Adobe、『Photoshop for iPad』をリリース

Adobe Photoshop for iPad

Adobeが遂に『Photoshop for iPad』をリリース。今回のバージョンではPSDの表示や出力、デスクトップ版との連携機能などが搭載されているものの、多くの機能は使うことができません。フル機能のPhotoshopを期待していたのでかなり残念ですが、これから機能が追加されていくそうなので、今後のアップデートに期待したいと思います。また、「Illustrator for iPad」も2020年にリリースすると発表しているので、こちらも楽しみですね。

Photoshopの機能がiPad向けに再設計され、どこへでも持ち運べるようになりました。指で画像を合成し、Apple Pencilでレタッチできます。レイヤーはすべてそのまま、解像度も同じです。デスクトップで作業しても山の頂上でも、まったく同じPSDを使用できます。最初のリリースでは主に合成機能とワークフローに対応。今後も続々と機能が追加されます。



Link » iPad版Adobe Photoshop提供開始 | Adobe Photoshop


Related Post » Adobe Photoshop Lightroom

November 5, 2019 | Categories » Technology | Tags » , , ,


 

所有物を紹介する『Instrumental™ Things』のInstagramをスタートしました

Instrumental™ Things

ボクの所有物を紹介する『Instrumental™ Things』のInstagramをスタートしました。9月に電子書籍を最新の所有物を反映した内容にアップデートしましたが、こちらでも紹介していきたいと思います。スーツケース2個分の所有物で生活しながら東京で働くいちクリエイターのリアルな生活必需品であり、選りすぐりの愛用品一覧です。どんどんアップデートしていきますのでフォローよろしくお願いします。


Link » Instrumental™ Things(@instrumentalthings) • Instagram photos and videos


Related Post » 所有物をひたすら掲載していくウェブサイト『Instrumental™ Things』を作成しました

November 1, 2019 | Categories » Life, Recommend, Technology, Thing, Travel | Tags »


 

DJI、重量わずか199gの3軸ジンバル搭載折りたたみ式ドローン『Mavic Mini』を発表

DJI Mavic Mini

DJIが小型折りたたみ式空撮ドローン『Mavic』シリーズの新モデル『Mavic Mini』を発表。わずか199gと日本の航空法の規制対象外になる重量で、アームを折りたたむと幅82mm、奥行き140mm、高さ57mmと手のひらサイズになります。

カメラには3軸ジンバルを搭載し、1,200万画素の静止画撮影と2.7K/30fpsの動画撮影が可能。最大フライト時間は約18分、操作可能距離は最大2kmで720pのビデオストリーミングが可能。また、高度制限、機体が送信機との接続を失った場合や、バッテリー残量がわずかになった場合の離陸点への自動帰還機能、飛行禁止区域を回避するためのジオフェンス機能を搭載。さらに被写体を中心に後進と上昇をしながら撮影してくれる「ドロニー」など、ボタン一つで自動で撮影してくれる4種類のクイックショット機能が使えます。

現在「DJI Mavic Air」を愛用していますが、法規制がある地域でも飛ばせる小型機と使い分けたいので、早速購入しました。3年前に発表された「Mavic Pro」は本格的な撮影ができる折りたたみ式ドローンとして革新的でしたが、今回の『Mavic Mini』は法規制がある地域でも本格的な撮影ができる小型軽量ドローンとして革新的だと思いますね。


Link » DJI Mavic Mini


Related Post » DJI、折りたたみ式空撮ドローンの新モデル『Mavic 2 Pro』『Mavic 2 Zoom』を発表

November 1, 2019 | Categories » Recommend, Technology | Tags » , ,


 

Apple、アクティブノイズキャンセリング搭載フルワイヤレスイヤフォン『AirPods Pro』を発表

Apple AirPods Pro

Appleがアクティブノイズキャンセリングを搭載したフルワイヤレスイヤフォン『AirPods Pro』を発表。シリコンイヤーチップを採用したインイヤータイプになって遮音性とフィット感が高まり、IPX4等級の防水機能を備えたので汗や雨も気にせずに使えるようになりました。

また、周囲の音を聞きとりやすくする外部音取り込みモードを搭載し、iPhoneからコンントロールするかイヤフォンの底を指先でつまむことで、アクティブノイズキャンセリングと切り替えることができます。バッテリー駆動時間は連続再生で4.5時間、アクティブノイズキャンセリングと外部音取り込みモードをオフにした場合は5時間で、充電ケースを併用することで24時間連続再生が可能。充電ケースはワイヤレス充電の規格「Qi」と、Lightningコネクタを使った充電に対応しています。

価格は27,800円と通常モデルより高くなりましたが、あらゆる面で大幅に進化したことを考えれば納得ですかね。初代を購入した人はバッテリーがヘタってきていると思うので、アップデートには良いタイミングだと思います。早速ポチりました。


