Twitter創業者ジャック・ドーシーによる世界最初のツイートが3億円超で落札


ツイッターの創業者、ジャック・ドーシー最高経営責任者(CEO)が15年前、最初に投稿したツイートが競売にかけられ、290万ドル(約3億2000万円)で落札された。
ドーシー氏が2006年3月21日に投稿した初ツイートは「今ツイッターを設定している」という文章。シェア12万回以上、「いいね」は16万件以上に及んだ。これが複製不可能なデジタル資産「非代替性トークン(NFT)」として、専用のオークションサイト「バリュアブルズ」で競売にかけられた。

落札したのはマレーシアのブロックチェーン企業ブリッジ・オラクルのシナ・エスタビCEO。同氏は22日のツイートで、「これはただのツイートではない。何年か後になって、名画モナリザのような本当の価値が認識されるだろう」と述べた。

エスタビ氏は仮想通貨のイーサリアムで代金を支払った。ドーシー氏はこれをビットコインに交換し、アフリカの貧困層を支援する団体「ギブ・ディレクトリー」に寄付すると表明した。

最近注目を集めているデジタルアートのNFT取引ですが、このツイートの所有者というステータスがそんなに価値のあることなのか、所有欲も蒐集欲もないボクにはイマイチ理解できませんね。ジャック・ドーシーは自身のTwitterプロフィールに「#bitcoin」と表示したり、Jay-Zとビットコイン開発ファンドを立ち上げたりとブロックチェーンを支持しているので、パフォーマンスの一種なのかもしれません。


Link » CNN.co.jp : ツイッター創業者の初ツイート、3億円超で落札


Related Post » ジャック・ドーシー、新型コロナウイルス被害に対し1,100億円を寄付

March 26, 2021 | Categories » Art - Design, Technology | Tags » , , , , | No Response »


 


Instrumental™ Things LIFE PACKING 2020 未来を生きるためのモノと知恵 – 高城剛 Sony α7C DJI Mini 2

Instrumental™ Things
– 2019 Edition

LIFE PACKING 2020
未来を生きるための
モノと知恵
– 高城剛

Sony α7C

DJI Mini 2