Amazon、音声アシスタント「Alexa」搭載完全ワイヤレスイヤホン『Echo Buds』を発表

Amazon Echo Buds

アマゾンが、音声アシスタント「Alexa」を搭載した完全ワイヤレスイヤホン『Echo Buds』を発表。Boseのアクティブノイズキャンセリング機能を搭載し、タッチ操作でノイズキャンセリング機能をオンオフしたり、長押しすることで接続しているスマートフォンに搭載されている音声アシスタントを使うこともできます。

バッテリー駆動時間は連続再生で5時間、充電ケースを併用することで20時間連続再生が可能。さらにIPX4等級の防水性を備えているので様々なスポーツやトレーニングに最適です。

価格は129ドルで、現時点で日本での発売は未定。これは競合と比較して価格を含めてかなりの破壊力を持っていますね。


Link » Amazon Echo Buds


Related Post » Amazon、音声アシスタント「Alexa」搭載車載用デバイス『Echo Auto』を発表

September 30, 2019 | Categories » Technology | Tags » , ,


 

マクドナルド、植物由来の人工肉を使ったハンバーガー『P.L.T. Burger』を発売

マクドナルド、植物由来の人工肉を使ったハンバーガー『P.L.T. Burger』を発売

マクドナルドが、カリフォルニアの『Beyond Meat』が製造する完全植物性の人工肉を使ったハンバーガー『P.L.T. (Plant, Lettuce, Tomato) Burger』を発売。カナダのオンタリオ州にある28店舗限定でテスト販売されるとのことです。

以前に紹介したバーガーキングの人工肉バーガー「Impossible Whopper」、ケンタッキーの人工肉フライドチキン「Beyond Fried Chicken」に続いて、遂にマクドナルドまで偽肉ブームに参戦しました。近い将来、動物の肉を食べることは当たり前でなくなっているかもしれませんね。


Link » McDonald’s Tests New Plant-Based Burger in Canada | McDonald’s Corporation


Related Post » ケンタッキー、植物由来の人工肉フライドチキン『Beyond Fried Chicken』を発売

September 27, 2019 | Categories » Life, Thing | Tags » , , , ,


 

世界中から仕事が集まる『野村訓市』とは一体何者なのか?

世界中から仕事が集まる『野村訓市』とは一体何者なのか?

フォーブスジャパンに、クリエイター野村訓市氏のインタビューが掲載されています。最新号の特集である「真のインフルエンサーとは何だ?」のトップインフルエンサー50人に選出されたようで、読み応えがありました。

今のようにインフルエンサーという言葉が一般的に使われるようになる前から、氏は多くの人たちに影響を与えてきましたが、企業のマーケティングを手伝うときは、自分が購入したことがあるモノやブランドだけしか受けないそうです。考えてみれば当たり前なんですが、不思議なことに世の中お金のために自分が使いもしない商品やサービスの宣伝をするインフルエンサーやタレントばかりなんですよね。こういう人たちは短期的な利益と引き換えに多くの信頼を失っていることを認識した方がいいと思います。

夏はTシャツに短パン、ビーチサンダル姿が定番。肩書きは「とくに決めていない」。

原稿を書き、店舗の設計図を引き、ラジオでDJ兼ナビゲーターを務めるなど複数の仕事をして、夜は気鋭のクリエーターらと酒を酌み交わす。

かと思えば、セーターにVANSの靴を履いてアカデミー賞のアフターパーティに参加していたりする。

その、一見自由な働き方やライフスタイルが若者たちを惹きつける。

そんな野村に「インフルエンサー特集で話が聞きたい」と伝えると、彼は開口一番こう言った。

「インフルエンサーって取材依頼書に書いてあったから、僕に何を聞くんだろうと思って、逆に断らなかったんです」

そして、こう続けた。

「僕はいわゆるインフルエンサーではありません。なぜなら、僕もインスタをやっていますが、インスタ上でモノを売ったことも、もらった服を着た写真を載せてお金をもらったこともない。あと、基本的に裏方仕事です。そういう感じなので、(インフルエンサーと言われると)なんだかなあと」

確かに、野村はSNSを積極的に使いこなしているわけではない。

にもかかわらず彼にインタビューを申し込んだのは、野村のありようにこそ真のインフルエンサーの要諦があると考えたからだ。

世の中が「発信」で溢れかえる今、消費者は情報の裏側を見通す力を付け始めている。商業的な「いいね!」は早晩、見透かされる。そして、本当に信頼できる発信者を求めている。

だから今こそ、真のインフルエンサーとは何かを定義したい。そう話すと、野村は「消費者も企業も表面的な情報に乗っかってしまうのは、残念としか言いようがないです」と語り始めた。



Link » 世界中から仕事が集まる「野村訓市」とは一体何者なのか? | Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン)

Link » Forbes JAPAN 2019年11月号 – 真のインフルエンサーとは何だ?