Link » AirPods Pro – Apple(日本)


Related Post » Apple、左右独立ワイヤレスBluetoothイヤフォン『AirPods』を発表

October 30, 2019 | Categories » Recommend, Technology | Tags » , ,


 

Apple iPhone 11 Pro Max

Apple iPhone 11 Pro Max

iPhone 11 Pro Maxを使い始めて1ヶ月が経ちました。iPhoneはテキストマシンとブックリーダーとして使うことがメインなので、今回も大画面版を購入しました。iPhone XS Maxから基本的なデザインやサイズは変わっていないので、相変わらず裸のままでガシガシ使ってますけど片手で問題無く操作できています。ただ、背面のガラスがつや消しになったせいでサラサラして少し持ちづらくなりましたね。

CPUは高速化し、防水、防塵性能も向上しましたが、使っていて大きな違いは感じられません。やはり大きく進化したのはカメラの性能で、標準、望遠、超広角の3つのレンズを搭載し、暗い場所でもノイズを抑えて明るく撮影できるナイトモードにも対応しました。

新たに搭載された超広角レンズは35mm判換算で13mm相当になっていて、アクションカムのようなパースが付いた迫力のある写真を撮ることができます。一眼レフやミラーレスカメラならこの画角で撮るためには高価なレンズが必要になってしまうので、iPhoneのカメラで手軽に楽しめるのはうれしいですね。インカメラも広角になってポートレートモードにも対応したのも便利です。

ナイトモードは長時間露光ではなく、レンズの手ぶれ補正を利用して撮影した何枚かの写真を合成する機能なので超広角レンズでは使えませんが、暗い場所で写真を撮ろうとすると自動的にナイトモードに切り替わり、手持ちで明るく美しい写真が簡単に撮れるのは素晴らしいですね。ただ、ゴーストが発生しやすいのが残念ですね。

最近の各社のスマートフォンはカメラ性能を競い合っていて、4眼カメラや1億画素のセンサーを搭載したものまで登場しています。しかし画素が多いければ良い写真になるわけではありませんし、ポートレードモードやナイトモードのようにソフトウェアによって生成されたデジタル臭い画像をもはや写真と呼べるのか疑問です。もう毎日持ち歩くカメラはiPhoneで十分だと思いますが、ボクはこれからもスマートフォンでは表現できない味のある写真が撮れるライカのオールドレンズを使い、グッとくる瞬間やゴキゲンな日常を切り取っていきたいと思いますね。


Link » iPhone 11 Pro – Apple(日本)


Related Post » Apple、『iPhone 6』と『iPhone 6 Plus』を発表

October 28, 2019 | Categories » Recommend, Technology | Tags » ,


 

汚染された海からサーファーを保護するウェットスーツ『Rising Seas Wetsuit』

The Rising Seas Wetsuit

『Vissla』と『Surfrider』が共同開発した、汚染された海からサーファーを保護するウェットスーツ『Rising Seas Wetsuit』。バクテリア、化石燃料、流出物などの有害な汚染物質をブロックするナノテクノロジーのジャージ素材で作られていて、腹部、肘、膝のパッドは油性状態でもボードをしっかりとグリップします。

さらに海水の細菌、放射能などの毒性を測定して安全性を検出するセンサーを内蔵し、マスクのLEDディスプレイにデータを表示します。腕のタッチスクリーンコントロールパネルから設定、モードの切り替え、アラートの作成が可能です。

記憶に新しいメキシコ湾原油流出事故、福島原発による放射能汚染水の放出、そして最近ではプラスチックによる海洋汚染が問題になっています。近い将来こんなウェットスーツを着てサーフィンするのが当たり前になってしまうんでしょうか。


Link » The Rising Seas Wetsuit


Related Post » コイン大の完全防水フィットネストラッカー『Misfit Shine』が日本で発売

October 25, 2019 | Categories » Technology | Tags » , , , ,


 

『攻殻機動隊 SAC_2045』のティザーPVが公開

Netflixにて、2020年春に全世界独占配信される『攻殻機動隊 SAC_2045』のティザーPVが公開。シリーズ史上初となるフル3DCGアニメーションで、演出にはアクターの演技をキャラクターに反映させるモーションキャプチャー技術を導入したとのことです。

昨年の発表時から少佐のビジュアルがかなり子供っぽくなってしまったのと、フル3DCGなのが少し不安ですが、とりあえず攻殻機動隊の新作が見られることを素直に喜びたいと思います。


Link » 『攻殻機動隊 SAC_2045』公式サイト


Related Post » 『攻殻機動隊 SAC_2045』がNetflixで2020年に全世界配信

October 23, 2019 | Categories » Entertainment | Tags » , , ,


 

