壁際に置くだけで最大130インチの4K/HDR映像を投写できる超短焦点レーザープロジェクター『EPSON dreamio EH-LS500』が発売

EPSON dreamio EH-LS500

壁際に置くだけで短距離で最大130インチの4K/HDR映像を投写することができる超短焦点レーザープロジェクター『EPSON dreamio EH-LS500』が発売。

超短焦点レンズ採用により投写距離50cmで80インチ、最大130インチの4K/HDR映像を、明るさ4,000lmと2,500,000:1のコントラスト比で、部屋が明るいままでもくっきりシャープに投写が可能です。ステレオスピーカーを内蔵し、同梱されているAndroid TV端末を本体内に格納できるので、これ一台で様々な映像コンテンツを楽しむことができます。

設置場所は壁際に限られてしまいますが、部屋の大きさを気にせず大画面を投射できるのはいいですね。5年前に発売されたソニーの4K超短焦点プロジェクターの価格が500万円だったことを考えると、こんな高性能な超短焦点プロジェクターが30万円ほどで手に入るなんて本当に時代は変わりましたね。


Link » EPSON dreamio EH-LS500


Related Post » EPSON プロジェクター EH-TW410

September 14, 2020 | Categories » Technology | Tags » ,




 
Instrumental™ Things 高城式健康術55 - 医師が教えてくれない家庭の医学 - 高城剛 Sony ZV-1 DJI Mavic Mini

Instrumental™ Things
(2019 Edition)

高城式健康術55
– 医師が教えてくれない
家庭の医学
– 高城剛

Sony ZV-1

DJI Mavic Mini