Ian Anderson / The Designers Republic Come Home

Ian Anderson / The Designers Republic Come Home

2009年1月20日、TDR解散――イギリスのデザイン誌『Creative Review』のブログでその第一報が公表されると、瞬く間に世界中のデザイン関係者の知るところとなりました。多くの人々に驚きと諦めにも似た感情を残した、まさに「事件」だったわけですが、解散当初からイアン・アンダーソンがTDRはいずれ復活すると公言していたように、解散後も彼は活動を続けてきたし、大袈裟なアナウンスはないものの間もなくTDRとしても再始動。そして今回、第2の故郷東京で、TDRの次章が始まると言えるかもしれません。
既成概念を覆されることでそこに生まれる疑問や会話を通して他者とコミュニケーションしていくTDRのデザインは健在。予想を裏切られることに快感すら覚えるTDRの世界がついにggg襲撃です。

『The Designers Republic(TDR)』の代表である『Ian Anderson』によるエキシビションが現在「ギンザ・グラフィック・ギャラリー(ggg)」で開催中。これは見に行かなければ。

http://www.dnp.co.jp/gallery/ggg/


Related Post » Faces In The Mirror by Blek le Rat @White Wall Gallery

February 4, 2011 | Categories » Art - Design | Tags » , , ,

Next »
 
Instrumental™ Things 多動日記(一)健康と平和 – 欧州編 – 高城剛 勝間式 超ロジカル家事 DJI Spark

Instrumental™ Things

多動日記(一)
健康と平和 – 欧州編
– 高城剛

勝間式 超ロジカル家事

DJI Spark