映画『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』の最後の予告編が公開

映画『スター・ウォーズ』シリーズ新3部作の完結編となる『スカイウォーカーの夜明け』の最後の予告編とポスターが公開。これまでの歴史を締めくくる最後の作品に相応しい壮大なエンディングを予感させますね。気になるシーンはいくつかありますが、パルパティーンと思われる声の「ずっと待っていた…今こそ…お前たちは一つに 終わりが始まる」というセリフが興味深い。一体どんな結末になるのか早く観たくて仕方がありませんね。12月20日公開。

毎回スター・ウォーズを鑑賞するために、日本最大級のスクリーンを持つIMAXシアター「成田HUMAXシネマズ」まで足を運んでいましたが、今回は7月に新しくオープンした国内最大のスクリーンを備えた「グランドシネマサンシャイン」で鑑賞したいと思います。


Link » 世代を超えた“光と闇の戦い”がついに決着へ「スター・ウォーズ」“最後の予告編”を世界同時解禁!|スター・ウォーズ公式


Related Post » 映画『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』の新しい予告編とポスターが公開

October 23, 2019 | Categories » Entertainment | Tags » , , ,


 

スマートフォン用高性能コンバージョンレンズ『Moment』をマウントできるiPhone 11 Pro用ケース

Moment iPhone Thin Photo Case

スマートフォン用高性能コンバージョンレンズ『Moment』をマウントできるiPhone 11 Pro用ケースが登場。ラバー加工されていてストラップも装着できるので、劇的に撮影しやすくなりますね。ケースを装着したままでもワイヤレス充電が可能です。薄型モデルもありますよ。


Link » Moment iPhone Photo Case

Link » Moment iPhone Thin Photo Case


Related Post » スマートフォン用高性能コンバージョンレンズ『Moment』をマウントできるiPhone X用ケースが登場

October 21, 2019 | Categories » Technology | Tags » , , ,


 

藤原ヒロシがインスタで伝える「大いなる無駄」の価値

藤原ヒロシがインスタで伝える「大いなる無駄」の価値

フォーブスジャパンに、藤原ヒロシ氏のインタビューが掲載されています。最新号の特集である「真のインフルエンサーとは何だ?」のトップインフルエンサー50人に選出されたようで、読み応えがありました。

氏はファッションを通じて、なくても困らないけれど心を耕してくれる無駄なものこそが大事だと語っていて、とても共感できましたね。ボクは所有するモノに限らず口に入れるモノや摂取する情報など、自分に関わる様々な無駄をそぎ落としたいと思っていますが、旅行やアウトドアで過ごすことが好きなので、それに関連したアイテムやガジェットを多く所有しています。これらは興味の無い人からすれば無駄なモノですが、ボクにとっては人生を豊かに楽しく生きるのに必要なモノなんですよね。

「今と比べると、雑誌世代は情報が少なかった。だから、例えば好きなアーティストの一枚の写真から、なんの靴を履いて、部屋にどんな小物があるのか読み取っていた。情報に奥行きがありました。インスタでは細かく見ようとする間もなく、新しい情報がやってくる」

そうして奥行きが薄れたことは、彼がフィールドとする“ファッション”にも影響を与えている。

藤原からすると、いまファッションブランドと言われているものは「ライフスタイルブランド」なのだという。そして、「ファッションは、本当は意味がないもの。そこが見失われている」と言って、カルチャーの話をする。

「カルチャーは、『耕す』を意味するラテン語の『カレル(colere)』が語源。心を耕すことなんです。例えば、ユニクロの服が生きるのに必要だとして、重たい革ジャンも、ダイヤモンドも、なくても困らないけれど、そういうものが心を耕してくれる。こういう“大いなる無駄”が、実はすごく大事。それがファッションなのか食なのか、それはその人がバランスを取ればいいけれど。その無駄が、経済を動かしている」



Link » 藤原ヒロシがインスタで伝える「大いなる無駄」の価値 | Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン)

Link » Forbes JAPAN 2019年11月号 – 真のインフルエンサーとは何だ?

Link » Forbes JAPAN 2019年11月号 – 真のインフルエンサーとは何だ?(Kindle版)


Related Post » 世界中から仕事が集まる『野村訓市』とは一体何者なのか?

October 18, 2019 | Categories » Entertainment | Tags » , , ,


 

 « Prev 1 2 3 4 5 6 7 419 Next »

Instrumental™ Things 50mm THE TAKASHIRO PICTURE NEWS – 高城剛 1440分の使い方 – 成功者たちの時間管理15の秘訣 DJI Mavic Air

Instrumental™ Things
(2019 Edition)

50mm THE TAKASHIRO
PICTURE NEWS
– 高城剛

1440分の使い方
– 成功者たちの時間管理15の秘訣

DJI Mavic Air