Link » Forbes JAPAN 2019年11月号 – 真のインフルエンサーとは何だ?(Kindle版)


Related Post » 藤原ヒロシがインスタで伝える「大いなる無駄」の価値

September 25, 2019 | Categories » Entertainment | Tags » , , ,


 

Blue Bottle Coffee Kyoto Cafe

Blue Bottle Coffee Kyoto Cafe

ブルーボトルコーヒーの関西エリア1店舗目として昨年オープンした『ブルーボトルコーヒー 京都カフェ』。先日久しぶりに京都へ遊びに行った際に立ち寄ってみました。

南禅寺に続く参道からすぐのロケーションにある築100年を超える京町家を「スキーマ建築計画」がリノべートしていて、伝統的な京町屋の風情溢れる空間を残しつつも、自然光が差し込む大きなガラス窓や高い吹き抜けなど、ブルーボトルコーヒーらしい開放的で気持ちの良い空間になっています。また、剥き出しになった土壁や竹小舞に、天井にはネオンのライトが配置されていて、京町屋のノスタルジックな風情とモダンな要素の調和が美しかったですね。京都へ行った際には是非立ち寄ってみてください。


Link » 京都カフェ Cafe | Kyoto Blue Bottle

Link » Blue Bottle Coffee Kyoto Cafe | Schemata Architects / Jo Nagasaka


Related Post » Blue Bottle Coffee、清澄白河ロースタリー&カフェをオープン

September 25, 2019 | Categories » Art - Design, Recommend, Thing, Travel | Tags » , , , , , ,


 

カールコード型マイクロUSBケーブル

Micro USB Curl Cord Type

近年ガジェットを充電するためのUSBケーブルは全てマイクロUSBに統一して、LightningとUSB-C変換アダプタを組み合わせて使っています。カールコードタイプなら想像以上にコンパクトに収まりますよ。というかさっさとUSB-Cに統一して欲しいですね。


Link » カールコード型マイクロUSBケーブル

Link » Lightning to Micro USB 変換アダプター

Link » USB Type C to Micro USB 変換アダプター


Related Post » USB Type C to Micro USB 変換アダプター

September 25, 2019 | Categories » Recommend, Technology | Tags » ,


 

『Mophie』からスマートフォンの角度を自由に調整できるワイヤレス充電スタンドが新登場

Mophie Wireless Charging Stand

『Mophie』から、スマートフォンの角度を自由に調整できる「Qi」対応ワイヤレス充電スタンドが登場。縦向きにも横向きにも対応していて、フラットにすれば充電パッドとして使うこともできます。デザインもシンプルでいいですね。


Link » Mophie Wireless Charging Stand


Related Post » Logicool Powered Wireless Charging Stand

September 20, 2019 | Categories » Technology | Tags » , ,


 

所有物をまとめた電子書籍『Instrumental™ Things』を2019年版にアップデートしました

Instrumental™ Things (2019 Edition)

モノが溢れる東京で、スーツケース2個とサーフボードとスノーボードを収納するバッグに収まる所有物だけで生活するようになってからもう3年が経ちました。東日本大震災をきっかけに本格的にモノを減らし始め、その翌年に発売された高城剛氏の著書「Life Packing」を読んで以来、いずれ自分も所有するモノをリスト化したいと考えるようになり、2年前にボクの所有物をまとめた電子書籍『Instrumental™ Things』をリリースしました。

それからも所有物は日々少しづつアップデートされていき、現在は家に住むということもやめてホテルで暮らしていることもあって、昨年に続いて今年も自分の所有物リストを更新することにしました。

ここに掲載しているモノは、スーツケース2個分の所有物で生活しながら、東京で働くいちクリエイターのリアルな生活必需品であり、選りすぐりの愛用品一覧です。まだ購入されていない方も、これを機に是非読んでみてください。


