Patagonia Capilene Daily T-Shirt

Patagonia Capilene Daily T-Shirt

最近旅先やアウトドアで過ごす時に欠かせないのが、パタゴニアの速乾Tシャツ『Capilene Daily T-Shirt』です。

伸縮性に優れた生地はコットンのようなソフトな肌触りで、優れた吸湿発散性と防臭効果を備えていて調子良いです。濡れても搾って干せばあっという間に乾くので、旅先では「部屋干しトップ」とセットで持って行けば繰り返し使えて重宝しますよ。

同ブランドの水陸両用ショーツ「Baggies Lights」とセットで、ランニングにも愛用しています。


Link » Patagonia Capilene Daily T-Shirt


Related Post » Patagonia Baggies Lights

May 21, 2018 | Categories » Recommend, Thing, Travel | Tags » , ,


 

世界一安いリッツカールトン『The Ritz-Carlton Kuala Lumpur』

The Ritz-Carlton Kuala Lumpur

先日クアラルンプールに遊びに行った際に宿泊した『The Ritz-Carlton Kuala Lumpur』。豪華な客室と質の高いサービスはもちろんですが、クアラルンプールのリッツカールトンは世界一安いとも言われていて、時期にもよりますが、安い部屋であれば2万円以下で泊まることができます。

また、ロビーラウンジ3階にある中華レストラン『Li Yen(麗苑)』は、店の雰囲気やタッフのサービスが素晴らしく、料理も美味しくて大満足でした。数々のアワードを受賞したクオリティが良心的な価格で楽しめるのでオススメです。

高度経済成長中のマレーシアですが物価はそこまで上がっていないので、こんなグレードのホテルでもコストパフォーマンスは抜群ですよ。


Link » ザ・リッツ・カールトン クアラルンプール


Related Post » Café del Mar

May 7, 2018 | Categories » Recommend, Travel | Tags » , ,


 

手ぶらで生活する方法

手ぶらで生活する方法

先月ボクの所有物をスーツケース2個分にするためのルールとノウハウをまとめたnoteをリリースし、多くの方々に読んでいただけて本当にうれしく思います。

ボクは日常的に手ぶらで生活していて、会社に行く時でも外出する時は基本的に手ぶらです。身軽になれば移動しやすくなって行動力も上がるし、気分も軽くなるので新しいアイデアも生まれやすくなります。会社から帰る時にも周りにバレずにフラッと帰ることができるし、思いつくままに街をブラブラすることもできます。

毎日持ち歩く「EDC(Everyday Carry)」アイテムは、パンツの前ポケットに収まるモノだけしか持たないようにしています。これならモノを入れたまま動いたり座っても邪魔にならないので、モノを出してそのまま置き忘れてしまうこともありません。以前は財布や小物などを、パンツの後ろポケットやアウターのポケットに入れていましたが、何度も失くしたりするうちにこのスタイルに辿り着きました。

また、これまで旅先でも基本的に手ぶらで行動していましたが、最近では手ぶらでそのまま海外にまで行くようになりました。そうすることで、海外へ行くことがあまり特別な事では無く、いつもより遠い場所へ遊びに行くという感覚に変わってきました。

このnoteでは、これまで手ぶら生活を実践してきたボクが実際に持ち歩いているモノを状況別に紹介しています。毎日の通勤で重たいバッグを持ち運ぶことにウンザリしている人や、今よりもっとコンパクトで身軽に生活したいと思っている人の役に立てればうれしいです。


Link » 手ぶらで生活する方法|Masaya™|note


Related Post » 所有物をスーツケース2個分にする方法

May 1, 2018 | Categories » Column, Life, Recommend, Technology, Thing, Travel | Tags » , ,


 

手のひらサイズに折りたためるパッカブルな防水デイパック『Travelab Freedom Pack』

Travelab Freedom Pack

手のひらサイズに折りたためるパッカブルな防水デイパック『Travelab Freedom Pack』。容量は約16リットルで重さわずか220gと超軽量ですが、防水性と耐久性に優れた210Tナイロン生地を使用していてどんな悪天候にも対応します。

