Apple、全面に有機ELディスプレイを搭載した『iPhone X』を発表

Apple iPhone X

本日アップルがスペシャルイベントで、アップグレードモデルの「iPhone 8」と「iPhone 8 Plus」、ハイエンドモデルの『iPhone X』を発表しましたが、気になるのはやっぱり全面に有機ELディスプレイを搭載したハイエンドモデルの『iPhone X』ですね。デザインはホームボタンが無くなってベゼルレスになり、全面に解像度2,436×1,125ピクセルの5.8型有機ELディスプレイを搭載。「Touch ID」に変わって顔認証機能の「Face ID」を搭載し、iPhoneを見るだけでロックの解除や「Apple Pay」が利用可能。メインカメラは1,200万画素のデュアルレンズカメラを採用し、4K60fpsのビデオ撮影やフルHDで240fpsのスローモーション撮影などが可能。また、フロントカメラでもポートレートモードとポートレート用ライトが利用可能になりました。さらにワイヤレス充電の規格「Qi(チー)」に対応し、iPhone、Apple Watch、AirPodsを同時に充電できるワイヤレス充電パッド「AirPower」を合わせて発表しています。

結局今回もデザインやスペックのほぼ全てが事前のリーク情報通りで驚きはありませんでしたが、誕生から10年の節目に相応しい大幅な進化を遂げていますね。もちろん購入しようと思います。


Link » iPhone X – Apple(日本)


Related Post » Apple、『iPhone 6s』と『iPhone 6s Plus』を発表

September 13, 2017 | Categories » Technology | Tags » ,




 
Instrumental™ Things 50mm THE TAKASHIRO PICTURE NEWS – 高城剛 デジタル・ミニマリスト – 本当に大切なことに集中する DJI Mavic Mini

Instrumental™ Things
(2019 Edition)

50mm THE TAKASHIRO
PICTURE NEWS
– 高城剛

デジタル・ミニマリスト
– 本当に大切なことに集中する

DJI Mavic Mini