Link » 所有物をまとめた電子書籍『Instrumental™ Things』を2019年版にアップデートしました|Masaya™|note


Related Post » 所有物をまとめた電子書籍『Instrumental™ Things』を2018年版にアップデートしました

September 18, 2019 | Categories » Column, Entertainment, Life, Recommend, Technology, Thing, Travel | Tags » , , ,


 

Kenko アドバンストワイドアングルレンズ DJI Osmo Pocket用

Kenko アドバンストワイドアングルレンズ DJI Osmo Pocket用

『Kenko』から、「DJI Osmo Pocket」用の0.6倍ワイドコンバージョンレンズが登場。簡単に着脱可能なマグネット式マウントシステムで、性能に影響を与えることなく広角撮影を楽しむことができます。

「DJI Osmo Pocket」の画角はアクションカムと比べると狭かったので、これなら自撮りやグループショットもできて便利ですね。


Link » Kenko アドバンストワイドアングルレンズ DJI Osmo Pocket用


Related Post » DJI、手のひらサイズの3軸手持ちジンバル搭載4Kカメラ『Osmo Pocket』を発表

September 13, 2019 | Categories » Technology | Tags » , ,


 

FeiyuTech、折りたためるスマートフォン用3軸手持ちジンバル『VLOG pocket』を発表

FeiyuTech VLOG pocket

『FeiyuTech』から、折りたたんでコンパクトに収納できるスマートフォン用3軸手持ちジンバル『VLOG pocket』が登場。

スマートフォンとはBluetoothで接続し、ハンドルに搭載されたボタンを使用してジンバルを簡単に操作でき、横向きと縦向きを切り替えることも可能です。さらに専用アプリを使ってパノラマ写真やタイムラプス、オーバーラップ撮影、ドリーズーム、顔を認識して人物を自動で追いかける機能などを使うことが可能です。

重さ272gと「DJI Osmo Mobile 3」よりも軽量コンパクトな上に、価格も11,500円と手頃でジンバルのエントリーモデルとして最適ですね。


Link » FeiyuTech VLOG pocket


Related Post » DJI、手のひらサイズの3軸手持ちジンバル搭載4Kカメラ『Osmo Pocket』を発表

September 13, 2019 | Categories » Technology | Tags » , , , ,


 

Apple、『iPhone 11 Pro』と『iPhone 11 Pro Max』を発表

Apple iPhone 11 Pro/11 Pro Max

アップルがスペシャルイベントで、iPhone XSの後継機となるハイエンドモデル『iPhone 11 Pro』と大画面版の『iPhone 11 Pro Max』、iPhone XRの後継機となるカラーバリエーションが豊富なエントリーモデル「iPhone 11」を発表しましたが、気になるのはやっぱり進化したハイエンドモデルの『11 Pro』ですね。

CPUには高速化した新しいチップ「A13 Bionic」を搭載し、防水、防塵性能も向上。そして標準、望遠、超広角の3つのレンズを搭載し、画角をスムーズに切り替えて撮影することが可能になり、暗い場所でもノイズを抑えて明るく撮影できるナイトモードに対応しました。さらにiPhoneを購入すれば、11月1日から開始されるアップルのサブスクリプション型動画配信サービス「AppleTV+」が1年間無料で利用できるとのことです。

結局今回もデザインやスペックのほぼ全てが事前のリーク情報通りで驚きはありませんでしたが、新たにミッドナイトグリーンというライカのサファリモデルを彷彿とさせるカラーがラインナップされたのは意外でしたね。いくら高性能になったところで使い方が大きく変わるわけでもないので全くワクワクしませんが、今回も大画面版の『11 Pro Max』を買ってみようと思います。


Link » iPhone 11 Pro – Apple(日本)


Related Post » Apple、『iPhone XS』と『iPhone XS Max』を発表

September 11, 2019 | Categories » Recommend, Technology | Tags » ,


 

 « Prev 1 2 3 4 5 6 7 419 Next »

Instrumental™ Things 50mm THE TAKASHIRO PICTURE NEWS – 高城剛 1440分の使い方 – 成功者たちの時間管理15の秘訣 DJI Mavic Air

Instrumental™ Things
(2019 Edition)

50mm THE TAKASHIRO
PICTURE NEWS
– 高城剛

1440分の使い方
– 成功者たちの時間管理15の秘訣

DJI Mavic Air