サイドには素早くアクセスできるサブポケットと、ウォーターボトルなどを入れておけるポケットを備え、ジッパーは全て背中側に配置されているので、背後から開けられて荷物を盗まれる心配はありません。さらにハンドルがバッククリップになっているので、様々なところにぶら下げられて便利です。

シンプルなデザインなので、アウトドアや旅先でのサブバッグとしてはもちろんタウンユースでも重宝しそうですね。


Link » 裏返すだけでポケットサイズに。旅行で活躍する超軽量バックパック「Freedom Pack」 – machi-ya


Related Post » 普段使いできる洗濯バックパック『Scrubba Stealth Pack』

April 19, 2018 | Categories » Thing, Travel | Tags » ,


 

Supreme × Rimowa Topas Multiwheel

Supreme × Rimowa Topas Multiwheel

シュプリームがリモワとコラボレーションしたスーツケースを発表。アルミニウム合金でできた堅牢なシェルが人気の『Rimowa Topas』シリーズの容量45リットルと82リットルの2サイズで、カラーはブラックとレッドの2色が用意されています。

価格は45リットルが1,600ドルで、82リットルが1,800ドル。4月12日発売で、日本では4月14日から販売開始。今回も売り切れ必至ですね。


Link » Supreme × Rimowa Topas Multiwheel


Related Post » Rimowa、スマートフォンで荷物のチェックインが可能な電子タグ搭載スーツケースを日本でも発売

April 10, 2018 | Categories » Thing, Travel | Tags » , ,


 

高城剛氏による『NEXTRAVELER TOOLS』のバックパックが発売

NEXTRAVELER TOOLS Backpack

高城剛氏による『NEXTRAVELER TOOLS』のバックパックが発売。防爆シートや防刃ベストで知られるスーパー繊維「超高分子量ポリエチレンファイバー」を全面使用することにより、同等サイズ商品の半分の重さで倍の強度を達成しているとのことです。さらに肩への負荷を大幅に軽減するため、個人の肩幅等に合わせて一つ一つ手作りしてくれるそうです。

容量は10リットルと19リットルの2サイズで、価格は10リットルが38,000円、19リットルが46,000円。なかなか高価ですが、機能性とカスタマイズ性の高さを考えれば納得ですかね。フルブラックのステルスなデザインもかなり好みです。

NEXTRAVELER TOOLSは、
旅行ガイド「NEXTRAVELER」シリーズの編集部(高城剛主幹)が、
取材の際に持ち運ぶ、軽量で頑丈なバックパックがないことから、
「自分たちで作ってみよう!」と思いたってスタートしました。

シャツやジャケットにはS、M、Lと体型にあわせたサイズを選べますが、
一般的なバックパックには、そのようなサイズがなく、
ベルトで調整する程度しかありません。
手さげカバンならまだしも、体と一体感を求められるバックパックには、
容量の選択はあっても、サイズの選択はないのです。

また、バックパックは肩に重さが一点集中しますが、
肩のつくりは、想像以上に人によって異なります。
「なで肩」や「イカリ肩」、そして幅も人によって大きく違い、
バックパックとの不具合によって、旅行中に必要以上の疲れを生じさせるのです。

そこで、個人によって異なる肩をひとりひとり測定し、
個別に肩や幅にあわせて、
ひとつひとつ手作りするバックパックを、およそ3年かけて完成させました。

それが、NEXTRAVELER TOOLSのバックパックです。

まず、お買い求めいただいた後、
都内某所にあります「THIS IS NOT A STORE」にお越しいただき、
お一人様づつ肩を測定し、時間をかけて「その人だけのバックパック」を作り上げますが、
もし、測定にお越しいただいた際に、そもそも肩が曲がっていたら、
その状態のまま、バックパックが出来上がってしまいます。

そこで、事前に鍼灸や整体などで肩を調整後、
「正しい状態」で、測定することをオススメしている次第です。

そうすれば、渡航中に肩や背中に違和感を感じたら、
バックパックが「正しい状態」ではないことを教えてくれます。
つまり、NEXTRAVELER TOOLSのバックパックは、健康器具でもあるのです。

