21世紀の新しいシンプルライフ – クラウドサービス篇

Apple iCloud Drive

ボクは一人暮らしで、自宅には必要最低限のモノと、ベッドや洗濯乾燥機などの快適に生活するために最低限必要な家具と家電しか置いていません。近年はあらゆるモノにおいて簡単に持ち運べてそのまま旅先に持ち出せるモノだけを持つようになったため、サーフボードとスノーボードを除けば所有物はスーツケース2個分に収まります。当たり前ですがモノが無ければ収納スペースは必要無いし、掃除や管理するのも簡単なので時間もお金もかかりません。さらに気分も軽くなって行動力も上がるし、すぐに引っ越せるので世の中の変化や天災などのあらゆる危機にも柔軟になります。

もちろんデータ管理にはプライベートでも仕事でもクラウドサービスをフル活用していますが、昨年から日本の環境が充実してきたこともあり、あらゆるデジタルデータをクラウドサービスに保存しています。デバイスがインターネットに繋がればいつでもどこからでもデータにアクセスできるし、万が一ローカルにあるデータが無くなってしまった場合のバックアップにもなります。デバイスが壊れてもまた買い直せばいいですが、無くなったデータは二度と戻ってきませんからね。ということで今回は、そんな21世紀の新しいシンプルライフに欠かせないクラウドサービスを紹介します。一昨年昨年のエントリーも合わせてどうぞ。

Read More »


Related Post » Amazon、『Amazon Drive』による容量無制限のクラウドストレージサービスを日本でも開始

March 24, 2017 | Categories » Column, Recommend, Technology | Tags » , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | No Response »


 

音楽ストリーミングサービス『Spotify』がついに日本でも開始

Spotify

ここ数年来る来る詐欺を続けていた音楽ストリーミングサービス『Spotify』がついに日本でも開始。約4000万曲もの膨大な音楽を聴くことができ、広告が表示される無料版の「Free」と、月額980円の定額制の「Premium」という2種類のプランが用意されています。「Free」は30日ごとに15時間のストリーミング再生が可能で、最新のトップチャートやプレイリストなどを聴いたり、『Spotify』の基本的な機能が利用可能。「Premium」は、広告非表示で音楽を高音質の320kbpsで楽しむことができ、スマートフォンやタブレットに音楽をダウンロードしてオフラインでも再生可能。現在30日間無料トライアル中。音楽ストリーミングサービスは結局どれも利用していませんが、『Spotify』は数年前に海外アカウントで利用していたのでこれを機にまた使ってみようと思います。

Link » Spotify


Related Post » 21世紀の新しいシンプルライフ – クラウドサービス篇

September 30, 2016 | Categories » Entertainment, Technology | Tags » , , , , , , , | No Response »


 

オバマ大統領がSpotifyでサマープレイリストを公開

President Obama’s Summer Playlist

オバマ大統領が音楽ストリーミングサービス『Spotify』でサマープレイリストを公開。これまで自身の誕生日パーティーにJay Zやビヨンセらをホワイトハウスに招くなど音楽好きな一面を見せてきたオバマ大統領ですが、その選曲が素晴らしいと多くの海外メディアが絶賛しています。「Daytime」と「Nighttime」の2バージョン全39曲が公開されていて、Hip-HopやR&Bから往年の名曲までさすがのセレクトですね。

Link » Listen to President Obama’s Summer Playlist: | whitehouse.gov
(via clubberia


Related Post » 音楽ストリーミングサービス『Spotify』がついに日本でも開始

August 17, 2016 | Categories » Entertainment | Tags » , , , | No Response »


 

コンパクトなWi-Fi内蔵ワイヤレススピーカー『SONOS PLAY:1』

SONOS PLAY:1

コンパクトなWi-Fi内蔵ワイヤレススピーカー『SONOS PLAY:1』。スマートフォンやタブレットに保存してある音楽を再生するのはもちろん、BluetoothやAirPlayと違って単体でApple MusicやSpotifyなどの音楽ストリーミングサービスから直接音楽を再生することが可能です。さらに複数台をグループ化して個別の部屋で同じ音楽を流したり、2台をステレオスピーカーとしてペアリングすることもできて便利。バッテリー駆動できないのが残念ですが、手軽に自宅のオーディオシステムをワイヤレスネットワーク化することができていいですね。

