空飛ぶロボットは黒猫の夢を見るか? – 高城剛

空飛ぶロボットは黒猫の夢を見るか? - 高城剛

2012年から3年半で30台を超えるドローンを所有し、映像制作やプライベートで活用しているドローンを知り尽くした高城剛氏が、実体験とともにドローンが導く未来を解き明かした一冊『空飛ぶロボットは黒猫の夢を見るか?』が発売。ボクも昨年購入以来すっかりドローンにハマってしまい、単純に飛ばして楽しむのはもちろん、旅先では空飛ぶカメラとして空撮を楽しんでいます。ハイテクと違法行為ギリギリのストリートカルチャーの交差点にあるドローンは、パーソナルコンピュータやインターネットがそうだったように、これから巨大な産業へと発展していくんでしょうか。早速ポチりました。

2015年、どちらかというと悪い意味で世の中の注目を集めた「ドローン」。ドローンとは、無人操縦できる小型航空機です。性能は「空飛ぶスマートフォン」と言えるほど高機能に進化し、すさまじいスピードで日常生活の中に入りつつあります。
世界各国で、日本で、ドローンを使用した配送実験や実用化がはじまっています。5年先、10年先のビジネスは、「空飛ぶロボット」、ドローンなしでは考えられません。
ドローンを制する者は、世界を制することが可能になる、と言っても過言ではないのです。
そして、その覇権をめぐって、アメリカ、中国、フランスのメーカーが激しく競い合っています。ドローンの覇権を握るのは、いったいどの国なのでしょうか?なぜ、日本から世界に通用するドローンが生まれなかったのでしょう?今後、日本がドローン覇権をめぐる戦いの中で、生き残る道はあるのでしょうか?
ドローンが導く、目前に迫った未来を解き明かす注目の一冊です! !



Link » 空飛ぶロボットは黒猫の夢を見るか? – 高城剛


Related Post » うめきた未来会議 MIQS 04 高城剛プレゼンテーション『2035年の世界』

March 24, 2016 | Categories » Entertainment, Technology | Tags » , ,




 
Instrumental™ Things LIFE PACKING 2020 未来を生きるためのモノと知恵 – 高城剛 Sony α7C DJI Mini 2

Instrumental™ Things
– 2019 Edition

LIFE PACKING 2020
未来を生きるための
モノと知恵
– 高城剛

Sony α7C

DJI Mini 2