その人だけのNEXTRAVELER TOOLSのバックパック。

いよいよ発売です。



Link » THIS IS NOT A STORE
(via 高城未来研究所「Future Report」Vol.355


Related Post » NEXTRAVELER Cebu – 高城剛

April 6, 2018 | Categories » Recommend, Thing, Travel | Tags » ,


 

50mm THE TAKASHIRO PICTURE NEWS – 高城剛

50mm THE TAKASHIRO PICTURE NEWS - Tsuyoshi Takashiro

高城剛氏がブログやSNSのように、自分で見たものを自分で撮影し、自分で文を書いた、世界の動きや話題を伝える新雑誌『50mm THE TAKASHIRO PICTURE NEWS』が発売。

大麻ビジネス最前線、サードウェーブ・ホームレス、第二次金融世界大戦と、見出しだけでもワクワクしてきます。ブログが昨年から更新されなくなったのはこれが原因だったのかもしれませんね。Kindle版が用意されていますが、紙の方は書店の規定サイズの袋に入らないほど大きいようなので、これは是非体験してみたいです。

長年の読者は、僕のことを、良く言えば挑戦的、悪く言えば、無謀な天邪鬼とお考えなのは自分でも知るところだが、
この期に及んで紙の雑誌を不定期ながらも新発刊するとは無茶にも程があると誰もがいう。
世の中、出版不況だそうだ。
雑誌は、毎月のように廃刊し、書店や出版社は日々会社を畳んでいる。
話を聞けば、ウェブサイトに読者は流れ、紙の雑誌が売れなくなったのが要因だというが、
本当にそうだろうか。
実は、雑誌は気がつくと読者よりも広告主に目が向き、内容がどんどん企業寄りになって、面白くないから読者は離れ、
結果、広告主も離れていった。つまり、雑誌が広告収入に依存していた「体質」に問題があると僕は考えている。

インターネットは、即時性や非物質的であることに目がいくが、
ブログやSNSも、なにより魅力は「個人メディア」に尽きる。
自分で見たものを、自分で撮影し、自分で文を書く。

だったら、インターネット的に、いままで見たこともない紙の雑誌を作ったらいいんじゃないか。
そう考え、まるでブログやSNSのように、自分で見たものを自分で撮影し、自分で文を書く紙の一冊を作りたいと思った。

また、デジタルじゃ、絶対にもたらすことができない「体験」を読者に提供したいと考えた。
それが、この紙の判型である。
現在、モバイルと呼ばれる範疇の大型タブレットは、最大12インチほどあり、
ノート型と言われるパーソナル・コンピュータは、15インチほどある。
そこで、これらの画面より圧倒的に大きくすることで、モバイルディバイスでは得られない「体験」を感じて欲しいと思った。
米国の雑誌「LIFE」に代表される、かつて世界を沸かせた大型のグラフ誌は、
ページをめくるごとに、人々を興奮させる何かがあったのだから。

そうやって、本誌は出来上がる。まるで「大人の絵日記」のような。



Link » 50mm THE TAKASHIRO PICTURE NEWS – 高城剛

Link » 50mm THE TAKASHIRO PICTURE NEWS – 高城剛(Kindle版)


Related Post » 世界のホリデーシーズン 2014

March 23, 2018 | Categories » Entertainment, Life, Recommend, Travel | Tags » , , ,


 

所有物をスーツケース2個分にする方法

所有物をスーツケース2個分にする方法

昨年ボクの所有物をまとめた電子書籍をリリースし、多くの方々に読んでいただけて本当にうれしく思います。

所有物を少しづつ減らし始めたのは2010年頃で、東日本大震災をきっかけに本格的に着手し、スーツケース2個に収まるまでになったのが2016年です。最初はここまで減らすつもりはありませんでしたので、結果的に7年くらいかかっています。

ボクもこれまでにたくさんの服や靴、本やDVDなどを買いましたし、趣味でDJもやっていたので様々な音楽機材や膨大な数のアナログレコードも所有していました。そして社会人になってから広告の仕事をするようになり、日々人々に消費させるための手伝いをしているうちに、大して好きでもないモノを買ったり所有していることにウンザリしてしまったんです。

