重さわずか99gの超軽量焚き火台『Monoral WireFlame Feather』

Monoral WireFlame Feather

軽量コンパクトな焚火台でお馴染み『Monoral』から、重さわずか99gの超軽量焚き火台『WireFlame Feather』が登場。

『Monoral』独自のテンションボックス構造を大胆に三角形に展開。火床には贅沢にチタンメッシュを採用し、超軽量ながら火床の安定性を実現。パーツ数は2点と少ないため設置と撤収も簡単。また、アームが熱くならないため焚き火中でも持ち上げることが可能です。

オプションの五徳アタッチメントは使えないので料理ができないのは残念ですが、今までにない気軽さで焚火を楽しむことができますね。


Link » Monoral WireFlame Feather


Related Post » 折りたたんでバッグに収納できる軽量コンパクトな焚き火台『Monoral WireFlame』

June 7, 2021 | Categories » Thing | Tags » , , , | No Response »


 

折りたたんでバッグに収納できる軽量コンパクトな焚き火台『Monoral WireFlame』

Monoral WireFlame

友人たちとキャンプをする時にはスノーピークの「焚火台」を使っていますが、もっと気軽に持ち運んで焚き火を楽しみたいと思い、軽量コンパクトな焚き火台を色々と物色しています。その中で気になったのが、折りたたんでバッグに収納できる軽量コンパクトな焚き火台『Monoral WireFlame』です。

火床に特殊耐熱クロスを使用し、分解折り畳み式アームと組み合わせることで、 焚き火台でありながら1kgを切る重量とバッグに収納できるコンパクトサイズを実現。焼き網をそのままアームに載せることができるので、炭火で料理をした後にそのまま焚き火を楽しむことができます。ワイヤフレーム自体はほとんど蓄熱しないため、撤収する時に焚き火台が冷えるのを待つ必要がなく、水かけ消火も可能。灰の処理もクロスを外して簡単にできます。

さらにオプションでダッチオーブンなどを載せて遠火を可能にする五徳アタッチメントや、より耐久性と通気性に優れたステンレスメッシュの火床などが用意されています。近々手に入れて使ってみたいと思います。


Link » Monoral WireFlame

Link » Monoral 五徳アタッチメント

Link » Monoral 焚き火メッシュII


Related Post » 折りたたんでバッグに収納できる軽量コンパクトな焚き火台『Wolf & Grizzly Fire Safe』

October 9, 2019 | Categories » Thing | Tags » , , , | No Response »


 


Instrumental™ Things LIFE PACKING 2020 未来を生きるためのモノと知恵 – 高城剛 Sony α7C DJI Mini 2

Instrumental™ Things
– 2019 Edition

LIFE PACKING 2020
未来を生きるための
モノと知恵
– 高城剛

Sony α7C

DJI Mini 2