iPadをMacの液晶ペンタブレットにするアプリ『Astropad』

Astropad

Appleの元エンジニアが開発した、iPadをMacの液晶ペンタブレットにするアプリ『Astropad』。iPadとMacにそれぞれアプリをインストールし、Wi-FiかLightningケーブルで接続することでMacの画面がiPadにも表示され、iPadからMacの様々なアプリを操作をできるようになります。ボクは現在MacのPhotoshopを、iPad ProとApple Pencilを使って操作していますが、遅延も気にならないレベルで、パームリジェクションやピンチズームなどにも対応していて快適です。Apple Pencil以外にも各社の様々なスタイラスペンに対応しているので、iPadやiPad miniでも使うことができます。

アプリの価格は3,600円としては高めですが、この価格で液晶ペンタブレットが手に入ると考えれば破格ですね。さらにプロユーザー向けに月額800円で、描画速度の高速化やカスタマイズできるショートカットボタンセットなど、様々な機能を追加したサブスクリプションサービス版『Studio』も用意されています。7日間無料で試用することができるので是非試してみてください。


Link » Astropad Standard
(via @mobacchi


Related Post » WD My Passport Studio

June 14, 2017 | Categories » Technology | Tags » , ,




 
Instrumental™ Things LIFE PACKING 2020 未来を生きるためのモノと知恵 – 高城剛 Sony α7C DJI Mini 2

Instrumental™ Things
– 2019 Edition

LIFE PACKING 2020
未来を生きるための
モノと知恵
– 高城剛

Sony α7C

DJI Mini 2