その反動からか、服やガジェットも選りすぐった必要最低限のモノだけを持つようにしようと所有物を少しづつ整理し始めました。そして普段から旅先のホテルにいる時のように生活したいと思って模索していたら、いつの間にかスーツケース2個分の所有物になっていました。もちろん新しいモノも買っていますが、ここに収まらないモノは所有しないようにコンパクトで身軽な生活を心がけています。

このnoteにはこれまでボクが実践してきた、所有物をスーツケース2個分にするためのルールとノウハウや、コンパクトで身軽に生活するための考え方をまとめました。モノで溢れ返った自分の部屋にウンザリしている人や、モノを減らして生活をもうちょっとシンプルで快適にしたいと思っている人の役に立てればうれしいです。


Link » 所有物をスーツケース2個分にする方法|Masaya™|note


Related Post » 手ぶらで生活する方法

March 12, 2018 | Categories » Column, Entertainment, Life, Recommend, Technology, Thing, Travel | Tags » , ,


 

クリエイターのためのミニマルなバックパック『Aer Tech Pack』

Aer Tech Pack

クリエイターのためにデザインされたミニマルなバックパック『Aer Tech Pack』。容量は16リットルで、目的に応じてブリーフケースとしても使える2WAY仕様。撥水性のある生地で、背面には15インチまでのラップトップを収納できるパッド入りポケット、外側には小物用のマルチポケット、上部には素早くアクセスできる貴重品用のポケット、サイドにはウォーターボトルなどを入れておけるポケットを備えています。また、背面のストラップを使ってキャリーバッグのハンドルに固定できるので移動に便利。

近年愛用しているバックパック「Arc’teryx Veilance Nomin Pack」を、より機能的にアップデートしたようなデザインでかなり好みですね。いかにもアウトドアなデザインだと普段使い用にはいまいちフィットしませんからね。


Link » Aer Tech Pack


Related Post » ワークトラベル向けにデザインされた3WAYバッグ『Aer Flight Pack』

March 2, 2018 | Categories » Thing, Travel | Tags » ,


 

半年だけ働く。

半年だけ働く。

半年仕事をして、残りの半年は自由を謳歌する働き方を10年以上実践してきた、ITコンサルタントの著者による独立指南本『半年だけ働く。』。日本で働く一般的なサラリーマンであれば、まとまった休みが取れるのは夏期休暇と年末年始くらいですが、著者はフリーランスになって時間単価を2倍に上げることで労働時間を半分にし、残りの時間で世界中を飛び回って大好きなサッカー日本代表の観戦と観光を楽しんでいます。

本書にはフリーランスの働き方に関する具体的で実践的な内容が紹介されていて、こんなライフスタイルを目指したり、実際に独立するかどうかは別としても、参考になるところは多いと思います。もちろん誰もが本書に紹介されているような働き方を実現できるわけではないと思いますが、専門性のあるスキルを持つクリエイティブ・クラスに分類される職業の人は、著者のように働き方をドラスティックに改革して、QOLをデザインしてみるのもいいと思いますね。

そして興味深かったのが、著者はスーツケースに入らないモノは一切買わないという筋金入りミニマリストで、独立してから同じ拠点に半年以上定住したことがなく、マンスリーマンションを転々とする生活を10年以上続けているそうです。そんな著者が「半年仕事・半年旅人」のライフスタイルにおいて、何をどのように捨ててきたかが一章を割いて紹介されているので、ミニマリストやシンプルライフに興味がある人にもオススメですよ。


Link » 半年だけ働く。

Link » 半年だけ働く。(Kindle版)


Related Post » NEXTRAVELER 世界で暮らす 移住ガイド 2014 – 高城剛

February 19, 2018 | Categories » Entertainment, Life, Recommend, Travel | Tags » , , , ,


 

 « Prev 1 2 3 4 5 6 7 45 Next »

Instrumental™ Things 50mm THE TAKASHIRO PICTURE NEWS – 高城剛 1440分の使い方 – 成功者たちの時間管理15の秘訣 DJI Mavic Air

Instrumental™ Things

50mm THE TAKASHIRO
PICTURE NEWS
– 高城剛

1440分の使い方
– 成功者たちの時間管理15の秘訣

DJI Mavic Air