Apple、動画の被写界深度がコントロールできる『iPhone 13』シリーズを発表

Apple iPhone 13 / 13 Pro

アップルが新製品発表イベントで、iPhone 12 Proのアップグレードモデル『iPhone 13 Pro』と大画面版の『iPhone 13 Pro Max』、iPhone 12のアップグレードモデル『iPhone 13』と小型版の『iPhone 13 mini』を発表。

両モデルともCPUが50%、GPUが30%高速化した新しいチップ「A15 Bionic」チップを搭載。カメラにはより明るいレンズ、3D認識用のLiDARスキャナーを搭載し、写真や動画の撮影性能が向上。さらに『Pro』モデルでは、背面に超広角レンズ、広角レンズ、光学3倍ズームの望遠レンズの3つのカメラを搭載。広角と望遠カメラは光学式の手ブレ補正に対応し、超広角レンズは2cmまで寄れるマクロ機能が備わりました。

今回の発表で一番インパクトがあったのは、動画版ポートレートモードとも言える機能「シネマティックモード」で、被写体がフレームに入りそうなタイミングを予測して自動でフォーカス切り替えて背景をぼかすことが可能で、さらに『Pro』モデルなら撮影後にフォーカスと被写界深度を調整することができ、プロ向けの映像コーデック「ProRes」にも対応します。

結局今回もデザインやスペックのほぼ全てが事前のリーク情報通りで驚きはありませんでしたが、順当な進化を遂げていますね。ボクは現在「iPhone 12 mini」を使っていますが、今回はカメラの性能が大きく進化した『Pro』モデルを買ってみようと思います。2つのモデルで性能差がないので、コンパクトな『iPhone 13 Pro』ですかね。


Link » iPhone 13とiPhone 13 mini – Apple(日本)

Link » iPhone 13 ProとiPhone 13 Pro Max – Apple(日本)


Related Post » Apple、5G対応の『iPhone 12』シリーズを発表

September 17, 2021 | Categories » Technology | Tags » ,




 
Instrumental™ Things LIFE PACKING 2020 未来を生きるためのモノと知恵 – 高城剛 Sony α7C DJI Mini 2

Instrumental™ Things
– 2019 Edition

LIFE PACKING 2020
未来を生きるための
モノと知恵
– 高城剛

Sony α7C

DJI Mini 2