A4コピー用紙フォルダー『HINGE』

HINGE

スマートフォンやタブレットの登場で世の中どんどんペーパーレス化に向かっていますが、なかなかデジタル化できないのが手書きのメモやアイデアスケッチです。と言ってもノートにこだわりは無く、オフィスではA4のコピー用紙をフォルダー『HINGE』にまとめておいて気兼ねなくガシガシ使っています。

開くと片側に紙をストックしておくためのポケット、もう片側には紙を1枚挟んでとめておける小さなポケットがあり、ヒンジ部分にはクリップ付きのペンを差し込んでおける穴が空いたシンプルなフォルダーです。パッと開いてサッと書くことができ、それなりに硬さのある樹脂製なので、デスクのない場所でも下敷きのようにして書くことができて調子が良いですね。

ちなみにボクはこちらの動画のようにA4のコピー用紙を折りたたんだだけのものをスケジュールやToDo、メモに使っています。もちろんiPhoneやMacをメインに使っていますが、アナログツールの利点はポケットからサッと取り出して素早く簡単に制約無しでメモれることだと思います。おまけにコピー用紙なら気兼ねなくガシガシ使えますからね。今までに色々と使ってきましたが、結局アナログなツールはシンプルなものに落ち着いてしまいますね。


Link » HINGE


Related Post » テンプレートを自由に組み合わせて手のひらサイズのメモ帳が作れる『PocketMod』

March 23, 2020 | Categories » Thing | Tags » ,




 
Instrumental™ Things LIFE PACKING 2020 未来を生きるためのモノと知恵 – 高城剛 Sony α7C DJI Mini 2

Instrumental™ Things
– 2019 Edition

LIFE PACKING 2020
未来を生きるための
モノと知恵
– 高城剛

Sony α7C

DJI Mini 2