Weの市民革命

Weの市民革命

9.11やサブプライム金融危機をきっかけにアメリカで起こったライフスタイルの変化の波を紹介し、東日本大震災後に日本各地で起きた多くのムーブメントとも呼応した「ヒップな生活革命」の著者による、その続編ともいうべき新刊『Weの市民革命』が発売。前作同様に読み応えがありそうで読むのが楽しみです。早速ポチりました。

金融危機後のインディペンデント文化の開花を描いた『ヒップな生活革命』から6年。
その間に出現したトランプ政権を受けて、「消費」を通じたミレニアルたちの運動が活発化した。企業は政治・社会的スタンスを明確にするようになり、「サステイナブル」に一段と取り組むようになった。「ジェントリフィケーション」の波を受けたブルックリンでも、インディペンデントが生き残るための創意工夫がより深化していった。
……ところに迎えたコロナウイルスとブラック・ライブズ・マター、そして大統領選。
それらは、以前からプログレッシブ(進歩主義的)な市民たちが求めてきた施策をさらに前進させた。「インターセクショナリティ(交差性)」はより強固なものになった。
このプログレスは今後、どこに向かっていくのか。そこには、どんなルーツがあるのか。
こういう時代に「物を買う(消費する)」行為をどう考えていけばいいのか。
共通するキーワードは「We(ウィ)」。いま「私たち」の力は、良くも悪くも、これまでになく大きなものになっている。
アメリカの変化は世界の変化を照らし出す。
20年以上にわたりニューヨークに住み、アメリカ各地を見続けてきたライターが、アメリカで沸きあがる新たなムーブメントのリアルな可能性と希望を、最前線から伝える。

自分以外の誰かのために、声を上げたり、
行動を起こすから、「We」なのだ。



Link » Weの市民革命

Link » Weの市民革命(Kindle版)


Related Post » ヒップな生活革命

December 14, 2020 | Categories » Entertainment, Life | Tags » , , , , | No Response »


 

朝の習慣

Morning Routine

新型コロナウイルスの影響によって、相変わらずワークフロムホームを続けていますが、仕事に向かう時間はしっかり集中してパフォーマンスを発揮できるように、十分な睡眠と適度な運動で心身の健康を保ち、健康的な食事を摂って腸内環境を整え、自身のコンディションを常に整えておくことをより一層心がけるようになりました。

なんだかアスリートのようですが、これはサラリーマンだろうがプロとしてお金をもらっている以上、ビジネスパーソンとして当たり前のことだと思いますね。

ということで今回はボクが1日を良い感じにスタートするために行っている朝の習慣を紹介したいと思います。

Read More »


Related Post » Vital Nutrients NAC

October 5, 2020 | Categories » Column, Life, Thing | Tags » , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | No Response »


 

愛用トレーニングギア

My Training Gear

新型コロナウイルスの感染拡大による影響で、引き続きワークフロムホームと自主的ロックダウン生活を続けているので、心身の健康を保つために自宅周辺での散歩やランニング、自宅でのトレーニングなど、仕事の合間をみて身体を動かすように心がけています。感染症から身を守るためには、腸内環境を整えて健康的な食事を摂り、運動と瞑想を習慣にして心身の健康を保ち、免疫力を高めることが重要です。

ただ、僕に限らず自宅でトレーニングしたいけどなかなかモチベーションが上がらないという人も多いんじゃないでしょうか。そんな時はトレーニングギアを揃えて形から入ってみるのも良いと思いますね。

ということで今回はボクが愛用しているトレーニングギアを紹介したいと思います。

Read More »


Related Post » 保護マスクとしても使えるトレーニングマスク『Training Mask VENT Filtration Trainer』

July 31, 2020 | Categories » Column, Technology, Thing | Tags » , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | No Response »


 

Sony、電気自動車のコンセプトモデル『VISION-S』を発表

Sony VISION-S

ラスベガスで開催された「CES 2020」で、ソニーが電気自動車のコンセプトモデル『VISION-S』を発表。出力200kWのモーター2つによって4輪を駆動させ、停止状態から時速100キロまで4.8秒で加速でき、最高時速は240kmに達するとのことです。

とは言ってもソニーは自動車メーカーになろうとしているわけではなく、『VISION-S』には同社が供給できる各種センサー類やインフォテインメント技術が盛り込まれていて、これからのモビリティにおける安心、安全に加えて、快適さやエンターテインメントなどを追求する取り組みを表明したコンセプトカーになっているようです。近い将来自動運転が当たり前になってくれば、これらはますます重要になってきますからね。

ソニーが電気自動車を作る時代が来るとは思ってもみませんでしたが、現在スマートフォンの大半に供給している同社のイメージセンサー事業が、映画や金融事業に比肩するほどの規模になっていることを考えれば納得ですかね。


Link » Sony Japan | VISION-S


Related Post » Sony、「α」シリーズや「RX100」シリーズで使えるBluetoothリモコン内蔵シューティンググリップ『GP-VPT2BT』を発売

January 10, 2020 | Categories » Technology | Tags » , , , | No Response »


 

折りたたみ式ウォーターボトル『Matador Packable Water Bottle』

Matador Packable Water Bottle

使わない時は平らにしておける『Matador』の折りたたみ式ウォーターボトル。重さわずか70gのTPU製で、容量は1リットル。底面のジッパーを開いて簡単に水を補給することができ、側面にはハンドルが付いていて持ち運びに便利です。アウトドアや旅先ではもちろん、シンプルなデザインなので普段使いにもいいですね。


Link » Matador Packable Water Bottle


Related Post » 折りたたみ式ウォーターボトル『Vapur Anti-Bottle』

December 13, 2019 | Categories » Thing, Travel | Tags » , , , , , | No Response »


 