Link » SONOS PLAY:1


Related Post » Google、定額制音楽ストリーミングサービス『Google Play Music』を日本でも開始

May 19, 2016 | Categories » Technology | Tags » , , , , , , , , , | No Response »


 

Pacemaker for iPad

Pacemaker for iPad

ポケットサイズのポータブルDJシステム『Pacemaker』が無料のiPad用アプリになって登場。シンプルなインターフェースでスクラッチやEQなどの必要最低限の機能は搭載していますが、様々なエフェクトをアプリ内からアドオンで購入することも可能です。音楽はiPadのライブラリから読み込むことができますが、「Spotify」のプレミアムアカウントに登録することで2,000万曲もの音楽ライブラリが利用可能になります。これはスゴい。近々日本でローンチされるというウワサがあるので楽しみですね。

Link » Pacemaker


Related Post » Beats Electronics、定額制音楽ストリーミングサービス『Beats Music』をアメリカで開始

February 5, 2014 | Categories » Technology | Tags » , , , | No Response »


 

「Royals」の世界的な大ヒットのキッカケはショーン・パーカーのSpotifyプレイリスト

Lorde

昨年世界的に大ヒットした「Royals」が注目を集めるキッカケになったのが、ショーン・パーカーがSpotifyプレイリストでシェアしたことだったそうです。今後はこういう流れがトレンドになっていくのかもしれませんね。

ロードの「Royals」に注目し、Spotifyから共有されるキッカケを産んだSpotifyプレイリストのオーナーは、映画「ソーシャルネットワーク」でも紹介された元Facebook社長で、Spotifyの取締役も務める投資家のショーン・パーカー(Sean Parker)でした。(中略)

2013年4月2日、ショーン・パーカーは、ロードの「Royals」を彼のSpotifyプレイリスト『Hipster International』に追加したところから、楽曲への注目が急速拡大します。

Link » ショーン・パーカーのSpotifyプレイリストが世界的なヒット曲「Royals」ブレイクのキッカケだった! Spotifyから音楽が拡がる新しいカタチ – All Digital Music


Related Post » Beats Electronics、定額制音楽ストリーミングサービス『Beats Music』をアメリカで開始

January 22, 2014 | Categories » Entertainment, Technology | Tags » , , , , | No Response »


 

WIRED VOL.8 – これからの音楽

WIRED VOL.8 - これからの音楽

毎号欠かさず買っている唯一の雑誌ワイアードですが、今回の特集は『これからの音楽』。今号も読み応えたっぷりで、21世紀の音楽産業の行方を深く考えさせられる内容でしたね。レコードやCDというコピー音源がパッケージ化されたアルバムを買っていた時代から、インターネットとMP3の登場によってデジタルコピーが普及したことで音楽流通は大きく変化しました。そしてiPodとiTunesの登場により一曲単位でダウンロード購入する時代へと変わり、今ではSpotifyPandoraなどのようにデータすら所有せずにストリーミングで聴くという時代に変わりつつあり、それによってアーティストのマネタイズする方法も音源を売ることからライブなどに徐々にシフトしています。さらにテクノロジーとインターネットの進化により誰でも簡単に音源を世界中に発信できるようになったことで、プロとアマチュアの違いもますます曖昧になってきています。

これからは昔のように音楽で大金を稼ぐようなことが難しくなっていくんでしょうが、それによって金儲けのことしか考えていないレコード会社やアーティストがどんどん淘汰されていって、その結果本当に音楽を好きで作ってる人たちだけが残っていけば、クオリティ的にも社会的にもとてもいいことだと思うんですよ。後はその人たちがきちんと収入が得られるなんらかのシステムができてくれればいいと思うんですけどね。ちなみに今号もプリント版購入者は無料でPDFをダウンロードすることができますよ。

Link » WIRED VOL.8 – これからの音楽


Related Post » WIRED VOL.20 – 人工知能はどんな未来を夢見るか / 未来都市TOKYOのゆくえ

June 24, 2013 | Categories » Entertainment | Tags » , , , , , , , | No Response »


 


 
LIFE PACKING 2.1 未来を生きるためのモノと知恵 – 高城剛 スティーブ・ジョブズ 無謀な男が真のリーダーになるまで 上 物欲なき世界 DJI Mavic Pro

LIFE PACKING 2.1
未来を生きるためのモノと知恵
– 高城剛

スティーブ・ジョブズ
無謀な男が真のリーダーに
なるまで 上

物欲なき世界

DJI Mavic Pro