Androidの生みの親が開発したスマートフォン『Essential Phone』が日本へ発送開始

Essential Phone

昨年アメリカで発売された、Androidの生みの親として知られるアンディ・ルービン氏が手がけたスマートフォン『Essential Phone』が、いつの間にか日本から買えるようになっていました。

本体はチタン製フレームとセラミック製背面プレートというミニマルなデザイン。マグネットで簡単に取り付けられる専用の360度カメラが用意されていたりと、今後も機能を拡張するアクセサリー展開が期待できます。

カラーバリエーションはブラック、ホワイト、グレーの3色で、価格はブラックとホワイトが499ドル、グレーが599ドル。気になっていた人にはうれしいニュースですが、今さら感がハンパないですね。


Link » エッセンシャルフォン


Related Post » 通話機能だけを搭載したクレジットカードサイズのプリペイド携帯電話『Light Phone』

May 9, 2018 | Categories » Technology | Tags » ,




 
Instrumental™ Things 50mm THE TAKASHIRO PICTURE NEWS – 高城剛 1440分の使い方 – 成功者たちの時間管理15の秘訣 DJI Mavic Air

Instrumental™ Things

50mm THE TAKASHIRO
PICTURE NEWS
– 高城剛

1440分の使い方
– 成功者たちの時間管理15の秘訣

DJI Mavic Air