WikiLeaksの創設者、ジュリアン・アサーンジ

先日、告発サイト『WikiLeaks(ウィキリークス)』が25万件にも及ぶアメリカ外交公電の一部を暴露していましたが、創始者で運営者であるアサーンジ氏が「笑い男」とダブって見えてきて何だか応援したくなってきます。

「学校教育は権力に対する有害な配慮を植え付け、学ぶ意欲を鈍らせる」との母親の方針でほとんど学校に通わず、ほぼ独学でプログラミングの知識を身につけた。10代後半で「天才ハッカー」と称され、米国防総省やロス・アラモス米国立研究所など、政府機関や企業のネットの世界を自由に飛び回ったとされる。(中略)

“現実世界”でも奔放なスタイルは変わらない。自宅を持たず、知人の家やホテルなどを渡り歩いているとされる。荷物はリュックサック2個で、1つに着替え、もう1つには、卓上用パソコンを入れて持ち歩いているという。

アサーンジ氏は、米国を念頭に「やつらをめちゃくちゃにしてやるのが大好きなんだ」と語るなど、政治的な偏向ぶりが問題視されることも多くなっている。

http://www.iza.ne.jp/news/news……ca/424405/


Related Post » Amazon、電子書籍リーダー『Kindle』を日本で近日発売

December 2, 2010 | Categories » Technology | Tags » , , , ,

 
Instrumental™ Things 多動日記(一)健康と平和 – 欧州編 – 高城剛 勝間式 超ロジカル家事 DJI Spark

Instrumental™ Things

多動日記(一)
健康と平和 – 欧州編
– 高城剛

勝間式 超ロジカル家事

DJI Spark