Tesla、ピックアップトラック型電気自動車『Cybertruck』を発表

Tesla Cybertruck

イーロン・マスク氏がCEOを務めるテスラが、ピックアップトラック型電気自動車『Cybertruck』を発表。ボディは強度の高い鋼合金と装甲ガラスで覆われていて、2.9秒で時速96キロまで加速でき、オプションでソーラーパネルや自動運転機能を搭載できます。

映画「ブレードランナー」からインスピレーションを受けたというデザインは、同映画のプロダクションデザインを手がけたシド・ミードも絶賛しているようですが、ちょっと大味な感じですね。

価格はベースグレードが39,900ドルで、現時点で日本での販売価格は未定ですが、預託金15,000円で予約を受付中。発表イベントでは、窓ガラスの強度を実演するために金属製の球をぶつけたところヒビだらけになるトラブルがあったものの、予約注文は予想を上回るペースで伸びているようですね。


Link » Cybertruck | Tesla


Related Post » Tesla、完全自動運転のライドシェアサービス『Tesla Network』を2020年に開始すると発表

November 25, 2019 | Categories » Technology | Tags » , , , , , | No Response »


 

汚染された海からサーファーを保護するウェットスーツ『Rising Seas Wetsuit』

The Rising Seas Wetsuit

『Vissla』と『Surfrider』が共同開発した、汚染された海からサーファーを保護するウェットスーツ『Rising Seas Wetsuit』。バクテリア、化石燃料、流出物などの有害な汚染物質をブロックするナノテクノロジーのジャージ素材で作られていて、腹部、肘、膝のパッドは油性状態でもボードをしっかりとグリップします。

さらに海水の細菌、放射能などの毒性を測定して安全性を検出するセンサーを内蔵し、マスクのLEDディスプレイにデータを表示します。腕のタッチスクリーンコントロールパネルから設定、モードの切り替え、アラートの作成が可能です。

記憶に新しいメキシコ湾原油流出事故、福島原発による放射能汚染水の放出、そして最近ではプラスチックによる海洋汚染が問題になっています。近い将来こんなウェットスーツを着てサーフィンするのが当たり前になってしまうんでしょうか。


Link » The Rising Seas Wetsuit


Related Post » 五感と重力から解放される『アイソレーションタンク』

October 25, 2019 | Categories » Technology | Tags » , , , , | No Response »


 

マクドナルド、植物由来の人工肉を使ったハンバーガー『P.L.T. Burger』を発売

マクドナルド、植物由来の人工肉を使ったハンバーガー『P.L.T. Burger』を発売

マクドナルドが、カリフォルニアの『Beyond Meat』が製造する完全植物性の人工肉を使ったハンバーガー『P.L.T. (Plant, Lettuce, Tomato) Burger』を発売。カナダのオンタリオ州にある28店舗限定でテスト販売されるとのことです。

以前に紹介したバーガーキングの人工肉バーガー「Impossible Whopper」、ケンタッキーの人工肉フライドチキン「Beyond Fried Chicken」に続いて、遂にマクドナルドまで偽肉ブームに参戦しました。近い将来、動物の肉を食べることは当たり前でなくなっているかもしれませんね。


Link » McDonald’s Tests New Plant-Based Burger in Canada | McDonald’s Corporation


Related Post » ケンタッキー、植物由来の人工肉フライドチキン『Beyond Fried Chicken』を発売

September 27, 2019 | Categories » Life, Thing | Tags » , , , , | No Response »


 

ケンタッキー、植物由来の人工肉フライドチキン『Beyond Fried Chicken』を発売

ケンタッキー、植物由来の人工肉フライドチキン『Beyond Fried Chicken』を発売

ケンタッキーが、カリフォルニアの『Beyond Meat』が製造する完全植物性の人工肉を使ったフライドチキン『Beyond Fried Chicken』を発売。アメリカのジョージア州アトランタの1店舗限定でテスト販売されるとのことです。

最近の人工肉は100%植物由来にもかかわらず、見た目から味、滴り落ちる肉汁まで忠実に再現されています。近い将来、動物の肉を食べることは当たり前でなくなっているかもしれませんね。


Link » Beyond Fried Chicken – A Kentucky Fried Miracle – Beyond Meat – The Future of Protein™


Related Post » マクドナルド、植物由来の人工肉を使ったハンバーガー『P.L.T. Burger』を発売

August 28, 2019 | Categories » Life, Thing | Tags » , , , , | No Response »


 

Esbit チタン製折りたたみ式携帯カトラリー

Esbit Lightweight Folding Titanium Utensils

最近使い始めた『Esbit』のチタン製折りたたみ式携帯カトラリー。フォーク、スプーン、ナイフ、スポークが用意されていて、持ち手や留め具まで全てチタン製なので超軽量で、折りたたむと超コンパクトになるので持ち運びに便利。アウトドアや旅先ではもちろん、普段からバッグに入れておくと何かと重宝します。

ボクはフォークとスプーンをここ数年愛用しているスノーピークの携帯箸「和武器」とセットで愛用していますが、やはり一体型よりも分かれている方が使い勝手は良いですね。


Link » Esbit チタニウムフォーク

Link » Esbit スプーン

Link » Esbit ナイフ

Link » Esbit チタニウムスポーク


Related Post » Esbit ステンレスカトラリー 2 in 1

May 22, 2019 | Categories » Thing, Travel | Tags » , , , | No Response »


 


 1 2 3 4 5 6 7 15 Next »

Instrumental™ Things LIFE PACKING 2020 未来を生きるためのモノと知恵 – 高城剛 Sony α7C DJI Mini 2

Instrumental™ Things
– 2019 Edition

LIFE PACKING 2020
未来を生きるための
モノと知恵
– 高城剛

Sony α7C

DJI Mini 2