シグマ、世界最小最軽量の6,100万画素フルサイズセンサー搭載ミラーレス一眼カメラ『SIGMA fp L』を発表

Sigma fp L

シグマが、35mmフルサイズセンサーを搭載した世界最小最軽量のミラーレス一眼カメラの新型『Sigma fp L』を発表。

重さわずか375gのパスポートより小さな超軽量コンパクトボディに、有効画素数約6,100万画素の35mmフルサイズベイヤーセンサーを搭載。レンズマウントはLマウントを採用し、多彩な交換レンズやアクセサリを自由につけかえられる変幻自在な拡張性を実装しています。

新たに像面位相差AF、カメラ起動中のUSB給電に対応し、さらに画素数を活かした「クロップズーム機能」を搭載。最大5倍ズームでフルHD動画の撮影ができ、タッチパネル式モニターでピンチアウトによる直感的なズーム操作も可能です。

また、「fp」シリーズ専用の外付け有機ELビューファインダーを同時に発表。カメラの側面端子を使用して取り付けることができ、チルト機構、ポータブルSSD専用のUSB-Cポートと3.5mmオーディオジャックを搭載しています。

4月16日発売予定で、店頭予想価格はボディ単体が税込275,000円。6,100万画素のフルサイズ機としてはリーズナブルですが、前モデルから変わらず背面モニターは固定式でWi-Fiも非搭載、RAW撮影で手ブレ補正が効かないのは残念ですね。


Link » fpシリーズ|特設サイト|SIGMA|株式会社シグマ|


Related Post » シグマ、世界最小最軽量の35mmフルサイズセンサー搭載ミラーレス一眼カメラ『Sigma fp』を発表

March 26, 2021 | Categories » Technology | Tags » ,




 
Instrumental™ Things LIFE PACKING 2020 未来を生きるためのモノと知恵 – 高城剛 Sony α7C DJI Mini 2

Instrumental™ Things
– 2019 Edition

LIFE PACKING 2020
未来を生きるための
モノと知恵
– 高城剛

Sony α7C

DJI Mini 2