイズのセンサーを搭載し、1,200万画素の静止画撮影と4K/30fpsや1080p/100fpsのスローモーション動画撮影に対応。光学3.5倍ズームとロスレスデジタル2倍ズームを組み合わせた最大7倍ズームが可能。また、弱点だった音声録音性能も向上しているようです。9月中旬出荷予定で、現在予約受付中。

Link » DJI Osmo+


Related Post » DJI、4Kカメラ搭載3軸手持ちジンバル『Osmo』を発表

August 29, 2016 | Categories » Technology | Tags » , , , | No Response »


 

DJI、JR品川駅でカメラエンジニア人材の募集広告を展開

DJI、JR品川駅でカメラエンジニアの人材募集広告を開始

DJI JAPAN株式会社は、8月22日(月)よりJR品川駅にて、カメラエンジニア募集の広告を展開している。設置されているのは、JR品川駅自由通路70インチ大画面のJ・ADビジョン44面とJR品川駅中央改札内アドピラー/集中貼りポスターだ。
J・ADビジョンといえば、日本のカメラメーカーであるソニー、キヤノンマーケティングジャパン、ニコンが顔を揃えるエリアだ。当然同社に勤めている人々がターゲットなのは明らかだが、DJIがドローンメーカーではなく、カメラーメーカーを標榜するだけあって、今回の広告にはその本気度を感じられる。

「現実にとどまるか 夢を見るか」という挑発的なコピーが目を引きます。何だかスティーブ・ジョブズが当時ペプシコの幹部だったジョン・スカリーをアップルのCEOに誘った時の言葉「残る一生ずっと砂糖水を売っていたいですか、それとも世界を変えたいですか?」を彷彿とさせますね(笑)。YouTube公式チャンネルには動画もアップされています。

Link » DJI、JR品川駅にてカメラエンジニアの人材募集広告を開始する本気度 – DRONE | ドローン専門メディア


Related Post » Apple製ドローンのコンセプトデザイン

August 26, 2016 | Categories » Art - Design, Technology | Tags » , , , , | No Response »


 


 « Prev 1 4 5 6 7 8 9 10 37 Next »

 
Instrumental™ Things 多動日記(一)健康と平和 – 欧州編 – 高城剛 勝間式 超ロジカル家事 DJI Spark

Instrumental™ Things

多動日記(一)
健康と平和 – 欧州編
– 高城剛

勝間式 超ロジカル家事

DJI Spark