ビル・ゲイツが1週間全てを遮断して本を読んで考える『Think Week』

ビル・ゲイツが1週間全てを遮断して本を読んで考える『Think Week』

Netflixで配信されている『天才の頭の中 – ビル・ゲイツを解読する』を鑑賞しました。その中で以前に紹介した、マイクロソフト創業者のビル・ゲイツが年に数回必ず実行している、自然の中にある別荘に一人きりで1週間こもって、本を読んで物事についてじっくり考えるという長年の習慣『Think Week』の様子が紹介されていて興味深かったです。

自らを「圏外」に置き、全てから遮断された状態を作りだして、たくさんの本を読んでアイデアを考えたり、気持ちをリセットして、自分自身と向き合っているそうで、この間は社員や友人、家族も連絡を取ることができないそうです。マイクロソフトで生まれた重要なイノベーションはここで生まれたアイデアがベースになったそうですよ。

人の意見や過度な情報摂取は、物事についてじっくり考えたり、大事な決断をする時にはノイズにしかなりません。ビル・ゲイツのように年に数回「圏外」で1週間生活するのはなかなかハードルが高いですが、月に1日であれば誰でも実行できると思います。簡単に誰かと繋がれる現代社会では、何かを生み出すために孤独になって自分と向き合う時間と、他者と繋がる時間を日常の中でバランス良く行き来することが重要だと思いますね。


Link » 天才の頭の中: ビル・ゲイツを解読する | Netflix (ネットフリックス) 公式サイト


Related Post » 情報の価値

November 25, 2019 | Categories » Entertainment, Life | Tags » ,




 
Instrumental™ Things LIFE PACKING 2020 未来を生きるためのモノと知恵 – 高城剛 Sony α7C DJI Mini 2

Instrumental™ Things
– 2019 Edition

LIFE PACKING 2020
未来を生きるための
モノと知恵
– 高城剛

Sony α7C

DJI Mini 2