21世紀の新しいシンプルライフ – クラウドサービス篇

Apple iCloud Drive

ボクは一人暮らしで、自宅には必要最低限のモノと、ベッドや洗濯乾燥機などの快適に生活するために最低限必要な家具と家電しか置いていません。近年はあらゆるモノにおいて簡単に持ち運べてそのまま旅先に持ち出せるモノだけを持つようになったため、サーフボードとスノーボードを除けば所有物はスーツケース2個分に収まります。当たり前ですがモノが無ければ収納スペースは必要無いし、掃除や管理するのも簡単なので時間もお金もかかりません。さらに気分も軽くなって行動力も上がるし、すぐに引っ越せるので世の中の変化や天災などのあらゆる危機にも柔軟になります。

もちろんデータ管理にはプライベートでも仕事でもクラウドサービスをフル活用していますが、昨年から日本の環境が充実してきたこともあり、あらゆるデジタルデータをクラウドサービスに保存しています。デバイスがインターネットに繋がればいつでもどこからでもデータにアクセスできるし、万が一ローカルにあるデータが無くなってしまった場合のバックアップにもなります。デバイスが壊れてもまた買い直せばいいですが、無くなったデータは二度と戻ってきませんからね。ということで今回は、そんな21世紀の新しいシンプルライフに欠かせないクラウドサービスを紹介します。一昨年昨年のエントリーも合わせてどうぞ。


Dropbox

1.Dropbox
長年愛用しているクラウドストレージサービス。主に進行中のプロジェクトのデータを入れておく作業用フォルダとして使っていて、会社と自宅のMacでのデータ共有や、MacとiOSデバイスでのデータ共有に欠かせません。ファイルを過去の状態に戻したり、間違えて削除してしまったファイルを復元することができて便利。


Evernote

2.Evernote
日々の思考やアイデア、メモや書類、インターネットで気になった記事などを保存しておく、脳の外部記憶装置として長年愛用しています。必要になった時に検索して見つけるようにしていて、タグ付けなどの整理作業は必要最小限にとどめて時間を無駄にしないよう心がけています。便利とは言えこういったツールに頼りすぎていると記憶力がどんどん落ちてしまうので注意したいですね。


Spotify

3.Spotify
昨年ついに日本でも開始した音楽ストリーミングサービス。約4000万曲もの膨大な音楽を聴くことができ、広告が表示される無料版の「Free」と、月額980円の定額制の「Premium」という2種類のプランが用意されています。「Free」は30日ごとに15時間のストリーミング再生が可能で、最新のトップチャートやプレイリストなどを聴いたり、『Spotify』の基本的な機能が利用可能。「Premium」は、広告非表示で音楽を高音質の320kbpsで楽しむことができ、スマートフォンやタブレットに音楽をダウンロードしてオフラインでも再生可能。すっかりSpotifyが音楽を楽しむための生活インフラになりましたが、気に入った音源は、iTunes、Amazon、BeatportTraxsourceなどからダウンロード購入しています。


Apple iTunes Match

4.Apple iTunes Match
アップルの音楽クラウドサービス。CDから読み込んだ曲を含めたコンピューター上のミュージックライブラリ全体がiCloudに保存され、iOSデバイス、コンピューター、Apple TVを使っていつでもどこからでも音楽を楽しむことが可能になります。現在ボクのミュージックライブラリは約20,000曲ほどですが、かつてiPodのコンセプトだった自宅のミュージックライブラリをそのまま持ち出すということがようやく実現されました。


Amazon Drive

5.Amazon Drive Unlimitedストレージ
昨年ついに日本でも開始したアマゾンによる容量無制限のクラウドストレージサービス。パソコンやスマートフォン用アプリ、またはWebブラウザから写真、ビデオ、音楽、ドキュメントなどのデータを圧縮せずにオリジナルのまま保存して、いつでもどこからでもアクセスできます。料金は年間13,800円とそれなりの価格ですが、長年試行錯誤していた写真や映像、書籍などのバックアップがようやく解決しました。


SanDisk Ultra 200GB MicroSDXC + Winfos USD

番外 – SanDisk Ultra 200GB MicroSDXC + Winfos USD
現在SDカードは全てマイクロSDカードで揃えていますが、マイクロSDカードをSDカードとUSBメモリに変換できるアダプターをセットで愛用しています。これを装着すればマイクロSDカードがそのまま日々持ち歩くUSBメモリーになるので便利です。大容量200GBモデルが今どきは9,000円程度で発売されていますよ。もうポータブルハードディスクを持ち歩く時代じゃありませんよね。


近年はiTunes、Amazon、Netflix、Huluなどを利用すれば膨大な映像コンテンツをストリーミングでいつでもどこでも楽しめるし、Apple MusicやSpotifyなどを利用すれば膨大な楽曲をストリーミングで好きなだけ楽しめます。このような市販されているコンテンツはもはや非物質なデジタルデータすらも所有する必要が無い時代になりましたが、その一方で自分でデザインした制作物、作った楽曲やDJミックス、写真や映像などの思い入れがあるデータの価値はますます増しているように感じます。それはデータ容量には表れない自身の体験や経験が記録されているからなんでしょうね。これからもそんなデータをハイテクガジェットを駆使して楽しみながら作っていきたいと強く思います。


INSTはモノやニュースをコンパクトに紹介することを心がけていますが、時々このような長めのエントリーをコラムとして紹介しています。今までのアーカイブは、カテゴリーメニューの「Column」から表示することができますので、是非チェックしてみてください。所有物をひたすら掲載していくウェブサイトもどんどんアップデートしていますのでよろしくお願いします。


Related Post » Amazon、『Amazon Drive』による容量無制限のクラウドストレージサービスを日本でも開始

March 24, 2017 | Categories » Column, Recommend, Technology | Tags » , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

« Prev
 
LIFE PACKING 2.1 未来を生きるためのモノと知恵 – 高城剛 スティーブ・ジョブズ 無謀な男が真のリーダーになるまで 上 物欲なき世界 DJI Mavic Pro

LIFE PACKING 2.1
未来を生きるためのモノと知恵
– 高城剛

スティーブ・ジョブズ
無謀な男が真のリーダーに
なるまで 上

物欲なき世界

DJI Mavic Pro